2010年05月26日

右手首の角度を変えない


アイアンショットで最終的に一番の問題は、右手首の角度です。アイアンショットの場合はボールをグリーンに運ぶので、「右手首の角度を変えない事」が大事なのです。右手首の角度が緩むとアイアンヘッドがボールを前に押す事になりバックスピンの減少を起こします。結局ボールが前に転がる原因になるのです。

右手首の角度が緩む最大の原因は、意識の持ち方なのです。その意識とは「ボールを打とう」とする意識です。「ボールを飛ばしたい」と思う事が右手首の角度を緩めるのです。女性やシニアの方に多い現象なのです。又この事は初心者にとってはとても大事な事なのです。初心者の方はどうしてもスイングができませんから、ボールをクラブで打つと考えてしまいます。そこで一番使えるのが右手首なのです。でも右手首はアイアンショットの場合は緩まないのです。

もう一つ右手首が緩む原因が、「アイアンショットでボールが右に逃げてしまうショット」事です。アイアンショットはダウンブローのショットですからボールが右に逃げるのはある程度しょうがない事なのです。でも実際は結構右にボールが逃げている人が多いのです。だから、右手首の角度を緩めてボールを叩きにいくのです。

でも、ボールが右に逃げる最大の原因はスイングの軸が左に流れているからなのです。この原因が分からないと右手を使ってしまうのです。そして、右手でボールを打つ様になるといつの間にかボールは左に曲がり始めるのです。フックにお悩みの方の多くの人がたどった道はふたつの状況の組み合わせなのです。

回転軸が流れるスイングで右に飛んでいたボールを右手で抑えるようにした。ボールはドローボールになったり時々真っ直ぐ飛びだすようになる。しかし、いつの間にか回転軸が流れなくなりボールが左に曲がりだす。

右手首を緩めないで打つ方法については明日書きます。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 08:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スイング論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね。
golfqさんは以前にも今回と同じことを何度も書いてくれていました。
その時そうなのかと思ったはずなのに・・・いつの間にか忘れている。
いえ、忘れていると言うより・・・
自分の目の前のショットに一喜一憂し過ぎるのです。
そして、知らず知らず下手の上塗りをしていくのです(苦笑

おっしゃるとおりでした。
今度こそ謙虚に受け止めて本当に上達してみたいです。
Posted by 満50歳 at 2010年05月26日 14:07
満50歳さんへ
自分の中にボールを飛ばす原理のイメージ作りをしてみてください。最終的には右手が勝負ですが、それ以前に気をつけたいのが体をいかにしっかり使うかです。お互いにがんばりましょう。

毎回ありがとうございます。

Posted by golfq at 2010年05月26日 16:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。