2019年01月15日

ボールが先に行って曲がる理由 右編 その1


ゴルフの中で一番大切なのが「ボールが右に曲がる理由を知る事」なのです。何故かと言うとその理由が余りにも簡単な事だからです。しかし、この簡単な理由が実は一番認識されていないのです。

スイング軸が左に流れるからボールの位置が右にズレてしまい、ボールにフェイスが当たる時にフェイスが開いてしまうのです。結果としてボールにはスライス回転が加わり右に曲がるのです。当然軸の左へのズレる状況によってボールの右への曲がりが変わってきます。

まずは小さな曲がりを生む状況を考えます。ヘッドがインパクトに入る時にフェイスが開いていればボールにはスライス回転が入り先に行って少し右に曲がるのです。フェードボールを持ち球にするという事はインパクトでフェイスを開いているという事です。

この状況を作る動きは何でしょうか。それはスイング軸の左への流れです。スイング軸が流れる事でボールの位置が右に動きます。その分想定したインパクトよりも早くボールにフェイスが当たってしまうのです。当然フェイスがスクエアに戻る前に当たるのでフェイスは開いていることになります。結果としてスライス回転をボールに加えることになります。

一般的にはスエーという動きです。もしくはボールへの体の突っ込みという表現も良く使われます。基本的な動きとしては左への体重移動です。一般的に言われている「振り遅れているから」というのは問題があります。実際に右手を使ってスイングしていないのでボールが動いていない状況では振り遅れという言葉は問題があると思います。

この問題を右手の使い方が悪く、振り遅れていると考えているゴルファーが多いのが現状です。ボールを右手で飛ばしてはいますが、右手でボールを叩きにはいっていないのです。右手を使う事でスイング軸の左への流れは一時的に解決されます。しかしこの右手の間違った動きは後に「ボールが左に曲がる」という別の問題を作るのです。

スイング軸の左への流れが大きければ大きいほどボールは右に曲がるのです。ちなみにスライスの原因は多く考えられていますが、スライスの基本はスイング軸の左への流れです。実際に上半身の動きでスライスを作るのは非常に難しいことです。体が腰で回転し、左手でクラブがインパクトへ導かれていればスライスの原因はスイング軸の流れしかなくなります。

更に「ボールが大きく右に曲がる状況」とはどんな状態でしょうか。それはインパクト中にフェイスが開いた状態で体重移動を加える動きです。インパクトでフェイスが開いている状態でさらに体重移動を加えると開いているフェイスでボールを擦る事になるのです。結果としてボールはさらに右に曲がる大きなスライスとなります。大きく右に曲がったら体重移動のタイミングがズレていて、早すぎると知る事です。

この動きは飛距離を体重移動で出そうとすると起きる事が多いのです。当然ボールにパワーを与えるには体重移動は大事な要素です。しかしこの体重移動はスイング軸を左に流さない状態でしなければならないのです。イメージとしてはフェイスをスクエアに入れてから体重を移動するということです。

この動きを体重移動から入るとフェイスは開いている状態でインパクトに入る事になるので、ボールを擦る動きとなるのです。この時体重移動が大きければ大きいほどボールは右に大きく曲がるのです。ちなみにこの動きを意識的にできればスライスの幅を操作できるという事です。

結論としてボールが右に曲がるという事はスイング軸が流れているかどうかなのです。ちなみにスイング軸が動かなければボールは決して右に曲がらないのです。自分でボールを打っていてボールが右に流れていればスイング軸を保てていないと思いましょう。

ボールを打ったらその打球の飛び方をしっかり確認することです。右にボールが流れたらスイング軸が左に突っ込んでいるという事です。そしてボールが真っすぐ飛んだらスイング軸が止まっていると考えていいでしょう。もっとも右手の使い方でスライスを止める事もできるので気を付けましょう。

そして大きくボールが右に曲がったら体重移動のタイミングが早いと考えましょう。体重移動のタイミングを遅らせる事で右への曲がりは消えます。右への曲がりが右手の使い方の問題と考えないことです。右手の役目はもっと別のところにあるのです。

今回の事はあまりにも単純な事です。しかしゴルフスイングの中では一番難しい部分です。スイング軸を流さないでしっかり振る事にチャレンジしてみてください。次回はどの様にスイング軸を保つかを私なりの考えを書きます。よろしくお願いいたします。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 19:56| 東京 ☁| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: