2019年01月31日

ボールが先に行って曲がる理由 (左編) その1



今回は「ボールが左に曲がる理由」について私の意見を書きたいと思います。

ボールが左に曲がる事を考える時はいろいろ考えなくてはなりません。まず、最初に考えたいのが「何故、左に曲げる様なスイングをしているか」ということなのです。もともと左に打とうとはしていないのに何故左なのでしょうか。

それは「右にボールが行かないようにする」動きなのです。右に曲がるボールを止める動きがやり過ぎて左を作っているのです。という事は、右にボールが曲がらないようにする事が先決ということなのです。ボールが右に飛ぶ事を恐れていなければ無理に右への曲がりを止めに行くことはないのです。

それでは右に飛ぶ事を防げるのはどんな動きでしょうか。それは右手の動きです。ゴルフではこの右手の動きが一番難しいのです。「困った時の右手」というのは事実です。しかし、この動きが実は本来の問題を解決しないで、その場しのぎの動きになっているのです。

私達日本人は箸を使うので右手に頼る事が多いのです。右手がしっかり動けば何とかなると考えてしまうのです。しかし問題はゴルフではこの右手の使い方が非常に難しいという事なのです。この右手の使い方については実は非常に書きにくいのです。何故かというとその動きが技術であり、非常に感覚的なものだからなのです。私流については後日書きたいと思います。

今回問題にしたいのはその右手の間違った使い方なのです。ボールが左に曲がる原因はこの右手の動き以外にないのです。右手の動きが分かっていないのでボールが左に曲がるのです。

ボールが左に曲がるとはどういう事なのでしょう。実はそれはインパクトの瞬間の右手の動きにあるのです。ちなみにボールが右に曲がる理由はインパクトの時のスイング軸の動きでした。スイング軸が左に流れるのでボールは右に曲がったのです。逆に左を作るのはインパクトの時の右手の動きなのです。

以前にも書いたと思いますがインパクトの時左手グリップはしっかり握っていて、右手は緩んでいるのです。この右手の緩みがヘッドの正しい動きを作っているのです。逆に右手をインパクトで使うという事は右手の間違った動きを作ってしまうのです。しかし、この右手の動きがコントロールできればそれは凄いということなのです。ちなみにプロでもこの事が分かっていないこともあるのです。

ボールが左に曲がるという事はインパクトでフェイスが被るということです。フェイスがクローズになる事でボールにはフック回転が加えられるのです。さらにインパクトの最中にフェイスが被ればボールにさらなるフック回転が加わるということなのです。

それではどんな動きがフェイスを被らせるのでしょうか。それは非常に単純な動きなのです。多くの人は右手の動きがフェイスを被らせていると考えますが、この動きではインパクトでの強いフェイスの動きを作れないのです。答えは右手の握り込みです。

右手をただ単純に握ればヘッドは浮き上がり薄い当たりを作ります。しかしその握りを更に深くすると右手の指の動きが右手首の角度を変えるのです。アドレスの時に作られた右手首の角度が握り込む事で消えるのです。この動きがインパクトの時に起きればそれはフェイスがインパクトの最中にフェイスを被らせることになるのです。

このフェイスの被りの動きが野球でいうカーブボールを投げる時の手首の動きに似ているのです。右手をゆっくり握るとそれは軽いドローボールを作ります。強く握るとそれは強いフックボールを作るのです。そして、急にしっかり握り込むと酷いフックボールを作ります。所謂、チーピンボールを生んでしまうのです。

ボールが左に曲がるという事は、それはインパクトで右手のグリップが握り込まれているということなのです。インパクトで右手を使い過ぎるとそれは酷いチーピンを生むということなのです。右手首が柔らかく使われていれば左への曲がりは調整できるのです。この加減については、理屈はありません。それは個人によって違うからです。

ゴルフのスイングは左手の引き込みで作られ、インパクトは右手の動きで完成されるのです。この右手の動きを理解する事がボールを左に曲げる事をコントロールする事になるのです。先にも書きましたがボールが右に曲がる理由を正しく理解していれば、不用意に右手を使う事がなくなるのです。そして正しい右手の自分の使い方ができるのです。

このボールが左に曲がる理由はあまりにも簡単な事なのです。簡単だからこそ理解しにくいのです。ボールが左に曲がって困っている人はまずは右手を殺してスイングしてみてください。右手を殺すことでボールが左に曲がる事は消える事を知りましょう。

そしてこの右手の握り込みこそがその人の技術なのです。この技術は感覚的なものなので言葉では表現できません。左サイドの動きでインパクトまでクラブを運び、最後に右手の動きでボールを飛ばしましょう。練習をするという事はこの右手の動きを確認するということなのです。

練習としてはまず右手の動きを殺しボールを右に打ち出すことです。そして、下半身の動きでボールをセンターにもってくる事を覚える事です。そうすると右手は使っていないのでその状態でどの様に右手を使うかが発見できると思ってください。それこそが自分流の右手の使い方になるのです。

強く振ると上手くいかないと考えてしまいます。しかしそれは右手を強く使ってしまうから上手くいかないのです。強く使うのは左サイドの左膝の屈伸と左手の引き込みなのです。この時右手は余っていますので、その余った右手をインクとで柔らかく使えばいいのです。

良く左に曲がる人の言葉に右手が強いからというのを聞きます。しかし右手が使い過ぎている事もありますが、問題は多分左サイドがちゃんと使えてないからなのです。インパクトまではとにかく意識を左サイドの動きに集中させましょう。そして、インパクトにきたら自分流の右手を使えばいいのです。

今日からの練習で意識を左サイドに持ち、右手を柔らかく使ってみてください。軽いドローボールは出てもフックボールにはなりません。先にも述べましたがこの右手の使い方は自分流しかありません。感覚的なものですから、その感覚を育ててみてください。頑張ってみてください。但し、右手は頑張らないように気を付けましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: