2005年02月15日

藍ちゃん、瑠衣さん特集

★ダブルスプレーの怖さと面白さ
昨日の瑠衣さんのゴルフは、本当に見る人にゴルフの怖さ見せてくれましたね。テレビの中継が始まった瞬間に起きたグリーンオーバーは、日本ではまず見ることのできないシーンでした。グリーンの中央に落ちたボールが、グリーンの奥へ転がり、止まるだろうボールがさらにグリーンを駆け降りてブッシュの中に止まった。信じられない。アンプレイアブルを宣告後のアプローチが2メートルオーバー。悪い時は、どんどん悪くなる。その2メートルも、打ち切れずに右へ。迷いとパートナーへの申し訳なさが、手を動かさなかった。ダブルスプレーの怖さと面白さが同居した瞬間だった。

★開き直った、祈りのこもったパッティング
あの17番での瑠衣さんのバーディパットが、昨日の勝利を決めたといっていいだろう。解説の樋口さんが真剣に勝利を考えて、「確実に2パットで!」と祈るように言っていたが、瑠衣さんのストロークには微塵もそんな感じは無かった。それまでのストロークと違い、開き直ったのだろう、肩もスムーズに動き、狙ったラインに迷いも無くストロークできていた。ラインがでていたのだろう、ボールがカップに近付くに連れてパターを持った左手がグットあがった。万歳!!ゴルフの神様が君の祈りを聞き入れてくれた時だった。

★人生最大のパット
``That was the biggest putt of my life,'' she said afterward, still crying. ``I missed short putts all day. Besides that, I was playing well, and I just felt I was dragging Ai down. So I was pleased to be able to help the team back into the match.''

試合後のコメントだが、いろいろな意味で本当に意味があるパッティングだったから、一生忘れることがないでしょう。特にパートナーの藍ちゃんに対する思いが一番であったと思う。本来楽勝のはずの貯金をすべて使い果たしてしまった直後なので、自分で先に貯金を作れた事は、優勝への可能性を引き戻し、藍ちゃんの流れを絶たない思いやりが形になった瞬間だった。今、もう一度VTRを見たが素晴らしいパッティングでした。こみ上げる涙が、目を熱くしていた。

★17番ホールでの涙の前の涙
もう一つの涙は、この前のホールで80センチのパットを外したときにあった。VTRをもう一度見てみると実は、瑠衣さんのミスパットには伏線があった。それは、藍ちゃんがためらって外した反対側からの1.5メートルのバーディパットにあった。この時藍ちゃんには珍しくパッティングにためらいがあり、左にボールは曲がった。ためらったパッティングだったから、フェイスもかぶり極端に曲がった。これは、瑠衣さんには辛かった。ゴルフの神様あなたは、厳しすぎる。ここでは、もう開き直っていた瑠衣さんのパッティングはしっかり迷いも無く打てたものだった。ただ、藍ちゃんのパッティングを見た直後で、ライン取りがほんの少し左に向いてしまったのだった。この外した直後にグリーンサイドで瑠衣さんは涙を流したようだ。辛い、辛い涙だったでしょう。でも、この時に藍ちゃんがちゃんとフォローしていたようだから、素晴らしいチームプレーだったと思います。

★瑠衣さんがくれたもの
試合が終わり、感動の涙、涙。そして、瑠衣さんが藍ちゃんに「ご免ね」の一言。「なんで」と受けた藍ちゃん。この試合方式の怖さ、面白さを十分に見せてくれた二人には心から拍手を送りたいですね。瑠衣さんが見せてくれたゴルフの怖さと感動は私には本当に勉強になりました。「諦めずに、ひとホールずつを確実に攻める」この姿勢が、ゴルフの原点ですからね。ちなみに、最終ホールのファーストパットも気持ちが吹っ切れていて素晴らしいパッティングでした。

☆でも、瑠衣さんに一言?!
先のコメントの中に、『I missed short putts all day. Besides that, I was playing well,』(ショートパットを外していた以外は、調子が良かったから)と試合後に述べていましたが、これには苦言を呈したいですね。トリプルを打ったホールは、引っ掛けていたし、15番のダボはディスタンスのミスジャッジと見えましたがどうでしょう。これから、もっと大きな活躍が期待されると思うのでショットの正確性も見直して下さい。そして、パッティングのテークバック大きすぎませんか?

☆藍ちゃんの可能性
この日の藍ちゃんは、素晴らしかったですね。前半から中盤はアイアンがビシバシと決まっていました。これって凄いですよね。タイガーのゴルフを見ていても、こんなに連続してピンに絡むショットを見たことがないですよ。さらに、15番2メートル、16番1.5メートル、そして勝負の17番でのティショットを「入れ」と言えるようなピン側80cmに打っていましたからね。そして、最後に瑠衣さんに返した言葉の「何で」に含む、思いやりと自信の一言は、これからの可能性を感じます。次は、オーストラリアでの試合のようです。世界に羽ばたけ藍ちゃん。

☆藍ちゃんに学ぶ
7番ホールでのチップインを見ましたか。このショットは一押しです。左肩のスムーズな動きに、合わせた右手の動き。不必要にスピンも掛けることもなく、ラインに転がしてきたそのショットは、アマチュアにとっては必見です。カップへの距離感はジャストでした。あのようなストロークを真似ることができれば、ハーフでスコアを二つは縮められますよ。

☆可愛い藍ちゃん
見ましたか、昨晩のスマスマ。キムタクとのバンカー対決とパッティング対決。気さくで明るい藍ちゃんは、すっかりキムタクと馴染んでいましたね。バンカーショットで3メートルの壁を難なく跳ね上げたあの技術は、宮里ファミリーが繰り広げる練習の深さを感じました。女子プロでも簡単には3メートルの壁をクリアできませんよ。そして、回転するカップに入れるパッティングの感性も素晴らしい。来週も、スマスマでキムタクとのパッティング対決があるようです。必見ですよ。

藍ちゃん、瑠衣さんに拍手を送る方、
ぜひクリックをお願いします。

人気blogランキング
posted by golfq at 01:13| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ゴルフトーナメント記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に、藍ちゃんのスコアーと瑠衣ちゃんの17番のパットは後世に語り継がれることになるかもしれませんね。
樋口会長のメジャー勝利みたいに。
感動しました。
Posted by フォー at 2005年02月15日 01:40
ゴルフフォーさんへ
本当にエキサイティングな試合でしたね。
Posted by golfq at 2005年02月15日 09:50
さすがgolfqさん、コメントがまとをえてますね。北田さんのパッテングの描写完璧ですね。そして、彼女の精神状態それ以上上手く説明できないと思います。15番あれは結果的にはミスジャッジですけど、彼女に本来のアイアンのキレがなっかたからだとおもいます。そのキレが一流、とそれ以外のおおきな境目ですね。スピンのかかっているショットを打つには勿論ヘッドスピードもいりますが、それよりもキレです。一言でキレを説明するのは困難ですが、ゴルファーなら解ると思います、あえて言うのなら、インパクトエリアでの力の集約でしょうか。あの状況で、キレのあるショットを打つ、次のレベルへの課題ですかね?エラソーニ、コメントしました。
Posted by rex at 2005年02月15日 10:51
rexさんへ
コメントありがとうございます。そうですよね。北田さんのためにもう一つ大きくなって欲しいと思っています。藍ちゃんの凄さが際立ちましたね。
Posted by golfq at 2005年02月15日 11:12
はじめまして。
第一回のワールドカップを優勝という快挙、本当によかったですね。
北田さんが守りのプレーをしてたらもっと叩いていたと思います。全力を尽くしたプレーだったからこそ17番でのバーディが生まれたのかもしれません。内容に関しては賛否両論あると思うのですが、女子プロゴルファーの勝負魂はすごいなと感じました。
Posted by ましまろ at 2005年02月15日 19:52
W杯優勝、よかったです!藍ちゃん、ほんとに凄い!年上の北田さんへのサポートが、また素晴らしかったです。北田さんについては、GOLFの恐さを見せてくれたように思います。昨日まで
あんなに調子よかったのに、どうして?って時ありますよね。メンタルなんでしょうが、なにはともあれ、勝ってよかった。不動さんは、辞退されたようですが、自分をわかってるからこその
勇気ある決断だったんでしょう。このペアだからこそ、リラックスできて、優勝できたんでしょうね!感激でした!
Posted by マミンスタム at 2005年02月15日 21:22
ましまろさんへ
そうですよね。瑠衣ちゃんの17番でのショットは勇気のあるショットでしたね。さすが、プロですね。
Posted by golfq at 2005年02月15日 22:44
マミンスタムさんへ
そうですか、不動さん辞退したんですか。この優勝で世界が日本を見てくれるといいですね。でも、アニカ、朴セリ、グレース朴はでていなかったので、イマイチアメリカの取り上げ方は弱い。
自分でメジャーを勝つしかないかな。
Posted by golfq at 2005年02月15日 22:49
アメリカでの取り上げ方が弱いのは
アメリカが活躍してないからと
フィルの大活躍が重なっちゃったからです。
藍ちゃんは若いのでメンタル面を鍛えて、
スポーツ心理学のコーチと一緒に練習
するといいと思います。
Posted by ゆき at 2005年02月16日 01:10
ユキさんへ
そうですよね。ここで、心理学を学べると強いですね。早く父離れをしないとね。もう一人の、横峰さくらちゃんもそうですけどね。今が大事かもしれませんね。
Posted by golfq at 2005年02月16日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック