2006年02月22日

Tsuyoshiさんからの質問 (続き)

今日はツヨシさんからいただいたヒントから考えてみたいと思います。

バックスイングの始動で腰が右に少しスライドする気がする。
多分腰はスライドしているでしょう。この腰の動きを止めるには、右ヒザの踏ん張りが必要です。
右ヒザを内側に絞込み右ヒザにこれから乗ってくる重みに耐えれるようにしましょう。この右ヒザの受けがトップスイングに大きく影響します。オーバースイングの原因の大半はこの右ヒザの緩みに原因があります。
そして、ヒザが止まったら、テークバックの始動を上半身だけでしましょう。上半身と下半身に存在する遊びを最初に無くすのです。この動きが身に付くと下半身の揺れはとまります。

トップでスエーはしていないと思う。
「トップでスエー」を防ぐ為にも先ほどの右ヒザの頑張りが必要です。多くの人が「バックスイングを深く」と考えすぎてスエーをしてしまうのです。トップスイングはコンパクトにまとめたいですね。但し、飛ばしたい時は、右ヒジを高く上げて大きなトップを取りましょう。

ダウンスイング開始後にシャフトが寝る(グリップエンドが正面方向を向く)事がある
昨日のブログで書いた「脱力」の動きがここで必要になるのです。ボールを上手く打とうとするから、ダウンスイングがボールに向ってしまうのです。ゴルフの解説本にもスイングプレーン上にクラブを動かすとありますが、スイングプレーン上にクラブを乗せようとするとゴルフクラブは傾いてしまうのです。練習が必要ですが、腕の力を脱力してゴルフクラブをグリップエンドから体の後方に垂直になる感じで落として見ましょう。この動きは脱力ですから気をつけてください。意識をしてクラブを落とそうとすると右肩が落ちたり、ヒザが動いたりします。クラブヘッドが右の耳の辺りに感じれたらゴルフクラブが立っていると考えていいでしょう。

シャフトを真下に落とそうとすると上体が起き上がってしまう
この現象が、「脱力」でない動きの現れです。意識してシャフトを落とそうとするために体が起き上がってしまうのです。

インパクトで体重が右に残っていると言われる
右に残ってしまう原因は左腰の動きにあるのです。インパクトの時に左腰を止めてスイングをすると体重は右に残ります。昨日書いた左ヒザの動きの重要性がここにあるのです。左ヒザを伸ばし続ける事で体重は自然に左移動するのです。インパクトの時も下半身を動かしましょう。そして、最後は真っ直ぐ左足の上に立ち上がりましょう。

振り遅れシャンクが出る
シャンクは振り遅れででるのではなく、左の腰が開いていない為にグリップしている手の通過の位置が前方に押し出されてしまうのです。振り遅れは、体の開きが不足だから感じる現象です。体を思いっきり開き、ゴルフクラブを上から落としましょう。

左腰を切ってスイングするとフィニッシュで腰、肩ともに以前より大きく回ったところに納まるんですが、その割りにヘッドが走らず飛距離も落ちると言った感じす。
ヘッドが走らないのは、右手の力の解放が無いからです。インパクトでボールを叩こうとして右手に力が入っているためにクラブヘッドが走らないのです。右手を縦に動かす練習をしましょう。右手の指の力をインパクト抜いてみるのもひとつの方法です。腰の開きが横の動きを作っているので、手首でクラブの縦の動きを作りましょう。この縦の動きが大きければ大きいほどクラブヘッドは走ります。

ツヨシさんどうでしょう。実際にツヨシさんのスイングを見ていないのでまとを外れた解説かもしれませんが、一度考えてみてください。テーマは、腰の横の動きと、手首の縦の動きのコラボレーションです。


人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
posted by golfq at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。