2012年03月31日

アイアンのプル角度


やまちゃんへ
コメントありがとうございます。こちらで返答させてもらいます。

コメント
色々と参考にさせていただいております。
結局プル角の少ないアイアンはブレードで構えて
プル角の多いピンアイアンはリーディングエッジで構える。いづれもプル角をつけてという理解でよいのでしょうか?
ピンアイアンでブレードであわせると感触はとても良いのですが、どうしてもフックボールになってしまいます。HC9 ドライバースピード46くらいです。宜しくお願いします。

Posted by やまちゃん at 2012年03月26日 08:20

返答です。

ピンアイアンはプル角度が強いので、基本的に右手を使わないで打てるクラブです。以前にも書いていますが、PING社のアイアンの基本は右手のないロボットマシンでボールを運べることが前提で作られています。

右手を殺すことで、逆にインパクトで右手が使えるアイアンです。

PINGのアイアンと他社のアイアンをリーディングエッジを合わせて置いてみてください。そうるすとシャフトの入り方が違うことがわかります。

PINGのセットアップでは、ボールが体の中央に入ってきます。それはプル角度が強いからです。その分ダウンブローが強くなるのです。

一方、一般的なアイアンはプル角度が少ないのでボールの位置は左かかとからやや右に入ったところになります。当然、それぞれのアイアンで違うのです。左に寄れば寄るほどダウンブロー角度は薄くなります。低弾道になるわけです。

問題はそうしたクラブでダウンブローを強くしようとしてボールを体の中央に運ぶとフェイスが開くのでその分を閉じて構えるということです。決してブレードの角度に意味はありません。ただ、ブレードで構えるぐらいがちょうどいいからその様な表現になっています。

PINGのアイアンでもこのプル角度は2種類に分かれています。本来のプル角度を持っているのがG20とi-20アイアンです。それよりもボール一つ分ぐらいプル角度が少なくなっているのがANSERとS56アイアンです。

この現象は最近の事です。S56が多くのプロに愛されている事からプロはやや高弾道を低くしたいと思っているように思えます。ただ公式な発表はありません。ちなみにリーウェスト・ウッドはi-10アイアンを使っていて、強いプル角度を望んでいます。又、バッバ・ワトソンもS59アイアンを使用していて強いプル角度のアイアンを使っています。

一般的に市場にでているマッスルバックタイプのアイアンは基本的にプル角度がPINGのi-20と同じ強いものになっています。

プル角度のプルは引っ張るという意味です。クラブをボールに引っ張り込んだ時にそのボールの位置に対するシャフトとリーディングエッジの角度がプル角度となるのです。

不思議とこのことは多く語られていません。ただ、先にも書いた様にPINGのクラブは最初からこのプル角度を重要視しています。その理由がクラブをテストするのがPING MANという右手のないロボットマシンだからなのです。そのロッボトはクラブを人間の様に振ることはできますが、人間の様にボールを打つことはできないのです。

だからこそ、PINGのクラブには弾道の高さを作る為のボールの位置に対する適正なプル角度が必要となるのです。

PINGのアイアンの素晴らしいところは、とにかく右手でボールを打たなくて良いセットアップになっているということです。

ちなみに右手を使うとボールは先に行ってドローします。アイアンはボールをグリーの上に運ぶということを考えると右手が使われない方が良いと考えているようです。

長くなりました。これはあくまでも私の私論ですから気をつけてください。
posted by golfq at 09:59| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | クラブの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
質問に丁寧なお返事いただきありがとうございます。おかげでアイアンで強い球が打てるようになってきました。まだ左が恐い感じがぬけませんが(たぶん現場で左が恐いの右をむいてクローズになりフックめになっている感じです。)右手を使わずピンアイアンの練習をしてみます。
また質問させていただくと思いますので宜しくお願いします。
Posted by やまちゃん at 2012年04月02日 15:50
山ちゃんへ

右手の手首の角度を変えないように練習してみてください。右手の手首の角度が緩むとその分ドローすると思ってください。逆にドローを打ちたければ右手の手首の開放でドローするということです。
Posted by golfq at 2012年04月04日 18:05
golfq様

遅ればせながら先日ネットで初めて貴ブログを拝見いたしました。

小生ゴルフ歴14年現在HC12、年齢42歳、身長180cm, 体重71kg,年間ラウンド20回-30回程度でしょうか。

このところ、回数が減り90を切るのがやっとというゴルフをしています。ずっと切り返しの点で疑問があり、貴ブログの左膝に重点を置いたスィングに一点の光を見出し、本日ラウンドで行いました。

アイアンに関しては素晴らしいボールが出ました。Par3では3度Par on、膝を使うことにより、右サイドでクラブが下りてくる事によりクラブを縦に触れている感覚がありました。ちなみに使用アイアンは三浦1005 シャフトproject x 6.0です。 

数度使ったスプーン,Utility も会心でした。
しかし、ドライバーが。ドライバーが最初の数ホールはストレートボールでしたが、途中からフックの連発でした。

貴ブログには左に出るボールはアウトサイドインとのことでしたが、どうもあおって打ってしまってるようです。何故ドライバーだけがこのようになるのかわからず、長いから横に振ってしまってるのですかね。

都内在住で、近くの練習場が100ヤード未満ということもあり、ドライバーの球筋がわからず厳しいデビューとなりました。アイアンでは納得のいく球筋がでるのですが、ドライバーの球筋が理解できずにラウンドが終わってしまいました。

パターに関してはオーソドックスな握り方ですが、左手に力を入れてというのがいまいち感覚あわず、後半トップブレードを見るということを思い出してから多少良くなりました。何故か力を入れると微妙に緊張してしまうように感じました。

貴ブログで書かれている事は小生にはすっと入ってきて、多分スィングの本質を書かれていると実感した次第です。明後日またラウンドがありますが、早めにゴルフ場に行って練習してから実践させていただきます。

ありがとうございました。
Posted by como at 2012年04月30日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261418469

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。