2019年01月08日

ボールが先に行って曲がる事を考える


今回のテーマは前回の「飛び出しでボールが曲がる事」がその1とするとその2は「先に行って曲がる事」です。ボールが曲がるのはどこが問題なのでしょう。それはインパクトでのヘッドの動きです。インパクトでのフェイスの向きがボールの曲がりを作ります。さらにインパクト中のクラブの動きが更にボールを曲げる事になります。この二つの動きは別の事であることを理解しましょう。インパクトでのフェイスの向きはボールの曲がりに少しの影響があります。そしてインパクト中のフェイスの動きはボールの曲がりに大きく影響します。

ゴルフで難しいのはこの曲がる理由をしっかり理解することなのです。この曲がる理由をそもそもの原因で考えないととんでもない結果を生むことになります。多くのゴルファーがここで躓いてしまいます。

たとえば右にボールが曲がる事がスイング軸の流れが原因である事が分かっていないとその曲がりをやってはいけない事で解消しようとします。ボールが右に曲がっているのでその原因が右手にあると考えてしまうのです。

そして右手を不必要な方法で使う事でボールが右に曲がるのを防いでしまうのです。良くゴルフをしていて聞く言葉に「右に行くのは振り遅れが原因だね」というのがあります。しかし、ボールは動いていないので振り遅れるという事は起きていないのです。スイング軸が左に流れる(突っ込む)事でボールの位置が右にズレる事になるのです。その分インパクトが早まりフェイスが開いているのです。結果としてスライスボールを生むのです。

さらにこの左へのスイング軸の流れがインパクトの最中に起きるとフェイスを開きながらをボールを擦る事になるのです。結果としてスライスは更に大きくなるのです。この流れの原因は体重移動という動きなのです。体重移動はインパクトの瞬間にフェイスがボールに対してスクエアに入っている時に行うのが理想です。基本的には体重移動を入れない方がボールが右には曲がりにくいのです。ボールを飛ばそうとして体重移動を入れる事がスライスを作るもっとも大きな原因となるのです。

アイアンではスライスが少ないがドライバーではスライスが大きくなるという事も考えておきたいのです。それはアドレスの時のボールの位置です。アイアンではボールの位置は体の正面に近いのに対してドライバーでは球は左サイドの左踵の位置なのです。この違いは約20センチのズレなのです。

ドライバーをアイアンショットと同じ様に振ると体のスイング軸は左に流れるのです。目と球の距離が同じになるという事は、スイング軸は左に流れているのです。アイアンはダウンブローで打ちクラブの最下点はボールの左側に来ます。一方ドライバーではクラブの最下点はボールの手前なのです。その分クラブは地面と平行に動くのです。スイング的に言えばドライバーをダウンブローに打とうとすることはスイング軸の流れを生みボールがスライス回転するという事なのです。

一方左に曲がるという事はどういう事なのでしょうか。インパクトに入る時にフェイスが左を向いていて、そしてインパクトの最中にクラブヘッドが更に閉じる事でドロー回転を生むのです。ゴルフスイングの中でこの動きが作れるのは右手首の動きしかありません。インパクトで右手首を間違って使う事がフック回転を生むのです。

先にも書いた様に右にボールが曲がる原因をスイング軸の流れと考えずに、右手で対処しようとすると右手の使い方を間違えてしまうのです。問題はそれが時々上手くいく事があるという事なのです。そしての間違えた動きがスイング軸の流れが止まった時に悪い方向に顔を出すという事です。チーピンボールはその最たるものなのです。

次回はこの曲がる動きをもう少し細かく考え、その対処法を書きたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: