2010年07月19日

OosthuizenはPINGクラブで勝った


PING契約プロのLouis Oosthuizen(ルイス・ウーストハウゼン)が圧倒的な強さで2010年の全英オープンを制しました。PINGの最近の活躍は凄く、6月の後半にウェストウッドがアメリカで優勝し、翌週の全米オープンではフランスのアブレが2位に入りました。さらに翌週が左利きの飛ばし屋のバッバ・ワトソンが初優勝しました。そして全英オープンの前の週のスコティッシュ・オープンではスペインのヒメネスとカニザレスが1、2位フィニッシュをしています。これって凄い事ですよね。
PING`s Oosthuizen with The Open trophy (US Yahoo Sports)

ウーストハウゼンが使用していたのが、今年の秋に発売される予定のPING S56アイアンのようだ。この新しいアイアンはすでに今年の全米オープンでフランス人のアブレが使用し2位に入り、翌週にはヨーロッパツアーでスペイン人のヒメネスが使用し優勝している優れものだ。今までのゴルフ界の歴史で発売前のクラブがこれだけの戦歴を上げているものはないでしょう。PINGのS57もツアープロには人気があったようですが、その継承モデルが爆発的な人気を呼ぶ予感がします。
New PING S56 iron with Louis Oosthuizen(US Yahoo Sports)

最近調子を落としていたPINGのハンターメイハンもこのS56アイアンを使って予選を通過していました。Wedgeはこれも新しいウェッジでTour-Sの様です。ちなみにサンドウェッジは一時溝の問題で話題になったPING Eye2の様です。
S56 iron in the Hunter Mahan`s bag(GOLF.com)

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 19:40| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ゴルフトーナメント記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
ダウンスイング時の右肩の落ち+右膝の折れについて悩んでいた所、良いヒントを頂けました。
記事違いではありますが、お礼を申し上げたく書き込みをさせて頂きます。

有難う御座います。過去ログだけでも拝見出来ること大変嬉しく思っています。
Posted by シンラ at 2010年09月09日 04:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156826507

この記事へのトラックバック