2019年07月31日

スイングを段階分析で考える その5


インパクトは上手く作れたでしょうか。ゴルフのスイングでは「ボールを打つ」という感覚はいらないのです。下半身を使って「クラブを振る」という感覚を身に着けてください。しっかり振れればボールがしっかり飛んでくれるのです。インパクトでは硬いイメージは左足と左手にあります。そして、右手には柔らかい感覚があるのです。第五段階での動きを理解すると思いっきり体を使っても問題ないのです。

第六段階は「シィ」の動きでスイングのまとめとなりますが、ここでもポイントは左手の動きなのです。インパクトで強く握られた左手は固まるのです。握れば握る程左脇は強く締まり、左肘は内側に入ってきます。左手を強く握るという事はインパクトでのヘッドの加速を生むと同時にスイングの流れを抑えてくれるのです。

そんな固まった左手が動く方向があります。それは肘を畳み込む方向です。インパクト後は左肘を畳み込む事がクラブの流れを作ります。体の正面で左手を右腰から左腰に引き込みながら握り込みましょう。そして、握り込んだらその流れとして左肘で左手を畳み込みましょう。左手を畳み込むという事は左手の動きを左耳の位置まで動かしているということです。このスピードも飛距離に影響します。この運動は椅子に座っていてもできます。左手はL字に動くのです。この時に左脇が空く時は握り込みが甘いという事なのです。

自分のスイングの中にこの左手の畳み込みの動きを感じてみてください。下半身が左肩を動かしているので、このL字の不自然な動きもゴルフスイングの中では自然な動きとなります。この畳み込みの動きが左手先行のスイングを作り、右手が左手を追い越す事を防ぎます。結果としてボールが左に曲がる事を防いでくれるのです。ボールが強く左に曲がるスイングをしている人は是非この左手先行の動きを取り入れる努力をしてください。左手の畳み込みの動きはゴルフのスイング解説にも良く出てきます。問題は握り込みの後の動きだということです。「開いている左手を握り込み、そして躊躇なく畳み込む」この動きを体感してみてください。

ここまで書いた左手の動きは何故かゴルフ理論の中でしっかり語られていません。その理由は私にも分かりません。しかし、ここまで書いてきた様に左手の役目は非常に大きいのです。動き自体は単純で、左手親指にクラブを感じながら右サイドから左サイドへの引き込みが基本です。そしてインパクトに向かってしっかり握り込むのです。この握り込みがしっかりしていれば左肘で左手を畳み込む事は簡単です。積極的に左肘だ左手を畳み込むことが重要となります。

どうしても右利きの人にとっては右手の動きが重要と考えてしまうのです。それは問題ではないのです。問題はいかに左手を積極的に右手の前に使うかなのです。この左手の動きを教えてくれるのがバットでのスイングです。野球では左手が先行してバットを動かしインパクトで右手の開放を作りボールを飛ばしています。ゴルフのレッスン教本にもバットスイングを勧めていますが、それは左手でクラブを動かす感覚を覚えて欲しいからなのです。

柔らかいシャフト(グニャグニャ)のシャフトでの素振りもこの左手先行を教えてくれます。シャフトが柔らかいと右手が動いた瞬間にクラブの流れは壊されてしまうのです。タオルの先端を丸く縛って振る練習も同じ事です。左手が先行していればシャフトが柔らかくてもヘッドはついてくるのです。そしてインパクトで右手の開放が更なるヘッドスピードの向上に役立つのです。

左足は第五段階で膝が伸びきっていますからこの第六段階では何もありません。右足の左への押し込みで左足の角度が消え、左足の上に立ち上がるだけなのです。左足自体は流れに合わせているだけなのです。左足の役目はインパクトで終わっているのです。



右足は第五段階で前方に曲げ込まれた膝頭を右足の内側に倒し込み左にスイング軸を動かします。この動きが体重移動をボールに加えます。この動きはインパクトとのタイミングに合わせて行われます。強い押し込みはボールに体重を乗せる事になるので飛距離が増します。しかしこの右足の押し込みが早いとスイング軸の左への流れのタイミングが早くなるので結果としてボールにスライス回転を与える事になります。打たれたボールが右に曲がっていたらこの右足の動きに問題があると考えてください。当然飛距離を求める人はこの右足の動きが大事な動きになります。

世界のトッププロもこの右足の動きを使って体重をボールに乗せ飛距離を稼いでいます。この右への流れを防ぐ為に最近飛ばし屋のプロが重心距離の短いヘッドを使っている事が分かっています。体の動きでスライス回転を感じながら、ヘッドのセッティングでボールを捕まえているようです。この右足の動きはスライス回転を生むので、左への曲がりを抑える動きにもなります。フェードでボールを打つという事はこの体重移動を上手くコントロールしているということなのです。ここの雰囲気は練習で自分流を作るしかないのです。

ここでも難しいのは右手の動きです。私が勧めるのは何もしないです。右手は開き気味で柔らかく、インパクトの動きに反応させるのです。何も策が無い様ですが私の体感からはこの「何もしない」が、いい結果が得られます。ちなみにこの動きはドライバーショットの時です。もし右手を使うとするとその方法は手首を前に放り投げる感じです。前に放り投げるという事はボールが右に行く感じがありますが、下半身がしっかり回転していればこの右手の動きは問題がないのです。ピッチャーが投げる時に手首を放り投げる感じです。ここでの動きは是非自分流を作ってください。ちなみに飛んでいる人はまったく気にする必要はないという事です。

フェアウェイウッドでは第五段階の時に緩んでいない右手をインパクトで意識的に緩めます。この緩める動きがヘッドを落とし、ボールを拾い上げる事になります。フェアウェイウッドが苦手な人は是非この右手のグリップの緩め方を身に着けてください。面白いようにボールが持ち上がります。苦手な人は苦手だから上手く打とうとして右手を握り、使ってしまうので更に上手くいかなくなるのです。下半身と左手の動きをしっかり使ってクラブを振ってインパクトの時に右手を緩めてみてください。問題はこの緩める感じを自分流で見つけるという事です。あくまでも右手を使ってボールを打つ意識は禁物です。左で振って、右手の緩みでボールを捕らえるです。

アイアンとユーティリティの場合は右手首でヘッドを下方に落とす動きです。当然右手の指の力も抜けています。この下方への動きが凄いのがプロのスイングです。アイアンで高さが取れるという事はこの落とし込みの動きが凄いという事です。プロがアイアンを打って大きなターフが取れるという事はヘッドが凄い勢いで下に落ちているということなのです。アイアンショットで高さが出ない人はこの落とし込みの動きを研究してみてください。想像以上の右手の動きです。しかしそこには力は入っていないのです。むしろ右手の脱力での落とし込みなのです。この動きも言葉では解説できません。是非、しっかり左手で振って、右手の落とし込みを体感してみてください。ボールが高く飛び出せば成功です。

第六段階の最後は息を吐ききり、真っすぐに力が抜けて直立しているのです。この時の体のバランスがそこに至るまでの動きのスムースさを表しています。バランスが取れない原因で考えられるのは3か所です。その1が左膝の上し切りができているかです。その2は左手の握り込みからの畳み込みができているかです。そしてその3は右手の握り込みによる使い過ぎです。是非自分のスイングの中で確認してみてください。

どうでしょうか。段階別スイングの考え方をまとめてみました。ゴルフでは大きく強く動いているのは左膝です。そして左手はインパクトに向かって使われていきます。右手はテークバックで使い、その後は柔らかく状況に合わせて使うのです。そしてスイングを通して個々の動きは単純なものであるという事を理解して欲しいのです。単純なのでしっかり理解しておけば後は反復練習で動きが身につくのです。

ゴルフスイングで大事なのは柔らかいタメを作り、一気にそれを開放するということなのです。ゴルフスイングとはスイングの流れを左足の動きで作り、左手の動きを感じ、その流れの中で右手の柔らかい動きを取り入れてゴルフクラブヘッドを開放する動きを作るという事なのです。

「シンプルな動きで強い動きを作る」というチャレンジングな動きがゴルフです。是非自分流を作る事を楽しんでください。次回からは同じことの反復ですがそれぞれの体の部位でまとめて書きたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 16:41| 東京 ☀| Comment(0) | スイングの段階分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: