2019年03月20日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その6


ゴルフでは当然狙ったところに打つ事が大事です。しかしそれは狙ったところに打つという事ではなく、狙ったところに対して左右にボールが飛びださない様にするという事なのです。

真っすぐ打とうとするよりも左を避けて、右に行かない様にする事が結果的にボールを狙ったところに飛ばせると考えたいですね。当然状況に寄って危険な場所は左右に存在するのでそれを考えての狙い処の決定になります。どんな状況でも左には飛び出さない事が前提でターゲットを決めたいのです。勿論完全に左が消せないのであれば多少のセーフティは考慮しましょう。左に飛びなさなくても左に曲がる事もあるのでその曲がりの部分はターゲット設定で左にスペースを持ちましょう。

まずは左に打ち出さないように気を付ける事が大事なのです。そしてその延長上に右への飛び出しを下半身の動きで消していくようにするのです。左に行かない、右にも行かないスイングが大事なのです。左に飛びだすという事はやらない様にしている事を「やってしまった」事になります。一方右は右に飛び出さない様にスイングはしますが、体の動きが足りなくて右に飛び出すのです。だから右へのミスは「やりそこない」という事なのです。「やってしまった」と「やりそこねた」の違いは大きいのです。

さらに下半身の動きに注意をして振るという事はボールが左に飛びだす可能性をこの下半身の意識からも減らす事になります。左にボールが飛びだすという事は下半身の動きに対して上半身の動きが先行するということですから下半身からしっかり動いていれば上半身が下半身を追い越すことはないのです。

再確認ですが基本的には狙ったポイントに対して左には絶対に飛び出してはいけないのです。だから、狙いは常にターゲットのやや左に取りたいのです。確実に狙い通り飛ぶという事は、ターゲットのやや左にボールが飛ぶという事なのです。このターゲットとの「やや」のズレは状況によって決めたいのです。もし結果的にボールが右へ飛び出したとしてもそれは下半身の「やりそこね」からの回転不足ですから、その反省点は小さくてすむのです。

是非練習でボールが狙ったポイントに対して左には飛びださないスイングを作ってみてください。下半身で動き、右肩の動きを抑えるスイングが作れればボールの曲がりに対して自分なりの対処方法が完成したと考えましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 10:32| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: