2010年06月02日

左手を感じるには


左手を使うと言ってもそんなには簡単ではありません。左手にとって大事な事は「スイング中に左手の存在感を感じる事」だと思っています。そこで私流の左手の存在感の感じ方を紹介します。

それは左手の親指です。グリップをするときに左手の親指の腹をグリップにしっかり当てます。左手のグリップがストロングでもウィークでも問題ありません。左親指の腹をグリップ上に乗せるのは、トップスイングの時にクラブをその左親指の腹の上に乗せるからです。

トップスイングの時に初めて左手の存在感がはっきりするのです。テークバックは右手でクラブを持ちあげていきますから、左手の役目はあまりなく存在感もほとんどないのです。ところがトップスイングでは一転してその存在感が現れるのです。

このトップスイングの位置が決まらない人も是非左親指にクラブを乗せてみてください。特にオーバースイングでお悩みの方にはとても役立ちます。トップスイングはこの左親指の上にクラブの重量がすべて乗った時に終わるのです。右手の役目もほぼここで終わり、右手の力が緩みます。

オーバースイングの人は、この状態からさらにバックスイングを深くしている可能性が高いのです。バックスイングが深くなると親指の感覚は薄れていきます。バックスイングは左手の親指でクラブを最も感じる場所で終わりにしましょう。

左親指の存在感で最も大事なのが、この先です。それはダウンスイングの時です。この時に親指にクラブの重さを感じていればダウンスイングで右手が邪魔をしていない事になります。アイアンではクラブを立てにいきますので親指へのプレッシャーはさらに上がります。クラブが体に巻きつく感じになると、そのプレッシャーが増す事を感じる事ができます。

ドライバーでは人によって異なるでしょう。私の場合は、クラブを横から入れたいのでトップスイングからややリストの開放の為に左親指でクラブを地面と平行になるように押しています。もっともこの方法は私独自のものです。スペインのバレステロスの様にドライバーでもアイアンと同じようにタメを作りにはいけないのです。

そして、インパクトに向かっては左親指でクラブを地面に縦に抑えつけるようにしましょう。実はこの親指の縦へのプレッシャーが右手の開放に役立ってくるのです。右手で縦の動きが感じられない人は左手の親指の動きで縦の動きを感じてみましょう。

是非、左の親指でクラブを感じてみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 08:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。