2019年02月12日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ)その1


ボールが曲がる理由について書いてきました。ボールが曲がるのには理由があるのです。その理由を理解し、その問題点を解決する事でボールは曲がらなくなるのです。ボールは真っすぐ飛ばすのではなく、ボールが曲がらないように飛ばすのです。左にも曲がらない、右にも曲がらないスイングをするからボールは真っすぐ飛ぶのです。

真っすぐ飛ばそうとするから曲がるのです。曲げないように気を付ける事で曲がりが減るのです。曲げたくない方向を意識する事で曲がりの幅が小さくなります。そして、ホールによっては曲げてはいけない方向を意識してスイングすればその方向にはボールは飛ばなくなるのです。

多くの人が「今のは、上手く打てなかった」と右手の使い方を反省する人が多いのですが、ミスのほとんどは下半身の動きが不十分であったり、右肩が突っ込むことが原因なのです。下半身がしっかり動いていれば右への問題はほとんど解決されます。右肩が前に突っ込まなければ左への問題はほぼ解決されるのです。

まずはしっかり自分の打った球の飛び方を見て、分析することです。ボールの飛び方は自分のスイングの問題点を教えてくれます。その飛び方を知り、その問題点を解決する事で次のスイングに結び付けられるのです。ゴルフのスイングは新しい事へのチャレンジではありません。過去のスイングのリピートなのです。自分のスイングの問題点を出さないようにしてスイングする事が自分の望んだ弾道を生んでくれるのです。

スイングを作る中で一番大切なのはとにかく「ボールが左に飛び出さない」ようにするということです。左に飛び出す原因は基本的に「ボールを打ちに行っている」という動きが原因なのです。ボールを打つという動きではなく、スイングをすることを考えれば「下半身から動き」、「左手の引き込み」、「右肘の落とし込み」という動きが優先されます。ここにはボールを打ちに行くイメージは存在しないのです。

基本的には右肩さえ前にでなければ、ボールは左には飛び出さないのです。右肩の動きを止める練習方法としては「後方を意識して振る」というのがあります。スイングする時に後方の1点に意識を持ち、そこを見ながらクラブを振る練習をしましょう。ボールはかすかに左目で見えている感じです。このスイングを素振りで作り実際にボールを打ってみましょう。ボールが左に飛び出さなければ右肩は前に動いていないのです。

実はゴルフのスイングの中で狙っている飛球線のラインに対してボールが左に飛ぶという事は極力避けたいのです。左に飛び出してしまうといくつかの問題が加わります。その1は左に打ち出しているとスイング軸を自然と左に流してしまうという問題です。このスイング軸を流す行為がボールをフェアウェイの真ん中に戻してくれるのです。結果オーライのスイングですが、この結果オーライはゴルフのスイング作りでは大問題なのです。

怖いのはフェードボールを持ち球とする人です。もしボールが狙いよりも左に飛び出し、フェードで戻ってきていれば結果はいいのですが、実はミスをふたつ組み合わせているだけなのです。勿論狙い通りに打ち出し、最後にフェードで右に流れるのは、問題はありません。

その2は左に打ち出していると、その動きに右手の握り込みが入るとボールは大きく左に曲がってしまうのです。結果的にOBになってしまう確率が高まるということです。右肩が前に突っ込む最大の原因が右手の使い過ぎですから、右手の動きが優先すると右の右を作ってしまうのです。

ちなみにチーピンは右手をインパクトで使い過ぎて、握り込みが強く、深く入る事で作られます。多くの場合この時に右肩は前に動いていますので、OBという結論が作られるのです。

是非、自分の弾道をしっかり見て自分が狙いのラインに対してどの様に飛ばしているか分析しましょう。基本的に右に飛び出している方がいいのです。右に飛び出しているという事は少なくとも下半身リードでスイングしているということなのです。上半身の動きが下半身の動きを追い越さなければボールは左には飛び出さないのです。

実に簡単な原理なのです。練習でこの原理を体験してみてください。次回はこの先を書きたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 20:47| 東京 ☁| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: