2019年04月10日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) 総括


長くボールが曲がる理由について書いてきましたが、参考になりましたか? ボールが曲がるのには理由があるのです。そしてその理由を知る事が曲がる事を防いでくれるのです。

まずは自分のスイングで打ち出されたボールの曲がりを知るためにしっかり振る事が大事です。しっかり振る事で体全体が使われてスイングできるのです。そして、その事がスイング中の問題点を浮き彫りにするのです。上手く打とうとする気持ちがあると下半身の動きが鈍るのでスイングは完成されなくなるのです。これでは自分のボールの飛びは分かりません。

飛んでいるボールの飛び方をとにかく良く見て自分のスイングを知る事が大事です。上手く打てたかどうかが問題ではないのです。ボールがどの様に飛んだかが問題なのです。ボールの飛び方は自分のスイングの反面教師なのです。ビデオで自分のスイングを分析するよりもボールの飛び方を分析する事の方が上達の早道です。

右への問題は下半身にある事をしっかり頭に入れておく必要があります。多くのゴルファーが右への曲がりの原因が右手の動きと考えていますが、そうではないのです。下半身がしっかり動いていればボールは右には飛び出さず、右にも曲がらないのです。余りにも簡単な事なのですがそれが現実です。

左足の動きで下半身を切り、左手の引き込みでインパクトを作る。その動きが右への曲がりを消す事になるのです。右に飛んだり、曲がったりしている内は左足の動きと左手の動きが不足していると考えましょう。しっかりした左サイドの動きが作れればもう右は怖くないのです。

多くの人がこの段階で少し気持ちに油断があります。ある程度の右への打ち出し、右への曲がりは問題がないと思ってしまうのです。しかしこの油断が問題なのです。ボールは下半身の動きで肩のラインを飛球線に対して平行にもってこれれば少しも右へは飛び出さないのです。また、スイング軸が左に流れていなければボールは右へは曲がりません。もっとも右手の使い過ぎがあるとこの部分の問題が見えてこないこともあります。

ちなみに回転軸の左への流れはフェード回転をボールに与えるのでこれは使いようによっては強い武器になる事は覚えておきましょう。多くのトッププロが強いフェードボールを打つのもこの右への曲がりをコントロールする事で左を消す事ができるからです。この左への突っ込みはまさに感覚的なものです。練習がたくさんできる人には習得したい技術です。

やってはいけない事は右への曲がりを利用して、ボールを左に打ち出す事です。これは所謂アウトサイドインのカット打ちです。右に曲がる事を想定しているのでその分クラブを外から入れて保険を掛けて左に飛ばしているのです。このアウトサイドインの流れがあるうちは決して右への曲がりは解消されることがないのです。何故ならボールが狙い通りのセンターに飛んでいるからです。この間違った結果が多くのゴルファーを悩ましているのです。

ボールを左に打ち出している人はまさにその悩みに苦しんでいるゴルファ−です。まずは左に打ち出さない様にすることです。すると右に曲がるボールの原因を突き止めようとし、それを防ぐようにするのです。ボールが結果としてフェアウェイの真ん中に飛んだとしてもそれが左へ飛んでの右曲がりだったとしたら問題なのです。

左への問題は上半身にある事を知りましょう。基本的に右手はテークバックでは使いますが、ダウンスイング以降は力を抜いて左手の動きに任せるのがいいのです。そうすればボールが左に曲がる事はないのです。

しかし、右手を上手く使えばそれはヘッドスピードの加速を作る事になり飛距離が増すのです。この誘惑をどの様に対処するかが個々のプレーヤーの技術なのです。この部分については言葉で語る事は残念ながらできないのです。練習で体得するしかありません。ピッチャーがボールを投げる時の右手の使い方を書けないのと同じです。

やってはいけない事は右への曲がりを上半身の動きで止める事なのです。上半身といってもそれは右手の事です。右手を使おうとすると下半身の動きが止まり、右肩が前に出てしまいスイング軌道をアウトサイドインにしてしまうのです。

そして最後が右手のインパクトでの動きです。この動きは技術的な事ではありません。単純に右手が動いてしまう動きだからです。右手を握り込むとインパクトでヘッドが内側に被るのです。この被る度合いに寄ってボールの左への曲がりが決まるのです。当然この握り具合をコントロールすることで左の曲がりもコントロールできるのです。

ボールが右に曲がるのも左に曲がるのもその理由が分かればその曲がりを恐れる事はないのです。その理由を克服できればそれを逆に利用する事でボールをコントロールできるのです。ただそこの動きは紙一重でトラブルとの背中合わせなのです。その動きを理解しコントロールできているゴルファーがボールを好きなように曲げられるということなのです。

話は戻りますが、ゴルフではとにかく自分が打ったボールの飛び具合をしっかり見極める事がとても大事だということです。調子が良くてもその日のボールの飛び方を見て、その日のボールの飛び方の性質を知る事が大事なのです。プレー中のホールで行ってはいけない場所があればそれを消す対処方法を確認して打つ事が大事です。ボールは左か右のどちらかにしかいかないので、それに対処できていれば結果は自ずと良くなるのです。

是非、自分のボールの飛び方をよく見て、自分のスイングの癖をみつけましょう。そして、治すところは治し、気を付けなくてはいけない事は気を付けるようにして対処しましょう。真っすぐボールを打とうとするのは危険です。左にも曲がらない、右にも曲がらない様にスイングする事がボールを真っすぐ狙った所に飛ばすのです。

具体的な悩みがあったらコメントをください。一緒に対処法を考えましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 19:36| 東京 ☔| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: