2019年04月03日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その8


基本的にゴルフのスイングでは「やりそこない」で飛ぶのが右です。下半身の切れが少なくての右へのプッシュアウト、回転軸の左への流れによる右への曲がりです。一方「やってはいけない」ことをしてしまった結果で飛ぶのが左です。右肩の前への突っ込みよる左への飛び出し、右手の使い過ぎによる左への曲がりです。

今回はボールが左に曲がる原因を考えましょう。ボールが左に曲がったらその原因は右手のグリップの握り込みが原因なのです。多くの人が左への曲がりはスイングに問題があると考えますが、実際はインパクトの時の右手の握り具合が大半の原因なのです。あまりにも簡単な事なので見落としてしまうのです。

ゴルフではインパクトで左手のグリップを握り込み、右手は緩んでいなくてはなりません。テニスで言うところの左打ちのバックハンドの両手打ちに似ているのです。左手でラケットを動かし、右手でその動きをサポートしている動きです。ゴルフでも左手をインパクトに向かって引き込み、インパクトでその左手のグリップを握り込むのです。この左手の握り込みができれば結果として右手は緩んでいます。

インパクトでの右手のグリップの開放を練習で試してみましょう。インパクトで左手のグリップをしっかり握ると右手のグリップは緩みます。両手を一緒に握る事はできないからです。左への曲がりはこの右手の握り込みの加減で作る事ができるのです。

ボールがゆっくり左にドローしていればそれは右手をインパクトでゆっくり握っているという事です。この右手の握り込みのスピード、強さによって左への曲がりはコントロールできます。もしチーピンボールが出たらそれは右手の強い握り込みがインパクトで起きていると考えてください。グリップを強く握り込むと右手首の角度が消えてしまいフェイスを被らせる事になるのです。チーピンが出る時の状況を考えると確かに意識が右手に強く入っていることに気が付きます。このインパクトでの右手の開放度合いには理屈はありません。これは個人の感覚的なものなのでここでも自分流を作る必要があります。

ボールを飛ばそうとする気持ちが右手を強く使ってしまい、その結果として右手を握ってしまっている事が多いのです。右手を柔らかく使いたいですね。ちなみに右手をいくら強く使っても握り込まなければチーピンにはならず、強いドローボールになるだけなのです。ドローボールを得意とする人は右手の握り込みのタイミングで自分流ができているという事です。

飛ばす事の怖さはこのスイング軸の左への流れと右手の握り込みの動きを組み合わせるということです。それぞれが相殺できる動きになればそれは強いボールを生むのです。体重移動が入りボールには体重が乗り、右手の握り込みでヘッドスピードが上がるのです。問題はこの相殺の動きが上手く作れるか、どうかなのです。私としては、距離は落としてもこの相殺の動きは止めた方がいいと思います。

私が推奨するのは、ターゲットをやや左に取りボールが決して左に飛び出さないようにする事です。やや左というのはもし右手が多少握り込んでもまだ左には余裕があるからです。右についてはとにかく下半身の切れを意識することです。下半身がしっかり動いていればボールは右に飛び出さないので少々スイング軸が左に流れても右が広く空いているので多少の曲がりには対処できるということです。

もう一度まとめてみます。ボールが右に飛んだり、曲がるのは下半身が原因です。そして逆に左に飛んだり、曲がるのは上半身が原因です。この原因を自分のスイングの中で考える事でボールは曲がりにくくなるのです。プレーするホールによってこの曲がる原因を考えてスイングの中に組み合わせる必要があります。右が危なければとにかく下半身をしっかり動かし、スイング軸が流れないようにするのです。左が危なければ右肩が突っ込まないようにして、右手のグリップを握り込まないようにするのです。

言葉に置き換えると結構単純で簡単な原因です。しかし、この問題点はしっかり自分のスイングの中で認識して、考えておく必要があるのです。問題が起きないように対応しながらスイングをすればボールの曲がりは減ってくるのです。

そして、スイングをしてもし、ミスったらその原因をしっかり確認して反省をすることです。多分ミスが起きないように意識して振ったのに結果としてミスが起きているのです。そのミスが出た時の状況を反省し、次に繋げたいのです。

是非自分の打ったボールの行方をしっかり見てください。そして、自分のスイングの中での問題点を確認してそれを治しましょう。上手く打つ事より、ミスを防ぐことができるようになる事を身に着けましょう。簡単ではないですが、その努力で得られるものは大きいのです。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: