2010年06月16日

右手首の動きを考える


ゴルフのスイングは左サイドの動きでスイングの勢いを作ります。それでは右手は何をするのでしょうか。右手は、「インパクトを作る」のです。ピッチャーがボールを投げる時の手首と指の動きがゴルフスイングのインパクトでの右手の動きと同じ様なものと考えたいですね。

この考えで大事なのが右手の手首の角度はインパクトまで変わらないということです。ボールを投げる事を考えてみてください。ボールを投げる時にボールを握っている右手の角度がゴルフでクラブを握っている角度と同じなのです。女性がゴルフのスイングをイメージしにくいのも、ボールを投げる事がほとんどないからなのです。ボールを投げる事で右手首を柔らかく使う感覚が分かります。手首を最後に軟かく使いたいので右手の角度を保つ必要があるのです。だからインパクトまで右手は使えないのです。

テニスやバトミントンをする人がゴルフをするとボールを左に引っ掛ける事が多いようです。その理由は止まっているボールを打とうとするからです。ボールを打とうとするから右手首の角度が緩んでボールを引っ掛けるのです。ところが実際に動いているボールを打っている時を考えると、右手首は緩んでいないのです。テニスでもバトミントンでも右手首はインパクトから先で使っているのです。手首が強いという事は、インパクトというほんの少しの時間に手首を大きく動かす事なのです。

ゴルフのミスはこの右手首の角度が緩む事で起きている事が多いのです。まずは自分のスイングの中での右手首の角度を考えてみてください。次回はアイアンの場合の右手首の話を書きます。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 09:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。