2010年05月04日

PINGのプロがアメリカで活躍中


今日は米国PGATourでのPINGクラブの活躍をご紹介します。日本では評価がイマイチ低いPINGはゴルフの本場アメリカのPGAツアーで大活躍です。是非PINGを試してみてください。プロのクラブはアマチュアには通用しないと思わないでください。プロもより簡単で飛ぶクラブを探しています。その為にクラブメーカーは研究を勧めているのです。

今アメリカPGAでは、ドライバーの平均飛距離のNo.1とNo.2がPINGドライバーです。No.1に輝いているのが左利きの飛ばし屋であるBubba Watsonです。彼の平均飛距離は306ヤードです。そして彼の使用しているのが、PINGのG15ドライバーで7.5度(市販はされていませんよ)です。No.2は今週も3位に入賞したマスターズチャンピオンのAngel Cabreraです。彼の使用しているのが、PINGのi-15ドライバー8度です。ちなみに今週で引退したLorena Ochoaも同じ使用でした。ピンのドライバーは飛ぶのです。
Driving Distance Ranking(PGA Tour.com)
PINGのプロが使うクラブは何か!!(PING.com)

フェアウェイキープ率でNo.1を行くのがPINGのHeath Slocumです。ヒースは昨年のプレーオフで1勝して最近は有名になってきています。最近も調子が良く優勝争い良くしています。その要因がフェアウェイキープ率の高さでしょう。ゴルフでは「飛ばすより、フェアウェイにボールを置け」ですからね。ヒースの使うドライバーはBubbaと同じG15の7.5度のようです。7.5度のロフトでフェアウェイを75%近くキープするんですから凄いですね。
Driving Accuracy Percentage Rist(PGA Tour.com)

Driving DistanceとDriving Accuracyの総合で評価されるのが、Total Drivingというカテゴリーです。飛びの順位と正確性の順位を足したものです。ここでのNo.1がPINGのHunter Mahanです。彼は飛びで56位、正確性で16位の合計72ポイントです。同率に昨年までPINGのスタッフプレーヤーだったRyan Mooreが入っているのも面白いです。
ちなみに正確性1位のHeathは飛びで144位ですから合計42位です。又飛びの1位のBubbaは正確性で155位で合計156ポイントの53位でした。
Total Driving Ranking(PGA Tour.com)

PINGの凄いのはまだありました。それはGreens in Regulationというパーオン率のカテゴリーでの1位がPINGのKevin Southerlandでした。
Greens in Regulation Ranking (PGA Tour.com)

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 15:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 知っておきたいクラブの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。