2019年04月23日

ボールの高さを考える アイアン編 その2


アイアンショットでは右手の使い方が大きくボールの高さに影響しています。右手首の柔らかい使い方がヘッドを高い位置からボールに落とし込む形を作るのです。この右手の柔らかさは理屈では作られません。あくまでもその右手の使い方は感覚的な物なのです。これは練習を重ねて体得するしかないのです。大事な事はアイアンショットでは右手の役割がボールを飛ばす事ではなく、ボールを高く持ち上げる事にあるという事を知っている事です。

トップスイングからのタメは右手首の柔らかさで作られるのです。ダウンスイングの最初の動きでいかに右手首を深くコッキングできるかがボールの高さを作るのです。コッキングされた右手首を地面に向かってインパクトで開放法する事が、右手が上手く使えたということなのです。

今回の話はこの右手の動きを左手で作るというものです。右手は力を抜き、左手の動きに合わせるのです。左手の動きで一番大事なのは左手の親指の存在です。左手の親指の存在はゴルフスイングの中でもっとも大事なものです。その理由は左手の親指が左手をゴルフクラブと結び付ける支点だからなのです。この事はアニカ・ソレンスタムが彼女の著書の中で書いています。

クラブヘッドは左手でトップスイングから引き込まれて動きます。この動きの支点が左手の親指なのです。トップスイングの時にゴルフクラブがしっかり左親指の上に乗っていなくてはなりません。そしてダウンスイングで作られる右手のコッキングは左手の親指を支点にして作られるのです。右手首のコッキングでタメは作られますが、実はそれは左手の親指の上でのできごとなのです。

コッキングが深くなればなるほど左手の親指にクラブの重さを感じるのです。そしてこの時に大事なのが左手の小指、薬指と中指の動きです。この3本の指は緩んでいるのです。この3本の指が緩むからコッキングは深くなるのです。ダウンスイングでは左手の掌は開いています。そしてクラブのグリップはその3本の指先に引っかかっている感じなのです。左手の掌が開いていればいるほどコッキングは深くなっているのです。

そしてインパクトに向かって左手の肘を伸ばしながら、左手親指を地面方向に抑え込んでいくのです。最後に左手の小指、薬指と中指をインパクトで握り込むのです。この握り込みが行われる事によりコッキングで作られた高い位置にあるヘッドが地面に落ちてくるのです。左手はトップスイングで開き、インパクトで握り込むのです。逆に右手はトップスイング握っていてインパクトで緩むのです。

言葉を変えれば「トップスイングで右手はグー、左手はパーでインパクトでは逆の右手はパー、左手はグー」なのです。グー、パーの感覚は多くの人が逆の動きをイメージしています。素振りをしている最中にこの両手の逆の動きを感じてみましょう。インパクトでヘッドが走る感じが体感できます。

今回の話のポイントはダウンスイングで左手を開き、指先にクラブを感じるという事です。そしてインパクトでその開いた指先を握り込むということなのです。右手で作られるコッキングですが、実は左手でもその動きを作る事ができるのです。意識をどちらの手に持つかは個々のプレーヤーに寄って変わってきます。

私が勧めるのは左手中心のスイングです。左手の動きとしては非常に小さいものです。トップスイングからの切り替えして左手の指先にクラブを感じ、インパクトに向かってその開いていた指先を握り込む事なのです。開いているものを閉じるという単純な動きなのです。ここに技術はありません。

左手をインパクトで握り込むという事はインパクトでフェイスをボールにスクエアに収め込むということなのです。フェイスの動きを意識して作るよりも、単純に握り込む事でインパクトでのフェイスに対するヘッドのスクエアを作ってしまうのです。だからインパクトで左手を握り込むことに弊害はないのです。

是非、左手の動きを自分のスイングの中で感じてみてください。もっとも気を付けなくてはいけない事は左手でボールを打っている感覚は無いということです。左手にはクラブをインパクトに向かってクラブを引き込む役目とインパクトでのフェイスの向きをスクエアにするという役目の二つなのです。左手に感覚的な動きはないのです。しっかり動かすという事が左手には当てはまります。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。