2019年07月09日

スイングを段階分析で考える その2


ここからがインパクトへ向かっての動きです。しかし、慌ててはいけないのです。トップスイングは次の動きの準備運動だからです。クラブを右手で引き揚げた動きが意味を持ってくるのです。

第四段階 「の」の動き
目的⇒引き上げたクラブに「タメ」を作る。

POINT⇒インパクトへ向かっては強い動きになりますが、ここではそのインパクトの前に脱力する事が意味を持つのです。ピッチャーがボールを投げる時に振りかぶって、手首の力を脱力する感じです。この手首の脱力がゴルフクラブを体に巻き付け強い「タメ」を作るのです。ここでの動きは柔らかいものです。動きは小さいですが、ゴルフクラブには大きな力が蓄えられるのです。

左足⇒右手の脱力で左膝はアドレスの位置に戻ります。左膝の位置が元の位置に戻る事が大事です。この時に左膝の傾斜が消えるとスイング軸が流れる動きを作るので気を付けましょう。

右足⇒右足もアドレスの位置に戻ります。これは左足の動きに合わせた動きで意識はありません。

左手⇒ここでも右手の動きに合わせて第一段階の終点の位置に戻ります。上から下に落ちる感じです。この時に左手のグリップ(中指、薬指、小指)が開く事で「タメ」が大きくなり、指先でクラブを感じる事ができるのです。ボールを打つ前に指を開くのは少々怖い話ですが、この動きは第四段階の動きの中ではまったく不自然ではありません。むしろこのクラブが指に引っかかっている感じを掴む事が大事です。
左親指⇒親指がクラブを感じている事が大事です。クラブはこの親指の動きに合わせて動いているからです。

右手⇒右手を脱力すると右肘は体の右側面に落下します。この落下が右肩の突っ込みを抑えてくれます。この肘の落ち込みの感覚も覚えたい感覚です。この肘の位置が確立できるとボールが左に飛び出す事は無くなります。そしてこの脱力の流れの中で右手の中指を体の方に引き込むのです。この動きが「タメ」を確実なものにしてくれるのです。小さな動きですがポイントとなる動きです。右手の脱力と中指の引き込みがここでのポイントです。

自分流⇒この第四段階の動きは実際にインパクトを作る前の予備の動きです。ここでの動きも自分流を作る事をお勧めします。「クラブを振り上げて、タメを作る」動きです。今の自分のスイングでこの部分を感じてみてください。強い球が打てていればその動きで問題がないということです。

第五段階 「サン」の動き
目的⇒インパクトを作る動きで一番力が入る段階です。ここでの動きは硬い、強い動きです。

POINT⇒溜まった「タメ」のエネルギーの開放です。ボールを打つという感覚ではなく、エネルギーの放出と考えたいのです。ゴルフは「打つ」というよりも「運ぶ」という意識を持ちたいのです。クラブヘッドがボールを通過すればいいのです。決して「叩く」というイメージを持たないようにしたいところです。

左足⇒力が入るところです。左膝を一気に伸ばします。その方向は左膝の傾斜を崩さない方向です。左膝を伸ばすと腰が後方へ押されて回転する事が大事なのです。ここでの膝を伸ばす動きに躊躇があるとボールを右に打ち出す原因となります。もしボールを打って右に飛んでいたらそれはここでの左膝の伸ばしに躊躇があるという事です。ちなみにどんなに強く、早く左膝を伸ばしてもそれはスイングを崩す事にはなりません。「伸ばすが勝ち」というところです。打った後のボールの飛びをしっかり確認してください。右に飛んでいたら、その原因は左膝の伸ばしが弱いという事です。その動きは想像を超えた強い動きです。

右足⇒左足の動きに合わせて動きます。右膝を前方に出す感じがあると回転軸の流れを止める事になります。

左手⇒力が入るところです。左手はここでは右腰の前にありますので、左方向への引き込みでアドレスの位置に左手を戻します。このクラブを引く動きの時に左手のグリップを握り込むのです。この握り込みの動きはクラブを左に引く動きの補助にもなります。左手を握り込む事でクラブフェイスはインパクトでスクエアに戻ります。そして大事なのがこの握り込みを使って第四段階で作った「タメ」を開放するのです。「タメ」の開放は右手ではなく、左手のグリップの握り込みで行うのです。開いている左手を握り込む事でクラブヘッドが走るのです。しかし気を付けたいのが握り込むタイミングです。ゴルフのスイングの中でタイミングが問われるのはここの部分です。握り込みが早いとヘッドが外から入るので左に飛び出し、フック回転がボールに加わります。握り込むのは正にインパクトの習慣なのです。ボールの飛びが真っすぐなら握り込むタイミングがいいと思いましょう。

左親指⇒ここでも左親指はしっかりクラブを感じていたいのです。「タメ」を感じているのも左手親指で、その開放の支点となっているのがこの左手親指なのです。地面の方向に親指を押し込む気持ちが大事です。この押し込みが支点の存在を強めるので、左手の握り込みに更なる力を加えます。

右手⇒脱力された状態を維持したいのです。結構難しいことです。この時に右手で力が入っているのは小指と薬指です。この2本の指は左手親指の裏側の指で支点の固定には必要な指なのです。しかし他の3本の指は動かしたくないのです。むしろその3本の指を開く感じが欲しいのです。この時にこの3本の指が動くとボールにフック回転を掛ける原因になるのです。もっともボールにドロー回転を加えるなら右手中指の握り込みの具合で調整しましょう。ボールをコントロールするのはこの中指の動きです。

自分流⇒溜まったエネルギーの開放も自分流が必要です。ここでの動きはインパクトを作る動きですから、現在の自分のスイングでの体の動きを感じてみましょう。もしボールが飛んでいたらここでの動きは問題ないという事です。逆に飛距離が出ないと思っている人はここでの動きを細かく分析する必要があると思ってください。一番問題になるのは右手の動きです。ここでの段階で、右手でクラブを動かす意識があると右手を握ってしまいクラブの走りにブレーキを掛ける事になってしまうのです。右手でボールを打つ感覚は無いのです。右手でヘッドをボールに送る感じが欲しいのです。その気持ちが右手の力みを防ぐのです。

第六段階 「シ」の動き
目的⇒スイングの流れのまとめ

POINT⇒左手の肘の畳み込みが主導です。左手が畳めると左手は左耳の横までクラブを動かす事になります。この左手の動きが左手先行のスイングを作るのです。左手の動きに躊躇があると右手が左手を追い越す事になりボールにフック回転を与える事になります。インパクト後に右手でクラブを振り上げる人が多いですが、右手はインパクトの瞬間にちょっと動くだけで後は惰性です。インパクトでの右手の動きはボールを打ち続ける事でできあがります。言葉で説明するのは難しい動きなのです。

左足⇒伸ばし切った状態のままです。

右足⇒インパクトから先に右膝を内側に押し込む動きが必要で体重移動を作ります。右足の動きではここの動きがボールの飛距離に影響します。右膝を内に押し込む事で体重移動が起こり、インパクトでボールに体重を乗せる事になるのです。この部分はまさに感覚的な動きです。右膝の内側への押し込みが早いとインパクト前にフェイスが開く事になるのでスライス回転をボールに加えます。ここでの右膝の動きはスイングの流れに合わせた動きなのです。ちなみに遠くへ飛ばそうとする人はここでの動きは大きいです。しかし、その結果としてもしボールが右に曲がっていたら、それは左への体重移動が早過ぎるということなのです。ここでもボールの飛びを見て、右膝の動きをコントロールしましょう。

左手⇒ここでは一番大事な動きです。左手はインパクトで強く握られているので、インパクト後に動く方向は上に跳ね上がる畳み込みの動きしかないのです。この畳み込みを躊躇なくしたいのです。この畳み込みの動きがスムースに動くなる様になるとボールが左に曲がる事が少なると思ってください。

左親指⇒親指の上にクラブがしっかり乗っている状態です。

右手⇒インパクトから先は何もしないのがいいと思います。ただこの右手の使い方で飛距離を増す事もできます。ただ問題は使い方によってはフックボールを生む事になるので気を付けましょう。

自分流⇒ここでの自分流は右手の使い方です。右手は緩んでいる状態で決して硬い感じはないのです。右手を握り込む事は強いフックを生むので禁物です。右手が柔らかい状態でスナップを使う事ができるのです。しかしここには方法は無く、自分流で動かし方をボールの飛び方を見て模索するしかないのです。

今回の第4段階、第5段階、第6段階は一連の動きです。第3段階の終わりの形を作り、そこから第4,5,6の動きを素振りで作ってみるといいと思います。「タメ」を作り、「インパクト」を作り、フィニッシュへ流れ込む動きです。

動きのスピードとしては、柔らかくゆっくりから強く早くという動きです。そして最後はまとめ込みという感じです。左親指の動きを支点として動くとクラブヘッドは加速されボールが飛ぶ状態を作ります。まずは素振りでここでの動きを感じましょう。そしてボールを打つ時も素振りの再現という意識が大事なのです。素振りの動きの中にボールがあるので結果として強く飛び出すのです。打つという意識は消しましょう。

是非、今回の後半の動きを練習してみてください。前半はゆっくりな動きで、後半はイッテンポ間を持って素早く動くのです。素振りの練習から入り、ボールを素振りの動きで捕らえてみてください。次回は今回の段階に寄る動きをもとめてみます。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | スイングの段階分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: