2008年01月11日

プル角とグリップの挿し方


プル角に影響する最後の要素を書きます。それは、グリップの挿し方です。グリップを右に回して差し込むとフェイスはかぶります。結果として、グリップをスクエアに構えるとアイアンヘッドの向きに自然とプル角を付けることになるのです。以前に書いたトウを被せて構えることとほぼ同じです。当然ロフトが立ちますので気をつけましょう。ロングアイアンにこの方法を使うのはかなり有効です。ボールの捕まりが非常に良くなります。

もうひとつの方法は、ウィークグリップでグリップをすることです。インモーションのスイングでは、グリップは自然とスクエアに入ってきますのでアイアンヘッドはかぶるのです。このフェイスがかぶった状態が、実は自然な回転運動でスイングした場合にインモーションでスクエアフェイスを作るのです。問題はボールが真っ直ぐ飛んでいるかどうかなのです。

プル角に影響する要素がまだありました。それは、アイアンヘッドの重心深度の深さです。重心深度が深いと、その位置とシャフトグリップが一直線となろうとしてフェイスを閉じてくるのです。重心深度が深いクラブが簡単なのも、フェイスが閉じてくるのでボールの捕まりが良いからです。ロングアイアンに重心深度が深いアイアンを使うと飛ぶのもその影響があります。又、ハイブリッドアイアンがプル角が少ないのに打ち易いのも同じ理由でしょう。グースネックをロングアイアンに大きくつける理由も同じ考え方なのです。

今回で私が持っているプル角の話は今回で終わりです。最後のまとめとしては、「プル角の大きいアイアンで右手首の角度を保ってスイングしよう」です。いずれにせよ、PINGアイアン以外はプル角が少ないので気をつけてください。アイアンショットに悩んでいるなら、まずはPINGを試してみましょう。きっと、「真っ直ぐ高く飛ぶボール」に驚くでしょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 22:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 知っておきたいクラブの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
ただいま個人的にブログ応援活動してます。
応援ポチッ!
Posted by スミサーズ at 2008年01月13日 01:37
質問ですが、シャフトの刺し方で、ライ角も変わりますか??
Posted by AU at 2008年02月08日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック