2019年02月27日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その4


右に球が飛びなさない様に下半身を作るのがスイングを作るという事なのです。ボールは上半身を使わなくても下半身の切れで右に飛び出すことを消してくれるのです。この事に意識を持てることがとても大事なのです。「下半身でボールを振れ」と言う人がスイングの基本通りの動きが分かっている人だと思います。私の勧める下半身の動かし方を紹介します。

下半身の使い方は左膝の屈伸を意識して作りましょう。左膝を使う事が確実に下半身(腰)の回転を生むのです。左膝の屈伸を使う事で動きがシンプルで反復性の高いものになるのです。下半身の動きでボールが右から中央に戻ってくることを練習で覚えましょう。この動きこそが下半身で振る動きの原点です。

今世界で活躍しているプロの左足の動きを見てみましょう。そのプロの左膝は確実に伸びきっています。もし、そのプロが右にボールを飛ばしていたらそれは左膝の動きに躊躇があった時なのです。トッププロでも「下半身の動きが右への飛びを消す」という事が分かっていないのが不思議です。

下半身の動きはイコール左膝の屈伸のスピード、ためらいの度合いなのです。左膝を伸ばし始めて途中で躊躇する動きがあったらそれは右が作られているという事なのです。以前にも書きましたがどんなに下半身を左膝の屈伸で強く回してもその動きが左を作る事はないのです。ですから下半身を力強く、早く、しっかり回しても損はないのです。

左膝を伸ばす時に大事なのがテークバックの動きの時に左膝が体の前に動いている動きです。多くのゴルファーが左膝を内側に向けて動かしていますが、この動きはスイング軸の流れを作るのです。体の中心を感じて左膝と右膝を交互に前に曲げてみましょう。左膝が前に曲がる時は右膝が伸びているのです。逆に左膝を伸ばすと右膝は曲がるのです。この左右の膝の屈伸の動きを早く、強くやってみましょう。驚くことにこの動きではスイング軸は動いていないのです。どうもこの動きは空手での突きの動きの時の下半身の動きに似ているようです。

下半身を動かす時に最初に動かしたいのが右膝の伸ばしの動きなのです。左膝はこの右膝の動きで前に曲がってくるのです。そして最後は左膝の前への曲げ込みの深さを感じましょう。右膝はその左膝を曲げる動きに合わせて伸びていきますが、右膝が伸びきる事はまずないのです。右膝は左膝の動きに反応している動きなのです。

膝の動きをスイングの中に取り入れましょう。左膝の前屈が強くなるに従い右手の上へのクラブの引き上げが強まります。そしてその相反する動きは止まるのです。問題はその時の体全体の感じ方です。下半身の動きと上半身の動きは相反するものですが、体全体のバランスは取れているのです。膝の前屈で体重は前に動きます。しかし右手の右への引き合がその動きに反して動いているので体のバランスは保たれるのです。

問題はここからです。体のバランスが取れている状態を保ちながら左膝を更に前屈するのです。そしてその動きに反して右手を上に引き上げましょう。この動きが上半身の捻転を生むのです。この上半身の捻転の深みはそれぞれのプレーヤーによって異なるのです。捻転が深ければ深いほど飛距離が上がるということなのです。

トップスイングはこの相反する左膝の前屈の動きと右手の引け上げの動きが止まる時なのです。トップスイングで間がある人はこの動きが止まる事を感じている人なのです。またトップスイングで止まらず流れの反復で振る人は右手の動きを重視している人なのです。勢いよく右手を動かす事で上半身に勢いをつけ、更なる上半身の捻転を作っているのです。当然飛びはその分大きくなります。ただ、問題はタイミングが合わない時にボールが曲がる可能性が高くなるということなのです。

トップスイングで止まった状態では左膝が前屈を強めようとしていて右手がその動きを受け止めているのです。この動きはまさに弓矢の弦を引いて止まった状態からのもう一引きの動きなのです。スイング的には打つ態勢を決めてからの一引きになるのです。この一引きをゆっくりやるかタイミングで素早くやるかはプレーヤーの好みの問題となります。ゆっくり引ければトップスイングでの間が取れるのです。

次に起こるのが右手の指の力の脱力なのです。右手の指の力を緩めると左手はアドレスの位置に戻ろうとして落ち始めます。そして左膝は前屈から元の状態へ戻ろうとして伸び始めます。ここで一番大事なのがその伸び始めた動きを更に強めしっかり左膝を伸ばし切る事なのです。この伸ばし切る事ができるかどうかが最後の右への飛び出しを消せるかどうかを決めるのです。

左膝を伸ばす時気を付けたいのが、アドレスの時に開いた左足が体の中心に向かって作っている角度です。左膝を伸ばすという事はその体の中心へ向かっていっている角度を保ちながら左膝を伸ばしたいということなのです。この角度を感じられるのが左足の内側です。左サイドの壁は左足の外にあるのではなく、左足の内側にあるのです。ちなみに開いた両足が作る三角形がインパクトに向かって崩れないことが大事です。この三角形はインパクトから先での体重移動で左足寄りに傾きます。

この動きの時に左膝が左に流れるとスイング軸の流れを生む事になります。左膝が笑うという動きです。飛距離を出そうとしてインパクトに向かって体重移動を入れると左膝が左に流れるのです。左膝が笑わなければスイング軸が左に流れる事はないのです。結果としてスライス回転がボールに入る事は無くなるのです。ちなみにフェードボールを打つという事はこの体重移動を使うという事なのです。

スイングする時に本当に気を付けたいのは、下半身で振るという気持ちです。決して上半身の動きでボールを捕らえにいってはいけないのです。上半身の動きは左手のアドレスポジションの位置への引き込みとインパクトでの右手首の開放の動きだけなのです。この下半身を意識したスイングを是非自分の物にして欲しいと思います。

是非下半身の動きでのボールの飛びを確認してみてください。この過程がとてもスイングを作る事には大事なのです。ボールが少しでも左に飛び出したらそれは上半身でボールを打ちにいっているという事なのです。この動きをまずは消すことが大事なのです。左に飛び出す事を許すとスイング軸の左への流れを許す事になるのです。そして左が消えたら下半身の動きで右を消しにいきましょう。ちなみに右への飛び出しをどこまで消すかはそれぞれのプレーヤーの好みです。ボールの捕まりが良くドローボールが基本の人は右への飛び出しを完全に消す必要はないのです。自分の好みの右への打ち出しを確認しましょう。

もしあなたがフェーダーであればできるだけボールがストレートになるように下半身の動きを作りましょう。少なくともフェードを期待していますから下半身がしっかり切れている事が大事なのです。右が消えればスイング軸が流れても結果的に大きな問題はないのです。

是非下半身の動きに注目してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。クリックをお願いします。

posted by golfq at 10:30| 東京 ☁| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: