2019年08月21日

体の部分の動きを考える 左手編


下半身の動きが確立できると次は上半身の動きです。ここでも右手ではなく左手が主役なのです。もっともこの左手の動きについてはほとんどのゴルフレッスン本には意識して書かれていません。又ゴルフレッスンプロの教えの中にも左手の話はあまり出てこないのです。その理由は良く分かりません。

ボールを打っているのは右手ですが、ボールまでのクラブの動きは左足の動きと左手の動きで作られているのです。そして、飛距離に大きく影響するのがこの左サイドの動きなのです。飛ばしたい時は目いっぱい左足を使って下半身を回転させ、左手の引き込みで追いつくのです。また飛距離を決める時は左足の動きを自分の基準で動かし、それに合わせて左手を引き込みたいのです。基本的には距離を作っているのは左サイドの動きと考えましょう。

ちなみにアプローチではこの左サイドの動きがコントロールされるので難しくなります。素振りで距離のイメージを左サイドの動きで感じたいのです。そして打つ時はそのイメージ通りに左サイドを動かしたいのです。迷いがその動きで入ると距離が前後する事になるのです。

右手の話は次回の右手編の時に書きます。

ボールが左に飛んだり、左に大きく曲がる人のほとんどが今回の左手の動きがない場合が多いのです。左手の動きの話をする人が少ないので、左手の動きに関心が向かないのです。左手の基本的な動きとしては野球のバッターがバットをスイングする形に近いのです。ゴルフの練習でバットを素振りする事がありますが、この運動は左手の引き込みでスイングを作る事を体感する為のものです。

しかし、下半身が先行するゴルフのスイングでは左手の動きがとても重要なのです。ゴルフのスイングでは上半身は捩じる事があるのでその捩じり戻りの動きはありますがそれ以上の動きはないのです。この上半身とは肩の向きの話です。肩の向きは下半身の動きによって動かされているので、基本的には上半身は動いていないと考える事が重要です。

上半身で動いているのは左手と右手首が主役です。左手は右手の引き上げにより引っ張り上げられ、その頂点で右手の脱力からの反動の動きがあります。そして移動していた体の右サイドから左サイドへの引き戻しがあるのです。そしてこの引き戻しの時に左手の握り込みがある事で左手はアドレスの位置に戻るのです。

動きとしては非常に単純なものです。そしてここにも技術的な動きはないのです。単純に左サイドへ引き込み、握り込むだけなのです。そして最後に肘で畳み込む動きとなります。決して左手でボールを打つ感覚はないのです。左手の動きはクラブの動きに流れを作り、そして勢いを付けるだけなのです。ボールを打っているのはあくまでも右手ですから、左手でボールを打つ練習は禁物です。

左手の段階別動きを書きます。

第一段階⇒右手の動きに任せる。グリップは緩めておく。

第二段階⇒右手の動きに合わせる。グリップは緩んだまま。

第三段階⇒右手の動きに合わせる。グリップは緩んだまま。

第四段階⇒ここでも右手の動きに合わせて第一段階の終点の位置に戻ります。右手の脱力の影響で右肘が体の右サイドに落ち込みます。その動きにより左手自体が上から下に落ちる感じになります。この時に左手のグリップ(中指、薬指、小指)を開く事で「タメ」が大きくなり、指先でクラブを感じる事になります。ボールを打つ前に指を開くのは少々怖い話ですが、この動きは第四段階の動きの中ではまったく不自然ではありません。むしろこのクラブが指に引っかかっている感じを掴む事が大事です。

第五段階⇒力が入るところです。左手はここでは右腰の前にありますので、左方向への引き込みでアドレスの位置に左手を戻します。このクラブを引く動きの時に左手のグリップを握り込むのです。この握り込みの動きはクラブを左に引く動きの補助にもなります。左手を握り込む事でクラブフェイスはインパクトでスクエアに戻ります。そして大事なのがこの握り込みを使って第四段階で作った「タメ」を開放するのです。「タメ」の開放は右手ではなく、左手のグリップの握り込みで行うのです。開いている左手を握り込む事でクラブヘッドが走るのです。

しかし気を付けたいのが握り込むタイミングです。ゴルフのスイングの中でタイミングが問われるのはここの部分です。握り込みが早いとヘッドが外から入るので左に飛び出し、フック回転がボールに加わります。握り込むのは正にインパクトの瞬間に向かってなのです。ボールの飛びが真っすぐ飛んだなら握り込むタイミングがいいと思いましょう。もし左に飛んだり、曲がったりしたら握り込むタイミングが早いと思いましょう。

第六段階⇒ここが結構大事な動きです。左手はインパクトで強く握られているので、インパクト後に動く方向は上に跳ね上がる畳み込みの動きしかないのです。この畳み込みを躊躇なくしたいのです。この畳み込みの動きがスムースに動く様になるとボールが左に曲がる事が少なると思ってください。そして左手は畳み込んだ後に左耳の辺りに来ています。この畳み込みがスムースに躊躇無くできる事が左手先行のスイングを作るのです。結果としてボールが左に曲がる事を防いでくれます。

左手の動きを書くとこうなります。テークバックは右手の動きに任せる。トップスイングからは指を開く事で「タメ」を作り、そしてそれをインパクトに向かって左手の握り込みでエネルギーを放出するのです。そして左手の流れを止めない様に左手を畳み込むのです。この一連の流れを是非意識して動かしてみてください。クラブがスムースにエネルギッシュに動くのが分かると思います。

あくまでも左手でボールを打つ意識を持たない様にしましょう。左手はクラブの動きをスムースにする為に使われているのです。インパクトを作っているのは右手ですから注意してください。ゴルフスイング論では語られる事がほとんどない左手の動きを紹介しました。是非練習で左手の動きを感じて、自分の物にしてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 06:26| 東京 🌁| Comment(0) | 体の部位で考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: