2019年08月15日

体の部分の動きを考える  右足編


左足と連動して動いているのが右足です。しかし、右足の役目は少ないのです。むしろ右足の動きは隠れた動きで、練習量と自分流が要求されるものです。右足の動きは理論を越えた感覚的なものなのです。右足の使い方にはかなりの自分流が要求されます。スイングの流れの中での動きなのでそこにはリスクもあります。しかしそのリスクを超えれば飛距離というリワードがついてくるのです。

右足の動きを段階別に書きました。

第一段階⇒動かない。

第二段階⇒アドレスで曲がっている膝を伸ばす。この動きで左膝の前屈が楽にできます。伸ばし切る事はありません。

第三段階⇒左膝の動きに合わせて伸びるが動きは少しです。そして伸びきる事はなく、意識的に自分で動かすことはありません。

第四段階⇒右足もアドレスの位置に戻ります。これは左足の動きに合わせた動きで意識はありません。

第五段階⇒左足の動きに合わせて動きます。右膝を前方に出す感じがあると回転軸の左への流れを止める事になります。

第六段階⇒インパクトから先に右膝を内側に押し込む動きが必要で体重移動を作ります。右足の動きではここの動きがボールの飛距離に影響します。右膝を内側に押し込む事で体重移動が起こり、インパクトでボールに体重を乗せる事になるのです。この部分はまさに感覚的な動きです。右膝の内側への押し込みが早いとインパクト前にフェイスが開く事になるのでスライス回転をボールに加えてします事になります。ここでの右膝の動きはスイングの流れに合わせた動きなのです。ちなみに遠くへ飛ばそうとする人はここでの動きは大きいのです。しかし、その結果としてもしボールが右に曲がっていたら、それは左への体重移動が早過ぎるということなのです。ここでもボールの飛びを見て、右膝の動きをコントロールしましょう。

右膝を内側に押し込むという事は体重移動をするという事です。この動きは小さい動きですが動きのタイミングがインパクト前に起こるとその動きがボールを開いたフェイスで擦る結果を生んでしまうのです。体重移動がインパクトの早い段階で起こるとボールは更に右に曲がる事になるのです。この部分は体感では分かりません。あくまでもボールの飛びを見て、そのボールの右への曲がり具合で調整する必要がでてくるのです。所謂フェード打ちの人はこのタイミングをマスターしているという事です。そして大きくスライスしている人はこの体重移動のタイミングが早いと考えましょう。タイミングが遅れればボールの右への曲がりは減ってきます。

先にも書きましたが、第五段階の右足の使い方がかなり悩むところです。しかし、動きは決して早くないのでボールを打ち込む事で自分流を発見したいのです。左への体重移動が入るという事はボールを左に曲がらない様にする動きでもあるのです。PINGを使う海外のトッププロがこの体重移動を使って飛ばしています。ドローボールの方が飛ぶといわれていますが、強い体重移動を加えるとボールはフェード回転になり飛ぶのです。

最近のPING社のG410PLUSドライバーではそのトッププロがウエイトをDRAWポジション(ボールの捕まりがいい状態)に入れている事が分かりました。強い体重移動を加えるのでややフェード回転気味の打球をヘッドの重心位置で捕まえる様にしているのです。これは好みがあるのでここでも自分流を作る必要があるのです。

左足と右足の動きを連動して考えるとそれは膝の前後の出し入れの動きとなります。体の中心が動かない様に右膝を伸ばしたら左膝を曲げる。その反動の動きとして左膝が伸びれば右膝が曲がるのです。この両膝の出し入れを体の軸を動かさずに反復して動かしてみてください。単純な動きで、膝の出し入れをする動きです。スピードを速めても体の軸は動かないのですが、この動きで骨盤は大きく動いているのです。この骨盤の動きが上半身を動かしてくれるのです。

ゴルフのスイングではこの膝の出し入れは1回だけです。それも左膝で動くのです。ゴルフでは左サイドの体の動きがスイングの基本的な動きなのです。そして、右サイドの動きはそこに味を付けているのです。左サイドの
最初の動きである左足の動きを自分のものにすることがとても大事です。そして、右足の動きでスイングに味を付けてください。あくまでも左サイドが主導な動きです。しかし、そこに右サイドの味が付くのです。この右サイドの動きが自分らしさを作ってくれます。

まずは左サイドの下半身の動きを確立してください。この動きにやり損ないはあっても、やり過ぎはないのです。そしてその動きが確立したらそこに右サイドの下半身の動きを味付けてとして作るのです。ボールを上手く打とうとする気持ちが左サイドの動きを止める事になります。上手く打つのではなく、しっかり「下半身で振る」を意識する事が大事なのです。

どうしてもインパクトを作る上半身の動きに注目があつまりますが、ゴルフでは下半身の動きがもっとも大事なのです。この動きが確立できればボールが右に飛び出したり、曲がったりはしなくなるのです。ゴルフではボールが右に行く時は下半身の動きが緩慢であるといことなのです。そして右が消えたら後は上半身の動きの合わせとなるのです。練習場でまずは下半身の動きを意識してスイングしてください。ボールの飛び方が安定してくることが分かります。

先日全英女子オープンで優勝した渋野プロはソフトボールのピッチャーをしていたとのことです。ボールを投げるという事は下半身でしっかり踏ん張る事が重要ですから、その動きがゴルフに上手く利用されているのでしょう。彼女はドロー打ちと聞いています。きっと下半身の切れがいいのでボールが右にはいかないのでしょう。そして右手で叩く分ドローになるのでしょう。

是非下半身を意識したスイングを作ってみてください。不自然な動きが感じられるようなら是非コメントください。私なりの意見を提案します。 

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 06:41| 東京 ☔| Comment(0) | 体の部位で考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: