2007年06月09日

右足の踏ん張り(続き)?!

今日はTODDさんからいただいているコメントを考えてみたいと思います。TODDさんのコメントは長いので部分的に紹介して、お応えしてみます。

コメント1
「右足の踏ん張り」!これは本当に難しく、中々理解と実行が出来ない状況です。野球の投球方法の例えは良く理解できるのですが、いざゴルフスイングにあてはめると難しく感じます。ピチャーのお言葉を借りますと。。。>踏み出した足が着地して、腰を開いてから体重は左足に乗るのです。ということは、ゴルフも右足に乗っている時に腰を開き、開き終わったところからボールに体重を乗せていくのがゴルフではないでしょうか。

このトップの時点で左足をアドレスの位置に戻す時、トッププロは着地と同時に体全体が僅かに左側にずれるように感じて見ています。肩も腰も左ひざも左に少しスライドしていると書いてしまった方が早いかもしれません。その場で(トップ)で右足を軸に腰だけを切っていないような感じで判断して見がちです。実際その様に左にずらして試してみても、体重はまだ右足に残っていると実感しています。この感覚があると下半身は正面を向いたまま左に少しずれるものの、上半身は右を向いたままでいられます。腕は下半身に引きつられ、この時点では左腕は10時位まで自然に下がって来ています。懐の深いダウンも意識できる気がします。このポジションが確認できてから下半身を「思いっきり??」切って体重を左に乗せて腰を切りますと捻転差をキープしたままインパクトを迎えれると考えています。(間違っているかもしれませんが。。)

golfq-1
確かにこの辺りの感覚は人それぞれ違うと思います。要は回転軸がぶれていなければいいのです。それは、ボールの飛びで分かります。右手を使わずに体のキレだけでボールが真っ直ぐ飛び出し、先に曲がらなければ回転軸がぶれていないと考えたいと思っています。とにかく止まっているボールを飛ばす訳ですからかなりのパワーが必要と思っていますので体の動きに躍動感が必要です。ですから、人それぞれには体の動かし方が違うと思います。でも、回転軸だけは動かせないのです。もし、回転軸が動いてしまうならその分ボールの位置を左足の方に動かす必要があります。

ひとつ気になる事がありました。私の考えでは腰の回転は常に上半身の動きにかなり先行しています。ですから、スイングのイメージとしては右足の上で腰を切るになるのです。実際にインパクトを迎える時には腰はすでにかなりターゲットを向いています。そして、その遅れた上半身が下半身を追いかける事になるのです。この追いつく動きが上半身の捩れの力を生かすと考えています。

ドライバーやフェアウェイウッドであればこの時に左手でクラブを引き出す感じでクラブをターゲットに放り投げる感じになります。又アイアンの場合は、距離よりもスピン量が要求されるので下半身の動きに合わせて右手首でクラブヘッドを上から落とす感じになります。この辺りの事は近々書いてみます。

コメント2
このスライドした分がアイアンで言う「ハンドファーストでのインパクト」に繋がるのでは?と、申しますのも、私はダウンブローに打てず、中々ターフが取れていませんでした。
アドレスとインパクトの違いから考え、アドレスのポジションのままではどんなにハンドファーストにしてもターフをとる事が出来ず、左への僅かな移動が必要なのでは??と考える次第です。但し、頭の位置はビハインドボールを意識しています。

golfq-2
ターフについては右手の使い方がポイントと思います。右手が縦方向に動かないとターフは取りにくいでしょう。さらにインパクトでボールの右腹にアイアンヘッドを落とす感じがないとターフは取れません。ターフがボールの先で始まっていないと、それはダフリということになります。

コメント3
しかし、ここで大きな疑問が生じます。確かに教本でもインパクトまでは「右足体重」インパクト後に「左足体重」と書かれています。上記の一連の流れからしますと、私の場合、腕がハーフウェイダウンの時点で、体重が半分は左足に乗っている感覚です。インパクトではほぼ左足に体重が(全てでは有りませんが7割ほど)乗っているかと思います。これでは「インパクトまで右足」がキープ出来ません。根本的に間違った判断なのでしょうか、それともどこかのチェックポイントが間違っているのでしょうか?

golfq-3
TODDさん、残念ですがもう一度スイングを作り直す必要があるように思います。コメント3で書いていただいたような動きであれば、完全に回転軸は左にずれています。その為にボールは右に飛んだり、曲がったりしていると思います。さらにその右への飛びを止めるために右手の動きが縦ではなく、横になっているように思います。先のターフも右手が横に動くと取れません。

右足の感覚を養う為に「右足1本」での素振りをお勧めします。左足を後ろに引き、つま先だけ地面に付けてください。そして、右足1本に全体重を乗せるのです。この時に右ひざをしっかり曲げましょう。多分初めての感覚が味わえると思います。実は、この右足の感覚がとても大事です。ゴルフのレッスンでこの右足の感覚を教えないのが不思議です。右足への負担は相当なものです。最初は少しずつやりましょう。あまり頑張り過ぎると右足を痛めます。

最初はアイアンで素振りをして、慣れてきたらドライバーを振りましょう。明らかにいままでの自分のスイング違うのが分かると思います。左足を後ろに引いているので、腰はすでに開いている感じですから、腰の感じも味わいたいですね。

トップスイングの状態で体のバランスを感じましょう。この時の右ひざの感覚が大切です。右ひざの踏ん張りが、回転軸の維持を約束してくれます。右ひざが緩んでいないか確認してみましょう。

そして、ダウンスイングからインパクトまでクラブを降ろしてみましょう。この動きが切り返しからインパクトまでの動きと考えましょう。インパクトはアドレスに戻るというのは、この形の事を云っています。そして、確認したいのが左腰の開きの状態です。今は左足を引いていますから腰は開いていますが、実際のスイングでは自分で下半身を切って腰を開くのです。「インパクトはアドレスに戻る」というのは上半身の事で、下半身は開いているのです。

インパクトへ戻る練習ができたら、その動きに合わせて左足を元の位置に戻しましょう。そうするとスイングの流れでインパクトから先で体重が左に移るのが分かります。注意事項としては、ボールの位置に気をつけることです。ボールは通常のアドレスの位置に置きますから、かなり左に見えます。しかし、最後に左足を戻すのでその位置でいいのです。

ここまで一気に書いてしまいましたが、要は右足1本でクラブを振るということです。是非試してみてください。新しい感覚のスイングが体感できると思います。

コメント4
下半身はあまり使わないとも言われますが、一足分程度とは言え、左への移動は行なわず、単純に右足の上で回転させていくとするならば、ダウンブローにはどのように持っていくのでしょうか?

golfq-4
下半身は使いますよ。ただ最初に使ってしまうので、あまり使わないように解説されるのです。ティーチングでお金を取る場合は、下半身の話ではお金は取れないのです。だから最初にサラッと終わってしまうのです。残念でなりません。ダウンブローは、右手の縦の動きです。体の正面で右手首を縦に落とす事で、ボールをダウンブローに打つのです。下半身がしっかり切れて、クラブの流れ(横の動き)ができれば、右手が縦に動けるのです。

コメント5
さらに困った事にアイアンもドラーバーも同じ打ち方と言う中で、ドライバーならアッパーブローに打つのでこの感覚が判らないでもないのですが、アイアンではどーしたものかと考えてしまいます。スイングを作るにはやはりアイアンで(特にショートアイアン)あるかと思う中でこの左への移動は必要悪になってしまうのでしょうか?

golfq-5
アイアンとドライバーのスイングは違いますよ。ドライバーをアイアンの打ち方で打つとボールにバックスピンが掛かりボールが吹け上がって飛びません。又、アイアンをドライバーの打ち方で打つとボールは低く飛んでスピンが掛かりません。この違いの話は次のブログのテーマにしたいと思っています。

コメント6
トップからいきなり体重を左足に乗せるのでは、腕は真下には落とせませんし、右肩が前に出るので、その様な体重移動はしてはいけないのは十分理解できます。「右足体重」まして「インパクトまでは右足体重」と言う言葉を考える中、私のスイングの間違いをご指導頂ければ幸いです。

golfq-6
TODDさんどうでしょうか。だいたい、私が思いつくことを書いてみました。いろいろ試して又お悩みをお聞かせください。一緒に考えましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。


posted by golfq at 08:39| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

右足の踏ん張り

Tommyさん、最近は少々筆不精になっています。Tommyさんからのコメントがブログを書くきっかけになっています。

ご指導いただいている右足の支え なんとか 2・3秒はそこでSTOPできるようになりました。そこで腰を左に移動させずその場での回転がすべてを決めると思います。MISS SHOTをしたときはいつもHIP が左にSLIDEして所謂バンプしています。しかしこのHIPを左に移動させずに腰を切るということは至難の業です。シングルハンディ のひとは確かにこれができていますね。腰の左への移動があると腰の回転は確かに楽です。GOLFのSWINGは楽をしては出来ないものです。いままでこの楽なすなわちHIPを移動させて腰を切っていました。この腰の移動が無いSWINGは足にも又腰も物凄くきつい物ですが、アマにも出来ることなのですか。今までの練習はこのことを考えると失われた10年でした。Posted by tommy watanabe at 2007年06月01日

「左腰の切れ」の問題ですが、トミーさんの感覚とは少し違うと思います。トミーさんが今左腰を、軸をずらさないで切ることに苦痛を感じているようならまだ腰の回転の動きが自分のものになっていないのでしょう。プロとアマの違いはその腰の切れの動きではなく、その切れのスピードです。ですから、アマにもその場での腰の切れはできるのです。

私が一番大事だと思っているのが、「右足の踏ん張り」にあると思っています。良く「右足のまえで打て」と言うゴルフの教訓がありますが、この意味に深いものがあると思っています。多くのアマチュアゴルファーは何故か早く左足に体重を移動させてしまうのです。どうしてでしょうか。私も以前そうでしたがその原因はまだまとめていません。

右足の役目を以前にも書きましたが、右足の上に長い間乗っている事がひとつの解決策になります。ちょうどピッチャーが振りかぶって投げるまでは、ほとんど右足の上に乗っていることを考えてください。左足は前に踏み出しますが、決して体重は、最初は乗っていません。踏み出した足が着地して、腰を開いてから体重は左足に乗るのです。ということは、ゴルフも右足に乗っている時に腰を開き、開き終わったところからボールに体重を乗せていくのがゴルフではないでしょうか。ゴルフのスイングで理解されていないのが、この部分なのです。

右足に乗っている時間を考えてください。まずは、トップスイングまでです。トップスイングで完全に右足の上でバランスを取って、ひとつの間がもてるといいですね。プロとアマの違いはここでしょう。プロなら早い切り返しが、より強いインパクトを生みますが、アマチュアの場合はトップでの間がスイングのバランスを保つと考えています。特に右肩の突っ込みを考えると、トップスイングでの間が大切と考えています。

問題はここからの切り返しからです。ほとんどのアマチュアの場合、ここから体重が左に移ると考えています。これはかってに左に流れるのでは無く、左に意識して体重を左に流しているのです。左に体重が移ることがいいと考えている人が多いのです。ところが、実際は右足にもっと乗っていなくてはいけないのです。そして、右足に乗っているからかそ左腰が切れるのです。

Tommyさんは左腰を切るのが難しいと考えているようですが、実は右足にしっかり体重が残っていれば腰は簡単に切って開くことができるのです。先ほど紹介したピッチャーが腰を開く感じとほぼ同じです。右足が軸で左腰を開くのです。この時に上半身が動いていないことも大事なポイントです。要はダウンスイングの切り返しは、インパクトへの入り口であって、まだまだ先があると考えましょう。

実際のスイングでは、インパクトに向かって体重は左足に移っていきます。それは、腰が回転してその回転に右サイドが追い付いて行くことで、体重が移動するのです。この体重移動を意識してするか、否かはその人のゴルフの技術力によってことなります。

話はあちこちに飛んですみません。Tommyさんの場合、まだ体重が左サイドに早く流れていると思います。右足のもう少し我慢できれば、左サイドは簡単に開くことができると思います。要は右足に長く乗っていれば回転軸は左にずれないのです。右足の踏ん張りこそが回転軸を左に流さない結果を生むのです。Tommyさんももう少し右足を意識して練習してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >

posted by golfq at 22:37| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

右足と左親指の活用



Tommyさんご無沙汰しています。連休中は仕事が続きブログに手がかかりませんでした。最近は、体重は減らず安定してしまいました。これからは気温も上がるので朝の散歩が辛くなります。一緒に減量をはじめた友人は私を追い越し、5キロ減に成功しています。私は3キロでストップしています。

今日はTommyさんから5月10日と11日にいだだいた二つのコメントを考えてみます。Tommyさんの悩みとしては、「手打ち中心のスイングを避け、体の回転をどのようにとりいれて手を使うか」だと思います。今日は右足と左親指を活用することで下半身の動きと手の動きを連動させてみたいと思います。

下半身先行の動きの一番の問題点は、右サイドがしっかり固定されているかということにあると最近感じています。まずは、軸をダウンスイングで流れないように右足の上にしっかり乗ることが大事と思います。特に右足の膝に注目してください。右足の膝がアドレスで取った形でしっかりしているかどうかを確認しましょう。トップスイングの形を作って1分間静止できるようなバランスが必要と思います。意外とこの右足の上に乗ることは忘れられています。トップスイングの形を気にする以上に体全体のバランスを右足でしっかり感じるようにしましょう。

この右足を感じる事は、スイング軸を左に流さない為にも必要です。アマチュアでボールが右に飛んだり、右に曲がる理由の元がこの右足の使い方にあると思います。右足でしっかり体全体を感じて、右足の上でしっかり回転をするのです。体を開いて回転するのがゴルフスイングですが、多くの人が体重移動を左に早く動かしてしまい、回転が十分にできなくなっています。ですから、体の開きをしっかりする為にも右足の感じ方が大事なのです。

次に大事なのが、左手親指にクラブを感じる事と思っています。以前にも書きましたがトップスイングでしっかり左親指の腹にクラブ全体の重さを感じましょう。左親指は腕とクラブのジョイントの部分ですから、ここのポイントがしっかりしていなくてはクラブヘッドの向きを感じる事もできないし、ダウンスイングでのタメを作ることもできません。

この左親指の事は他のレッスン本にはあまり載っていないと思います。もっともこれは私のオリジナルではなく、アニカ・ソレンスタムの教えのひとつなのです。左親指にクラブをしっかり乗せてトップスイングを感じましょう。そして、この時に左親指を遠くに押し出しましょう。そうすると、スイングのアークが大きくなります。左親指を遠くへ突き出すと、左手をしっかり伸ばすことにもなりますから是非試してみてください。

問題はここからのダウンスイングです。Tommyさんも悩んでいる下半身先行のスイングです。私が最近発見したのはいかにクラブの動きを下半身の動きに対して遅らせるかです。そこで役に立つのが左手親指の存在です。左手親指にクラブの重さを感じているということは、クラブ自体の動きをコントロールしていることになるのです。ですから、慌てなくても左親指の位置を右肩の上に感じる事で、クラブの動きを抑えられるのです。さらに右肩が突っ込む事もこの親指の位置を感じる事で防げます。左親指にクラブを乗せた状態はダウンスイングのはじめでも感じている必要があります。ダウンスイングのはじめでクラブの位置を感じているということは、下半身が先に動いているということでもあるのです。

そして、さらにこの左親指の位置がクラブが動き出す支点ですからその位置をしっかり感じる必要があるのです。左親指の位置をできるだけ体の右サイドに残したいものです。右サイドに残るという事は、タメが深くできていることになるのです。そして、クラブを右手で動かす時は、左手親指で作った支点しっかり感じましょう。支点をしっかり感じる事で右手の動きが安定します。右手は大きく動かしたいので、この支点の役割は非常に意味があるのです。先にも書きましたが、左手をしっかり伸ばして左親指の位置を遠くに保つという事は、スイングアークを大きくし、ヘッドスピードを劇的に向上させます。

今日の話のポイントは右足と左親指の使い方でした。下半身リードで右手をしかり使うには、右足と左親指の役割が非常に重要と考えています。是非右足と左親指を活用してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 23:01| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

右手の問題(その2)

前回に「右手をインパクトで緩める事」を書きましたが、今回はもう少し右手を緩める理由を書いてみます。

右手を緩めると言うことは、右手に力を入れないと考えていただいてもいいでしょう。中々スイング中に右手の力を緩める事には抵抗があるようです。それでは右手に力が入ると何故駄目なのでしょう。それは、クラブヘッドが浮き上がってくるからなのです。さらに、その右手を緩める事でヘッドスピードはあがるのです。

クラブを持ってアドレスを取ってみてください。左手をしっかりグリップをして、クラブを地面に置いてください。その時右手は緩んだままです。そして、右手のグリップに力を入れてみましょう。そうするとクラブヘッドが浮き上がる事が確認できます。要は、スイング中に右手に力が入るとクラブヘッドの軌道はどうしても浮き上がってくるのです。

それでは、どうしてヘッドが浮き上がるといけないのでしょうか。それは、ボールを捕らえるクラブフェイスの部分が上がってしまうからなのです。ボールに少しでも飛んで欲しいと思って右手に力を入れるとまずクラブヘッドは走らなくなります。当然ヘッドピードは落ちます。そして、クラブヘッドが浮き上がる為に、クラブの下の方にボールが当たるようになるのです。多くの人は、力を入れた状態でクラブの芯に当てるように努力しているのです。

クラブの下の方に当たるとどうなるのでしょう。まずは、クラブの重心位置よりも下に当たる場合ですが、この場合はトップボールに近い低いボールになってしまいます。インパクトでロフトは立ち上がり、打ちだし角度が低くなるのです。もっとも、この場合はミスショットとして分かりますので特に問題はないのです。

問題は、右手に力が入ってクラブの芯でボールを捕らえた時です。クラブの芯で当たっていますから打感はいいのです。ボールも勢い良く飛び出します。しかし、ボールは飛んでいないのです。何故?右手に力を入れて振ることでクラブヘッドの入射角が大きくなりボールとクラブヘッドのコンタクトが強くなるのです。その結果としてバックスピン量が増加するのです。所謂アイアン打ちになってしまうのです。この事を実感したい方は、是非ゴルフショップに行ってスイング解析機器で自分のスイングを計測してみて下さい。右手に力を入れてクラブを振るとバックスピン量が増加することが分かります。

ボールが吹け上がる人の多くが、右手打ちでインパクトの時に右手に力が入っているのです。以前は、スピン量を加える事でボールを持ち上げて飛ばしていました。その代表が憧れのアーノルド・パーマーのドライバーショットでした。低く打ちだされたボールが、バックスピン量で先に行って浮き上がって落ちてくるショットは多くの人の目標でした。力が無いと打てない球でした。しかし、クラブとボールが進化することでその夢のバックスピン量が、飛距離が要求されるドライバーショットにとっては問題になってきたのです。

特にここへきての460ccヘッドの存在が、この事を明確にしています。以前にも書いたように、今の大型ヘッドではクラブの芯ではボールを打ちません。何故なら芯でボールを捕らえるとスピン量が増えてしまうからなのです。「高反発ヘッド」をルール違反にしたR&Aも笑わせてくれます。ヘッドスピードの遅い人には「高反発ヘッド」は役に立ちますが、ルールが特に影響するトップレベルのスイングには高反発ヘッドはむしろマイナス効果なのです。最近日本のプロが世界で通用しないのも、スピン量の押さえ方が悪いからではないかと考えてしまいます。というのも、スピン量が非常に少なく落ちやすいPINGラプチャードライバーを使用しているPINGのプロが今年非常に活躍しているからです。もう46歳というマーク・カルカベッキアが今年活躍していたり、飛距離のバッバ・ワトソンが上位に顔を出すようになったりとラプチャードライバー使用の成果が結果に現われているように思えます。もし、今年PINGラプチャーに変えたLPGAのロレアナ・オチョアが去年以上の絶対的な強さを示すようならまさにPINGラプチャードライバーは救世主かもしれません。

右手の話からはずれましたが、要は「右手でクラブを振らずに、左サイドでクラブを振りたいということです。そして、右手の力を抜くことで右手首を柔らかく使ってクラブヘッドをボールの下に通したいのです。」スイングのバランスとして、左サイドと右サイドのバランスを考えてみましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 07:56| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

右手の問題


質問です。現在G5(Rの10.5度)のドライバーを使っています。ブログに従って練習して来ました。最近ドライバーが吹上ってしまい、距離が延びません、それが度々出てきています。知人に「ヘッドスピードが速くなった様だね」と言われ計測したら42.3(以前は40やっと)になっておりました、そのせいでしょうか?シャフトをSにするとか、ヘッドに鉛を貼るなり、何か対策はありますでしょうか?ご指導下さい。
Posted by jimmy at 2007年04月11日 09:39

お久しぶりです。ブログが書けないのは仕事のせいではないと思っています。ちょっと、ブログのテーマに息詰っている感じです。そんな時のjimmyさんのコメントは助かります。私なりに考えてみます。

今日のポイントはヘッドスピードでしょうか。ヘッドスピードは、速い方がボールは飛びます。しかし、そのヘッドスピードをどのように上げるかが問題なのです。実際jimmyさんのスイングを見ていませんから、この先はjimmyさんに当てはまるかは分かりません。でも、一般的な考え方としての私の意見として読んでください。

ヘッドスピードは、リスト(手首)を使うことで上がります。所謂手打ちのスイングはヘッドスピードが上がるのです。良くゴルフショップでヘッドスピードを図る計測器でヘッドスピードがプロ並みと云われて喜んでいる人がいますが、多くの場合は手首の使い方が強いだけでボールのコントロールを無視している状態が多いのです。そして、もうひとつ問題が潜んでいるのです。それが、jimmyさんが悩んでいる点ではないでしょうか。

今、ボールの飛びには「スピン量」と「打ち出し角度」が大きく影響していることが分かってきました。所詮自分のヘッドスピードはそんなに簡単に上がらないのです。ですから、ヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばすというのは、時間が掛かるのです。基礎体力を上げ、背筋、腹筋、脚力の三つが揃って初めてヘッドスピードは上がるのです。もちろん、手打ちを強くすれば簡単にヘッドスピードが上がる可能性がありますがね。

そして、問題はどのように「スピン量を抑える」かなのです。ここで出てくるのが、「手打ちの問題」です。リストを使ってしっかりクラブを振るとヘッドスピードは上がるのですが、右手に力を入れてクラブを振ってはいけないのです。右手に力が入っているかどうかは、フィニッシュの時の右手の状態を見ると分かります。フィニッシュの時に右手に力が入っているとすると、その時は右手に力を入れて振っている事になるのです。スイング中に右手に力が入ると、スイング軌道の中でクラブヘッドが浮き上がるのです。実際に素振りの最中に右手を使ってヘッドスピードを上げてみてください。そうすると、クラブヘッドが浮いてくるのが分かります。そのヘッドが浮いてくる状態がミスショットを誘発します。そして、スピン量を上げる最大の原因になるのです。

ということは、右手の力はインパクトエリアで抜きたいのです。それはピッチャーがボール投げるように手首から力を抜き、最後に右手の指の力を抜きたいのです。以前にも書いたボールの真上の素振りをお勧めします。この素振りの最中は右手のグリップをしっかり握っていてください。こうすると、右手でクラブを振らなくなるのです。当然右手は最後には使いますが、まずはクラブの流れを左サイドで作りたいのです。この左サイドのスピードが飛距離に大きく影響します。下半身の切れと左手の引っ張りでヘッドスピードをあげましょう。

そして、右手の動きですが、右手はそのクラブの流れの中で、インパクトゾーンの辺りで力を緩めてください。それも少しずつ緩めましょう。最初はトップボールになります。この時ボールがまっすぐ転がっているか確認してください。右に転がるようだと回転軸が流れています。左に転がるようだと右肩がでてきています。トップボールを何回も打ちましょう。そうすると右手の感覚がつかめます。右手で打つのではなく、右手でボールをフェイスに乗せる感じです。自分なりの緩め方でヘッドが段々下りてきます。トップボールの次は、スピン量の多いボールになります。ここまで来たらフェイステープを貼ってボールがどこに当たっているかを確認するのといいですよ。

右手の力を緩める事でボールのつかまりが良くなることを体感してみてください。フェイスの上部に当たるようになるとスピン量が減りますので、ボールは飛び出します。慌てず、しっかり右手の感覚を養ってください。
続きは、次回に書きます。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 09:18| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

スライスよ、さようなら?!

スライスでお悩みの方が多いと思いますが、このスライスともお別れです。一体どうしたらできる?そうです、「スイング軸をインパクトまで動かさない」ということです。もっとも言葉で表現すると簡単なようですが、実はこれはとても難しいのです。そしてこのもっとも難しいという理由が、「スイング軸」に対する意識が少ないからなのです。

スイング軸を保つ理由は今月いろいろ書いてきましたが、どうでしょうか。もっともこのスイング軸を止める方法は自分で自分らしさを作るのが一番なのです。実際にボールがまっすぐ飛んでいる時は、スイング軸がインパクトまで保たれている時なのです。ですから、まずはボールを打ちその飛び方を良く見ることが大事です。

「まっすぐ」というのは、本当にまっすぐです。ボールの飛び出しもまっすぐ、先に行っても曲がらない状態をいいます。もし、ボールが右に少しでも飛び出しているとしたら、それはまずボールの位置が体の中央に寄っていると考えましょう。ゴルフはボールを打つのではなく、回転するスイングでボールを捕まえるのです。ですから、ボールが右に飛び出すとすれば、インパクトの時にスイングが十分に回転していないと考えましょう。ボールが体の中央に寄っていると回転が十分にできないのです。ですから、ボールは基本的に左足の踵の位置と言われるのです。

ボールの位置が左足の踵の位置にあって、ボールが右に飛び出しているようならスイング軸が左に流れていると考えましょう。軸が左に流れるから、回転が十分にできる前にボールに当たってしまうのです。円弧の手前で当たってしまうので、スイング軌道がインサイドアウトになってしまうのです。右にボールが少しでも飛び出しているようならとにかくスイング軸を動かさないように注意しましょう。そして、ボールがまっすぐ飛びだすスイングを覚えるのです。

多くの人がこの右に飛び出すボールを防ぐのにスイング軸を保つこと以外の方法で解決しようとしてしまいます。実は、ここがポイントなのです。右にボールが飛ぶほとんどの理由が、スイング軸のブレなのに違う事を考えてしまうのです。典型的な修正方法が、右手でインパクトをスクエアに作る方法です。右手でボールを上手く叩けばボールはまっすぐ飛びだすと考えてしまうのです。しかし、この方法は駄目です。最初はいいのですが、段々右手の感覚がいろいろと出てきて、いつの間にか手打ちのスイングになってしまうのです。ボールがひっかかるとお悩みの方の多くの原因が、この回転軸のブレからはじまっているのです。

どうやって直すか。それは、とにかく回転軸を動かさないようにしてスイングすることです。それも、左サイド先行のスイングです。問題は、「回転軸」に意識が持てるかどうかです。「回転軸」に意識が持てれば問題はほとんど解決したようなものです。同じような事を何度も繰り返して書いているようで、すみません。でも、この「回転軸」を意識しないとスライスにさようならを言えないのです。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 19:39| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

回転軸とトップボール

Tommyさん、お久しぶりです。最近はコメントへの返事が遅れてすみません。今日は2月6日にいただいたコメントを考えてみます。

体重移動に就いて- HEAD の薄いFWでTOPBALL が出た理由は軸が保てずHEADが上から入ってTOP.そこで連続素振りで どうなるか 試しました。早く振るには下半身を踏ん張って安定させる必要があります。腰がSWAYすると早く振れません。今までの体重移動は連続素振りを早くやるときとFEELINGが違うのですが。ただし素振りでも遅く振ると軸が動いても-2軸-振れますが。今まで回転を重視するあまり下半身の安定を欠いていたように思いますが。 書くのは難しいのですが、質問の意味分りましたら教えてください。Posted by tommy watanabet 2007年02月06日

なかなか質問の意味がつかめませんが、私なりの解釈で書きます。

トップボールの理由は、軸のブレというより右手の問題でしょう。体の回転と左手の引きでクラブが振れていないと、どうしても右手に力が入ってしまいます。右手に力が入るとゴルフクラブが浮き上がってしまうのです。結果としてトップボールが生じます。ゴルフクラブを地面に置いた状態で右手に力を入れてグリップしてみてください。そうするとゴルフクラブが上がる感じが分かります。

以前にも紹介したボールの真上を素振りする練習からスイング中に右手の力を抜く感覚を覚えましょう。最初はトップボールがいいですよ。トップをする事で右手の感覚が育ちます。ナイスショットとトップボールは非常に近いところにあるのです。トップボールから徐々に捕まりの良いショットを覚えましょう。右手の抜き方でインパクトが作れるとトップボールからはサヨナラです。

スイングの基本はいかに右足の上で体を回転させて早く左腰を開くことです。そして、遅れた上半身を左手で引っ張りだすのです。こうすると、右手がインパクトのポイントでしっかり仕事ができるのです。右手の感覚としては、右手の力を入れてクラブを振るのではなく、右手の力を抜いてクラブを振るようにしましょう。ちょうどピッチャーがボールを投げるときの右手の手首の感覚です。それも縦の方向です。

体重移動については、あまり意識しないようにしましょう。体重移動はインパクトまで右足に体重が残っていると、インパクトから左足を伸ばすことで体重が自然に移動します。体重を移動するというより、体重が自然に流れるようにしたいですね。スイングの後半で左足がしっかり伸びる事でボールに体重を乗せることができるのです。こうすると飛距離も5ヤードは伸びますよ。

ゆっくり振っている時は自分が思っているほど体重が左に移動していないのでボールがうまく打てるのです。そして、当然ゆっくり振っているので右手の力も抜けているのです。もっともフルショットはできるだけ思いっきり動きましょう。下半身が思いっきり動くからフルショットですから、下半身をゆっくり動かしたのではスイングに迷いが生じます。下半身が思いっきり先行するのに対して、残りの上半身と右手の反応を身につけましょう。

トミーさん、コメントへの返事になっているでしょうか。分からない事については又コメントをください。いつもありがとうございます。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

米国男子ツアー第6戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」
Leaderboard of AT & T Pebble Beach National Pro-Am(Golf Channel)

フィル・ミケルソンが先週の予選落ちから立ち直り9バーディを奪う圧倒的な強さで今期の一勝目をあげました。TVの放送中に紹介されていましたが、フィルは昨年の後半に徹底的に体を絞り上げたようです。シーズン当初はその努力が空回りした感じでしたが、今週はまったく違ったようです。アイアンの切れも素晴らしいし、パターもずばずば入れていました。もっとも感心したのが、下半身の安定でしょう。回転軸を保つ為に後ろ足がほとんどインパクトまで動いていませんでした。今のスイングは、相当後ろ足を踏ん張り、下半身を切って、思いっきり手でクラブを振る感じでした。
フィルの宝、3人の娘達(US Yahoo Sports)
Score card of Phil Michelson(Golf Channel)

PINGのケビン・サザーランドが単独2位でフィニッシュしています。フィルに圧倒されてほとんど見せ場もありませんでしたが、最終ホールでしっかりバーディを奪ってくれました。今年の男子ツアーでは、PINGのバッバ・ワトソン、マーク・カルカッベキア、ヒース・スローカム、ニック・オハーンが活躍しています。出遅れているのは、クリス・ディマルコぐらいでしょうか。PINGのラプチャードライバーはアメリカでも好調で高額ドライバーでは一番売れているようです。新しく出てきた四角いドライバーと比較しても重心深度の深さはとても深く、さらに打感や音がいいのでマーケットでも大人気のようです。
最後にガッツポーズのケビン(US Yahoo Sports)
Score card of Kevin Southerland(Golf Channel)

米国男子シニアツアー
Leaderboard of シニア・チャンピオンズ・ツアー(Golf Channel)

PINGの英国人、マーク・ジェィムスが見事に優勝しました。彼はとても人懐っこい優しいおじさんです。私は2005年の夏に彼に会いました。マークは長くPINGを愛用していて、CRAZ-Eパターが大のお気に入りでした。
英国のマークおじさんがにっこり(US Yahoo Sports)
Score card of Mark James(Golf Channel)
posted by golfq at 21:54| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

右足でのバランス

回転軸を保つ事の難しさが、ゴルフの一番の難しさかもしれません。特に体力の少ないシニアや女性には大変な問題でしょう。プロのゴルフのインストラクターがこの軸の維持の事を言わないのも不思議です。ボールが右に飛ぶ理由の大半が回転軸のぶれなのに、どうして指摘しないのでしょう。それは、回転軸を保つ事ができると、簡単にボールが右に飛ばないからなのです。

さて、この回転軸を保つ一番の秘訣は、何でしょう。それは「右足でのバランス」なのです。ちょうどピッチャーが振りかぶってまっすぐ右足の上に立ってバランスを取る感じに似ています。基本は、トップスイングで右足にしっかり体重が乗ってバランスをしっかり取ることです。このトップスイングの状態で右足に体重を感じていないということは、スイングのバランスが崩れているということでしょう。

ここで重要なポイントは、右足の真上に体重があることです。時々体重を右足に移す事を考えすぎて右足のバランスを崩している人を見かけます。右ひざが緩むとその様な状態になります。アドレスでは、右足を少し内側に縛り、バックスイングで段々右足に体重をしっかり乗せましょう。最終的に右ひざは立ち上がりますが、できるだけ内側に力を感じましょう。この右足の踏ん張りが回転軸のぶれを防ぎます。

問題はここからです。多くのアマチュアゴルファーは体を回転させることよりも体重を左に動かす事を優先してしまうのです。もっともこの動きは、スイング軸を保つ意識がないのでしょうがないことなのです。しかし、右足に体重を乗せた状態で左腰を開く動きをしないと回転軸は保てないのです。この動きは難しいですよ。とにかく、回転軸を保つ事を考えた事も無い人が多いからなのです。ボールを打つ事ばかり考えていると、どうしても回転軸がぶれてしまいます。

いくら練習をしてもボールが右に飛んだり、右に曲がったり、そしてボールが低く飛ぶ人の原因のほとんどがこの「回転軸」なのです。回転軸を保つ方法は個人差がありますので、絶対という方法はないと思います。スイングをしてボールが右に飛ばなくなったり、高く飛んだ時が自分なりに回転軸を保てた時と考えましょう。

この回転軸の問題については、何よりも回転軸を保つという意識が必要なのです。基本的にはインパクト時のボールの位置が問題ですから、スイングは一生懸命してクラブを振り回しましょう。そして足を使ってボールが高く、真っ直ぐ飛ぶ位置を探しましょう。問題は、右手を使って右に飛ぶボールを真っ直ぐ飛ばそうとしないことなのです。

私が回転軸を保つ方法のひとつを書きます。それは、ダウンスイングでクラブを体の後ろの方向に落とす事です。以前にも書きましたが、私はまずトップスイングで左親指の上にクラブを感じるようにしています。そして回転軸をぶらさないようにダウンスイングの途中で左親指にクラブを感じてタメを作るようにしています。この位置が右サイドのポケットの位置に近ければ軸は完璧に止まっています。ボールは高く、真っ直ぐ舞い上がります。但し、ボールが低く飛ぶ場合は、回転軸が傾いていると考えましょう。回転軸が傾くとロフトが殺されてボールが高く飛ばないのです。逆に風の強い日は、この軸の傾けの方法で強い弾が打てます。

一般的な右足の問題は、右足の傾きにあります。ダウンスイングで体重を左に移したり、ニーアクションを使おうとすると右足は傾きます。右足の傾きは極力抑えましょう。体重移動を早めに行う場合も同じです。この右足の傾きを防ぐには、右足1本で立って素振りをするといいでしょう。右足1本でクラブを振ると右足の感覚がつかめます。右足が動くのはダウンスイングの途中からインパクトに向ってです。是非、右足1本で素振りをして右足の動きを確認してみましょう。

難しい話は別として、とにかくボールが右に飛んだり、曲がったりする人は回転軸を保つ事を感がえてみましょう。回転軸が動かなければボールは真っ直ぐ飛びますよ。回転軸が動いていては、他の細かい部分の動きを考えても意味がない事を体感してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >


posted by golfq at 23:08| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

右に飛んで、曲がる原因

今は回転軸を保つ話を書いていますが、この回転軸を保つ為にはとにかく「右足の役目を考えること」が重要なのです。特にどうしてもボールが右に飛び出したり、右に曲がったりする人には、もっとも気お付けなくてはならないのが右足の動きなのです。私も以前そうでしたが、どんなにいい球を打ってもボールは軽く右に流れてしまうスイングがあるのです。これは正に回転軸が流れているからなのです。ゴルフ用語でいうとスエーということなのでしょうが、このスエーという言葉のイメージよりももっと細かい部分での軸のブレがちょっとしたサイドスピンをボールにかけてしまいます。

そこでどのように対処するかと考えてみると、「右足を正しく使う事で回転軸を左に流れる事を防ぐ」方法が大切だと考えました。しかしまだまだアベレージゴルファーには軸が左に流れているからボールが右に飛んだり、右に曲がったりするという事が理解できていないので右足に意識がいかないのです。そしてその意識がいかない理由が何かと考えると、その意識すべき点があまりにも簡単だからではないかと最近思うようになりました。ティーチングプロがゴルフのレッスンをする時に、軸の話や右足で軸を止める話をしてくれたらどれぐらい役にたつのかとも考えました。実際軸が流れなくなるとボールは本当に右に曲がらなくなるので、教えるほうとしては簡単すぎるのでしょう。

右に飛ぶボールはゴルフのスイングでは実は自然なことなのです。理由は、スイング中に軸が左に流れるのが自然だからです。ということは、軸を左に流さなければボールは右に飛ばないということです。そこで右に飛ぶボールの現象を書いて見ます。まずは、ボールが右に飛び出すという事を考えてみましょう。それは回転軸が平行に左に流れるからスイングプレーン上のクラブヘッドが廻り切る前にインパクトを向かえてしまうということです。軸が左に流れる事で僅かにインサイドアウトの軌道でインパクトを迎えてしまうのです。このボールが飛び出す法則は、「円運動をしている物体が別の物体にぶつかった時にその別の物体は円運動をしている物体の円軌道の接線上にはじかれる」という物理的現象なのです。この現象を理解することはとても大事です。

右がOBなら、右足を踏ん張って回転軸が左に流れないようにすればいいのです。それって、あまりにも簡単すぎない?!そうなのです。簡単すぎますよね。でも本当です。是非、回転軸を意識してスイングしてみてください。ボールは右には飛び出さなくなります。先日のPGAの試合でタイガー・ウッズが右にボールを飛ばした時は、確かに右足の浮き上がりが早い時でした。TVでは分解写真を使って説明していました。この時にさらに気がついたのが、最近のタイガーのスイングが少し変わってきたことでした。以前よりも右足の抑えが強くなっているように思えました。スイング的には少し小さくなった感じですが、ボールが右に飛び出す確立は減っているはずです。

それではもう一つの現象である右に曲がるという事でしょう。それは回転軸が左に流れる事でインパクトの時にクラブフェイスがスイングプレーンに対して開いてしまうからなのです。もっともこのフェイスが開く原因は回転軸のブレ以外にもあるので、一概に回転軸だけを保てても問題は解決しません。それでも、かなりの原因となっています。

軸が流れるから、スイングの軌道が流れ、インパクトでフェイスが開いてボールは右に曲がるのです。この現象を自分自身のスイングの中で確認してみましょう。多くの人が、ボールが右に飛んで曲がることに悩んでいるはずです。そして、この事を知らないと二次的な問題が発生します。それは右手を使ってボールが曲がらないようにする事です。所謂手打ちになるのです。最初は、ボールは真っ直ぐ飛ぶようになるかもしれません。しかしその内にボールは左に曲がりはじめるのです。軸を左に流して、右手でボールを捕まえるスイングでは長持ちしません。多くのハイハンディキャップの人の悩みはここにあるのです。ですから、是非ボールを真っ直ぐ飛ばすように回転軸を意識しましょう。

今回はちょっと理屈っぽい話が長くなりましたが、是非自分のスイングの中で考えてみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 17:42| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

右足の役目

しばらく忙しくてブログから離れてしまいました。気にはしていても中々書けないものですね。今年に入って健康状態が気になり、早朝に散歩をはじめました。私は痛風に関係する尿酸値が11と非常に高く、昨年の暮れにドクターに健康状態の改善を指示されました。そこで、体重を落とし、食生活を改善するようにしたのです。毎朝6時半に起きて60−70分早足で散歩を続けています。きっとゴルフにも役立つと考えています。

さて、今年の最初のテーマの回転軸の話に戻りましょう。ピボットの話と体重移動の話はどうでしたでしょうか。アマチュアとしては、自分で原因を発見しなくてはなりませんからいろいろな事を考えたいものです。今日のポイントは「右足」です。

アマチュアが回転軸を保つには、今日の右足の話が一番考えなくてはいけないと思っています。ゴルフのスイングはどうしてもボールを打つ行為が目に付くので、回転をする事に対する意識が薄くなってしまうのです。そこで、今日は是非回転をすることを頭の中で考えてください。

回転軸の話の前に思い出してください。どうして回転しなくてはいけないのでしょう。それは、左サイドで体を回転させる事で、右手で打つ事に力を加えるからです。ちょうどピッチャーが下半身を使って、投げるボールに勢いを付けるのと一緒です。左サイドが先に回転して、右手が遅れる事でスイングスピードが上がるのです。

回転軸の話が大事なのは、回転軸がぶれるとボールが曲がるからです。多くのアマチュアが回転軸以外の原因でボールが曲がると考えているケースが多いのです。さらに、酷い場合はゴルフクラブが悪いから曲がると考えてしまうのです。しかし、ゴルフクラブで曲がるのはせいぜい20ヤードぐらいでそれ以上の曲がりは、回転軸のブレがだいたい原因なのです。

そこで、回転軸を保つために考えておきたいのが右足の役目です。野球をやる方はピッチャーの投球フォームを考えてみてください。ピッチャーは振りかぶる時に右足一本で立ち上がっています。そして、右足の上で腰を開き(上半身は残したまま)左足をステップアウトしています。ゴルフがまったく同じ動きとはいいませんが、実はこの動きに良く似ているのです。

まずは、体が右に流れないように右足を踏ん張る必要があります。ここで必要なのが右腰のピボットです。右腰が伸びた状態では、右足は踏ん張れません。ヒザの前方への曲がりとピボットの深さが右足に力を与えるのです。テークバックの開始時は右足の内側に圧力を感じましょう。テークバックからトップスイングに行くときにかなりの力が右足にかかってきます。その力に負けてはいけません。トップスイングの時はしっかり右足の全体重を感じたいものです。しかし、体は右に流れてはいけません。鏡で自分の体が右に流れずに、トップスイングが作れているかどうか確認しましょう。この時にピッチャーが振りかぶった時のようなバランスが体で取れているといいですよ。女性にとっては、ここまでの形がかなり難しいと思います。プロの写真を見て、自分なりに研究してみましょう。

さて、一番の問題はここからです。ボールが右に飛んだり、曲がる人は、ここで体重が左に移るケースが多いのです。かなりの上級者でも、右足から左足への移動が早いケースがあります。体重が移動するという事は、軸がブレる(流れる)のです。何をしても右にボールが曲がる人も同じです。何が起きているかと言うと軸がブレる事でボールが中に入ってしまい、インパクトの時に回転が完成しなくなるのです。ブレがひどいとボールは右に飛び出します。ひどくなくても、軸がブレるとインパクトでフェィスが開くのでボールが右に曲がるのです。

一番の問題は、この回転の軸のブレが「ボールが右に飛んだり、曲がったりする」原因であると考えないことです。今日のブログを読んだ方でボールが右に曲がる人は、是非右足を注意して回転軸を保ちましょう。

さて、トップスイングから先ですがここからの話は次回にします。まずは、右足にしっかり乗って回転軸がブレなくなったかどうか確認してください。右足の役目のひとつは、「トップスイングまで回転軸をぶらさない」事です。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >


PGA第3戦ビュイック招待
タイガー・ウッズは今年最初の試合をまずまずのスコアの6アンダーで廻りました。現在アメリカPGAの試合では連続優勝を6と伸ばしています。いつか途切れるのでしょうが今週はどうでしょうか。
Buick Invitational(Golf Channel)
posted by golfq at 16:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

体重移動を考える


しばらく正月の疲れでブログから離れていました。アメリカのツアーもいよいよ始まりこれからまた楽しい週末がきますね。

今週のハワイアンSONYオープンでは、やっぱりミシェル・ウィが予選落ちをしてしまいました。それもほとんど最下位というものでした。どうもレッド・ベターのレッスン方法があっていないのではないでしょうか。もっと、素直なスイングを見たいものです。最近の彼女は、パンチ気味なショットが多く、私が気にしたいスイング軸の確保ができて忘れてしまっているようです。ボールを打とうとすると、スイング軸がおろそかになるのはしょうがないでしょう。早く新しいコーチに巡り会えることを願います。

ところで、今回は「右足の重要性」について書きたいと思います。まずは、体重移動についての右足の役割について書きます。ちょうどトミーさんのコメントがこの体重移動についてでしたので、確認したいと思います。

私もそう以前はそうでしたが、アマチュアのほとんどの人が早く左足に体重を移動してしまうのです。これは、体重移動という動きを意識してしまうからなのでしょう。プロのスイングを映像でみていると、体重の移動が見事に右から左に移っています。トップスイングではアドレスの位置で体が保たれているのに、フィニッシュでは完全に左足一本に体重が移動しています。この動きを連続した映像で見るから、思い違いを起こすのでしょう。

さらに考え方としては、早く体重を移動して、その場所でボールを打とうとしているのでしょう。以前からも紹介しているように、「ゴルフのスイングはボールを打つ」という考えは取り去りたいものです。この打とうとする思いが、体重の移動を早めている原因のひとつと考えます。ですから、「回転軸を保つ」為にはまず「体重移動はしない」と考えたいものです。

スイングとしては、「体の中のスイング軸を動かさずにゴルフクラブを振る事」が最初です。その軸を動かさない方法は次回書きたいと思いますが、まずは自分の中で体重移動のないスイングを作って見ましょう。この軸を動かさない自分なりのスイングができないと、体重はどうしても左に早く動きますよ。結果として、ボールは右に飛んだり、最後に右に落ちていくボールになります。自分で完璧なスイングをしても、ボールが最後に右に流れて落ちてくるようなら、その原因は体重移動による軸のブレと考えましょう。

さて、効果的な体重移動はいつなのでしょうか。それは、インパクトの時なのです。ピッチャーがスピードボールを投げる時に、体重を乗せて手を振るのと同じように、ゴルフでもインパクトの時にボールに体重を乗せるのです。

この役割を果たすのが、右足です。インパクトでの右足の蹴りが体重を左に移してくれます。ボールには体重も乗り、強いボールが打てます。飛距離にして10〜15ヤードは違うでしょう。飛ばしたいなら、その方法の一つとして是非体重移動をうまく使いましょう。

軸が動かないスイングでは、確かに体重移動はインパクト後に起こります。先日、昨年LPGAで大活躍したメキシコのオチョアの分解写真を見ていましたが、みごとにインパクトから体重がボールに乗っていました。私はこのブログに写真をうまく取り込めていないので申し訳ないのですが、是非ゴルフ専門誌でいろいろなプロのスイングをチェックしてみてください。

トミーさんが目標とするフィニッシュでの安定には、このインパクトでの体重移動がとても役に立ちますよ。左ヒザを伸ばして腰を割る動きにこの体重移動を組み合わせるのです。そうすると、完璧なフィニッシュが作れます。是非お試しください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >

posted by golfq at 16:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

軸を感じる為のアドレス

今私がテーマに考えている「回転軸」を考えるときに、最初に考えたいのがアドレスのとり方です。ゴルフの上級者にはあたり前でも、なかなかできていないのが「回転軸」をしっかり保つ為のアドレスです。以前にもアドレスの取り方について書いた事がありますが、今回は「回転軸」を保つ為に気をつけたいポイントをチェックしたいと思います。

私が指摘したいのが、しっかりした腰の折り目です。ゴルフ用語で言う、ピボットです。まずは両足を肩幅広げて、両手のひらを上に向けて腰の位置に当てましょう。ちょうど小指の部分で腰の折れ目を押して、お尻を後ろに突き出すのです。この時にできるのが、ピボットです。腰を曲げる時に上半身を前屈して体のバランスをとりましょう。お尻をしっかり後ろに突き出し、上半身を曲げましょう。但し、背筋は伸ばしておきます。さらにこの時はヒザを伸ばしておきましょう。そして、腰の折れ目の感じをしっかりと感じてください。この腰の折れ目、ピボットを感じているかどうかでスイング軸を保つ事ができるかどうかが決まるようなものです。

ピボットを感じるようになったら、ヒザを曲げて体のバランスを保ちましょう。この時にヒザがしっかり曲がる事も大事なポイントです。腰で折れて、ヒザをしっかり曲げる事が、アドレスではとても大事なのです。ゴルフがなかなか上達しない人は、このアドレスの折れ目ができていない場合が多いのです。特に女性はこのお尻を後ろに突き出す形ができないようです。プロのアドレスの形を見てみるとこのピボットがはっきりと見えます。

お気に入りのプロのアドレスを真似るのもいいですよ。ピボットの深さ、背筋の伸び具合、前屈の深み、ヒザの曲がり具合とそれぞれの形をしっかりと真似しましょう。最後に鏡に自分を映して、確認する事を忘れずに。アドレスがしっかりつくれなければ、しっかりした回転軸の維持はできません。

特に難しいのがドライバショットのアドレスです。ドライバーショットの場合は、ボールの位置が体から遠いので体が立ち上がります。それ故にピボットがしっかりと取れないのです。ドライバーショットが曲がり易い理由のひとつにこのアドレスの形の作り方の難しさがあると思っています。

アマチュアの方で良く見る形としては、ボールを打つ事に意識が集中してアドレスが歪んでしまっているケースが多いのです。アドレスはすっきりとバランスよく取れるように練習しましょう。お尻に後ろに置かれた椅子に太ももで座る感じがつかめるといいと思います。そして、最後に両手をだらりと垂らしてみてください。お腹の辺りに手が降りて来たときにしっかりした懐があることが大事です。

まずは鏡の前で自分のアドレスを確認しましょう。最初はゴルフクラブは無いほうがいいでしょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 21:33| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

ボールが曲がる理由

今年の最初のテーマとして「スイング軸」を上げてはみたものの、なかなか手が動きませんでした。そこであまり考えすぎないようにすることにしましたので、宜しくお願いします。

スイングの回転軸は背骨の辺りに存在しています。正確にここと言えないのは、その軸の位置はその人の体格や筋力によって違うからです。そこで考えて欲しいのが、「自分のスイング軸」を見つけるということです。
要は、ボールが真っ直ぐ、力強く高く飛んだ時が正しい自分のスイング軸の位置なのです。逆を言えば、ボールが右に曲がっていたら、その原因のほとんどが「回転軸のズレ」であると考えてください。

ボールが曲がったり、低く飛んだりする状況はそもそもスイング軸がズレるから起こる現象なのです。スイング軸がズレずに、下半身の先行でクラブをスイングできればボールは真っ直ぐ飛ぶのです。もっとも、今回のこのスイングの軸の話は、ある程度スイングができる人の場合ですから注意してください。初心者の方々は、スイング軸以前に、下半身の流れでクラブを振る事が最初です。ですから何年もゴルフをしていて、どうしても右に飛んでしまう人や、どうしてもボールが上がらない人は、とにかくスイング軸がズレないようにしてスイングしましょう。いわゆる、スエーという動きでもあります。

スイングの軸がブレると何故ボールは右に飛んで、右に曲がるのでしょう。それは、アドレスした位置にクラブヘッドが戻ってこないからです。軸が左に動く事で、回転が未完成のままインパクトを迎えるのです。ボールが右に飛び出す場合は、重症です。回転軸が左に流れ過ぎて、ゴルフクラブの軌道がインサイドアウトになってしまうのです。スイングの軌道が、偶然アウトサイドインの動きで相殺されてもインパクトの時のフェイスが開いているので、ボールは右に曲がるのです。

アマチュアの大半の人が、この右に曲がることで悩んでいます。そして、問題なのが「その原因を回転軸のズレ」ということに気が付かないということなのです。今回のブログのテーマは、実は多くの人の問題を解決するはずです。要は、右にボールが飛ぶ原因を「回転軸のズレ」と認識することが大事なのです。その問題の対処法は、これからいくつか考えてみたいと思っていますが、それはあくまでも私の方法であって参考意見です。自分なりに軸を保つ方法を考え出せばいいのです。

ところでボールをどうしても左に引っ掛けてしまう人もいると思います。そんな方々は問題が少し深刻です。もともとボールは左には基本的に飛び難いのです。ではどうして左に曲がるのでしょう。原因は、右手の使い方です。最初の原因は、多分軸が左にズレていたからでしょう。ですから、ボールは右に曲がっていたはずです。しかし、その右に曲がる原因を軸のズレが原因であると気づかなかったのです。そうです、右に曲がるから右手に頼るようになるのです。そして、いつの間にか右手が一人歩きして、左に大きく曲がるボールが出てしまうのです。

ボールが左に飛ぶ人は、まず右手を使わないようにしてスイングしてみましょう。きっとボールは、右に飛びます。そして、その右に飛ぶボールを何とか回転軸を保つことで、真っ直ぐボールを飛ばしてみましょう。ボールの位置を少し左に動かすのも一つの方法です。スイングの流れを意識して、回転軸を自分なりに保ってスイングしてみてください。ボールは驚くほど真っ直ぐ飛びますよ。

年配の方々や女性の方々は特にこの右に飛ぶ悩みが深刻と思います。その原因は、多分アドレスの取り方にあると思っています。次回はアドレスで気をつけることを書きたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >

posted by golfq at 23:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

左手首のコッキング

トミーさんへ。しばらくご無沙汰しました。年末は何となく忙しくてブログに手がかかりませんでした。それでもトミーさんの質問(12月20日)については年内にお応えしたいと思っていました。トミーさんのコメントです。

TOP SWINGでの肩の位置のKEEP の件、間違っていなかった事 良かったです。が 前に質問しましたがどうしてもOUTSIDE IN に CLUBが入る件TOPでのCOCKING が上に上がらずOPENになりしたがってTOPの位置がFLAT過ぎでした。これを直すと感じではOUTSIDEにCLUBが引ける感じがします。SWING PLANE 的に手首のCOCKING について教えてください。 手をFLATに持っていくとIMPACTで手を返す反動でHEADが被るのではないかと思いますが? Posted by tommy watanabet at 2006年12月20日

トミーさんの質問の「スイングプレーン的な手首のコッキング」を考えてみました。まずは、スイングプレーンについて考えてみました。スイングプレーンとはスイング中にシャフトの作る軌跡のことです。ただ、このスイングプレーンをあまり意識し過ぎるとスイングの流れが止まるので気をつけましょう。そして、スイングプレーンはテークバックとダウンスイング後では違う事も確認してください。

まず手首のコッキングですが、ここでは左手だけを考えましょう。答えは、「左手の親指の上にしっかりクラブを乗せてコッキングする」ということです。この左手の親指の腹にしっかりクラブが乗せるとフェィスの向きは一定し、確実に正面を向きます。

そしてこの時のコッキングには深さがあります。このコッキングの深さを作るには、左手の小指と薬指の力を緩めます。しかし、この緩める加減についてはそれぞれのプレーヤーによって異なると思います。力の弱い人はしっかり緩めるといいと思います。しっかり緩めるとコッキング深く入るのです。一方力の強い人は、あまり緩めずにいた方がヘッドの向きが安定するのでいいでしょう。さらにこの指の緩めですが、ダウンスイングの前半でできるとかなりスイングのレベルとしては高いものになります。

スイングプレーンを考える前にもう一度確認しておきたいのが、上半身の腕の動きです。以前にも書きましたが、肩が正面を向いている時は腕でクラブを動かす動きはVの字に動くだけです。テークバックでは右肩の上に、そしてフィニッシュでは左肩の上に動くのです。クラブは常に左親指の上に乗っているのです。ここで確認をしておきたいのが、右ヒジの動きです。右ヒジが縦に上下する動きを確認しましょう。特に右ヒジを下ろす時が大事です。

トップスイングでは、上半身の捩じれと下半身のヒザの動きで肩はターゲットの反対側を向いています。この状態で上半身はVの字の動きの頂点に達しています。そして、ダウンスイングです。

ダウンスイングへは下半身の切り返しで下半身が先行して動きます。そしてこの時に右肩が前に動かないようにする必要があるのです。右肩が下半身の動きについて動くと、トミーさんが悩んでいるアウトサイドインの動きになるのです。このアウトサイドインの動きを止めるのが、「右ヒジを体後方に落とす動き」です。この動きはゴルフスイングの中では一番難しい部分かもしれません。体が前に回転運動を始める時に、それを抑える動きだからです。右ヒジを体の後方に落とす事で、右肩の動きを止めるのです。そして、その動きは下半身先行の動きを確実に作るのです。結果として、ボールは絶対に左には飛びださないのです。

トミーさん、すみません。左手のコッキングの話でしたね。でも、今の右ヒジの動きで落とすクラブは実は左手の親指の上に常に乗っているのです。トップスイングでクラブがしっかり左手の親指に乗っているかどうか確認してください。クラブが乗っていれば、コッキングの向きは正しいと考えていいでしょう。

さらに、ダウンスイングの途中でもう一度左手の親指にクラブを感じましょう。それも、体の右わき腹の辺りで感じるようにしましょう。この確認ができると、ダウンスイングでコッキングは深く入り、スイング軌道もアウトサイドインになりません。この確認が方向性と飛距離アップのキーポイントです。是非、この「ダウンスイングの途中でコッキングを左手親指に感じる」確認をしてみてください。

ちょっと、解説が複雑でしたでしょうか。ご返事が遅れてすみません。2007年の最初の練習課題としていただければと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 18:34| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

40ヤードの飛距離アップ

先日のゴルフで40ヤードの飛距離アップということがありました。私の行くゴルフ場は、山梨県都留市にある都ゴルフクラブです。当然普段の飛距離は分かっていますから、ただただ驚きでした。普段のセカンドショットの場所よりも4ホールで40ヤードも前の位置にボールが飛んでいました。ひとつの辺りは、少々右に押し出し、崖で跳ねてOBかという当たりでしたが見事にその崖を越えていました。

何が違ったのかといろいろと考えてみました。基本的には、スイングの閃きがポイントでした。過去に紹介している「左親指の使い方」を気をつけることによりスイングに大きなタメができたのでしょう。トップスイングで親指にクラブを感じる。そして、ダウンスイングでさらに親指にクラブを感じる。そこまでは、以前に書きました。その後、もう少しその状況を考え直してみると気が付いたことがあります。

それは、ダウンスイングの途中で左手の手首がしっかり曲がっているということです。その状態は左手親指にクラブがしっかり乗っている状態を作るのです。どうも、この感覚が自分としては驚異的な飛びを生み出した原因と考えています。

スイング中で考えると、その感覚を感じようとすることで「スイングにタメ」が大きくできたと考えます。私はドライバーの飛距離に自信が無く、どうしても打ち急いでいたように考えます。しかし、このひとつの確認事項をスイングに入れることで、ヘッドスピードが上昇したと考えます。さらに、この確認事項が入る事で上半身の動きが確実に遅れました。ようは、左への引っ掛けや、チーピンの恐れが無くなったのです。

そして、さらに驚く事にこの「左親指の確認」をダウンスイング入れることでボールは右へも飛ばなくなったのです。その理由は、先に書いたように打ち急ぎが無くなったことで、右足の上でダウンスイングの始動を行う事ができたのです。左親指の感覚を下がる事で、体重が右に残るのです。

言葉で書くと長くなりますが、要は次のような流れになります。

1. トップスイングでしっかり左親指にクラブを感じる。
2. ダウンスイングは、「左親指のタメ」を感じるように右足の上で始動する。
3. ダウンスイングの途中で、親指にクラブを感じる。
4. さらに、その延長上で「左手首の深い折れ込み」を感じる。
5. インパクトに向けて、体重をボールに乗せていく。

一番のポイントは、「左手首の深い折れ込み」の感覚でしょう。この感覚はプレーヤーの感覚ですから、自分の感覚を見つけましょう。この感覚を見つけると、打ち急ぎが無くなるので是非試してください。3番を感じるだけで5ヤード、4番を感じて10ヤード、5番をやって10ヤードという感じでしょうか。残りの15ヤードはクラブの選択だったと思います。このクラブの話は、次回に書きたいと思います。

ちなみに私のヘッドスピードは平均して40から41で、平均飛距離は220ヤードぐらいと思います。それが250〜260ヤード飛んだ分けです。でも、その後のラウンドでは多少飛びは落ちています。その原因は上記の3番から5番の流れが上手く噛み合っていないからだと考えています。でも、意識の変化とクラブの選択変更で平均20ヤードは確実に飛距離が伸びいます。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >

posted by golfq at 10:30| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

腰の開きとクラブの動き

トミーさんからのコメントにお応えします。ブログでは書き手が一方的に書いているので、なかなか書き手の説明が上手に伝わりません。そんなズレを少しでもなくしたいと思っています。トミーさんいつもコメントありがとうございます。

ADVICE 有難う御座います。特にIMPACT前に腰は完全に開きウエイトも既に左に乗りCLUBはまだ降りてないそして上半身はこの動きをFOLLOWする。これが出来ればSWING は大きくなりますしBALLに勢がつきます。されど視野ではHEADがBALL にとどいて無いので大変不安で手が先に下りてしまいます。この辺はタレントがあるか 無いかそれとも練習で克服できるものか。色々教えて貰いましたがどうもこの辺が進歩への鍵になりそうです。唯この悩みは1月に1,2回のROUNDとかしゅういちの練習 では他の不必要な事にめを奪われて分らないと思います。従ってGOLFQのADVICEが分る様になるには相当な暇と金が必要でしょうね。 また教えてください。Posted by tommy watanabe at 2006年11月30日

トミーさん、お金も、暇も必要ありませんよ。もう一度頭を整理してみましょう。

トミーさんが指摘してくれたことを順番に区切って書き直してみると、次のようになります。

1. IMPACT前に腰は完全に開き
2. ウエイトも既に左に乗り
3. CLUBはまだ降りてない
4. そして上半身はこの動きをFOLLOWする。
5. これが出来ればSWING は大きくなりますし
6. BALLに勢がつきます。
7. されど視野ではHEADがBALL にとどいて無い
8. ので大変不安で手が先に下りてしまいます。

こうして、トミーさんが理解している事を区切ってみると、私の説明したい動きとは部分的にズレがあるようです。私が書きたい動きを同じような流れで書いてみると次のようになります。

1. インパクト前に下半身は完全にターゲットの方向に開く、
2. ウェイトはインパクトに向けて体重を左足に移動する
3. 立ち上がったクラブヘッドは、体重の移動に合わせてボールに落とし込む

トミーさんとの大きな違いは、体重の移動のタイミングとヘッドの落とすタイミングでしょう。下半身は確かに先行して動きますが、上半身と体重の移動はインパクトで下半身の動きに追いつくのです。この追いつく感じがトミーさんと私の説明との大きなギャップになっていると思います。

遅れたゴルフクラブヘッドの動きは、左手の引き込みと右手首の縦方向への動きで下半身に追いつくはずです。右手の手首と指の力の緩み具合が、右手の動きのポイントになると思います。右手に力が入るとクラブヘッドの動きは下半身の動きに追いつきません。力を抜くことでヘッドの動きを早めるのです。

トミーさん、なかなか練習の時間はとれないと思いますが、今日の動きは素振りで解決できると思います。実際にボールを打たない状態で、スイングの流れの中でマットを右手で叩いてみてください。下半身が開いた時に、右手でマットを叩く感じです。この叩く感じがアイアンショットのダウンブローです。是非試してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 11:55| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(2) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

左ヒジのたたみ込み

今日は最近いただいたコメントにお応えしたいと思います。コメントは、ブルー文字の部分です。

「左手を下にした逆手の素振りをたくさんしてみてください。」とありましたが、もう少し詳しく教えて下さい。Posted by jimmy at 2006年11月23日 12:40

jimmyさん、この逆手の練習は、「左手で最後までクラブを動かす」ためのものです。スイングは腰の開きで肩を回転し、そこで遅れた左手がクラブを引っ張り出すという流れです。しかし、左手は「ダウンスイングで遅れたとこらからの引っ張りだし」ともうひとつ、「スイングの後半でのクラブの引き込み」があるのです。

この逆手のスイングでは、「ゴルフクラブを引き込む」感じを練習できるのです。左手がグリップの下の部分に配置されることで、左ヒジの動きがスムースになるのです。この逆手のスイングで実際にボールを打ってみると、しっかりと左ヒジの動きが確認できます。アマチュアのスイングでもっとも欠けているのが、実はこの左手のたたみ込みの動きです。

左手がゴルフクラブを最後まで動かさないと、インパクト時に右手の力が抜けないのです。右手を縦方向に動かしたくても、左手がしっかりクラブの動きを作っていないと右手の力は抜けないのです。左サイドでスイングの流れを作っても、どうしても右手の力が抜けない人にはこの逆手の練習が最高です。是非、しっかり逆手のスイングを練習してみてください。

22日のNO.6の左手の畳み込みですが、インパクト後ということです。この重要POINTを忘れてしまうとSWINGの弧が小さくなります。まず腰を切る、 これは 思い切って 切る、これが大事ですね。そしてIMPACT後に左腕をたたみ、すなわちTOPでできたコの字と左右対象に成るよう畳み込む。これが巧く出来れば完全に振りきれるのですが。GOLFはSWINGの出来次第。9Iで10Mも違います。同じクラブでDRIVERも20Mも違います。いい加減なSWINGでは駄目だということです。Posted by tommy watanabet at 2006年11月24日

トミーさんのコメントで説明していただいたスイングの流れがとてもいいですね。この流れの中で大事なのが、インパクトの時には両ヒジ緩んでいるということです。ダウンスイングでは左ヒジは伸びていますが、インパクトに向けて緩むのです。それに変わって、右ヒジは緩んでいた状態から伸びていくのです。インパクトの辺りがちょうど両ヒジの入れ替わる部分なのです。

トミーさんの説明してくれている、「いい加減は駄目」という部分ですが、ここはやはり下半身の先行とはっきり考えたいですね。イメージ的な感覚としては、インパクト前に左腰は完全に開き、そこで上半身が追いかけるようにインパクトを通過すると考えたいですね。下半身の流れで上半身を思いっきり振りたいですね。

誠に初歩的な質問とは思いますが、どうしても左手が、手のひら側に折れてヘッドが遅れ、開いたインパクトとなりスライスに悩んでいます。意識すると閉じすぎて引っかけのオーバースピンでチーピンとなってします。左手をスクエアにしてインパクトを迎えるこつを教えてください。Posted by しんちゃん at 2006年11月26日

しんちゃんへ。左手の角度の一番のポイントは、左腰の開き加減です。左手が開いているようなら、それは腰の開きが足りないのです。意識して引っ掛けるのは、左サイドが止まっていて、右手がかぶってしまうのです。先にも書いた様に、下半身が先行して開いていると、左手の甲はインパクトでスクエアになります。

左手の甲の向きについては、左腰の開き具合で調節してみてください。自分が考えているよりも遥かに腰は開いているのです。ゴルフの教科書にある「左サイドの壁」は腰をしっかり開いた状態のところで作るようにしましょう。そうすると、回転軸もぶれません

今日は3つのコメントを考えてみました。皆さんどうでしょうか。疑問な点は又コメントください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
posted by golfq at 21:30| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

右ポケットに何を入れる?

トミーさんの続きのコメントを考えてみます。

パンツの右ポケットにグリプを下ろす縦振りになります。最初どうしてもダフルのが怖いので右下に落とせない、実践としてもこしを切るからこの心配は無いのですが慣れるまで大変です。巧くいくとBALLが上がるし、又距離も出ます。何だか分った様な気がしますがコンペのときわ怖い。この縦振りは練習しかないですね?ドシロトのSWINGを見ているとBALLが上がらずGREEN周りで殆ど転がしです。彼らは縦振りができずFLATでDEEPに入っています。今まで特にFAIRWAY WOODがTOPしてSCOREを崩していました。Posted by tommy watanabe at 2006年11月08日 01:42

「右ボケットにグリップエンドを入れる感じ」というのは、ゴルフの教科書に載っているアドバイスです。このアドバイスを読んだときに大事と思われることを書いてみます。

1. 右ポケットに入れるのは「グリップエンドだけ」である。
2. ということは、クラブヘッドはトップの位置に残っている。
3. 要は、右ヒジを右サイド後方に落とし、さらにグリップエンドを落とす。
4. この動きをしている間は、体重は右足の上にある。

この動きを理解するとダフルことはなくなりますよ。理由はクラブヘッドがまだ遥か後方にあるからです。さらに、この右サイドの落としこみができると「右肩」も突っ込まなくなりますので、ボールは左に飛び出すことはなくなります。

さらに追加のアドバイスですが、次の事を練習中に確認してみてください。

1. トップスイングでゴルフクラブが左親指の上に乗っていること。
2. 右ヒジを落とした時に、ここでも左親指がクラブを感じていること。

このドリルは、最近私が気が付いたことです。ダウンスイングの途中で左親指にクラブを感じるということは、「ゴルフクラブが立ち、スイングにタメができている」からなのです。ダウンスイングからの切り替えしで、左親指の感覚が一定になるとスイングも一定してきます。そして、飛距離も驚異的に伸びます。

トミーさんどうでしょう。是非、今日のポイントを考えて、実践してみてください。「縦振り」には欠かせないポイントを考えました。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 11:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

縦振りを考える

今テーマにしている「縦振り」についてのトミーさんのコメントを考えてみたいと思います。

基本ですが縦振りをやった、腰をまず切った。BALLを打つ前に手首が返り過ぎてMISSSHOT。ここで考えた。BALL に当たる前にCLUB HEADが遅れるために手首でこねていたのです。今まで腰を切りHEADは遅らせたほうが良いと思っていたからです。腰を切るのが早すぎるのか(早いほど良いとおもいますが)それともHEADをSQUIREに戻すのが遅いのか?昨日はコンペの最中にSWINGを色々試したためSCOREにはならず。HEADがSQUIREに戻ると手を捏ねなくてもBALLを叩ける感じですが。毎日がTROUBLEのGOLFです。宜しくお願いします。
Posted by tommy watanabet at 2006年10月29日


トミーさんの悩みと質問を分けてみると下記のようになります。

1. ボールに当たる前にクラブヘッドが遅れるために手首でこねるので、手首が返り過ぎる。
2. 腰を切るのが早すぎるのか?
3. ヘッドをスクエアに戻すのが遅いのか?
4. ヘッドがスクエアに戻ると手首を捏ねなくてもボールを叩ける感じだがどうか。

トミーさんの悩みはどこでしょう。私の感じたところは「ヘッドをいかにスクエアにする」というところではないでしょうか。とすると問題を解決すのは、スイングの中にどのように「ヘッドをスクエアに」するかです。トミーさんは腰の切れが早過ぎて、ヘッドが遅れてクラブヘッドをスクエアにするのが難しいと考えているようです。

さて問題解決で思い出したい事があります。それは、腕の動きは基本的に肩の向きに対して直角に動くということです。椅子に座った状態では、上半身の腕の部分はVの字を描くように、右肩に真っ直ぐクラブを上げ、引き降ろし後は左肩にクラブが引き上げられます。もちろんスイングの最中はこのようには動きませんが、腕の動きは肩に対して垂直方向ということを思い出してください。一番確認したいのは、トップスイングの位置で体を静止した状態で腕とクラブを縦方向に動かしてみることです。この確認運動で腕とクラブの動き出しが分かります。この時の腕の縦の動きが、下半身と上半身の遊びを無くすのには役に立つので、是非腕の縦の動きを確認してください。

さて、インパクトでフェイスをスクエアに保つ秘訣はどうなるでしょう。それはインパクトで肩が飛球線に平行になることなのです。但し、その瞬間は一瞬です。要は肩の回転運動の中にインパクトがあるということです。けっして肩を飛球線に平行にして、クラブを振るということではありませんので注意してください。トミーさんの場合はスイング中にクラブヘッドをスクエアにする事を考えていますが、実際はヘッドがスクエアになるように肩の向きに気をつけましょう。肩がインパクトで飛球線に平行になれば、縦ぶりされているクラブはボールにスクエアになるのです。少々難しいですが、この事を理解すると、横の動きと縦の動きの融合を体で覚えたことになります。

インパクトでのフェイスのスクエアを感じる練習方法としては、次のようになります。使用するクラブはアイアンがいいでしょう。ポイントは、スイングの流れの中にインパクトを感じることです。

1. トップスイングで体を静止してまず腕とクラブの縦の動きを確認する。

2. この時に、「グリップエンドを右のスラックスのポケットに入れる」感じを覚えましょう。

3. 素振りを「下半身をゆっくり回転させながら、腕を縦の方向に落とす」流れでしましょう。

4. この動きの中で、腰の回転が肩を動かしていること確認しましょう。

5. 横と縦の動きが確認できたら、少しずつ下半身を早く回転させましょう。

6. 上半身の動きは下半身の動きに合わせます。ヘッドスピードが上がる事を確認します。

7. インパクトの辺りでは下半身が飛球線を向き、肩はスクエアですから下半身と上半身のズレは90度です。

8. そして、インパクトの辺りで手首を縦に落としましょう。この時にフェィスのスクエアを感じます。

どうでしょうか。トミーさん、お試しください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 08:19| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

スピンを掛けて飛ばそう

最近書いていた「横の動きと縦の動きのコラボレーション」はゴルフを上達する上では、どうしても理解しておきたいポイントです。私の説明で糸口が掴めたでしょうか。「ボールを打つのではなく、ボールを切る」というイメージができるといいですね。

この現象は特にアイアンでは絶対に理解する必要なポイントです。クラブを縦に入れることでボールは高く上がり、真っ直ぐ飛び、そしてボールは優しくランディングするのです。この事はプロの技術ではなく、アマチュアにも必要な技術なのです。アイアンショットが曲がって飛ぶ人には無い、クラブの動き方です。

インパクトでのボールの見方も変わります。クラブヘッドを横から入れるのではなく、縦から入れますから当然でしょう。どこを見るのかというとボールも右半分の腹の辺りです。この辺りにアイアンヘッドのブレードを縦に入れるのです。ちょうどボールをブレードでチョップする感じです。打つというよりも、空手チョップで押し出す感じです。この押し出す感じがまずボールを真っ直ぐ飛ばします。スクエアにチョップするということは、インパクトが長い時間スクエアに保たれるということなのです。

このチョップの感じは右手の感じです。スイングで左サイドがクラブをしっかり動かしていれば、右手は自由になります。だからこそ、右手でインパクトが作れるのです。もっともこの右手の動きは、それぞれのレベルによって違います。インパクトで手首を縦に大きく使えれば、それはプロの技術になるでしょう。ボールは高く舞い上がり、鋭いスピンがかかります。

以前にも書きましたが、まずはボールの真上を左サイドの動きを使ってしっかり素振りをしましょう。この時のヘッドスピードがあなたのパワーです。そして、右手が余っていることも感じましょう。素振りが整ったら、その素振りをするイメージでスイングしましょう。そして、インパクトの時に右手を緩めてクラブヘッド縦にボールも右腹に落としましょう。最初から上手くいくとは考えないようにしましょう。

基本は、ボールが真っ直ぐ飛ぶことです。最初は低い弾道かもしれませんが、段々慣れてきます。ヘッドを高いところから落とす意識があると、ボールは高く上がります。注意したいポイントは左サイドの動きです。左サイドはインパクトでも動いていますから、クラブヘッドを落とす時に止めないようにしましょう。手打ちでボールを叩きにいっていた人には難しい動きかもしれません。でも、流れの中でインパクトを作る意識を持つようにしましょう。

もうひとつ気をつけたいのが、右手首の角度です。アドレスで作った角度は、手首が縦の方向に動くと崩れませんので確認してください。この角度が崩れるとボールは左に曲がります。

今回の動きは普通のゴルフには必要ないと考えられていることです。ですから、ゴルフの教科書には載っていません。でも、この事を頭で理解しないといつまでも1段階上のゴルフはできません。是非試してみてください。ボールが高く飛んで、その場でだいたい止まるようになればこの動きが身に付いたことになるでしょう。女性でレベルを高いスコアを目指す方々には是非お勧めします。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 14:31| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | スイングの考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする