2019年06月11日

トップボールが起きる原因


Kさんへ

コメントをありがとうございました。先日は楽しい試打会でしたね。一生懸命スイングを考えているので是非一緒にスイングの研究を進めていきましょう。

トップが出ているという事はしっかり下半身の回転と左手の引きで素振りができているという事です。結果としてトップボールになるのは右手を緩めるタイミングが遅いか右手の緩みが足りないということです。とにかくしっかり振ってその振りの中で右手を緩めてみましょう。これはあくまでも感覚的なものなので、振る事で身に付けましょう。

その開放の方向はまだ意識しなくていいでしょう。とにかくボールの辺りにヘッドがきたら右手の指先を緩めるのです。単純に緩めるだけでいいですよ。この開放の方向を作れるのはFWの打ち方に本当に自信がついた時です。当然のこの開放の方向でボールの曲がり方が変わってきます。この開放の方向が作れる様になったら本物です。

ちなみにどうしてもトップボールが出る様ならグリップの事を見直してください。右手のグリップは指先で握られている事が大事です。右手のグリップが深い場合は右手の指先を緩めてもクラブは落ちて来ないのでトップボールになってしまいます。

もう一つ気を付けたいのは左手の親指です。左手の親指がクラブを感じている事が大事です。そしてスイング中にその左手の親指が地面の方向に押されている事が大事です。この左手親指の抑え込みでヘッドが落ちない様にしているのが右手のグリップです。右手でクラブが落ちるのを抑えているから、右手を緩めるとヘッドが落ちるのです。

それでもトップボールが出る様ならそれは右手でクラブを振っているという事です。インパクト後のクラブのフィニッシュへの運びを右手で行っていると右手はインパクトで緩みません。フィニッシュへのクラブの運びは左肘の畳み込みで行いましょう。そうすると右手をインパクトで緩める事ができるのです。

クラブを下半身の回転と左手の引き込みと畳み込みで完成している事を確認してください。ボールの真上を素振りするという事はこの動きを作る為のものです。もう一度しっかりボールの真上を素振りして、下半身の動きと左手の動きを確認しましょう。この時は右手は全く使われていないはずです。

是非試してみてください。結果報告をお待ちしています。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。