2019年12月05日

フィッティングの話 アイアン編その1 セッティング


フィッティングがもっとも必要なのがアイアンです。アイアンはターゲットにボールを送るショットです。クラブが自分に合っている事がもっとも要求されるのです。さらに、アイアンではフィッティングで自分に合わせなければいけないポイントが多いのです。

アイアンの基本はボールをターゲットであるピンにボールを近づけることなのです。当然距離を飛ばす事も大事ですが、基本であるボールをターゲットに置きに行く気持ちを優先させる事がポイントです。それにはアイアン自体が自分の体形と力に合わせることが最初なのです。身長の差、手の長さ、足の長さと人それぞれが全く違ったセッティングになって当然なのです。又、スイングの特徴によってもセッティングは変わってくるのです。

セッティングのポイントとしては体格の違いからくるクラブの長さ、ヘッドのライ角度、グリップの太さがあると考えてください。ちなみにヘッドの形状からくる特徴、シャフトの特性と硬度はセッティングの先の選択の要素となるのです。当然、セッティングの要素の中にも選択は存在しますがそれはまず自分に合ったものを知る事の先にあると考えてください。

まずはアイアンの長さですが、それはピッチングウエッジの長さが基準になると考えましょう。ピッチングウエッジはアイアンの中でフルショットをする一番短いクラブだからです。最近ではアプローチウエッジという事もありますが、そこはプレーヤーの選択となります。

背の低い人や手が長い人が自分の体格に合わせてクラブを短く持つ事はお勧めしません。その理由はアイアンではグリップエンドを持ちたいからなのです。グリップエンドはテーパーが付き太くなっていて、アイアンを引っ張り込んだ時にクラブが抜けない様になっているのです。もし、グリップを短く持つとその部分は細くなっていてグリッピングに余分な力を加えてしまうのです。短く持ちたいのであればその部分のグリップを太くする必要があるのですが、残念ながらその方法ではグリップにテーパーが付けられないのです。

もし背の高い人や、手が短い人がPWのアドレスで無理やり腰を曲げて構えるのも良くないのです。この場合はシャフトの長さを自分のアイアンでどの番手が構え易いかを見つければいいのです。ちなみに番手間は0.5インチですから、9番アイアンで少し長いのであればPWとの長さの違いをみればいいのです。多分ちょっとであれば長さの違いの半分である0.25インチと考えましょう。アイアンは基本的に番手間の長さが0.5インチとなっています。PWの長さが決まればその先は自然と決まってくるのです。勿論ここにも選択はありますがね。

ちなみに細かい長さの対応をしてくれるのもPING社です。注文は長さにおいては0.25インチ刻みで対応してくれます。PING社のフィッティングを受けるとPINGのフィッターの意見も聞けるでしょう。PING社の試打会でもクラブが打てて、相談に乗ってくれると思います。

アイアンでもっとも軽視されているのがライ角度です。このライ角度についてはゴルフメーカーとしてはPING社とミズノ社ぐらいしか注目していません。しかし、体格の違う人が同じセッティングのアイアンを使うというのはどう考えてもおかしいのです。もっともゴルフメーカーとしては個々のゴルファーにアイアンのライ角度を合わせる事は非常に難しいので、ライ角度については触れない様にしているのが現状です。

ライ角度はゴルファーのアドレス時の左手の位置で決まります。当然背の高い人はその位置は上がります。でもその人の手が長ければその位置が変わらない場合もあるのです。背の低い人はその逆で手の位置が下がる事になります。手の位置が高ければ通常のセッティングのアイアンではフェイスが下がりフラットになります。逆に手の位置が低ければアップライトになるのです。

そしてライ角度で間違えてしまうのが、アイアンをアドレスした時のクラブヘッドの見え方です。ライ角度を合わせるという事はスイングをした時のインパクトでのアイアンフェイスの座り具合を地面とスクエアにすると言う事なのです。実際にアイアンを構えるとトウは約2度浮き上がっているのです。当然、フェイスは被って見えるのです。この2度はフルスイングをした時の遠心力が生み出す重心位置の落ち込みなのです。

注意したいのがアドレスをした時にフェイスを地面にスクエアに置く事です。先にも話したように遠心力でシャフトが撓り、フェイスは前に約2度垂れるのです。ですからアドレスの時はトウが少し上がっていて、フェイスがやや左を向いて被っているのです。アイアンを構える時はアドレスに入る時にフェイスを真っすぐラインに合わせますが、そのクラブをグリップをして持ち上げた後は2度と地面にヘッドを落としてはいけないのです。その理由はトウが上がっていて、フェイスが左を向いている事が気になるかです。アイアンの場合は打つ前はクラブを地面から浮かせてアドレスに入る必要があるのです。

PING社ではソールにテープを張り、プラスティック板の上でボールを打たせます。するとインパクトでのフェイスの座り具合が見えてくるのです。体格にライ角度が合っていれば、テープに付くマークはボールの真下の真ん中になります。もしトウよりにマークが付けばそのアイアンはフラットであるという事なのです。逆のヒールよりであればそれはアップライトであるという事なのです。

ライ角度のズレを1度単位で計測してみるとそのマークのズレの幅は約7~8ミリです。ライ角度のずれとしては大きな問題となるのは3度以上のズレと考えるといいでしょう。マークの位置としては21~24ミリのズレと考えてください。

それではライ角度はボールの飛びにどんな影響を与えるのでしょう。実はその影響度は非常に少ないのです。しかし、影響が無いわけではない事がポイントなのです。ライ角度のズレはボールが飛び出す方向にはまったく影響しません。ショートパットの様にインパクトの力が弱いとフェイスの向きはボールの打ち出しに影響しますが、スイングされた時のヘッドの動きの力ではクラブの動く方向がボールの飛び出し方向を決めるのです。この現象は物理的な動きで、円運動をしている物体が静止している物体に当たる時の静止した物体の動く方向のことなのです。先にも述べましたが、その円運動の動きが弱い場合は衝突した時の動いている物体の向きに静止した物体は動くのです。これはショートパットの時の事なのです。

ではライ角度のズレによるフェイスの向きのズレはどんな影響をボールの飛びに与えるのでしょうか。それは隠れたサイドスピンなのです。飛び出す方向はクラブの動いている円運動上ですが、ボールに対するサイドスピンの影響はインパクトでのフェイスの向きなのです。そのズレ幅は小さいですが確かにボールにサイドスピンを掛けているのです。ボールがフェイスから離れる時にそのフェイスの向きのズレ分だけサイドスピンが掛かるのです。ちなみにこのサイドスピンは完璧なショットの時だけにでるのです。もしインパクトで右手の動きによる不必要な動きがあれば、その動きからのサイドスピンがボールに入ってしまうのです。

もしクラブがアップライトであればフェイスが左を向いているのでボールに左回転を加えるのです。その微妙なズレはどこで顔を出すかというとボールが落ちてくる時なのです。それも最後の最後にでるのです。もし1度アップライトであれば、その影響はボールが落ちてから左に少し曲がるだけです。もし2度アップライトであれば、その影響はボールが落ちて2ヤードぐらい左に曲がります。さらに3度アップライトであればボールが頂点から落下する時にやや左に流れる感じで、落ちてから左に1ピンぐらい曲がります。4度アップライトであれば頂点から落下する時に明らかに左に流れ、落ちてから大きく左に曲がります。

逆のフラットの場合は右に曲がるという事です。ここで大事なのはライ角度のズレは完璧なパーフェクトなショットを崩すという事なのです。ライ角度が違うクラブを使っていると自分のショットの完成度が見られないという事なのです。身長が180センチ以上の方、160センチ以下の方は3度以上のズレがある場合があり、ナイスショットがミスショットの様に見えてしまうのです。だからこそライ角度は自分の体形に合わせておきたいのです。ゴルフの上達を考えているのであれば、ライ角度を合わせるのは必須と考えましょう。ちなみに身長が170センチから175センチの間の人であれば余り気にしなくてもいいと考えてください。

このライ角度のズレを自分のミスを消す為にセッティングする事もできます。もし、ボールが左に曲がる事を極端に嫌うのであれば、アイアンのセッティングをフラットにすればいいのです。逆もありです。そして普段のミスが左に曲がる人はライ角度がアップライトだとその左へのミスを増幅することになります。ここでも逆の右も同じです。スライサーにはフラットなクラブはスライスを増幅するのです。

一般的に考えられているライ角度のズレでボールが大きく曲がる事はないのです。クラブメーカーの表示では曲がりを増幅して表現しがちです。ライ角度のズレでの曲がりは確かにあるのですが曲がり幅は小さいので余り神経質にならない方がいいと思います。身長が180センチ以上の人か身長が160センチ以下の人はライ角度のズレが大きいと思うのでライ角度フィッティングは必須です。ライ角度が極端にズレているとナイスショットが見えてこなくなるからです。

グリップの太さも重要です。しかし、言葉で表現するのは難しいのです。まずは左手ですが、グリップはグリップエンドにテーパーが付き太くなってきているので余り気にならないと思います。重要なのは右手のグリップの太さなのです。

右手のポイントとしては太くもない、細くもないというところです。グリップをして右手がグリップの太さを感じていたら駄目です。その理由は右手でクラブを動かし易くなるからです。先にも書きましたが右手で重要なのは右手の薬指の感覚なのです。薬指でクラブをしっかり握れていればいいのです。逆に細いのも問題です。グリップが細いとその事が不安で右手のグリップを緩めたい時に緩まなくなるのです。実際には試打会などでグリップの太さの感覚を味わう事が大事です。

是非自分のセッティングを考えてみてください。PING社、ミズノ社はその対応をしてくれるので相談してみるといいと思います...

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。