2006年01月13日

風とともに去りぬ、ミシェル

☆米男子プロゴルフツアー第2戦「ソニーオープン・イン・ハワイ」
ミシェル・ウィが「風とともに去りぬ」となってしまいました。プロ転向後はじめての男子プロトーナメント参加とあって期待は大きく高まっていました。そして、ティーチングプロのデービッド・レッドベターもミシェルの予選通過に太鼓判を押していました。しかし、初日のハワイアン・オープンは強風でミシェルが、今までにPGAツアーで叩いたもっとも悪いスコアの79となりました。ミシェルの初日のスコアの内容は、1バーディ、4ボギー、3ダブルボギーというものでした。
Score Card of Michelle Wie
風に邪魔され苦戦のミシェル

"Today it was like, 'Wow," she said. "It's like, 'I can't believe I'm doing this bad. It was just a combination of bad shots that turned out to be really bad, and just a lot of wasted strokes out there," Wie said. "It was not my day."

「今日は『ワオー』と言う感じだったわ。」「まるで『こんなに酷いなんて信じられないワ。』という感じよ。結局、悪いショットの組み合わせでこんな酷い結果になっちゃったのよ。随分無駄なショットもあったわ。今日は私の日じゃなかったのよ。」とミシェルは頑張って記者会見を終えたようです。もう予選通過は絶望的ですから明日は思いっきりプレーして欲しいですね。
涙をこらえるミシェル

初日のトップは、ローリー・サバティーニで5アンダーでした。期待されているビージェィは47位とやや出遅れています。そして、先週優勝したスチュワート・アップルビーも33位と少し出遅れました。8人参加している日本勢では、2オーバーパーの72位に今田、宮里兄弟、横尾と丸山茂樹が頑張っています。しかし、初日に爆発して上位に食い込むプロはいませんでした。
Leader Board of Sony Open in Hawaii

posted by golfq at 12:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフトーナメント記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック