2019年01月01日

肩の向きとスイングの関係 (左に飛び出す) その3



新年あけましておめでとうございます。東京は元旦から天気が良くて気持ちがいいです。今年もゴルフのスイングが理解できるように私の意見を書いていきたいと思っています。ご質問にはその都度お答えしたいと思っていますので、コメントもよろしくお願いします。

ボールが左に飛び出すのはインパクトで肩の向きが飛球線の内側を向いているという事です。スイングの軌道が飛球線の外から入ってきて、内側に抜けていく所謂アウトサイドインの動きです。この左への飛び出しに関係する肩の向きとスイングの関係を考えます。

左にボールが飛び出す原因は右肩が前に出るからです。ゴルフのスイングではこの右肩の動きを止めることが一番大事なのです。右肩が出て来なければボールは左に絶対飛び出さないということです。前回まで書いていた右にボールが飛び出すことはスイングの完成度によって結果が出てしまったという事です。しかし、左に飛び出すという事は右肩さえ前に出さなければ起きないのであってはならない事なのです。

この右肩の抑え込みができているかいないかでゴルフの結果は全く違ってくるのです。右肩が動かないスイングができれば右に行くことはあっても左には飛び出さないということです。もっとも左に曲がるという事は別の事であるという事を知っている必要があります。その左への曲がりについては後日書きます。

では何故右肩がでてしまうのでしょうか。前回まで書いてきた様にスイングは下半身の動きと左手の動きで作られます。下半身の動きが遅いから上半身が下半身を追い越すのです。この追い越すという動きが右肩を動かします。まずは下半身の動きからボールを飛ばすことを理解することが大事です。そしてその下半身の動きと連動するのが左手の動きです。左腰の切れと左手の引き込みでスイングは作られています。この動きの連動があればボールは左には絶対に飛び出さないのです。

「後を向いて振れ」というのはこの事です。右肩を出さない様に振るという事です。そしてここで大事なのが左腰の切れです。切れが良ければ右にも飛び出さないのです。問題は左に飛び出さないようにするという事です。練習の時は遠慮なく右に打ち出していいのです。右肩が動かないスイングを身に着け、そこから下半身の切れを作りボールを真ん中にもってくるのです。

左にボールが飛び出す人の多くの原因がこのボールが右に飛びだす理由を理解していないという事です。下半身を回し切れば解決する問題を右手の動きで補おうとするから右肩が動くのです。右手でボールを打ちにいき、方向性をコントロールしようとするから右肩が動くのです。

ダウンスイングでは右手ではなく左手の引きからスタートすることを覚えると右肩は動きません。この動きは野球のバットを振る動きと同じです。野球もバットを振るときは下半身の動きと左手の引き込みから入ります。右手を使うのはインパクトの時ですからダウンスイングの開始時は力が抜けているだけです。クラブを左手の引きから入ってスイングすることを覚えましょう。この動きだけでボールが左に飛び出すことはほとんど無くなります。

それでもボールが左に飛び出すようなら意識的に右肘を体の後方に落とす様にします。この動きは野球でボールを投げる動きに似ています。ピッチャーは右肘を体の後ろに回して落としてから投げます。これは右肩の突っ込みを防ぐことと強い球を投げるためです。ゴルフでもこの右肘を後ろに引き体の後方に落とす動きが役立ちます。この動きが右肩の突っ込みを止めてくれるのです。

それでも左に飛ぶようならインパクトへの左手の引き込みの時にクラブのシャフトを飛球線と平行に引き込む感じを覚えましょう。右手の平を飛球線と平行に動かすのです。左手で言えば左手の親指を平行に動かすこと動きです。この動きはボールが右に飛びだすのではという恐怖心を与えますが下半身がしっかり動いていれば右に飛び出すことはありません。もし右に飛んだら下半身の切れが足りないということです。

結局左に飛び出す原因も下半身の動きであることが分かります。下半身がしっかり動き、切れていればボールが右に飛び出すことがないので右手でボールをコントロールしようとしないのです。この意識の変化が右肩の動きを止めることになります。

インパクトの時のクラブの入り方を考えるのも左に飛び出さない解決策のひとつになります。ボールを真横から打とうとするからクラブが外から入るのです。スイングはインサイドインですからクラブヘッドはボールの内側から入れるようにします。ボールの内側を意識しそこにクラブヘッドを入れるようにします。下半身がしっかり切れていればボールが右に飛び出すことはないのです。

さらに振り出しもやや外側に振り出す様に意識します。意識的にインサイドアウトを作るのです。しかしどんなにインサイドアウトを意識しても下半身がしっかり周り、肩の向きが飛球線と平行になればヘッドはインサイドインに動きボールは右に飛び出さず、真っすぐ飛ぶのです。これは物理的現象なのです。

ボールを打つとか叩くというイメージもボールが左に飛び出す原因になります。叩くというイメージは「下半身を止めて」という動きを作り易いのです。下半身が止まると上半身が下半身を追い越してしまい右肩を前に動かすのです。スイングは流れです。この流れは野球のピッチャーがボールを投げている感じに近いです。ピッチャーは下半身で動き、右手の腕の振りで勢いをつけ、最後に右手首の動きでボールを投げだします。この時に下半身を止めることはないのです。

ゴルフも同じで下半身で動き、左手の引き込みで右腕を動かし、最後に右手首の動きでインパクトを作るのです。この時にボールを叩くイメージではなくクラブヘッドをボールに通過させるイメージが大切なのです。「しっかり振り切れ」というのはスイングの流れを止めない為のアドバイスです。

ゴルフではとにかく左に飛び出すアウトサイドインのスイングは禁物です。そして「このアウトサイドインの動きは右肩の動きで決まる」という事を理解しましょう。右肩の動きを抑えてスイングできれば左は怖くないのです。後は下半身の動きを作り右に飛び出さないようにするのです。

右肩に意識を持った自分流のスイングを作ってみてください。この意識が完成するだけでゴルフのスコアが著しく良くなります。

次回はボールが曲がる理由について書きたいと思います。


posted by golfq at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: