2019年05月15日

ボールの高さを考える ドライバー編 その1


ドライバーの高さを考える時に知っておきたいのが、ドライバーとアイアンではクラブヘッドの入射角が違うという事です。アイアンはボールを上げて止めるので入射角度は大きくなります。入射角度が大きければ大きい程高弾道となるのです。更に入射角度が大きい事でスピン量も増えてボールを浮き上がらせるのです。結果としてグリーンでボールが止まるという事になるのです。

ゴルフプロとアマのもっとも違う点はアイアンショットの入射角度の違いです。プロはほぼ頭の位置からインパクトに向かって縦にアイアンヘッドは落とされているのです。一方アベレージゴルファーはボールを打つ事を考えているので、アイアンヘッドは低いところから落ちてくるのです。位置の問題もありますが、意識的に落としているかどうかも問題なのです。アイアンショットでは距離を気にする以上に高さをどの様に作るかが問題なのです。

一方、ドライバーは入射角度を減らし、ボールの横からヘッドを入れたいのです。横から入れる事で打ち出し角度が下がるのです。ドライバーで高弾道過ぎる球を打っている人はヘッドがアイアンの様に高いところから入っているのです。そのヘッドの動きを横から入れるようにして弾道を下げる必要があります。この動きは意識を持たないとできないのです。

アイアンがいい日はドライバーが駄目で、ドライバーがいい日はアイアンが駄目という話を良く聞きます。これは二つの打ち方のヘッドの動く角度が違う事が分かっていないからなのです。上から入っている時はアイアンの調子が良く、横から入っている時はドライバーの調子がいいのです。問題はゴルフのスイングに2種類のヘッドの入れ方がある事を知る事です。できない事と知っていない事は違うのです。この事を理解して2つの動きを自分なりに作ればこの問題は解決されます。

それではヘッドを横から入れる練習を紹介しましょう。この横からヘッドを入れる練習はボールの真上にクラブを構えてボールにヘッドが当たらない様に素振りする事です。ボールに当てない為にクラブヘッドは自然と地面に対して水平に動くのです。この水平な動きが入射角度を減らす動きとなるのです。まずはゆっくり振ってみます。そして段々スイングのスピードを上げるのです。そして最後は思いっきり振ってみてください。

この練習で驚くことはこのボールの真上を振るスイングでは右手が使われていないということなのです。左膝の屈伸に寄る下半身の回転の動きに合わせて左手をボールの真上に引き込んでいるのです。この左足と左手の動きでスイングは完成されているのです。しかし、それはスイング完成されているだけでボールを打ってはいないのです。そうですこの時は、右手は全く使われていないのです。クラブは右手で握ったままなのです。

左足と左手の動きでクラブがしっかり振れるようになったらいよいよボールを打つ時がくるのです。ここで大事なのが右手の力を抜き、右掌を開いてクラブヘッドでボールを捕まえるのです。ボールの真上をしっかり素振りした後にクラブヘッドをボールに合わせてアドレスをして直ぐにボールを打ってみましょう。弾道が低くなるのが分かります。

この時にボールがまだ高く上がっていたらまだヘッドが上から入っているという事です。もう一度真上を素振りしましょう。もしボールが低く出たらそれは右手のグリップが緩んでいないという事です。右手を緩める事で弾道が上がる事を体感しましょう。この右手を緩める度合いはそれぞれのプレーヤーによって違います。ポイントはボールが高く上がってくればいいのです。

インパクトに向かって左手を握り込み、右手の中指、人差し指、親指の力を緩めるのです。そうするとヘッドは下に落ちフェース面でボールを捕らえる事になります。緩みがしっかりしていればその分ボールは高く上がります。逆に右手の緩みを抑えれば低い球が打てるということです。

ボールが高く上がる様になったら、右手の薬指と小指をしっかり握って右手のスナップを使ってみてください。このスナップの動きが飛距離に繋がります。問題はスナップの角度です。ボールが左に曲がっていたらスナップの方向が違うと考えましょう。ちなみに他の3本の指を握ったらそれは左を作ります。あくまでも他の3本の指が緩んでいる事が大事です。

感覚的なイメージですが体の前方にスナップする感じです。右手首がどんなに前方にスナップされても下半身がしっかり回転すればボールは右に飛び出す事はありません。それに回転軸が左に流れていなければボールが右に曲がる事もないのです。当然右手のスナップにタイミングがあります。ゴルフで言うタイミングとはこの右手首のスナップの動きの事です。

飛ぶ人はこの右手のスナップが強い人です。ピッチャーが速い球を投げるのと同じ感覚です。体でクラブを動かし、最後にスナップで飛ばすのです。曲がる事には以前にも書いてきた様に理由がありますから、スナップを使う事を恐れない事が大事です。体を理屈通りに動かし最後にインパクトで右手首の開放を使うのです。

是非ボールの真上を素振りしてみてください。そして右手の開放による高さの違いを感じてください。そして、最後に開かれた右手のスナップをインパクトで使ってみてください。そして自分のスイングの問題点を解決してください。ボールが左に曲がる事以外は自分のスイングに問題がある事に気づいてください。それを治して右手のスナップを考えてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 20:46| 東京 ☁| Comment(1) | ボールの高さを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、以前から興味深く拝読しておりました。私は長年Pingのアイアンを使用しており(Eye2にはじまり、i3, アンサー, G25)、現在はforgiveness優先でG25を使用しております。
さてPingのアイアンにはプル角がついているとのご説明をいただいて実際にG25を構えた際にシャフト位置、リーディングエッジ、トップラインを確認しているうちに正しい構え方がわからなくなってきました。
ボールをセンターにおいてシャフトを若干ハンドファースト寄りにするとフェースが被った感じになってしまい、一方でリーディングエッジを飛球線に対して垂直なセットアップにしようとしたら相当ハンドファーストになり、またボール位置が右足に寄ってしまいます。
プル角をうまく活用するために正しく構えた場合、リーディングエッジやトップラインはどのようなセットアップになるのか、シャフトのハンドファーストの具合はどの程度なのかご教示いただければ幸いに存じます。
Posted by Pingマニア at 2019年05月20日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: