2004年12月26日

私のプロフィール

☆生い立ち
東京に育ち、東京で学び現在に。ゴルフ歴37年です。

☆スポーツとゴルフ
若い頃はサッカー部で足を鍛え、途中野球部で下半身と上半身のバランスを学びました。学生時代は10年間寮生活をしていたので、自分の事は自分でできるようになりました。

ゴルフは、17歳でゴルフクラブのキャプテン杯で優勝しました。この頃は、サッカーが主でしたから、技術的にはどうってこと無かったと思います。ただ、若く元気でしたので、疲れ知らずでした。ハンディキャップは6までいきましたが、片手ハンディキャッパーには届いていません。

☆ゴルフとティーチングの歴史
ゴルフは日本とアメリカ、オーストラリアで勉強しました。最初はアメリカで3年近く住んでいた時に、量をこなしてゴルフを体得しました。アメリカには日米学生ゴルフのお手伝いを通じて数回行き、アメリカの学生ゴルフにおけるティーチングを学びました。一時期、アメリカのゴルフメーカーに在籍し、修理やクラブのデザイニングを勉強したこともあります。


Where I lived for three years


オーストラリアでは、私の仲間がプロゴルファーを目指していた関係で、リチャード・ブレインコーチと知り合いました。彼はとてもティーチングが上手で、シニアプロのグラハム・マーシュも教えていました。彼の理論が私のパッティング理論の基となっています。

日本では、ゴルフのティーチング養成講座も受けました。

東京の女子大学ゴルフ部(体育会Bブロック)の監督は、お手伝いとして10年、正式な監督として10年やりました。最初の頃は私のゴルフ理論がまだ完成していなかったので、学生の悩みを解決することで、私が沢山勉強した時でした。

私の監督としての役目は、初心者をボギープレーで回れるようにすることでした。ゴルフスイング理論を教え、理解することで技術の向上を早めました。特にアプローチに練習の時間を割き、無駄のないゴルフを心がけるよう指導しました。又、試合の時は、緊張をほぐすように笑顔を振りまく事も私の仕事でした。

☆ゴルフに対する考え方
ゴルフは物理現象であることと、幾何学的考え方が役に立つスポーツであると私は考えます。細かいことでも、クラブヘッドの動き方、その理由、そのための体の動き方を考えるうちにいろいろなことが自分の考えとしてまとまってきました。今も進行形です。クラブも進化し、スイング論も進化するので、完成することは無いでしょう。ボールを何発も打って体得する時間がないので、理論を学び、それに合った体の動きをする。ヘッドが走るからボールは飛ぶ、ヘッドが走らないからボールは止まる。このような事を頭に入れていろいろな事を考えています。


My Nice Shot


☆使用クラブ


My driver with SEV sheet


ドライバー  44インチ PING G2 
       SEV シート装着
#3 ウッド PING G2
#5 ウッド PING G2
#7 ウッド PING G2
#4 アイアン PING G2 HL
#5〜#9PWSWLW PING G2
Anser Special made putter 34"

ゴルフクラブはPingが最高です。ピンクラブには、理屈があり、それが形になっています。

☆私がブログを書く理由
私はゴルフが大好きなので、多くの人と私のゴルフ理論を分かち合いたいと思いブログを書き始めました。私はプロではありませんが、アマチュアだから言えることを書きたいと思っています。プロにとっては当然の事でも、我々にとっては分からない事が多いのです。その一部でも私が補えたらと思っています。私が、ゴルフの小技にこだわるのは、大きいショットがまだまだ完成する域に達しないからです。ですから、とにかく拾って、拾っていくことを心がけるために、まとまってきたものが小技編なのです。

Bob Hopeのゴルフ語録より

One of Bob Hope `s favorite observations about GOLF is posted on a sign:

``If you think golf is relaxing,

you're not playing it right.'' ...


(golfq訳 「ゴルフが気軽なスポーツと思うなら、ちゃんとプレーしていないってことだよ」)


この言葉は、トーナメントの冠であるボブ・ホープ(アメリカを代表するコメディアン)がゴルフについて語った有名な言葉のようです。確かにアメリカのゴルフ場で、ゴルファーの顔を見ているとみんな表情は真剣ですね。この言葉には軽い皮肉も入っているとは思いますが、それと同時に「ゴルフをやるなら真剣にやろうよ」という愛情のこもった言葉だと思います。

私もゴルフは一生懸命やっていますから、Bobさんと同じ様に感じる時があります。私が、アマチュアゴルファーという立場でこのゴルフのブログを書き続けている理由も、この言葉のような感情が心の底にあるからです。

多くの人が、ゴルフは難しい、下手だ、無理だと挫折しているのを見ると、「あきらめないで頑張ろうよ」と言いたくなるのです。「難しい」のではなく、「よく分かっていないのです」。「下手」なのではなく、「理解した上での、努力がたりないのです」。「無理」なのではなく、「あきらめているのです」ちょっと生意気ですかね。私は、「私が体感してうまくいったこと」を多くの人に役立てればと思っています。

posted by golfq at 21:06| Comment(56) | TrackBack(2) | ノンタイトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。はじめまして。
私アリゾナ在住です。golfqさんアリゾナの
写真はメサのレッドマウンテンかラスセンダスあたりの写真にみえますが。プロショップがトレーラーって事は結構前の写真ですか?
ブログとても面白いです。
Posted by ゆき at 2005年02月10日 22:10
ゆきさんへ
アリゾナに住んでいるのですか。羨ましいですね。写真は、去年の夏にフェニックスに行きSuperstition GCでプレーした時のものです。私が住んでいたのは、北のMoon Valley CC
の近くです。これからも宜しく!!
Posted by golfq at 2005年02月11日 09:47
Superstition Mtnですか?
3月にLPGAのイベントがありますよ。
2年前までMoon Valleyでやってたイベントです。アリゾナは朝晩冷えてます。今日は雨でした。暇だったら私のページ覗いて見てください。
http://www.yukigolf.netです。よろしく。
フィルミケルソン今日も調子いいですね。
私もASU出身なので応援中です。
Posted by ゆき at 2005年02月11日 12:18
ゆきさんへ
そうです。Superstition Mtnです。夏でしたから36ホール周りました。

ゆきさんの ホームページみました。素晴らしいですね。 掲示板にコメント送りましたよ。ブログを書いてはどうですか。ゆきさんならいろいろな事が書けると思いますよ。

ASU出身ですか。私は、Karsten GCで女子大生を連れて合宿を10年程前にしました。素晴らしいコースですね。この前は改造中でプレーできませんでした。
Posted by golfq at 2005年02月11日 12:53
Karstinはピートダイの設計ですから
かなりトリッキーです。私もいつもあがり3ホールにやられます。ブログというか日記として http://diarynote.jp/d/64073/使ってます。
よかったら覗いてみてください。
これからもよろしくお願いします。

Posted by ゆき at 2005年02月11日 13:13
ゆきさんへ
ブログ見ました。ゆきさんのブログにはコメント欄ありますか。見つかりませんでした。ゴルフクラブの生きた情報役に立ちます。これからも宜しくお願いします。
Posted by golfq at 2005年02月11日 13:30
golfqさんへ
コメント欄ないっぽいです。最近もうちょっと
いろいろ出来るブログに移行しようかなぁっと
思ってるところです。ところでスパイグラスの
写真のホール。ドローじゃないとグリーンに
のらないんですよね。昔サンノゼに住んでた頃
よくプレーしました。
Posted by ゆき at 2005年02月12日 05:42
ゆきさんへ
サンノゼにもいたのですか。羨ましいかぎりです。スパイグラスは私が好きなコースのひとつです。
Posted by golfq at 2005年02月12日 08:21
初めまして!!
人気ブログから飛んできました!!!

私はゴルフを始めたばっかりのひよっこです。
今までやってきたスポーツと違って
もっと精神的にも成長しなきゃなって感じてます。
ゴルフに対する考え方、本当に素敵ですね☆
私も一生懸命取り組んでいきたいと思いました。

また遊びにきます!!
Posted by くろすけ at 2005年06月06日 15:21
土曜日は、御指導有り難う御座いました。(長ーいことパターを比べていた者です。。)
あの日教えて頂いたことは、本当に生まれて始めて色々な解り難かった基本やスイングがどうしてそうなのかを物凄く解り易く教えて頂けて、革命記念日となりました。感謝申し上げます。
今度、また2週間後にでも、i3+とi3+ブレードの徹底比較体験等々、是非教えて下さい。
Posted by 虎太郎 at 2005年06月06日 18:22
くろすけさんへ
クロスケさんのサイトとても素敵ですね。これからも宜しく。
Posted by golfq at 2005年06月06日 22:06
虎太郎さんへ
これからも、ゴルフの謎を一緒に考えましょう。ゴルフって語っても楽しいですよね。お待ちしています。
Posted by golfq at 2005年06月06日 22:09
Posted by Wam at 2005年06月18日 20:52
ゴルフ!!!なかなか楽しいゲームですね。
私もいろいろとスポーツをやりましたがゴルフのような足し算のゲームは始めてです(^^ゞ
足し算のゲームの場合技術もさることながら、メンタル、コースマネジメントも大きな要素となりますよね(^^;)
最近このあたりで悩んでいます・・・
Posted by Wam at 2005年06月18日 20:58
wamさんへ
はじめました。すみません。ゴルフは引き算のゲームです。これからもよろしく。

メンタルとは、大地に対する自分の挑戦と考えてはどうでしょう。慌ててもしょうがないので、落ち着いてできることをする。これがゴルフの原点と考えます。
Posted by golfq at 2005年06月18日 22:40
挨拶を忘れていました。始めまして、よろしくお願いします。
ここにいろいろと書き込むのもあれですので一つだけ。
ゴルフが引き算のゲームであるとのこと、初めてお聞きしました。
何から引いていくのでしょうか?
Posted by Wam at 2005年06月19日 05:33
Wamさんへ
フルショットからの引き算です。距離はクラブを変えることで打てますが、各クラブの距離の差はそれぞれのフルショットから力を引くことで埋めるからです。

答えはフルショットです。
Posted by golfq at 2005年06月19日 07:16
現在バンコクに在住です。
たまたまめぐり会った本ページ、気持ちを新たに練習しています。腰を早めに開くと、右腕は意識せずとも体にくっ付いて来ますね。インパクトで左指を意識して強めることはまだ出来ません。
ところで先生はピンが良いとのことですが,
良い点とは? 現在良いドライバーが無いものかと探しております。
Posted by 藤田 at 2005年08月11日 17:25
藤田さんへ
ピンの460ccのドライバーは本当に評判がいいですよ。ピンならバンコクでも簡単に手に入るのではありませんか。とにかく飛びますし、安いですよ。新しいG5が9月に発売されます。これもチェックですね。
一緒に頑張りましょう。
Posted by golfq at 2005年08月11日 20:08
お久しぶりです。
7月以降、仕事や夏休みの家族旅行などがあり、まるまる一ヶ月間クラブ握っていませんでした。このブログは、毎日読んでいました。28日ようやく練習場に行きました。課題のシャンクが克服できるかと若干不安ありましたが、100球ほど打ちましたがシャンクは一回のみでした。腰が確実に回転すればシャンクは出ない事確認できました。ドライバーショットを20球くらいしたのですが、何発かなんか頼りなさそうに高い弾道で余り距離がでないのかと思うと結構距離がでるショットがありました。これは、ドライバーの芯より上でボールを捕らえているからでしょうか。
Posted by k-shirasan at 2005年08月30日 09:30
K-shirasanさんへ
すみません。返事をミスっていました。シャンクについては、右ヒザの固定がとても効果がありますよ。

ボールの飛び方はこれから新たな理論がでてくるでしょう。打ち出し角度と低スピン量がこれからの飛距離のテーマと思います。
Posted by golfq at 2005年09月14日 22:28
ご教示ありがとうございます。
明日から、川奈へ2ラウンドしに行きます。
まだスイングが付け焼き刃の状態なので不安だらけですが
楽しんできます。
Posted by k-shirasan at 2005年09月16日 16:03
K-shirasanへ
川奈ですか。羨ましいですね。頑張ってください。だいぶ涼しくなってきたので、楽しめるといいですね。
Posted by golfq at 2005年09月16日 17:15
川奈の報告です。
18、19の両日、富士コースでプレイしてきまた。
強烈な暑さと二日酔いとタフなコースで体力の限界を知りました。また、アリソンさんに散々遊ばれイン15番で3オンに失敗左の深いガードバンカーでボールがどうしても出ずギブアップしてしまいました。おまけに17番のガードバンカーでもギブアップしてしまいました。どうしても、出そうとしてスイングがしゃくり上げるようになっていると同伴者に指摘されました。
ティーショットは、スムースにスイングできるようになりましたが、ラフやフェアウエイなどでは、ボールを打とうとするスイングになりダフりトップが出てしまい、結局スコアメイクできないことが18日は多々ありました。
19日は、前日の反省もあり納得いくショットが多くなりアウトで40台出せるかと思ったのですが、9番ミドルで第3打シャンクしてOBとなり夢となりました。収穫は、イン11番燈台に向って打つ568ヤードのロングホールで3オンしたことです。常時、このスイングができればと思うのですが。
まずは、ご報告まで
Posted by k-shirasan at 2005年09月21日 17:16
K-shirasanへ
川奈のアリソンは気難しいですからね、ご苦労さまでした。でも、楽しそうで羨ましいです。報告ありがとうございました。
Posted by golfq at 2005年09月22日 00:25
こんにちは、最近PINGのクラブに興味を持っているのですが、"ゴルフクラブはPingが最高です。ピンクラブには、理屈があり、それが形になっています。"とおっしゃる理由を教えていただけますか。なかなかPINGの情報をお持ちの方がいらっしゃらなくて探していました。
Posted by Toshi at 2005年11月07日 00:18
Toshiさんへ
PINGの情報については、一度世田谷のPING・Fitting・スタジオに行かれるといいですよ。とても、丁寧に細かい話をしてくれます。電話は03−5426−8620です。

形に理屈があるという話を一つ。

ピンの創始者は、飛行機の部品をデザインするエンジニアでした。彼はとても形の持つ意味、理由を大切にしていたのです。

アイアンで言うと、アイアンはボールを打つものではなく、地面から拾い上げ、運ぶものであると考えていました。

今のアイアンのデザインの元は、食べ易い1本のフォークでした。フォークのネックの曲がり方やその角度からヒントを得てクラブデザインに生かしています。

彼は決してゴルフが上手い人ではありませんでした。だからこそ、役に立つクラブがデザインできたのでしょう。
Posted by Golfq at 2005年11月07日 08:38
ピンドライバーG5が出ましたが、G2との違いは何でしょうか? 素人にとっては新しいものが良いと思ってしまいますが、アメリカのインターネットを検索したら、単なる販売戦略に過ぎない、G2の方が良いとの意見も見られました。それから、オフセットは球の捕らえが良いのでしょうか? 以上販売店さんにお尋ねする性質の質問ですが。。。。
Posted by fuji at 2005年11月21日 16:29
fujiさんへ
PINGという会社は本当に素晴らしいですよ。企業の目指すものは、少しでも簡単にプレーできるくらぶです。

G2は460ccヘッドとしての最初のデザインでした。今回のG5はそのG2からのフィードバックを基に改良されたものです。

基本的には、上部とフェィス部分のウェイトを落とし、重心深度を下げています。このためによりスピンがかからないようになっているために、アマの人にも楽に曲がりの少ない大玉が打てるようになっているのです。

頑張って叩くクラブではありませんから、気をつけてください。ゆったり大きく振り回しましょう。曲がらない、大きなボールが打てますよ。

オフセットは確かにボールのつかまりがいいですよ。飛距離も10ヤードは伸びると思います。ただし、手打ちの人は駄目です。でも、手打ちを防ぐようになるので逆にいいとも思います。私は、12度のオフセットを使って、距離が15ヤード伸びました。

ちなみにシャフトは三菱バサラのレギュラーです。軽いが腰のある素晴らしいシャフトです。
Posted by golfq at 2005年11月25日 09:02
バンコクで毎日楽しく拝見させていただいております。G5についてご意見をいただきましたが、アイアンのオフセットも面白く、5番と6番をG5に換えようかとピンの店に行きました。結局今のアイアンのほうがグース度が大きく、今のアイアンとの調和も考えアイアンは止めました。ふと見ると10.5度、オフセット、シャフトはバサラのレギュラーのG5が1本陳列されており、店の主人もお勧めで、迷わず買ってしまいました。
練習もせずこれを使って昨日は41,41で回れました。
まっすぐ高い球筋で余りぶれない印象でした。たまに叩きに行きましたがそれでも余り乱れませんでした。飛距離の違いはまだ見えませんが、これからが楽しみです。
Posted by fuji at 2006年01月23日 18:08
fujiさんへ
ゴルフ楽しそうですね。

G5の10.5度、バサラ、オフセットはいいですよ。ボールがヘッド上部のトウの方に当たれば、今までに体感したことがない飛距離がでもすよ。楽しみに。

今週はG5を使っているクリス。ディマルコが優勝しましたよ。
Posted by golfq at 2006年01月23日 22:04
おめでとうございます!
ランキング上位に復活ですね♪
ゴルフネタでなくてごめんなさい。
でもこれでアクセスがらくちんになりました♪
これからもがんばってください!
Posted by take-b at 2006年02月07日 22:02
take-bさんへ
ご迷惑をかけました。これからも宜しくお願いします。
Posted by golfq at 2006年02月07日 22:50
golfqさん、お帰りなさい!
やっぱり定位置にいないと寂しいですから、よかったです。

さて、ゴルフフェアが近づきましたので、
ご予定をお聞かせいただけると幸いです。
私は、23日(金)に会場におります。

このメールアドレスに返信をいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
Posted by ハッグー at 2006年02月20日 21:38
ハッグーさんへ
このメールアドレスがわかりません。こちらにメールをくれてもいいですよ。

goodyselljp@yahoo.co.jp
Posted by golfq at 2006年02月21日 10:52
パターが入りません。とくにショートパターがうまくいきません。ところで、パターの打ち方にルールの制限はありますか。大まかなところはわかりますが、細かいところを教えてください。また、ショートパターの秘訣はあるのでしょうか。ドライバーで「チーピン」を打つことはありませんが、パターを早急に直したく思い、メールしました。
Posted by 見栄第一ゴルファー at 2006年03月28日 16:54
見栄第一ゴルファーさんへ
このコメントを明日のテーマにさせていただきます。よろしく。
Posted by golfq at 2006年03月28日 22:39
丁寧な回答ありがとうございました。「慎重に転がすこと」、「左手を引っ張り過ぎないこと」、など肝に銘じました。また、そこからこんな結論に達しました。
@左腕は振り子の軸にする。
A左腕の軸を正確に動かすように、右腕を稼動の原動力にする。
そして、それを実践するために、左右の手を離して握る方法を編み出しました。
左手はパターと一体化させ、右手はグリップより下のシャフトあたりを持ち、丁寧に正確に振り子運動をさせるのです。
パター練習用マットをさっそく購入して試してみました。今までのいわゆる普通のグリップでは、確かに時々左手で引っ張ったり、右手で押し出すクセが現れます。しかし、この方法では50連続カップインでした。ものにします。
Posted by 見栄 at 2006年03月30日 13:53
あ、さっきのコメントの名前を間違えました。見栄第一ゴルファーからでした。
Posted by 見栄第一ゴルファー at 2006年03月30日 13:54
見栄第一ゴルファーさんへ
自分なりの方法を見出してください。とにかく、インパクトでフェィスがスクエアになるように心がけましょう。

早くコースで試したいですね。
Posted by golfq at 2006年03月30日 21:45
ついに

PING G5 Driver 10.5°R-shaft

本日、届きました。

これでやっと道具だけは、いっちょまえになりました。

次は、アイアンですがまだ先になりそうです。
Posted by kshirasan at 2006年06月23日 16:54
kshirasanさんへ
それは良かったですね。

ヘッドをボールに深く入れるようにしてください。一寸ダフル感じぐらい深くていいですよ。

アイアンも素晴らしいですから、お楽しみに。
Posted by golfq at 2006年06月23日 23:28
昨日、富嶽カントリークラブでラウンドする機会があり、早速G5のデビューでした。

師匠のヘッドをボールに深く入れるというのが、今一理解できないままのショットでした。

最初の2ホールは、めろめろでした。引っかけとトップでボール跡は、フェイスの下4分の1についていました。

その後、距離は200ヤードから飛んで230くらいでボール跡は、フェイスのど真ん中に付くようになりましたが、目の覚めるようなショットは一度もありませんでした。

しかし、スライスや極度のフックは皆無でした。
ほぼストレートボールばかりでした。

1.5ラウンドしましたが、ドライバーでのOBは、
全くありませんでした。これだけが、収穫といえば収穫でしょうか。

後は、持ち球が決まればコースマネージメントすればスコア安定するのでしょうが・・・

ヘッドをボールに深く入れるというのは、どういう事かご教示ください。
Posted by kshirasan at 2006年06月26日 11:16
kshirasanさんへ
この話題は明日のブログで取り上げて見ます。
Posted by golfq at 2006年06月26日 19:58
どうもお久しぶりです。去年のコンペ以来ですねー。もうすぐ帰国します。(5月半ば)去年大枚はたいて買ったツアーステージのドライバー全然飛ばないので使ってません。やっぱりピンにすれば良かったですかね。また遊びに行きたいです!今度は旦那も教えてやってください!
Posted by naoko at 2007年04月25日 19:39
どうもお久しぶりです。去年のコンペ以来ですねー。もうすぐ帰国します。(5月半ば)去年大枚はたいて買ったツアーステージのドライバー全然飛ばないので使ってません。やっぱりピンにすれば良かったですかね。また遊びに行きたいです!今度は旦那も教えてやってください!
Posted by nao at 2007年04月25日 19:41
naoさんへ
お久しぶり。また遊びにきてください。お待ちしています。
Posted by golfq at 2007年04月25日 22:37
はじめまして!
大変興味深いブログで勉強させてもらってます。
また影響を受けて最近ドライバーをG5にし、気に入ったので息子のセットもMOXIEにし、今度は自分のアイアンをi3+にしました。
オークションにて購入し、昨日届いて早速試打してきましたが、ちょっと打っただけでは、さほど打ち易さは感じませんでした。
今までタイトリスト591ライフルを使用していて、PINGのフィッティングを受けたとき、i10が気持ち良く打てたので(7Iのみ)価格の問題もあり同様の流れをくむと思われるi3+を購入したのですが、i3+ってツアープロが使用しているだけあって難しいんでしょうか?

あとシャフトはCS Lite Sで、ヘッドとの接合部に接着剤みたいなものがはみ出てるのが気になり、出品者に問い合わせしたところ、PINGのアイアンでは時々見られるとの事でしたが、そういうものなんでしょうか?

いきなり長々と書き込みしてしまい申し訳ありませんが、良いアドバイスを下さい。お願いします。
Posted by うらやまにわ at 2008年05月22日 10:57
うらやまにわさんへ
PINGのアイアンは難しいのではなく、すべてがフックフェイスだということです。右手を使わず体の回転でボールを捕まえましょう。右手を使わないショットのすばらしさを体験してください。

ネックの接合部分は、シャフトに負担がかからないようにわざとネックの上部を広げてあります。その為に接着剤が多少はみ出します。基本的には拭き取っているはずですが、うまく拭き取れていなかったのでしょう。クラブの性能にはまったく関係ないので気にしないようにしましょう。

これからも質問があったら是非どうぞ。
Posted by golfq at 2008年05月22日 22:10
早速のご回答ありがとうございます。
なるほどですね!
大事に使っていきます。

こういったブログに書き込むのも初めてで、一人一人に分かりやすく解説するgolfqさんの丁寧な対応に感心します。

息子は小学校五年生ですが、3月生まれなので背が低い(身長140センチ)ということもあり、このたびMOXIEセットを購入しましたが、このままゴルフを好きで続けてくれたら1,2年後にはまた買い換えることになると思います。(ますます好きになってくれたら・・との期待もあり、PINGをかいました。)
ジュニアの大会を観に行って思うのは、PINGをしようしている選手は意外に少ない、というかほとんどいないみたいですね?(私の狭い世界だからかもしれませんが)
PINGはジュニア育成にあまり注目はしてないんでしょうか?
golfqさんのジュニアに対する道具選び、レッスンなんかも聞かせていただけたらうれしいです。


Posted by うらやまにわ at 2008年05月23日 12:13
うらやまにわさんへ
ブログにお答えをアップしました。
Posted by golfq at 2008年05月24日 00:16
丁寧な解説を頂き、ありがとうございます。一つは私もそうじゃないかと感じていた事をずばり!言って頂き、またもう一つは技術的にこれからの課題、方針についての明示まで頂き、明るい未来が見えてきました。
取りあえずは良く走らせ基礎体力をつける!早いうちからパッティングとアプローチを覚えさせる!は前者の部分で、以前息子はスポ少でサッカーをやっていて、当時は学年1番走るのも早かったんですが、やめてしまった今では食べる事に執着を持ってメタボ体型に近づき今年は3位、立派な太股とお尻をしているのでもったいないと思っていました。で最近半分いやがる息子を朝ランニングに誘い出し近所を走り始めました。
フルショットは体力がつけば結構身につくのは、実は中学の部活で体力がついてきた長男をみていてそう思いました。ゴルフは遊び半分でスイングもあまりきれいではないですが、クラブが振れて、自然と飛距離がでるようになり驚いています。曲がりもすごいですが・・
これからの方針として、とにかく、左足を使って体を回転して振らせることで、回転軸を保つ方法(ボディターンでボールを捕らえる)を早くから身につけることを考えていけばよろしいですね。

是非、息子がゴルフを嫌いにならないようにしながらPINGで育ったジュニアを作り上げ、というか一緒に成長していきたいと考えています。これからもアドバイス宜しくお願いします。
Posted by うらやまにわ at 2008年05月26日 00:59
うらやまにわさんへ
いいですね。息子さんと一緒にがんばってください。いつでも応援できることはお手伝いします。

とにかく飛ばすことです。

Posted by golfq at 2008年06月03日 19:25
お世話になります、golfqさん。
先週の土曜日に息子(小5)とハーフを回ってきましたが、早速PING効果があったみたいでレギュラーティながら58で回り、ショートホールですが初パーをゲットして本人も大変喜んでしました!
アイアンに関しては、それほどバックスピンはかかっていないけど、曲がりも少なく、ピンに向かって飛んでいくボールにびっくりしました。
しかしいかんせんドライバーの飛距離がせいぜい160Y程度なので、スコアを縮めるのは大変そうです。
そこでgolfqさんの言われる「とにかく飛ばすこと」ですが、ポイントは左足を使って(バックスイングで左膝を前方に曲げて、ダウンスイングで左腰を回すように左膝を伸ばしていく)体を振らせることで、回転軸を保つ方法を身につけさせる(右膝は固定)という考えで進めていけば宜しいですかね?

それとこれは自分に当てはまる事です。トップでオーバースイングぎみに飛球線よりも右側にヘッドが向きやすく、プロのショットをみているとほとんど飛球線に平行なので、直したいと思っていますが、たまに振りかぶった時に左の頭越しにちらっとヘッドが見えたりしてどっきりとしてしまいます。
これはgolfqさんの言われる「左手の角度を保つ」ていけば克服できるんでしょうか?
i3+もだいぶ慣れてきて、今日は気持ちの良いショットが出て爽快な練習でした。
Posted by うらやまにわ at 2008年06月12日 00:51
うらやまにわさんへ
ブログ内でお応えしています。
Posted by golfq at 2008年06月13日 22:55
私のダウンスイングは、トップから右腰の押し込みと腕の縦振り動作でシャフトが立った時、コックとひじを縦に解放してショットします。単純ですが、このやり方で非力な私でも、ゆっくり振って飛躍的にウッドやアイアンが真っ直ぐ、高弾道、飛距離も格段に伸びました。少し説明を加えますと、「トップから、右腰を押し込むとラグタイムを経て肩が回転します。こうして肩を回転させながら、背後で寝たままの状態のシャフトをグリップで直接、腕で縦に下ろします。これが可能になるのは、肩が回転すると横に寝ているシャフトが背後に残される結果、右ひじ先と手首が背後に残ってクラブをトップで元々在った右肩の位置で担ぐ形となり、寝ていたシャフトが自然に縦に降ろせるようになるのです。理由は簡単で、トップでは右肩でクラブを担いで肩のひねりが入っていただけなのであるので、肩だけをそのひねりを戻せば右肩に担いだ姿勢となり、このまま腕で縦に下ろすことが出来るのです。この縦振り動作を肩の回転をしながら行なうと、肩の回転に対して接線方向に絶えずシャフトを引き抜く動作となり、シャフトにしなりが発生します。シャフトが立った時点でこのしなりと腕を使って縦にヘッドを降ろしてボールをインパクトします。フォローは、縦に降ろしてボールに触れた瞬間に、腰と肩の回転で左に振り切ります。」といったものです。シャフト種の違いや感覚的なものも入っているので、他の方々に通用するかどうかは分かりません。以上、我流新陰流のスイング論でした。
Posted by masatojp at 2008年12月22日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ゴルフに王道なし
Excerpt: レッスンプロに教わって良かった・・ 今、本当にそう思っています。私の性格上、中々
Weblog: ゴルフ日記
Tracked: 2005-03-22 18:39

2006PING研修報告<その1>
Excerpt: 今回の研修がどんなものだったか、順番にご紹介していきます。 現地1月22日の午後6時フェニックス到着。 関東地方の雪の影響で、成田発の飛行機が3時間以上遅れ、それが原因で乗り継ぎ便が上手くいか..
Weblog: サイエンスゴルフアカデミー/知らないと損するゴルフクラブ選び情報
Tracked: 2006-02-06 10:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。