2012年11月07日

左手と右手のバランス

Q-taroさん。今日は質問2について書いています。

質問その2
ダウン、インパクトでの右手コックの解放、左手親指の押し込みのタイミング
ダウンで第2のアドレス付近から右手コックを解放しクラブを落とし込み、続いてインパクト直前に左手親指を下方に押し込むようにしている。ただアイアンが短くなればなるほど左手首を縦方向に極限まで曲げることになり左手首に負担がかかってしまうので負担を逃がすために左手のローリングと右手の返しを取り入れている。Posted by Q-taro at 2012年11月06日

お答え
Q-taroさんは少し極端に左手首を意識しているようですね。

流れとしては、ダウンスイングからインパクトに向かって左肘を伸ばすようにしながら、左手の親指を地面方向に押し込みましょう。そして、前回書いている様に押し込む時に左手を握ってくるのです。この動きの流れを感じましょう。一瞬の動きではありませんから、極端な動きと思わないでください。体の流れを感じる事がポイントです。

右手のコックの解放は、言葉では表現できません。実際にスイングしながら自分なりの開放感を感じましょう。

気になるのが左手のローリングです。左手のローリングは意識的に行わない方がいいでしょう。左手が動く事で自然とローリングされてきます。

右手の返しはもっと危険ですね。アイアンショットの場合は、右手の返しはまったくありません。ドライバーは右手の返しでヘッドスピードが上がりますが、ドロー回転が増えるので気をつけましょう。右手の返しが強くなると、下半身の動きが緩慢になるので気を付けてください。

どうでしょうか。疑問があればすぐにコメントをください。
posted by golfq at 19:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

右手の脱力

Q-taroさん、頑張っていますね。ブログでの説明にはコミュニケーションの難しさがありますが、私の理解している部分でお答えします。質問に対してのお答えを何回かに分けて掲載します。

質問その1
切り返しでの右ひじの脱力〜右手のみの脱力の感覚がつかめない
意識して(無理やり?)落としている Posted by Q-taro at 2012年11月06日

お答え
以前の文章を読んでみると「右手を脱力しても右肘が落ちない」というのがありました。右手を脱力しても左手に力が入っているので、右肘が落ちないというものでした。

どうも問題は左手にあるようですね。Q-taroさんの理解の中にも左手の親指を感じる事がしっかり刻まれてきていると思います。しかし、今の状態ではトップスイングで左手の親指の上にクラブが乗っているかどうかは分かりにくいのではないでしょうか。どうですか。

トップスイングで左手の小指と薬指に力が入っていませんか。トップスイングでは左手に力は入りません。左小指と左薬指が緩むことでトップスイングでの形が決まります。その2本の指の緩みが左親指にクラブの重さを感じさせてくれます。

そうです。トップスイングでは左手に力は入っていないのです。ですから、右手を脱力すると右肘は自然に下に落ちてくるのです。ちなみに左手はインパクトに向かって握ってくるのです。インパクトでは左手に力が入り、右手が緩むのです。

是非、感じてみてください。
posted by golfq at 18:04| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

Q-taroさんへ その2

Q-taroさんへ

ご質問にお答えします。

以下質問1
先日のブリヂストンオープンの谷口、藤田等のフォームを見ても極端にひざの屈伸をしているわけでもないし、ひじも下がったままの位置から打っていましたのでコントロールショットをしているのでしょうか?

以下、お答え
ブリヂストンオープンの谷口、藤田プロのスイングを見ていないので、どのスイングかは分かりません。もし、左膝の動きが少なければ、その時はコントロールショットと考えていいでしょう。日本のプロの場合は、ボディターンで打っている意識が少ないので海外のプロと比較すると私の言うところの下半身の動きは少なく見えるでしょうね。

以下質問2
 いまひとつの疑問は重心位置についてです。左ひざを前屈したときには左足に体重がかかると思うのですが。

以下、お答え2
私のブログにも書いていますが、左膝を前屈した時にその分右手でクラブを引き上げると重心の位置は動きません。左膝が前に動き、右手が後ろに動く感じです。弓矢を左膝と右手で引っ張る状態に似ています。もし、前屈が強いと重心の位置は左に動きます。逆に右手が強いと重心の位置は右に動きます。両足にバランス良く体重が乗っているのが自然と考えてください。もっとも重心の位置の動きは、本人の持つ感覚で問題はありません。

以下質問3
ひざを一気に伸ばしていくときも体重をかけないと伸ばせないのではないでしょうか?

以下、お答え3
体重が乗っている感覚は左足にあります。その分右手にもしっかり力が入っていることが大切です。スイングの始動は右手の解放と左足の蹴りです。左足には確かにプレッシャーがかかっていて、そのプレッシャーを跳ね返す踏ん張りがダウンスイングの始動を作るのです。

「スイングは足で振れ」というのは、この時の感覚の事を言っています。ゴルフのスイングがとにかく下半身がしっかり動く事が前提です。コントロールショットはこの下半身の動きをコントロールする事で距離の調整を行います。

以下質問4
ひざを伸ばし始めたときから左に体重移動すると考えるのは間違いでしょうか?

以下、お答え4
体重移動はありません。ここでのポイントは左膝です。左膝が左に動くと、膝が笑った事になりその分体重移動が左に起きる事になります。ゴルフのスイングでは回転軸を保つことが大事ですから、左膝が笑わない様に内股の形を崩さず左膝を伸ばしていくことが大事です。

体重移動はインパクトから先で起きます。それは左膝が伸びきる時に起きるのです。体重移動が早いとボールはスライスします。ほとんどのアマチュアはこの体重移動を間違えて解釈していて、スライスボールに悩むのです。体重移動をしながらボールを真直ぐ飛ばせるようになったら、下半身の回転が素晴らしく早いという事です。

私のブログでは写真を使っていないので、理解が難しいと思います。分からない部分はどんどん質問してください。返答が遅れてすみません。これからも宜しくお願いします。
posted by golfq at 22:40| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

Q-taroさんへ

暫くBLOGから離れていました。少しずつ又書いていきたいと思っています。

まずは先日質問をいただいたQ-taroさんにお答えします。実は私の名前もQですから親しみを感じた訳です。

Posted by Q-taro at 2012年10月15日
1.右ひじの落とし込みについて
 両手でグリップしている限り、右手のみ脱力しても無意識に左手で支えてしまいスムーズに落とし込みができません。こつを教えてください。

トップスイングへは右手がクラブを持ちあげています。ですから右手が脱力すれば自然に右肘は地面の方に落ちてくるのです。右肘の動きに気を付けてみてください。右手の力が抜けると右肘はクラブの重さで縦に落ちてきますよ。

2.2010.06.03「インパクトでの左親指の抑え込み」の記載の中で1.「トップスウィングの時点で親指は上に向いている」とありますがこれは親指の指先ではなく親指の腹が上を向いていると解釈していいですね?

そうです。左手の親指の腹にクラブが乗っているので、その腹が上を向くという意味です。

3.インパクトでは右手コックを解放してヘッドをボールの腹に落とし込むとあり、また別の表現では左手親指を地面方向に押し込むとあり両方同時に行うということでしょうか? 

左手の親指の動きが先です。左手の親指を地面方向に押しこむ事で左手は伸びていきます。クラブ全体が低い位置に下がるのです。

右手のコックの解放はインパクトに向かってです。ですからこの二つの動きは左から右へと連動する事になります。

どうでしょう。Q-taroさん。質問があったら是非またお願いします。私はゴルフプロではありませんし、インストラクターでもありません。私は単なるゴルフ大好き人間です。でも、かなり真面目にゴルフスイングを研究しています。

これからもよろしくお願いします。
posted by golfq at 18:58| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

質問にお答えします

暫くBLOGから離れていました。少しずつ又書いていきたいと思っています。

まずは先日質問をいただいたQ-taroさんにお答えします。実は私の名前もQですから親しみを感じた訳です。

Posted by Q-taro at 2012年10月15日
1.右ひじの落とし込みについて
 両手でグリップしている限り、右手のみ脱力しても無意識に左手で支えてしまいスムーズに落とし込みができません。こつを教えてください。

トップスイングへは右手がクラブを持ちあげています。ですから右手が脱力すれば自然に右肘は地面の方に落ちてくるのです。右肘の動きに気を付けてみてください。右手の力が抜けると右肘はクラブの重さで縦に落ちてきますよ。

2.2010.06.03「インパクトでの左親指の抑え込み」の記載の中で1.「トップスウィングの時点で親指は上に向いている」とありますがこれは親指の指先ではなく親指の腹が上を向いていると解釈していいですね?

そうです。左手の親指の腹にクラブが乗っているので、その腹が上を向くという意味です。

3.インパクトでは右手コックを解放してヘッドをボールの腹に落とし込むとあり、また別の表現では左手親指を地面方向に押し込むとあり両方同時に行うということでしょうか? 

左手の親指の動きが先です。左手の親指を地面方向に押しこむ事で左手は伸びていきます。クラブ全体が低い位置に下がるのです。

右手のコックの解放はインパクトに向かってです。ですからこの二つの動きは左から右へと連動する事になります。

どうでしょう。Q-taroさん。質問があったら是非またお願いします。私はゴルフプロではありませんし、インストラクターでもありません。私は単なるゴルフ大好き人間です。でも、かなり真面目にゴルフスイングを研究しています。

これからもよろしくお願いします。
posted by golfq at 22:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

下半身の回し方 その4 (上半身の動き)

どうでしょうか。左足の動きを感じてスイングできましたか。左足の動きを感じるにはとにかく左足にしっかり体の重みを感じることです。その重みを跳ね返す様に左足を伸ばすのです。スイングの切り替えしは左膝を元に戻す動きではじまるのです。ちなみに強いスイング作るにはスクワットをする事が大事です。ゴルフのスイングの基本はスクワットの動きに似ているのです。スクワットをして左足を鍛える事が下半身の切れのスピードを増し、飛距離のアップにつながるのです。以前に私の友人の日大ゴルフ部のコーチが言っていました。「日大のゴルフ部は皆ゴルフは上手いから、コーチの仕事はスクワットとランニングの管理だよ」と言っていました。

さて今回はその下半身の動きについていく上半身の動きを書きます。上半身の動きの基本は脱力です。右手を引っ張る事で作ったトップスイングで右手を脱力する事で、左手が勝手に元の位置に戻ろうとするのです。右手を脱力する事でクラブは体の右サイドに落ちていきます。この右手の脱力がポイントです。脱力をするには、右手にしっかりトップスイングで力が入っていなくてはなりません。多くのゴルファーはトップスイングで右手の力が抜けているのです。それは「グリップは緩めに」という解説を間違って理解しているからです。トップスイングからの切り返しでは上半身は静かなものです。何故ならそれは脱力をしている状態だからです。ボールを打とうとしているとこの脱力状態が作れないのです。ゴルフはクラブを振る事でボールを飛ばしています。だから、この切り返しでの上半身の脱力に意味があるのです。

上半身で力が入るとしたら切り替えし後の左手です。左膝の屈伸で鋭く切れる下半身の切れで動いているのは、左肩です。その左肩に付いているのが左手です。当然下半身が先行して動くのでそのズレを左手が修正するのです。ダウンスイングからインパクトに向けて左手は遅れた右手が持つクラブをインパクトに引っ張り込むのです。しかしこの動きも人間のスイングだからこその動きです。PING社が作っている世界唯一の人間のスイングに近いゴルフ・ロボットマシンにはその左手の動きはありません。そこには脱力されて自然に上から落ちてくる重力分の力だけが存在します。でも人間の場合はロボットと違って体の柔らかさが微妙な遅れのズレを作ります。だから、ダウンスイングからインパクトにかけては左手は意識的に引っ張り込む必要があるのです。

ボールを飛ばすエネルギーは左膝の屈伸によりできる下半身の回転のスピードとそれに遅れまいとする左手の引きで作られています。下半身が1の力とすると左手が2の力となります。スイングの流れとはこの1の力(左膝の屈伸)と2の力(左手の引き)の事をいいます。下半身が回り、左手が追いつく。この流れがクラブをしっかり振る事になるのです。それではトップスイングで脱力した右手はどう使えばいいのでしょう。その話は次回に書きます。まずはトップスイングからの切り返しで上半身の力を抜いてスイングしてみましょう。力みの無い、しっかりしたスイングができると思います。まずは素振りから。素振りで納得できたら、その流れているクラブヘッドにボールを乗せてみましょう。ゴルフは決してボールを打つスポーツではありません。ボールをクラブに乗せて運ぶスポーツです。滑らかな振りの軌道にボールを合わせてみましょう。
posted by golfq at 08:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

下半身の回し方 その3 (左足の使い方)

トップスイングの形を体感できましたか。トップスイングは力強く、バランスが取れている必要があります。左足と右手の喧嘩でのバランスです。ダウンスイングに入るにはこのしっかりしたトップスイングが必要なのです。先日のゴルフチャンネルでのゴルフレッスン番組で、あるゴルフスイングの研究家が「プロゴルファーには必ずトップスイングで間がある」と言っていました。その間こそが左足と右手の喧嘩の終点なのです。上半身はしっかり捻じられた状態になるのです。

この時確認事項としては、「左足にしっかり力を感じているか」と「右手がトップスイングを深めているか」です。左足がしっかり力を感じていなければ、右手の動きが左足の動きに勝りオーバースイングになるのです。逆に右手がしっかりトップスイング深めていなければ、左足の動きに右手の動きが負けスイング軸が左に傾くことになります。この最後の引っ張り合いのバランスが大事です。是非、このバランスを感じるように練習してください。

そしてダウンスイングに入ります。ダウンスイングの始動は左足を蹴る事で左ひざを伸ばすことです。それと同時に右手小指の力を脱いて、左手に手の力を移します。ちょうど引っ張り合った左膝と右小指を元に戻す感じです。弓矢で引っ張った糸を解放する感じでダウンスイングがはじまります。

左膝の伸ばす方向は、左膝を元に位置に戻す感じです。大事なのはその戻った位置から左足を伸ばし切る事です。インパクトはこの左足が伸びていく途中にあるのです。写真を見ると下半身は動いていない様にみえますが、実際はしっかり動いているのです。その左膝が伸びるスピードが下半身力です。基本的には自分の最大のスピードで左足を伸ばして下半身を動かしましょう。そうです、左膝を伸ばし切る動きです。プロとアマの違いはそのスピードの差です。ちなみに体重移動は左膝を伸ばし切る時発生します。それはインパクトから先で起きているのです。左膝を伸ばし切る事でボールに体重が乗っていくのです。

上半身はこの下半身の動きに反応して動くのです。言ってしまえば、「ボールは下半身で飛ばせ」なのです。上半身の話は次回にします。

左膝を伸ばす時に一番気をつけなくてはならないのは、左膝を外(左側)に流さないことです。この左膝の位置を保つのが内股を作る内筋の意識です。先日のPINGのハンター・メイハンのスイングをTVで見ているとその事が良く分かりました。彼のフィニッシュでの内股の締まり具合は凄い物でした。左足の意識は常に内側にあるのです。トップスイングの時に一番力を感じているのは左足の親指の付け根です。その左足の内側への傾きを感じながら左膝を伸ばすのです。そして、その左膝を伸ばす終点では内股が強く絞られているのです。

この内股の意識がゴルフスイングのもっとも大事な回転軸の維持に役立つのです。左膝を外(左側)に流さない事が下半身を回す時に大事なのです。左足で下半身の力を最大限に引き出してみましょう。下半身を使わずにスイングする事はないのです。とはいうものの、この下半身の使い方はアッという間のものでスローモーションでは感じられませんから気を付けてください。下半身が左足の蹴りで動いていないと上半身が正しく反応できないのです。そして左膝を伸ばし切る事でバランスの良いフィニッシュが得られるのです。プロのスイングとアマの違いがここでも確認できます。プロは打つ事よりもクラブを振る事を優先しているのです。一方アマはボールを打つことを優先してしまうから下半身が途中で止まったり、減速してしまうのです。

是非、左足の動きを感じてみてください。次回はダウンスイングでの上半身の動きを書きます。
posted by golfq at 09:34| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

下半身の回し方 (トップスイングの確認) その2

左膝の前への動きと右手の後ろへの引きの喧嘩を体感できたでしょうか。今回はその先のダウンスイングから先の話になりますが、まずはトップスイングの形の復習からしましょう。

左膝は前方に動こうとしているでしょうか。右手の小指でクラブを後ろに引けているでしょうか。さらに右手の引きで上半身が捻じれ、左肩が深く入っていますか。そして、もっとも大事なのがその左膝の動きと右手の動きでスイング軸がしっかり止まっている事です。この状態を保つ練習をしましょう。ここでの形を覚える事が落ちついた力強いトップスイングを作るのです。ダウンスイングのはじまりはこのトップスイングの形で決まるのです。

トップスイングで確認したい事がもう一つあります。それは左手のグリップの強さです。多くの人が左手のグリップは強くと考えていますが、それは間違いです。左手のグリップはトップスイングで緩んでいるのです。その理由は左手のグリップが緩まないと左親指の上にクラブが乗らないからです。トップスイングでは左手の小指の力を抜きましょう。そうするとクラブ全体の重みを左親指が感じます。この親指にクラブが乗る事がダウンスイングが始まる最初の確認事項です。

スイング的には振り上げたら左との親指にクラブを乗せるという事です。そして、左手の親指にクラブが乗ったらトップスイングが完成したという事です。この時点で右手の小指がクラブを後方に引いているポイントと左親指の重さを感じるポイントが一緒になるのです。

トップスイングでもう一つ感じたい場所があります。それは両足の内股に力を感じているかです。ゴルフのスイングは常に内股の内に締まる感じが大事です。それはゴルフのスイングの回転軸をこの内股の圧力が保つからです。内股の力を感じないようであれば、下半身が緩んでいるという事です。下半身が緩めば回転軸は動き、ボールが右に曲がる原因を作ります。

テークバックから考えると動いているのは左膝と右手だけで、他の部分はその動きにつれて動いているだけなのです。さらに、内股を意識する事で動きは非常に狭い範囲で動いていることが分かります。

是非、自分のトップスイングを体感してみましょう。トップスイングはクラブを振り始めるスタートポイントですから、ここでの収まりをしっかり作りましょう。多くの人がテークバックの形を気にしますが、問題はその終点でのトップスイングの形です。テークバックの方法は自分なりの収まりの良い方法を見つければいいのです。それがインサイドにクラブが入ろうが、外にクラブを出していこうが関係ないのです。その終点が大事なのです。

次回はダウンスイングについて書きます。
posted by golfq at 19:37| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

下半身の回し方 その1

下半身をスイングで意識するのは、結構難しいのです。口で「下半身を使って振る」と言っても、どの様に動いているのかを感じることは私にはできませんでした。今回ここに書く、「下半身の回し方」はあくまでも私のやり方ですので、自分流を見つける事が必要です。それでも参考にできる所は多いと思いますので是非読んでみてください。

下半身を回すには左足をいかに使うかです。人間の体を考えてみると、腰骨を回せる機能が膝に有る事が分かります。膝以外に腰骨を回す機能は人間の体には無いのです。この左膝への認識がポイントです。自分のスイングを考えてみましょう。私の場合は左膝こそ使ってはいましたが、それ程重要視していませんでした。というより、意識できていませんでした。そこでいかに左膝を意識して使うかを考えました。

まず、左膝を前屈するのです。それは内側にではなく、ターゲットラインに対して垂直に曲げていくのです。その方向が非常に大事です。ボールが飛んでいくライン(ターゲットライン)を意識して、そのラインに左膝を直角に差し込む感じです。それもできるだけ深く膝を曲げましょう。深く曲げる理由は、曲げれば曲げる程スイングに力が加わるからです。左膝に全体重を乗せる感じになります。実はこの左足体重がポイントです。この体重の重さを感じる動作が、力強い切り替えしのスタートとなるからです。

左膝を深く曲げる事で問題なのがスイングのバランスを崩すという事です。この解決方法は右手にあります。当然左膝だけを深く曲げていくと体の軸は左に傾いてしまいます。これではスイング軸が保てないので困ります。そこで出てくるのが右手です。左膝を深く入れていくと、上半身はちょうどトップスイングに入っています。左膝をさらに深く入れようとすると体の軸が傾き始めますが、それを右手の引っ張りで止めるのです。右手がトップスイングを深めていく感じです。この時の体感は、左膝が前に動こうとしているのに対して、右手が後方に動いて行く感じです。左膝の動きと右手の動きを喧嘩させる事で回転軸を保つのです。トップスイングのバランスは左膝の前への動きと右手の後ろへの引きで作るのです。

この動きにはさらなる副産物があります。それは上半身の捻じれを強めるという事です。左膝が前に動くのに対して、上半身が後方に動くので左肩は深く入り上半身の捻じれが深まるのです。力強い動きですがバランスの取れた動きになるのです。

そしてもう一つ。この動きはオーバースイングでお悩みの方にも役立ちます。オーバースイングは上半身だけが動き過ぎるから起きる状態です。左膝が前方に動くことで、上半身の動き過ぎも止めてくれるのです。

この状態はプロのトップスイングの写真を見ると分かります。自分の体形に合ったプロのスイングを良く見てください。見るポイントは左膝の前方への動きの深さとトップスイングでの右手の緊張感です。この後ろへの引きを強くするには、グリップをフィンガーロックにする事をお勧めします。フィンガーロックグリップでは右小指が左人差し指と絡んでいますので、右小指を使って右手を動かす感じです。トップスイングは実は膝膝の前への動きと右手の後方への強い引きから生まれる動きの喧嘩で形成されているのです。是非試してみてください。

次はダウンスイングでの下半身の動き方を書きます。

PS
ちなみに右足の役目はほとんどありません。右足は内股でしっかり大地を掴んでいる事が大事です。体重は右足には乗ってきません。回転軸が保たれるという事は、体重の移動は無いという事です。
posted by golfq at 09:36| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

右手首の動きを考える


ゴルフのスイングは左サイドの動きでスイングの勢いを作ります。それでは右手は何をするのでしょうか。右手は、「インパクトを作る」のです。ピッチャーがボールを投げる時の手首と指の動きがゴルフスイングのインパクトでの右手の動きと同じ様なものと考えたいですね。

この考えで大事なのが右手の手首の角度はインパクトまで変わらないということです。ボールを投げる事を考えてみてください。ボールを投げる時にボールを握っている右手の角度がゴルフでクラブを握っている角度と同じなのです。女性がゴルフのスイングをイメージしにくいのも、ボールを投げる事がほとんどないからなのです。ボールを投げる事で右手首を柔らかく使う感覚が分かります。手首を最後に軟かく使いたいので右手の角度を保つ必要があるのです。だからインパクトまで右手は使えないのです。

テニスやバトミントンをする人がゴルフをするとボールを左に引っ掛ける事が多いようです。その理由は止まっているボールを打とうとするからです。ボールを打とうとするから右手首の角度が緩んでボールを引っ掛けるのです。ところが実際に動いているボールを打っている時を考えると、右手首は緩んでいないのです。テニスでもバトミントンでも右手首はインパクトから先で使っているのです。手首が強いという事は、インパクトというほんの少しの時間に手首を大きく動かす事なのです。

ゴルフのミスはこの右手首の角度が緩む事で起きている事が多いのです。まずは自分のスイングの中での右手首の角度を考えてみてください。次回はアイアンの場合の右手首の話を書きます。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 09:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

左手でスイングの流れを加速する


左膝の動きでスイングの流れを感じた後にくるのが、左手の動きです。ここで大事なのは、左手はあくまでも下半身の動きについてくるという事です。アマチュアの一番の問題は上半身の動きが下半身の動きに先行してしまうことです。又、下半身から動きはじめてもその下半身を途中で止めてしまい上半身の動きが下半身を追い越してしまうことです。

さて、左手の動きですがスイングの流れとしてはその流れを加速する役目があるのです。左膝で動く下半身は最初に動きだし、常に動きの先陣を切ります。その動きはスローからクィックとなります。そして左手は、流れの中でクラブの動きを加速します。スティからいきなりクィックです。

左手の動きで大事なのが、最初のスティです。左手は、最初は動かしません。むしろ、左手は力を抜いてクラブを縦に落とすのです。この脱力がクラブを右腰に落とし、その間が右肩の突っ込みを防ぎます。アマチュア的にはこの部分が一番理解するのが難しいと思います。又言葉で説明するのも難しい部分です。

練習方法としては素振りの中でこの左手の脱力を感じる事です。左膝の動きで下半身を先行させ、その始動時に左手の力を脱力してクラブを右腰に落とすのです。何度も素振りをしてこの動きを身につけましょう。ここの部分の動きがアマチュアには難しいスイングの間ができるのです。ダウンスイングのタメもこの時にできます。左手がクラブヘッドを動かさない事で、スイングのタメができるのです。

左手の動きはこの後に始ります。右腰に落ちた左手をインパクトに向けて動かすのです。下半身が先行していますから、上半身の動きは相当遅れています。それをインパクトに向けて追いつくのです。左手でグリップエンドを引っ張る感じです。引っ張る方向は飛球腺に向かって平行な感じです。決してグリップエンドをボールに引っ張ってはいけません。

ボールが地面にあるのでどうしてもグリップエンドをボールの方に向けてしまいます。左手の役目はスイングの流れを加速することで、ボールにクラブヘッドを持っていくことではありません。その役目が右手なのです。

左手は引っ張る時に握るようにしましょう。そうするとインパクトでスイングの力がボールに集中します。「落として、引っ張りながら握る」です。そして、最後までスイングの勢いを止めないようにスイングの後半では左手を左ひじを支点にして畳み込みます。この畳み込みの動きがスイングの流れを強い物にします。

是非、左膝の動きで先行する下半身の動きに左手の動きを加えてみてください。基本は素振りです。素振りでうまくいけば後はその軌道上にボールを置けばいいのです。ボールは打つのではなく、スイングの流れで捕まえて運ぶのです。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 09:11| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

左膝でスイングの流れを作る


多くのアマチュアゴルファーは、「ゴルフはボールを打つ」スポーツと考えています。実際にボールを打っているのですが、感覚的にはボールを運んでいると考えたいですね。もっともドライバーは唯一距離を稼ぐ為のクラブですから、「ボールを打つ」という感覚はつよまります。

「ボールを運ぶ」という言葉で一番困るのが、「ボールを打たないで、どのようにしてボールを飛ばすか」という事です。特に体力の無い人に取っては、ボールを飛ばしたい気持ちが強いですからね。しかし、ゴルフはボールを打ちにいってはなかなか上達しないのです。ゴルフの上達でお悩みの方は、とにかく「ボールは打たない」と考えましょう。

そこで大事なのが、いかにクラブヘッドの流れを作るかです。ボールは物理的現象としてクラブヘッドがボールに衝突した結果として飛んでいるのです。問題は、打つ力では無く、クラブヘッドの動きのスピードをどのように作り、上げるかです。

物理的現象の話をすると、ボールが飛びだす方向はインパクト時のスイングプレーンの入り方で決まります。スイングは強い回転運動ですから、回転しているクラブヘッドが当たってきたボールはそのクラブヘッドの円運動のインパクト時の接戦上に飛びだすのです。だから、クラブヘッドは常にインサイドから入ってくるのです。

スイングは体の回転運動で作られているので、一番最初に大事な事はどの様に体を強く回転させるかです。クラブを動かしているのは、左手です。その左手を動かしいるのが左肩です。さらにその左肩を動かしているのが左腰です。そして、最後にその左腰を動かしているのは左足という事になります。

左足をどのように使うかを考えると左足でスイング中に動かせるのは左膝だけだという事に気がつきます。タイガーウッズが左膝を手術したのも左膝への負担が大きかったからでしょう。

まずは左足が自分のスイングでどのように使われているかを感じてみましょう。トップスイングからの切り返しで最初に動きだすのは左膝です。(プロレベルのスイングでは左膝の動きはトップスイングに到達する前に始っています。)左膝から動く事で体の回転がはじまるのです。

この動きについては多分フィギュア−スケートをしている人が一番上手なような気がします。実際私はフィギュア−スケーターだった初心者の女性に「軸を保って、回転する」というアドバイスをしたら飛んでもなく飛んだのを覚えています。後ろで見ていた御主人の開いた口が閉じなったほどの感激的なショットでした。

左膝の動きは前屈した膝を伸ばすというものです。左膝の前屈の量はその人の筋力によって異なるので最初は少しずつにしましょう。そして、その曲げた膝を伸ばすことでダウンスイングを開始するのです。膝の伸ばし方は「スローからクィック」へです。いきなり強く伸ばす必要はありません。膝を伸ばす感じが強まるのはインパクトから先です。決してインパクトで左膝の動きを止めてはいけません。プロのスイング写真を見てみるとインパクトで左膝はまだ曲がっていますが、それは制止画像だからです。左膝は動いているのです。

この左膝の伸びが腰の切れを作るのです。インパクトの先での左膝の伸びが大事なのは、先に述べたようにゴルフのスイングは打つのではなく運ぶ運動だからです。左膝の後半の動きがヘッドスピードを向上させるのです。

左膝は伸ばし切ることが大事です。タイガーのショットを見ても明白です。左膝を伸ばし切る事によりスイングの流れを最後までしっかり作ることになるのです。そして、最後に左足の上に立つ事でインパクトから先での体重移動が完成するのです。

是非、左膝でスイングの流れを作ることをお試しください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 10:18| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

左手のまとめ


ゴルフのスイングは左サイドの動きで「スイングの流れ」を作ります。その流れの開始は左のひざの動きによる、左腰の回転です。左腰が先行する事で初めて左手の動きがあるのです。

左手は先行する下半身に追いつくためにクラブを引き込む動きとなります。その引き込みが起きるのはインパクトに向けての動きの時です。左手がダウンスイングで右腰の辺りに降りた所から左腰までが左手が引っ張れるタイミングです。左手の握りが入るのもこの腰から腰への動きの時です。スイングの流れの中で考えると、ダウンスイングの終わりからインパクトに向けてという事になります。

左手で大事なのはこの先です。インパクトから先で左親指を立てる様にして畳み込むことです。この動きがないと右手が緩みません。左手一本でスイングする時はこの左手の畳みこみを練習します。畳み込みが滑らかに動くと、左手1本でもスイングは綺麗にできます。

左手で気をつけたいのが、左手の親指にクラブを乗せる事です。そして、トップスイングでは左手の小指の力は緩みます。小指にクラブが引っ掛かっている状態です。左掌がトップスイングで見えないようだと左手のグリップは緩んでいません。そして、その緩みをインパクトに向けてしっかり握るのです。この親指を中心として開いて、閉じる練習は非力な人にはとても役に立ちます。

多くの人が左手に対する意識が少ないと思います。実際のスイングで左手を感じて練習してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

左手の小指でヘッドを走らせる


左手の使い方に、「左手の小指をインパクトで握り込む」というのがあります。どうも剣道では左手の小指をしっかり握るようですが、似たような感じなのでしょうか。

どうして左手の小指を握るのかというと、先に書いて来たようにゴルフのスイングは左手の親指で腕とクラブの動きを繋げているからなのです。クラブはトップスイングからダウンスイング、インパクトへと常に左親指を中心に動いています。その理由は左手の親指が腕の振り子とクラブの振り子を結ぶ支点だからです。この支点がしっかりしていれば、回転軸さえぶれなければ左肩で引っ張られる左腕がクラブをインパクトに効率よく運び込むのです。

PING社のカーステン創始者が作ったPING-MANというロボットはこのスイングの流れを的確に持っています。PINGのクラブが素晴らしいひとつの理由に人間の素晴らしいスイングの流れを持つこのロボットがあるからと考えられます。

しかし、そのロボットにないのが右手と左手の小指です。人間にはそれがあるのです。「右手を緩める」と書いてきたのも、ゴルフスイングには右手が絶対必要ではないからなのです。右手は上手く使うと有効できですが、ほとんどの場合は間違って使われているのです。

今回の話の小指の話にもどります。スイングの支点が左の親指とすると、ダウンスイングで左手のグリップは緩むのです。左の小指は指先にクラブが引っ掛かっている感じで、指の力は抜けているのです。だから、ダウンスイングでタメができるのです。右手首は深く曲がり込み、左手のグリップは緩むのです。

このタメを的確に動かしてくれるのが左手の小指です。薬指も協力してくれます。開いた左手のグリップをインパクトに向かって小指と薬指を握り込むのです。この握り込みが遅ければ遅いほどタメができヘッドの走りが早くなります。

インパクトで力を入れるのは左手なのです。それは緩んでいる状態から力を入れるのです。だから、右手の力を抜かなくてはいけないのです。両手の真ん中の左親指を支点に力の関係が入れ替わるのです。トップスイングへは右手で、ダウンスイングも右手で感じます。そしてインパクトに向かって左手に力を入れ、右手の力を抜くのです。その左手に力を入れる時に左手の小指を利用したいのです。

今日の話は非力な人に有効です。シニアの方やレディースの方には特にお勧めです。でも左手を握るタイミングが難しいですから、練習をしてからにしましょう。是非お試しください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 08:20| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

インパクトでの左親指の抑え込み


多くを語られていない左手の話の続きです。左手の親指のクラブを乗せる事で左手の存在感が感じられると思います。問題はその左手の感覚をスイング中持続したいという事です。この事はアニカ・ソレンスタムのスイング論の中にも出てくるようです。実際に私はまだその分を読んでいないのですが、私の友人が「左の親指の大事さ」はアニカが書いていると教えてくれました。

左親指に感じたクラブの重さの感覚を失わないように、スイング中絶えず親指を感じてスイングする感覚を書きます。

1. トップスイングの時点では親指は上に向いています。確実にクラブの重さを感じましょう。その重さを感じようとする間がトップスイングでの間を作ってくれます。さらにオーバースイングを抑えてくれます。
2. ダウンスイングでは親指は地面に対して直角の方向を向きます。この状態がタメを作っています。私の場合は、アイアンの時はインパクトまでできるだけその状態を保ちます。そしてドライバーの時は、その親指の方向を早めに地面に向けます。これはタメの開放を早くするためですが、あくまでも私の方法です。
3. 問題はインパクトの時です。この時に親指を地面の方向に押しこむのです。親指を押しこむ事で左は伸び、インパクトに向かって右手を解放した時にクラブが走るようになります。どうもアニカが推奨するのはこのポイントのようです。
4. フィニッシュでは再び親指の上にクラブを乗せます。最後に親指の上にクラブを納める事も大事です。最後にクラブが左親指に乗っていればスイングの流れが良かったと考えられます。

是非、左親指を感じてスイングしてみてください。


人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 08:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

左手を感じるには


左手を使うと言ってもそんなには簡単ではありません。左手にとって大事な事は「スイング中に左手の存在感を感じる事」だと思っています。そこで私流の左手の存在感の感じ方を紹介します。

それは左手の親指です。グリップをするときに左手の親指の腹をグリップにしっかり当てます。左手のグリップがストロングでもウィークでも問題ありません。左親指の腹をグリップ上に乗せるのは、トップスイングの時にクラブをその左親指の腹の上に乗せるからです。

トップスイングの時に初めて左手の存在感がはっきりするのです。テークバックは右手でクラブを持ちあげていきますから、左手の役目はあまりなく存在感もほとんどないのです。ところがトップスイングでは一転してその存在感が現れるのです。

このトップスイングの位置が決まらない人も是非左親指にクラブを乗せてみてください。特にオーバースイングでお悩みの方にはとても役立ちます。トップスイングはこの左親指の上にクラブの重量がすべて乗った時に終わるのです。右手の役目もほぼここで終わり、右手の力が緩みます。

オーバースイングの人は、この状態からさらにバックスイングを深くしている可能性が高いのです。バックスイングが深くなると親指の感覚は薄れていきます。バックスイングは左手の親指でクラブを最も感じる場所で終わりにしましょう。

左親指の存在感で最も大事なのが、この先です。それはダウンスイングの時です。この時に親指にクラブの重さを感じていればダウンスイングで右手が邪魔をしていない事になります。アイアンではクラブを立てにいきますので親指へのプレッシャーはさらに上がります。クラブが体に巻きつく感じになると、そのプレッシャーが増す事を感じる事ができます。

ドライバーでは人によって異なるでしょう。私の場合は、クラブを横から入れたいのでトップスイングからややリストの開放の為に左親指でクラブを地面と平行になるように押しています。もっともこの方法は私独自のものです。スペインのバレステロスの様にドライバーでもアイアンと同じようにタメを作りにはいけないのです。

そして、インパクトに向かっては左親指でクラブを地面に縦に抑えつけるようにしましょう。実はこの親指の縦へのプレッシャーが右手の開放に役立ってくるのです。右手で縦の動きが感じられない人は左手の親指の動きで縦の動きを感じてみましょう。

是非、左の親指でクラブを感じてみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 08:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

インパクトで左手を握る


今までは右手の話をしてきましたが、これからはアイアンショットにおける左手の動きを書いてみます。まずは右手の緩みに関連する動きです。それは、「インパクトで左手を握る」という動きです。インパクトの衝撃に対抗するのは、左手のグリップなのです。

今回は右手の動きを先に書いたので右手の緩みに違和感を持っている方が多いと思います。実はゴルフのスイングは左サイドで作られていますから、その左手がインパクトを作っているのです。インパクトで左手を握る事でゴルフスイングが体の左サイドで作られている事が完成します。

インパクトでもし右手を握ってしまうとクラブが左手か右手かどちらがスイングの主導権を握っているかが分からなくなるのです。右手を握ってしまうと、クラブを短く持ってスイングしている事になり、トップボールを打つ事になるのです。右手を緩める為には、インパクトで左グリップをしっかり握る必要があります。

練習の中に左手1本でスイングをする練習がありますが、それは左手がスイングの主導権を握っているという事を覚える為のものです。ですから、素振りで左手主導のスイングを身につけましょう。そしてそのスイング中にインパクトに向かって左手のグリップを強めてください。そうすると右手の緩みを少し感じられると思います。

是非試してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 08:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

右手が緩まない理由


「スイング中に右手を緩める」と書かれても、それはできない、難しいという方が多いのです。そこで今回は右手を緩められない理由をいくつか紹介しましょう。

その1
まずは、右手でボールを打つと考えたら右手は緩みません。アイアンショットではボールをフェイスに乗せて、運ぶだけなのです。この叩かないで乗せる意識がなければ右手の力は解放できません。

その2
次に考えられるのが、インパクト後右手でクラブをフィニッシュに持っていくスイングです。この事で右手が緩まない方が相当います。ボールを打つからすべてを右手で処理しようとすると右手でクラブをフィニッシュに持っていこうとしてしまうのです。この現象は初心者、力の弱い人、練習嫌いな人に多く見られます。力がないから、右手で頑張ってしまうのです。練習しないから右手の緩む感覚が体感できないのです。練習をしていてナイスショットで飛んでいるときは必ず右手の力は緩んでいます。

その3
左サイドの動きが緩慢な人も右手が緩みません。ゴルフのスイングは左サイドが常に先行し、腰は完全に開ききります。下半身が先行しているのを追いかけるが左手で、クラブを引き込む事で下半身に追いつこうとします。この左サイドがしっかり動いていると右手がフリーになりインパクトで右手を緩める事ができるのです。

その4
インパクト後のクラブは左手の畳み込みで動かす。この左手の畳み込みができていない人も右手の力が緩みません。その理由はインパクト後にクラブが動く方向を失うからです。左手が動いていないと、結局右手が助けにきます。結果として右手が緩む時に右手を使ってしまうのです。だから、力が抜けないのです。

その5
回転軸が左に流れているからボールが右に飛ぶ事を知らない人も、右手が緩みません。ボールが右に飛ぶ事を防ぐのは、右手を使う事で回避できます。しかし、インパクトで右手を使ってクラブを動かせば右手の力は抜けにくいのです。中には右手の力を抜いてボールを捕まえにいけますが、この場合は相当ドロー回転が強い場合と考えましょう。

まとめ
右手の開放を覚えるには、とにかく素振りをする事です。その素振りの時に右手を使わずスイングする事で右手の自由度が増すのです。軸を流さない。2本の足の間で下半身を使って回転するのです。その回転に追いつくように左手でクラブを引き込んでスイングしましょう。ゴルフスイングの流れがしっかり体感できれば、右手は自由になります。

是非お試しください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。


posted by golfq at 07:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

右手首の角度と解放


光さんからのコメントがありましたので、考えてみました。

Posted by 光 at 2010年05月29日
”右手首の角度を変えない”のと"右手首の力を解放"する関連が良く分かりません。角度を変えないのはスイング中ずっと変えないのではないのでしょうか? 以前の記事でもアイアンは開放してインパクトする,ドライバーは解放せずそのままインパクトと書かれていたのは承知していますが。自分ではアイアンでも右手首の角度を変えないように意識してショットがうまくいっているつもりです。

写真を使えていない私のブログでの解説では説明が混乱してしまいますね。すみません。右手首の角度を保つ事とその手首の開放とは同居できませんよね。問題は手首の開放の表現の方です。

クラブを握った状態では、右手の指に力が入っています。その状態を手首がロックされている状態と考えています。私の手首の開放の意味は、このロックの状態を解放する事をいいます。この辺りの解説が抜けていました。

右手首のロックの状態を解放するのは、右手の指の状態を緩めてします。右手の指の力を緩めるとクラブは下の方向に動きます。この時に右手首の角度を変えないのです。手首の角度が変わらないとクラブは縦の方向に動くのです。

右手の指を緩める事で一番怖いのが、その時に右手の角度が緩むことです。右手の角度が緩むとアイアンヘッドが被ってきてボールにドロー回転を与えます。インテンショナルにドローが打ちたければ、この右手首の角度の緩み方を覚えればいいのです。

追記です。右手首の角度が良く分からない人は以下の方法で確認してみてください。

本を用意します。体の中央でその本を両手で挟み持ってください。この時にできる右手首の角度を確認してください。次に両手を左肩の下の位置に動かしてみます。この左肩の下という意味は、ゴルフのスイング左肩主導でアイアンショットの場合左手は左肩の下にインパクト時に来るからです。この時の右手首の角度は先のものよりももっと角度がついているはずです。

この位置がハンドファーストの位置です。最後に本の向きをボールの位置に向けてください。そうすると右手首の角度がさらにつきます。右手首としては相当曲がっている感じになります。このハンドファーストの角度が所謂プル角に関係しています。ボールが体の中央に来るほどプル角は強くなるのです。右手首の曲がり方も増します。ダウンブローを強くして高い球を打ちたい人はプル角の強いアイアンを選びましょう。

右手首の角度は思っているよりも強いのです。ちなみに本を両手で挟んだ状態で縦のコックの動き方を感じてください。右手首の角度の深さは別にしても、本を体の正面において本を上下に動かします。その方向が手首の縦の動きと私は考えています。本を上で止めている状態が手首をロックしている状態と言っています。その本を下に落とす行為を手首の開放と呼んでいます。この手首を開放する時に本が左に傾かないようにしましょう。

光さんどうでしょうか。よろしくお願いします。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。


PINGの一ノ瀬優希がヨネックス・レディースで3位タイ発進です。彼女は今は人気沸騰中の軟鉄鍛造のANSERアイアンを使用しています。彼女はバーディを取る力があるので、頑張って欲しいものです。

PINGの25歳の新鋭Rhys Davies(ウェールズ)もヨーロピアンツアーで2位の好位置で頑張っています。
Daviesのプロファイル (PGA European Tour.com)
posted by golfq at 08:30| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

右手首の縦の動きの練習


右手首の縦の動きの練習方法をご紹介しましょう。細かい動きではありません。流れの中の一瞬の動きです。言葉で考えるより、感覚で覚えましょう。

それは、素振りです。右手を使わずに素振りをしましょう。クラブヘッドは地面から浮かし、トップボールを打つぐらいの感覚で地面から上げます。そして、無理のないスイングの流れを作ります。最初はゆっくりで段々早くふります。そのスピードを上げるのは下半身の動きの速さです。

フルショットというのはあくまでも下半身の動きがフルであるということです。ですから、自分のフルショットをクラブを受かせた状態で作ってください。無理をしてはいかません。回転軸を意識して体が左に流れないようにしましょう。そして、体重移動を後半に感じましょう。フィニッシュで左足一本に乗れれば体重移動もうまくいっています。

問題はここからです。右手首の縦の動きをイメージします。基本的には体の右サイドでその感覚を試しましょう。そして、素振りの時に体の中央で右手の力を解放して、手首と指の力を緩めます。そうすると、地面をクラブが叩きます。地面にクラブヘッドが振れないようなら、まだ右手に力が入っているのです。最初はただ緩めるだけで十分です。

慣れてきたら、意識的に右手首の開放でクラブヘッドを地面に落としましょう。そうすると地面をしっかりたたけます。音もかなり大きくなります。この時に気をつけたいのは左サイドが止まらない事です。左サイドが止まると地面にクラブが刺さりますからあぶないですよ。この練習では下半身先行が大事です。クラブを地面に落とす時にも体は回転を続けています。

多くの人がこの地面にクラブを落とす事をダフリと勘違いしています。そうではないのです。アイアンショットでは最下点は地面の中ですから、クラブヘッドは地面に食い込まなくては駄目なのです。この食い込みが深ければ深いほどダウンブローが強いということです。

今回の最初に書きましたが、アイアンショットはトップボールからというのはこのヘッドの落ち込みがあるからなのです。アイアンヘッドは横でなく縦に動くのです。だから、ボールを通して地面を叩いているのです。

素振りをして、アイアンヘッドを落とした時の音に気をつけましょう。その音が強く、短い、しっかり音がするようになればダウンブローの感性です。右手が縦に動いているということです。実際のボールを打つ時は、まず右手を使わずにトップボールを数発打ってみましょう。そうすると、インパクトの感じがみえてきます。そして、最初はそのインパクトの時に右手を緩めてみましょう。ボールがしっかりヘッドに乗るようになります。この時にボールが右に飛べば軸が流れています。左に飛べば右手首の角度が緩んでいます。

慣れてきたらアイアンヘッドを意識的にボールの腹に落としてみましょう。しかし、ここから先は練習量とその人のスイングの技量により変わりますので弾道をみながら練習しましょう。是非お試しください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 08:32| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。