2019年04月17日

ボールの高さを考える アイアン編


左右の曲がりを考えた次はボールの高さについて考えましょう。ボールの高さについてもスイングの中での理由があるのです。その理由を理解する事でボールの高さがコントロールできるようになります。もっともボールの高さのコントロールが必要な人はかなりの上級者と考えましょう。

まずはアイアンショットのボールの持ち上がる高さを考えます。ボールが高く上がるという事はボールに対してのアイアンヘッドの入射角が大きいということです。所謂、上からヘッドが入っているという事です。アイアンショットの場合はボールを高く上げる事でボールを止めるのでボールは持ち上げる事はとても大事な事です。

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの違いはアイアンショットのボールの高さです。プロの場合はヘッドがボールに対して上から落ちてくるのです。この技術のポイントは右手の使い方です。右手でヘッドの位置を高い位置でキープしながらインパクトでそのヘッドを上からボールに落とし込んでいるのです。

この高さを作る事には上手く打つという言葉はあてはまりません。その理由はヘッドが上から落ちてくる時にはヘッドの動きをコントロールする状況はないのです。いかに右手でクラブヘッドが落ちる動きを遅らせ、そしてインパクトでしっかりヘッドを落とし込むという動きだからです。コントロールするとしたらそれはボールの高さではなく、インパクトでのクラブフェースの向きなのです。その向きがボールの最後の曲がりの度合いを決めます。

右手の動きはまずはテークバックでクラブを右手の指先でトップスイングまで持っていきます。そして、トップスイングでクラブを握り込み左膝との引き合いをして上にクラブを持ちあげます。トップスイングで止まったら、次の動きとして右手の力を脱力するのです。脱力する事で右肘は高いところから体の右側面に落ち込みます。この時に右手首の力も抜けているので深いコックが作られます。この右手の手首の柔らかい動きがその人の技術といえるでしょう。

高い位置に右手を引き上げ、止まった所から右手首の力を抜き右手首のコッキングの深さを感じる事が大切です。右手の動きの柔らかさが問われる動きです。この時の手首の柔らかさがその人の持つ高さ作りの基本になります。

クラブは左手の動きでインパクトに向かっているので、右手の動きは単純にヘッドの落とし込みだけに使いたいのです。この動きはアイアンとハイブリッド(ユーティリティ)で使われるものです。ちなみにドライバーとフェアウェイウッドの動きは違ってきます。

そしてインパクトに向かっていきます。右手の肘を伸ばして手首自体を地面の方に下げ込みます。最後にインパクトで右手首の掌を地面の方に落とし込みます。右手の指の力は緩んでいきます。細かく言うと右手の薬指と小指の力は抜けません。右手の中指、人差し指、親指を緩めて開く感じです。ちなみに特に開く必要はありません。

右手の動く感覚は体の右側面にまっすぐ落とす感じです。決して右手でボールを捕らえにいく感覚はいらないのです。ボールへのコンタクトの役目は左手の引き込みで完成します。右手の動きはインパクトの時のクラブヘッドの縦の動きを作っているのです。右手の動きは感覚的には体の後ろにクラブヘッドを落とす感じです。

実際にボールを打ってみてその飛び方を見ましょう。高さに注目してみる事が大事です。ボールが高く上がるという事は右手首が柔らかく使えているという事です。高さが足りなければ右手首の動きに注目してください。右手首の開放が遅ければ遅い程ボールは高く上がるのです。

ちなみに注意したいことが1点あります。右手の動きが主導でもボールが高く上がる事があります。それはインパクトがダフリ気味で右手首の動きでボールを持ち上がる動きです。距離が出ていない人はこの問題に直面していると考えましょう。解決策は左手のインパクトへ向かっての引き込みを早くすることです。引き込みが早いとダフリが消えて、クラブフエーススとボールが直接コンタクトするのです。そして、このインパクトでは右手首の動きでボールを持ち上げる事はできません。

良くボールが高く上がり過ぎて困っている人がいますがあまり悩まない方がいいと思います。むしろ高さが取れるという事は技術が高いと考えるべきでしょう。ちなみにボールを低く打ちたければインパクトで右手を握る事です。右手を握ればクラブヘッドが落ちるスピードも角度も落ちます。まずは高く打てる右手首の動きを作り、次に右手の握りを自分で探りながらボールの高さを作りましょう。この右手の握込みがあなたが持つ技術となります。

是非、右手首の動きを感じてみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | ボールの高さを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: