2008年01月23日

トップボールの意識が、、、


アイアンの飛距離でお悩みの方にはお役に立つかもしれません。

私自身どうしてもアイアンの飛距離が一定せず悩んでいました。そこで最近はこのアイアンの飛び方に気をつけるようにして練習することにしました。確かにアイアンの飛び方がばらばらなのです。しっかり飛ぶときと、まずまずの時、そして情けないショットとだいたい3分割してみますと、しっかり飛ぶときが10%、まずまずが70%、情けないが20%という感じです。

今まではこのまずまずで満足していたのですが、これではいけないと思いしっかり飛ぶ時のことを考えてみました。そこで気がついたのが、スイング中の意識の問題でした。どうも上手く打とうと考え過ぎていたようです。異常に飛ぶ時の意識を考えるとどうもしっかり振ろうとした時だったのです。そして、そのしっかり振ろうとした時は必ずボールの上を振る意識があったのです。

どうも、体の動きが問題だったようです。スイングの練習にボールの真上を素振りする事を勧めてきましたが、その素振りの意識こそが体の動きを作ってくれたのです。ボールの真上を素振りするということは、右手の動きを抑えます。腰の切れ、左手の引っ張りを最大限に生かせるのがボールの真上の素振りでした。分かっていても、忘れていました。

実は、アイアンの正確性と飛距離はここからがポイントでした。左サイドをしっかり動かす事で後は右手の動きに集中するのです。その右手は手首の角度を変えずに縦方向にヘッドを落とす動きです。トップボールの意識が役立つのがこの時です。アイアンヘッドを浮かして、明らかにアイアンのリーディングエッジをボールの腹に当てる状態でアドレスするのです。こうすると、左サイドでしっかりクラブを振るという意識が自然と生まれます。

テークバックからダウンスイングに切り替えしてくる時は、ボールの右腹をしっかり見るのです。思いっきり振られてくるアイアンのリーディングエッジをボールの腹に落とすので、目線が大事です。アイアンの場合は、ボールを右斜め上からしっかり見るようにしましょう。

そしてインパクトの時に、右手の指の力と手首を緩めてアイアンのリーディングエッジをボールの腹に落とし込むのです。最初は難しい感じですが、慣れてくるとかなり楽な感じです。その理由は、体の動きがスムースなので右手の動きに集中できるからです。右手が柔らかく使えるほどボールの勢いは増します。右手が大きく縦方向に動くほどヘッドスピードは上昇し、打ち出し角度が上がるのが分かります。体の勢いが安定する為に、ボールの飛びもかなり安定します。実際に右手の動きに集中して練習をすると、しっかりした当たりが50%に増加し、ミスショットが10%以下に落ちました。

アイアンショットの動きを復習してみると、「左サイドの体の動きをしっかり作り、右手の落としこみに集中する」ということになります。意識としてはトップボールを打つイメージが私には合いました。「ボールを上手く打つ」ではなく、「流れを作ってボールを引っ掛ける」と書いてきましたが、具体的な意識の持ち方としてはトップボールを打つ意識が役に立つと思いました。トップボールはナイスショットのちょっと前ですから、トップボールを打ち続ける事で、右手の使い方が分かってきます。どうでしょうか。お試しください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 22:33| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

スクワットが軸を保つ


回転軸を保つ為には両足の内側の筋肉が大事であると書きましたが、その筋肉はどのように鍛えるのでしょう。それは、スクワットだそうです。

私は以前に日本大学のゴルフ部コーチのSさんと知り合いでした。その時に聞いたのですが、当時の日大のゴルフ部員に課していたトレーニングのひとつがスクワットでした。確かにスクワットは下半身の強化になりますからその時は納得していましたが、それが軸を保つ為のものであったことがやっと分かりました。

私の友人のトレーナーの話では足の内側の筋肉を鍛えるには、スクワットが一番効果があるそうです。もっともスクワットといってもいろいろな形があるようで、詳しくはトレーニングに来て欲しいといわれました。そして、スクワットも加重を増やすことでさらに効果が上がるそうです。

もっとも今の私にはトレーニングに行く時間が取れないので、自己流ですが昨日からスクワットを始めました。取りあえずは腹筋、背筋と一緒に30回のスクワットを3セット始めました。飛距離が欲しい私としては、軸がぶれない鋭い下半身の切れが今のテーマとなっています。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

下半身先行の練習

トミー渡辺さんの6月1日のコメントを考えてみます。

素人は上体の振りは下半身より強く、TAKEBACKのTOPで少なくても2秒位止めるくらいでちょうと下半身がSWINGをLEADできる感じです。が実際にはこんなに止められません。打つ感じをBACKSWINGで全く無くし、下半身が腰の切れでTURNをはじめても上体はTAKEBACKを継続する感じが欲しいのです。反動なしにまずTAKEBACKのTOPのPOSITIONに持って行きそこで止めます。先ず腰を切り始め1,2秒待ってはじめて手のDOWNがはじまる。今までは何とか腰は切れたが手が同時について行ってしまった。上下の差を付けるた為には腰の切れをもうこれ以上早くできないので上を遅くするより方法がないのです。然しこれがなかなかできない。努力中。出来るようご援助下さい。Posted by tommy watanabe at 2006年06月01日

ゴルフのスイングでやはりしっかり覚えたいのが、下半身から動くことでしょう。今渡辺さんがテーマにしていることは、まさにこの点ですね。ボールがそこにあるから「打つ」。この事がゴルフを難しくしてしまうのですよね。練習をたくさんすると覚えるのが、結局下半身から動くことなのです。でも、多くの人が練習をしてその事に気が付くだけの時間がないだけなのです。私がブログのタイトルに「理解して楽しいゴルフ」と名付けているのも、時間を省いて多くの人とゴルフを一緒に楽しみたいと考えているからです。スポーツは理屈よりも体で覚える方がいいのですが、ゴルフは反応のスポーツではないので動きは理解してからスイングしたいですね。やっかいなのは、悪い癖は直らないし、いい結果を生まないからです。

ところで、渡辺さんがテーマにしている下半身先行の練習があるので紹介しましょう。この練習方法は何年か前にアメリカのゴルフ専門誌に紹介されていたものです。写真がないのでちょっと説明が難しいですが、頑張ってみます。

STEP−1
ますは、アドレスをとります。そして、テークバックで左足を右足に足を寄せるのです。テークバックは肩の動きで行い、上半身は第二のアドレスの位置に収まります。この練習は、テークバックを正しく行う練習でもありますので、何度も繰り返すといいですよ。

第二のアドレスの位置の確認
第二のアドレスの位置とは、肩の動きでゴルフクラブをテークバックしてクラブシャフトが地面に平行になり、尚且つ飛行線に平行になる位置です。この肩の動きを助けるためにテークバックは右手の薬指と中指の指先に引っ掛けて行うようにしましょう。第二のアドレスにくるとちょうどその二本の指にクラブが引っ掛かって、その指に乗っている感じです。そして、その二本の指がクラブの位置を確認できるのです。

STEP−2
第二のアドレスから先は、下半身の動きと上半身の動きが分かれます。渡辺さんのコメントの中にある「下半身が腰の切れでTURNをはじめても上体はTAKEBACKを継続する感じ」の動きをここから体感できます。まずは、左足を元のアドレスの位置に戻すのです。そして、その動きと同時に右ヒジを上げてトップの位置にゴルフクラブを持っていくのです。下半身と上半身が違う方向に動くのです。このために体重は右足の上に残っているのです。実は、この部分の練習がこの練習で一番大事なのです。体重が右足の上にありながら、下半身が開き、上半身は右肩が動かずにトップの位置が作れるからです。この練習ではあまり深い位置にトップスイングは取れませんから、トップスイングの深さについてはあまり気にしないようにしましょう。

確認したい事
トップの位置で確認したいのが、右ヒザの踏ん張りです。右ヒザに体重がすべて乗っているので、トップスイングのバランスも確認しましょう。さらに、この時は左足にまったく体重が掛かっていないことも確認してください。あくまでも、右に寄せた左足が元の位置に戻るだけで、体重は移動していないのです。

STEP−3
トップの位置からは、左足を戻した動きの延長上で一気に下半身を切ってスイングしましょう。下半身を一気に切る(回転)させることがポイントです。この練習では、トップスイングでの間を作ることは難しいと思います。上半身は、右ヒジを体の後方に落とすことからはじめましょう。トップスイングからの切り返しで直ぐにボールを打ちに行かない練習にもなっています。どうしても手打ちになってしまう人には、この下半身先行の練習はとても役に立ちます。そして、右肩が突っ込む人にも役に立ちます。下半身の動きがひとつの流れになっていますので、右ヒジを体に落とす感覚が掴みやすいと思います。右ヒジが後方に落とせればそれだけ上半身の動きが遅れるのです。

練習の副産物
この練習は下半身先行のスイングの練習ですが、ここにはもうひとつの副産物があるのです。それは、スイングの軸が左にズレなくなるのです。ボールがどうしても右にスライスしてしまう人にも是非試して欲しいのです。ポイントは、右足にしっかり体重を乗せて、回転の前半を右足の上で行う感じが分かるからです。

渡辺さんどうでしょうか。この練習を試してみてください。ちょうどピッチャーがボールを投げる感じのスイングです。最初はゆっくりやってみてください。そして段々下半身の動きを早くしましょう。特にSTEP−3の動きで下半身の動きが早くなることが大事です。STEP−1とSTEP−2は決して早い動きではありませんから慌てずに。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。 >
posted by golfq at 09:02| 東京 ☁| Comment(15) | TrackBack(3) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

Tsuyoshiさんからの質問 (続き)

今日はツヨシさんからいただいたヒントから考えてみたいと思います。

バックスイングの始動で腰が右に少しスライドする気がする。
多分腰はスライドしているでしょう。この腰の動きを止めるには、右ヒザの踏ん張りが必要です。
右ヒザを内側に絞込み右ヒザにこれから乗ってくる重みに耐えれるようにしましょう。この右ヒザの受けがトップスイングに大きく影響します。オーバースイングの原因の大半はこの右ヒザの緩みに原因があります。
そして、ヒザが止まったら、テークバックの始動を上半身だけでしましょう。上半身と下半身に存在する遊びを最初に無くすのです。この動きが身に付くと下半身の揺れはとまります。

トップでスエーはしていないと思う。
「トップでスエー」を防ぐ為にも先ほどの右ヒザの頑張りが必要です。多くの人が「バックスイングを深く」と考えすぎてスエーをしてしまうのです。トップスイングはコンパクトにまとめたいですね。但し、飛ばしたい時は、右ヒジを高く上げて大きなトップを取りましょう。

ダウンスイング開始後にシャフトが寝る(グリップエンドが正面方向を向く)事がある
昨日のブログで書いた「脱力」の動きがここで必要になるのです。ボールを上手く打とうとするから、ダウンスイングがボールに向ってしまうのです。ゴルフの解説本にもスイングプレーン上にクラブを動かすとありますが、スイングプレーン上にクラブを乗せようとするとゴルフクラブは傾いてしまうのです。練習が必要ですが、腕の力を脱力してゴルフクラブをグリップエンドから体の後方に垂直になる感じで落として見ましょう。この動きは脱力ですから気をつけてください。意識をしてクラブを落とそうとすると右肩が落ちたり、ヒザが動いたりします。クラブヘッドが右の耳の辺りに感じれたらゴルフクラブが立っていると考えていいでしょう。

シャフトを真下に落とそうとすると上体が起き上がってしまう
この現象が、「脱力」でない動きの現れです。意識してシャフトを落とそうとするために体が起き上がってしまうのです。

インパクトで体重が右に残っていると言われる
右に残ってしまう原因は左腰の動きにあるのです。インパクトの時に左腰を止めてスイングをすると体重は右に残ります。昨日書いた左ヒザの動きの重要性がここにあるのです。左ヒザを伸ばし続ける事で体重は自然に左移動するのです。インパクトの時も下半身を動かしましょう。そして、最後は真っ直ぐ左足の上に立ち上がりましょう。

振り遅れシャンクが出る
シャンクは振り遅れででるのではなく、左の腰が開いていない為にグリップしている手の通過の位置が前方に押し出されてしまうのです。振り遅れは、体の開きが不足だから感じる現象です。体を思いっきり開き、ゴルフクラブを上から落としましょう。

左腰を切ってスイングするとフィニッシュで腰、肩ともに以前より大きく回ったところに納まるんですが、その割りにヘッドが走らず飛距離も落ちると言った感じす。
ヘッドが走らないのは、右手の力の解放が無いからです。インパクトでボールを叩こうとして右手に力が入っているためにクラブヘッドが走らないのです。右手を縦に動かす練習をしましょう。右手の指の力をインパクト抜いてみるのもひとつの方法です。腰の開きが横の動きを作っているので、手首でクラブの縦の動きを作りましょう。この縦の動きが大きければ大きいほどクラブヘッドは走ります。

ツヨシさんどうでしょう。実際にツヨシさんのスイングを見ていないのでまとを外れた解説かもしれませんが、一度考えてみてください。テーマは、腰の横の動きと、手首の縦の動きのコラボレーションです。


人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
posted by golfq at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

Tsuyoshiさんからの質問

今日は、先日の「ゴルフスイングの流れを考える」を興味深く読んでいただいたツヨシさんからの質問を考えて見たいと思います。

ツヨシさんの質問
練習場で試してみたのですが、どうも上手くヘッドが走りません。右足の上で回転させると左サイドへ体重が上手く移動しないで右肩が下がってダブリます。打球もフェイスが寝て入るようで高く上がり飛距離も落ちてしまいます。球筋は右にも左にも飛んでいきます。自分は今までレッスンで腰を止めてシャフトを走らせるというスイングを習っていたのですが、今そのせいでなのか、ダウンで右肩が前に出てシャンクする病気に悩んでいます。自分なりに感じたことは左腰を切ると右ひざが前に出てしまう気がします。腰の切り方に問題があるのでしょうか?

問題その1
それは、「どのようにヘッドを走らせるか」でしょう。動力の始まりは、下半身です。左腰を後方に回す(切る)事で体の軸が回転するのです。腰の切れる方向は、アドレス時に作った左のピボット(腰の割れ目)を更に後方に押す感じの方向です。この腰の切れを左ヒザを伸ばすことで作れると腰が最も早く、確実に最後まで腰を切ることができます。左ヒザを伸ばしきることがポイントです。そして、左足の上に真っ直ぐ立ち上がるのです。こうすると、左腰の回転が最後まで止まらず動きつづけるのです。

この腰の動きが上半身を引っ張るかたちになります。右足体重の理由は、体重が左足に乗っていては腰が切れないからです。まずは、右足に体重があるうちに左腰を切るのです。そして、左ヒザを伸ばしきる動きで体重を自然に左から右に移すのです。腰はあくまでも後方に引く感じです。その位置で回転しようとすると右ヒザがでてきます。

問題その2
上半身の動きは「脱力」するがポイントです。どうも、ツヨシさんは頑張り過ぎている感じです。動き出しが下半身ですから、その動き出しを感じるように腕を脱力しましょう。その時に、ゴルフクラブを右サイドの後方に落とす感じにすると、右肩の動きが押さえられボールは左には飛ばなくなります。腕を脱力することでクラブヘッドは立ち上がり、高い位置からクラブヘッドを落とせるのです。ヘッドが高い位置から落ちるということは、ヘッドの落ちるスピードと腰の回転のスピードが融合してより速いヘッドの走りを生み出します。そして、高位置からのヘッドの入射角度でボールは高く跳ね上がります。

この二つの問題を解決する一番の方法は、プロのスイングを良く見ることです。その時に腰の開く感じや位置を覚えましょう。解説本にはプロの真似は無理と書かれていますが、スピードに差はありますが基本の動きは同じなのです。是非プロの分解写真を研究してみてください。良く見て欲しい部分はここです。

@ アドレスでの姿勢。(特に両腰のピッボットの深さ)
A 切り替えし後の腰の切れていく方向。
B 左ヒザの伸びていく感じと、その最後の形。
C 右ヒジの落ちている方向
D クラブヘッドの立ち上がり方
E インパクト前の腰の開き具合

プロと同じ動きをしても、プロと同じようなヘッドスピードを生み出すことはできません。しかし、合理的なクラブヘッドの動きは覚えることができるので真似してみましょう。

最後に、シャンクの原因はアドレスの姿勢と左腰の切れの方向に原因がありますので気をつけましょう。明日は、今日いただいた追加の質問について具体的に考えて見ます。


人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
posted by golfq at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

右手の力を抜く練習

今日は2月9日に「もわ」さんからいただいた質問について少し考えてみたいと思います。

グリップに関しての質問
今やろうとして出来ない事があります。それは、スイングの時にどうしても力が指先に入り、いろんなミスの原因になってるように感じます。最初にグリップをゆるゆるに握っていてもいざダウンスイングに移るともういつの間にか力が入っているんですね。力が入らないようなフィンガーグリップで握っているんですが、これは意識的に是正できるものでしょうか?根本的にグリップ自体を変えるべきなのでしょうか?

スイングの時に指先に力が入る
そうですね、ヘッドを走らせるには右手の指の力は抜きたいものです。右手の指にインパクトで力が入ってしまう原因は「ボールを叩こうとするから」です。インパクトでどうしてもボールを強くヒットしようとして右手に力が入ってしまうのです。インパクトは確かにボールとヘッドが衝突するのですからその衝撃は凄いものです。だから、その衝撃を受けるためにも右手に力を入れようと考えるのは自然です。しかし、その気持ちがむしろヘッドの加速を妨げてしまうのです。右手の指の力を抜くことで、ヘッドは走るのです。(但し、アプローチのときはしっかりと握ったままが大切です。)

右手の指の力を抜く練習
それでは具体的な練習を紹介します。練習方法は簡単ですので試してみてください。

1. まず通常のアドレスを取る
2. クラブヘッドを浮かし、ボールの上空にセットする
3. 右手をしっかりグリップして緩まないようにしてボールの上を素振りする
4. 素振りは段々早くし、体の左サイドを使って素振りをするようにする
5. 右手の手首の角度を保ち、右手が余っていることを感じる
6. ボールの上を通過するヘッドスピードが飛距離に比例します
7. 素振り中に、ボールの上を通過するヘッドを確認する
8. 最後に、右手の指の力を抜くことでクラブヘッドをボールに落とします


この練習は右手の感覚を養うものです。この練習をするには、基本的に腰の開きを利用した下半身リードのスイングが必要です。インパクト(ボールの上を通過時)の時に下半身がクラブヘッドを動かしていることを感じてください。この練習は実は素晴らしい結果を生みだします。特にフックボールでお悩みの方には即効性がありますよ。

右手の指の力を抜くとクラブヘッドは自然と縦方向に動き(落ち)ます。そして、そのクラブヘッドがボールを拾うのです。アイアンの場合は、グースネックが強く、プル角が強いPINGアイアンがこの練習には最適です。指の力を抜いてインパクトを作るということは、右手でボールを叩きにいかないということですから、ボールがフックすることを防げます。上手くヘッドが落とせるようになるとボールは真っ直ぐ飛びます。このヘッドを落とす動きが大きければ大きい程ボールは高く上がります。

「もわ」さんの質問にある「ダウンスイングで右手の力を抜く」具体的な練習を紹介しました。ポイントは、最初は右手をしっかり握っていることです。そして、インパクトに合わせてその力を解放するのです。握っているものだから、開放できるのです。右手が最初から緩いとどうしてもインパクトの時に右手を握ってしまいますよ。そして左手ですが、左手は右手と逆の動きをすると考えましょう。左手の話は明日したいと思います。


人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。  
posted by golfq at 00:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。