2019年06月06日

ゴルフスイングを考える その1


ゴルフのスイングは体の動きを理解する事で納得したものになるのです。この事はこれからゴルフを始める人にとってはとても大事な事なのです。これからゴルフを始める方、子供にゴルフを教えたい方、ゴルフの調子が悪くどうしていいのか分からなくなった人にしっかり読んで欲しいと思っています。

ゴルフでやってはいけないのがボールを右手で打つという気持ちを持つ事です。この気持ちは右手の動きが主導になってしまい本来のゴルフスイングとはかけ離れたスイングを作ってしまうのです。ゴルフボールを飛ばすという事は、しっかりゴルフクラブを体の動きで振り、その動きの中に右手を使ってボールを取り込むという事なのです。だからクラブをしっかり振る体の動きを理解する必要があるのです。

当然ボールを打っているのは右手ですがこの右手ではクラブは動かしてはいないのです。ゴルフクラブを動かしているのはゴルフクラブと体との支点となっている左手の親指なのです。この左手親指を常に感じて動かす事がクラブをしっかり動かすのです。当然左手親指が付いているのが左手ですから左手の動きがクラブを動かすのです。左手の動きをしっかり理解する必要があります。

しかし左手の動きではボールを大きく飛ばす事はできません。左手が付いているのが左肩です。この左肩を体の動きを使って動かす(回す)事で左手の動きにエネルギーを加えるのです。この左肩の動きを作るのが下半身(腰)の動きです。下半身を力強く動かす事で左肩がしっかり反応して動くのです。この下半身を使った回転運動がスイングのエネルギーとなる遠心力を生み出すのです。

体の回転軸を動かさずに下半身を回す事で左肩が動くのです。そして左手もその動きに連れて動くのです。遠心力を最大限に作るのは右手首の開放による動きです。左手の親指を支点としたクラブが右手首の開放でクラブヘッドは速いスピードで動くのです。

この原理を理解する事ができる練習方法があります。それはゴルフクラブを野球のバットの様に体の正面で振ってみる事です。まず気づくことは下半身の動きで上半身が動いている事です。そして左手の横への引っ張る動きがある事を感じましょう。この時に右手が全く関係ない事も確認しておきましょう。

下半身の動きと左手の引き込みの動きでゴルフクラブは正面にきます。そしてそこで遠心力を開放するのです。この遠心力を生むのには右手の開放が必要なのです。左手でクラブを振っていますから右手の力が抜けてもゴルフクラブは手から離れる事はないのです。正面に来たら右手を脱力するのです。指の力を抜くのです。すると遠心力でゴルフクラブヘッドは加速するのです。この動きを利用する事が大事なのです。

右手の役目としてはもう一つあります。それは下半身と左手の引きでクラブを動かす時に右手首を脱力してゴルフクラブを体に巻き付けるのです。所謂タメを作るのです。このタメが大きければ大きい程遠心力は強くなるのです。

不思議な事は遠心力を増す動きが力を入れる事ではなく、力を抜くことで生まれるという事なのです。先にも話ましたがボールを上手く打とうとする気持ちが右手の脱力を阻止するのです。クラブは左手で振っている、だから右手は脱力してヘッドの加速を生むという理解が必要なのです。

この右手首の開放はボールを打つという「点」の動きではなく、ボールをヘッドに乗せて投げ出すという「流れ」の動きなのです。ボールを打つよりもボールを前に放り出す感覚が欲しいのです。この感覚を得る為にボールの真上にクラブを置いて素振りをしてみましょう。するとボールの上をクラブが凄い勢いで通過することが確認できます。この通過の流れを覚えたいのです。そしてボールを打つ時はその流れにボールを乗せる感覚を覚えたいのです。

真上を振る感覚ができたら右手の開放をするタイミングを、ボールを打って身に付けましょう。打つのではなく、右手の開放でヘッドを走らせボールを前方へ放り出す感覚です。左膝の動きに合わせての左手の引き込み、そして右手の開放という流れを体に覚えさせましょう。この動きは多分今までに感じたことがない感覚と思います。しかしそれがゴルフスイングなのです。

今回の話はここまでです。まずは練習で右手の脱力でボールを飛ばしている感覚を身に付けましょう。あくまでも左膝の屈伸の動きで下半身を動かし、左肩を動かす。その動きに合わせて左手を引き込むことで右手の開放を作りましょう。左膝の動きから左手の動きで右手の開放です。この流れを知る事が今回の話のポイントです。

次回は体の動きを更に詳しく書こうとおもっています。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 10:58| 東京 ☀| Comment(2) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6/9日曜日にご指導頂いた者(黒いポロシャツ白いズボン)です。
本当にありがとうございました!
この場をお借りしてお礼申し上げます。

さらに質問があります。
1 ボールの上で素振りした後に打つとトップボールになることが多かったのですが、右手の解放ができていないと言うことでしょうか?
2 右手の解放の方向は、ボール方向でしょうか?目標方向でしょうか?

先生の'雰囲気出てきたね'の言葉がとてもうれしかったです!
その言葉を信じ、上っ面ではない本物のスイングを目指します!



Posted by k at 2019年06月11日 07:52
Kさんへ
返事をしていない事に気が付きました。
右手の開放に方向はありません。右手の中指、人差し指、親指の力を抜くだけです。むしろその3本の指を開く感じがいいでしょう。

トップボールが出るという事はこの3本の指に力が入っているということです。
Posted by golfq at 2019年09月10日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: