2007年11月29日

スクワットが軸を保つ


回転軸を保つ為には両足の内側の筋肉が大事であると書きましたが、その筋肉はどのように鍛えるのでしょう。それは、スクワットだそうです。

私は以前に日本大学のゴルフ部コーチのSさんと知り合いでした。その時に聞いたのですが、当時の日大のゴルフ部員に課していたトレーニングのひとつがスクワットでした。確かにスクワットは下半身の強化になりますからその時は納得していましたが、それが軸を保つ為のものであったことがやっと分かりました。

私の友人のトレーナーの話では足の内側の筋肉を鍛えるには、スクワットが一番効果があるそうです。もっともスクワットといってもいろいろな形があるようで、詳しくはトレーニングに来て欲しいといわれました。そして、スクワットも加重を増やすことでさらに効果が上がるそうです。

もっとも今の私にはトレーニングに行く時間が取れないので、自己流ですが昨日からスクワットを始めました。取りあえずは腹筋、背筋と一緒に30回のスクワットを3セット始めました。飛距離が欲しい私としては、軸がぶれない鋭い下半身の切れが今のテーマとなっています。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。