2008年02月11日

左手で振るとは、、、


体を回すということは、左腰を開くということです。ゴルフのはじめはこの左腰の開きを左足の動きで作るのです。そして、次に動くのが左肩です。腰が先行して、左肩を動かしてくれるのです。ゴルフクラブを振る腕は左肩に付いていますから、この腰の動きが早ければ早いほどヘッドスピードは上がります。

ここで確認したいのが、腰の動きに対して肩の動きが遅れてくるということです。上半身は自分では動かないのです。この状態ではゴルフクラブの腰の動きで遅れています。この遅れが大事なのです。そして、ここで出てくるのが左手の動きです。

左手の役目はこの遅れたクラブをインパクトに向けて引っ張り出すということです。ゴルフのクラブを振るという動きはこの左手の引っ張りをすることがポイントです。右手でクラブを動かさずに、左手でクラブを動かすように覚えましょう。クラブを引っ張る方向はグリップエンドをお腹に引っ張り込む感じです。

左手の動きで難しいのはここからです。左手を引っ張り込む動きは、遅れているものを引っ張り込む動きですからそれ程難しい動きではありません。しかし、この引っ張り込みだけでは、ゴルフクラブをフィニッシュまで持っていくことはできません。そこでどうするか。左ひじを畳み込むのです。左ひじは体から離さずに体の回転でインパクトを過ぎた状態でクラブを引き戻す感じで左ひじを畳み込むのです。この動きができなくて、左脇が開いてしまうことがあります。多くの初心者がこの左ひじの動きが分からなくて苦労してしまいますので気をつけましょう。ひじを畳み込む方向としては、左親指が左耳の横に来る感じです。

この左ひじの動きをすることで、スイングの最後までゴルフクラブを左手が動かすことになります。この先ででてくる右手を緩める為にもこの左手の畳み込みが重要です。左手がちゃんと動いていないと、どうしても右手でクラブをフィニッシュへ持っていくことになります。そうすると、右手の力が抜けないのです。

どうでしょうか。左手の動きが少しは分かってもらえたでしょうか。動きについては、ゴルフが上手な人の左手の動きを見てみれば分かります。問題は、左手を意識的に動かしたいということです。ボールを捕らえるのは右手ですが、その前の動きとして左手の動きが大事なのです。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 08:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック