2019年04月10日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) 総括


長くボールが曲がる理由について書いてきましたが、参考になりましたか? ボールが曲がるのには理由があるのです。そしてその理由を知る事が曲がる事を防いでくれるのです。

まずは自分のスイングで打ち出されたボールの曲がりを知るためにしっかり振る事が大事です。しっかり振る事で体全体が使われてスイングできるのです。そして、その事がスイング中の問題点を浮き彫りにするのです。上手く打とうとする気持ちがあると下半身の動きが鈍るのでスイングは完成されなくなるのです。これでは自分のボールの飛びは分かりません。

飛んでいるボールの飛び方をとにかく良く見て自分のスイングを知る事が大事です。上手く打てたかどうかが問題ではないのです。ボールがどの様に飛んだかが問題なのです。ボールの飛び方は自分のスイングの反面教師なのです。ビデオで自分のスイングを分析するよりもボールの飛び方を分析する事の方が上達の早道です。

右への問題は下半身にある事をしっかり頭に入れておく必要があります。多くのゴルファーが右への曲がりの原因が右手の動きと考えていますが、そうではないのです。下半身がしっかり動いていればボールは右には飛び出さず、右にも曲がらないのです。余りにも簡単な事なのですがそれが現実です。

左足の動きで下半身を切り、左手の引き込みでインパクトを作る。その動きが右への曲がりを消す事になるのです。右に飛んだり、曲がったりしている内は左足の動きと左手の動きが不足していると考えましょう。しっかりした左サイドの動きが作れればもう右は怖くないのです。

多くの人がこの段階で少し気持ちに油断があります。ある程度の右への打ち出し、右への曲がりは問題がないと思ってしまうのです。しかしこの油断が問題なのです。ボールは下半身の動きで肩のラインを飛球線に対して平行にもってこれれば少しも右へは飛び出さないのです。また、スイング軸が左に流れていなければボールは右へは曲がりません。もっとも右手の使い過ぎがあるとこの部分の問題が見えてこないこともあります。

ちなみに回転軸の左への流れはフェード回転をボールに与えるのでこれは使いようによっては強い武器になる事は覚えておきましょう。多くのトッププロが強いフェードボールを打つのもこの右への曲がりをコントロールする事で左を消す事ができるからです。この左への突っ込みはまさに感覚的なものです。練習がたくさんできる人には習得したい技術です。

やってはいけない事は右への曲がりを利用して、ボールを左に打ち出す事です。これは所謂アウトサイドインのカット打ちです。右に曲がる事を想定しているのでその分クラブを外から入れて保険を掛けて左に飛ばしているのです。このアウトサイドインの流れがあるうちは決して右への曲がりは解消されることがないのです。何故ならボールが狙い通りのセンターに飛んでいるからです。この間違った結果が多くのゴルファーを悩ましているのです。

ボールを左に打ち出している人はまさにその悩みに苦しんでいるゴルファ−です。まずは左に打ち出さない様にすることです。すると右に曲がるボールの原因を突き止めようとし、それを防ぐようにするのです。ボールが結果としてフェアウェイの真ん中に飛んだとしてもそれが左へ飛んでの右曲がりだったとしたら問題なのです。

左への問題は上半身にある事を知りましょう。基本的に右手はテークバックでは使いますが、ダウンスイング以降は力を抜いて左手の動きに任せるのがいいのです。そうすればボールが左に曲がる事はないのです。

しかし、右手を上手く使えばそれはヘッドスピードの加速を作る事になり飛距離が増すのです。この誘惑をどの様に対処するかが個々のプレーヤーの技術なのです。この部分については言葉で語る事は残念ながらできないのです。練習で体得するしかありません。ピッチャーがボールを投げる時の右手の使い方を書けないのと同じです。

やってはいけない事は右への曲がりを上半身の動きで止める事なのです。上半身といってもそれは右手の事です。右手を使おうとすると下半身の動きが止まり、右肩が前に出てしまいスイング軌道をアウトサイドインにしてしまうのです。

そして最後が右手のインパクトでの動きです。この動きは技術的な事ではありません。単純に右手が動いてしまう動きだからです。右手を握り込むとインパクトでヘッドが内側に被るのです。この被る度合いに寄ってボールの左への曲がりが決まるのです。当然この握り具合をコントロールすることで左の曲がりもコントロールできるのです。

ボールが右に曲がるのも左に曲がるのもその理由が分かればその曲がりを恐れる事はないのです。その理由を克服できればそれを逆に利用する事でボールをコントロールできるのです。ただそこの動きは紙一重でトラブルとの背中合わせなのです。その動きを理解しコントロールできているゴルファーがボールを好きなように曲げられるということなのです。

話は戻りますが、ゴルフではとにかく自分が打ったボールの飛び具合をしっかり見極める事がとても大事だということです。調子が良くてもその日のボールの飛び方を見て、その日のボールの飛び方の性質を知る事が大事なのです。プレー中のホールで行ってはいけない場所があればそれを消す対処方法を確認して打つ事が大事です。ボールは左か右のどちらかにしかいかないので、それに対処できていれば結果は自ずと良くなるのです。

是非、自分のボールの飛び方をよく見て、自分のスイングの癖をみつけましょう。そして、治すところは治し、気を付けなくてはいけない事は気を付けるようにして対処しましょう。真っすぐボールを打とうとするのは危険です。左にも曲がらない、右にも曲がらない様にスイングする事がボールを真っすぐ狙った所に飛ばすのです。

具体的な悩みがあったらコメントをください。一緒に対処法を考えましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年04月03日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その8


基本的にゴルフのスイングでは「やりそこない」で飛ぶのが右です。下半身の切れが少なくての右へのプッシュアウト、回転軸の左への流れによる右への曲がりです。一方「やってはいけない」ことをしてしまった結果で飛ぶのが左です。右肩の前への突っ込みよる左への飛び出し、右手の使い過ぎによる左への曲がりです。

今回はボールが左に曲がる原因を考えましょう。ボールが左に曲がったらその原因は右手のグリップの握り込みが原因なのです。多くの人が左への曲がりはスイングに問題があると考えますが、実際はインパクトの時の右手の握り具合が大半の原因なのです。あまりにも簡単な事なので見落としてしまうのです。

ゴルフではインパクトで左手のグリップを握り込み、右手は緩んでいなくてはなりません。テニスで言うところの左打ちのバックハンドの両手打ちに似ているのです。左手でラケットを動かし、右手でその動きをサポートしている動きです。ゴルフでも左手をインパクトに向かって引き込み、インパクトでその左手のグリップを握り込むのです。この左手の握り込みができれば結果として右手は緩んでいます。

インパクトでの右手のグリップの開放を練習で試してみましょう。インパクトで左手のグリップをしっかり握ると右手のグリップは緩みます。両手を一緒に握る事はできないからです。左への曲がりはこの右手の握り込みの加減で作る事ができるのです。

ボールがゆっくり左にドローしていればそれは右手をインパクトでゆっくり握っているという事です。この右手の握り込みのスピード、強さによって左への曲がりはコントロールできます。もしチーピンボールが出たらそれは右手の強い握り込みがインパクトで起きていると考えてください。グリップを強く握り込むと右手首の角度が消えてしまいフェイスを被らせる事になるのです。チーピンが出る時の状況を考えると確かに意識が右手に強く入っていることに気が付きます。このインパクトでの右手の開放度合いには理屈はありません。これは個人の感覚的なものなのでここでも自分流を作る必要があります。

ボールを飛ばそうとする気持ちが右手を強く使ってしまい、その結果として右手を握ってしまっている事が多いのです。右手を柔らかく使いたいですね。ちなみに右手をいくら強く使っても握り込まなければチーピンにはならず、強いドローボールになるだけなのです。ドローボールを得意とする人は右手の握り込みのタイミングで自分流ができているという事です。

飛ばす事の怖さはこのスイング軸の左への流れと右手の握り込みの動きを組み合わせるということです。それぞれが相殺できる動きになればそれは強いボールを生むのです。体重移動が入りボールには体重が乗り、右手の握り込みでヘッドスピードが上がるのです。問題はこの相殺の動きが上手く作れるか、どうかなのです。私としては、距離は落としてもこの相殺の動きは止めた方がいいと思います。

私が推奨するのは、ターゲットをやや左に取りボールが決して左に飛び出さないようにする事です。やや左というのはもし右手が多少握り込んでもまだ左には余裕があるからです。右についてはとにかく下半身の切れを意識することです。下半身がしっかり動いていればボールは右に飛び出さないので少々スイング軸が左に流れても右が広く空いているので多少の曲がりには対処できるということです。

もう一度まとめてみます。ボールが右に飛んだり、曲がるのは下半身が原因です。そして逆に左に飛んだり、曲がるのは上半身が原因です。この原因を自分のスイングの中で考える事でボールは曲がりにくくなるのです。プレーするホールによってこの曲がる原因を考えてスイングの中に組み合わせる必要があります。右が危なければとにかく下半身をしっかり動かし、スイング軸が流れないようにするのです。左が危なければ右肩が突っ込まないようにして、右手のグリップを握り込まないようにするのです。

言葉に置き換えると結構単純で簡単な原因です。しかし、この問題点はしっかり自分のスイングの中で認識して、考えておく必要があるのです。問題が起きないように対応しながらスイングをすればボールの曲がりは減ってくるのです。

そして、スイングをしてもし、ミスったらその原因をしっかり確認して反省をすることです。多分ミスが起きないように意識して振ったのに結果としてミスが起きているのです。そのミスが出た時の状況を反省し、次に繋げたいのです。

是非自分の打ったボールの行方をしっかり見てください。そして、自分のスイングの中での問題点を確認してそれを治しましょう。上手く打つ事より、ミスを防ぐことができるようになる事を身に着けましょう。簡単ではないですが、その努力で得られるものは大きいのです。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年03月27日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その7


ボールが左にも行かず、右にも飛び出さなくなったらボールの曲がりに注意しましょう。もしボールが右に曲がったらそれはスイング軸の左への流れです。下半身を回すという事はスイング軸のブレを生みやすくなっているのです。それでも最初は右への曲がりを余り気にしないことが必要です。とにかく確実に真っすぐボールが飛び出す事を身に付けましょう。

ボールが真っすぐ飛び出し、右へのボールの流れが作れるようになったらそれは進歩なのです。ここで一番大事なのが右への曲がりが回転軸の流れが原因であることを自覚することです。そして、とにかく自分流で回転軸の左への流れを止める努力をすることです。ここでボールが右に曲がらなくなったら、それでこの問題は解決なのです。このスイング軸の左への流れを止めるには自分流の発見が必要です。

私流の方法を紹介します。右へのボールの曲がりを止めるのは、左膝の屈伸を使ってのスイング軸を動かさない動きです。スイング軸が左に流れなければボールは決して右には曲がらないのでその方法を見つける必要があります。スイング軸の位置を保つ為には左膝の位置を変えずに左膝を伸ばし切るという事です。左足は体の中心に向かって傾いています。この傾きが消えない様に左膝を伸ばすのです。

アドレスの状態で足の傾きを見てみましょう。それは逆Vの字の状態です。この逆Vの字の傾きをやや真上に引きあがる様にするのです。膝の前方への左右の膝の交互の屈伸の動きを繰り返してみてください。どんなに膝を前後させても体の中心は動かないのです。さらに体の中心を上に引き上げる気持ちが必要です。膝の交互の動きなので実際に膝の高さは変わりません。

スイングでは左膝を伸ばす時に体の中心を真上に引き上げる気持ちで膝を伸ばすのです。この時は左膝の傾きは上に引きあがる分だけ左に動きますが、スイング軸は動いていないので問題はないのです。段々力強く左膝を伸ばす事でスイングしてみましょう。ボールの右への曲がりは消えてくると思います。

左膝を伸ばすのは一つの方法ですが、ボールが右に流れなければそのスイングで良いという事なのです。ただ気を付けなければならないのは軸を流しているのにボールが真っすぐ飛ぶという状況です。

その問題点とは、軸が流れているからボールにスライス回転が入っているのにそのスライス回転を消す動きが右手にあるということなのです。そのショット自体は真っすぐ飛んでいるので良いのですがその右手の使い方が後に問題になってくるのです。不必要な右手の使い方はスイング軸が流れなければボールを左に曲げるという事なのです。スイング軸を止められた時にミスショットを生む事になるのです。この時に右手の動きに注意できればいいのですが、そうではなく逆にスイング軸の流れを利用して左に曲がるボールを止めてしまう方法があるという事なのです。ミスをミスで消す動きになるのです。

この右手の使い過ぎが結果としてボールが左に飛んで左に曲がるスイングを作ってしまうのです。アマチュアゴルフファーで左に曲がる事が怖い人は右手の使い過ぎを注意すると同時にスイング軸の流れ(左への突っ込み)を確認しましょう。左が怖い人は基本的には右への曲がりに対処ができていない場合が多いのです。

もう一つ注意したい事が、フェードボールを打つという気持ちにあります。それはフェードボールがスイング軸の左への流れを使っているということです。その動きがちょっと危険なのです。基本的には左への体の突っ込みはできるだけ抑えたいのです。もっともこのフェードボールを打とうとする動きの良い点はボールが左に曲がる事を防いでくれるという事があります。右への曲がりは左に比べて少ないのでリスク的には安全策ではあるのです。あくまでもフェードがスイング軸の左への流れ(突っ込み)で作られているという事を知っていることが重要なのです。理由が分かっていればその左への流れはコントロールできるのです。

どんなに工夫してスイングしても右への曲がりが残っていたらそれはスイング軸がまだ左に動いているという事なのです。スイング軸が左に流れる事で動かないはずのボールが右に動いてくるのです。その分フェイスの戻りがアドレスの位置に戻る前にインパクトを迎えてしまうのでフェイスは開いているのです。結果としてボールにはスライス回転が入りフェードを作るのです。

極端な方法としては「明治の大砲」と言われるスイングをすることです。右足に体重を感じ、その右足の上で体を回転させるスイングです。そうですここでは体重移動はインパクトに向かってないのです。右足がベタ足の状態でスイングするのです。そしてインパクトが過ぎたら体重移動を行い、ボールを追っかけるのです。そのスイングが滑らかにできれば、そのスイングこそがスイング軸が流れないスイングなのです。

もしボールが大きく右に曲がったらそれはインパクトの時に体重移動が左に向かってされているという事です。フェイスを開きながらボールを擦っているのです。もっともこの動きは非常にハイテクニックな動きでもあるのです。意識的に体重移動がインパクトで使えればボールを容易に右に曲げられるということです。

この右への曲がりのコントロールがそのプレーヤーの技術なのです。基本的にはスイング軸は止めておきたいのです。しかしスイング軸が流れなくなると右へのボールの飛び出しが消えるので右手の動きによる左への曲がりが気になってきます。しかし、この問題はスイング作りの前進と考えましょう。私としてはゴルフスイングでは右手による左への曲がりのコントロールが必要であると考えます。結論としてスイング軸は左へは流がさず、右手の使い方で自分流を作ってボールを真っすぐ飛ばすことが大事なのです。このスイング軸を意識したスイングができる事が大切と思います。

是非自分のスイング軸の動きを感じてみてください。ボールが右へ流れていなければ問題は無いという事なのです。そしてもしボールが右に流れていたらそれは早急に解決されなければならない問題なのです。打ち出したボールの飛びをしっかり見つめましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年03月20日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その6


ゴルフでは当然狙ったところに打つ事が大事です。しかしそれは狙ったところに打つという事ではなく、狙ったところに対して左右にボールが飛びださない様にするという事なのです。

真っすぐ打とうとするよりも左を避けて、右に行かない様にする事が結果的にボールを狙ったところに飛ばせると考えたいですね。当然状況に寄って危険な場所は左右に存在するのでそれを考えての狙い処の決定になります。どんな状況でも左には飛び出さない事が前提でターゲットを決めたいのです。勿論完全に左が消せないのであれば多少のセーフティは考慮しましょう。左に飛びなさなくても左に曲がる事もあるのでその曲がりの部分はターゲット設定で左にスペースを持ちましょう。

まずは左に打ち出さないように気を付ける事が大事なのです。そしてその延長上に右への飛び出しを下半身の動きで消していくようにするのです。左に行かない、右にも行かないスイングが大事なのです。左に飛びだすという事はやらない様にしている事を「やってしまった」事になります。一方右は右に飛び出さない様にスイングはしますが、体の動きが足りなくて右に飛び出すのです。だから右へのミスは「やりそこない」という事なのです。「やってしまった」と「やりそこねた」の違いは大きいのです。

さらに下半身の動きに注意をして振るという事はボールが左に飛びだす可能性をこの下半身の意識からも減らす事になります。左にボールが飛びだすという事は下半身の動きに対して上半身の動きが先行するということですから下半身からしっかり動いていれば上半身が下半身を追い越すことはないのです。

再確認ですが基本的には狙ったポイントに対して左には絶対に飛び出してはいけないのです。だから、狙いは常にターゲットのやや左に取りたいのです。確実に狙い通り飛ぶという事は、ターゲットのやや左にボールが飛ぶという事なのです。このターゲットとの「やや」のズレは状況によって決めたいのです。もし結果的にボールが右へ飛び出したとしてもそれは下半身の「やりそこね」からの回転不足ですから、その反省点は小さくてすむのです。

是非練習でボールが狙ったポイントに対して左には飛びださないスイングを作ってみてください。下半身で動き、右肩の動きを抑えるスイングが作れればボールの曲がりに対して自分なりの対処方法が完成したと考えましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年03月06日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その5


ゴルフで大事なのは右に飛び出すボールを上半身(右手)ではなく、下半身の動きで止める事だと私は思います。下半身の動きがしっかり、早く、強く動けば右は消えるのです。しかし、どんなに下半身を動かしても右にボールが飛び出るのであれば以下の事を確認してみてください。

下半身をどんなに回転させてもボールが右に飛び出す人は左手の動きを考えましょう。ダウンスイングからインパクトに向かって肩の向きがアドレスの位置に戻っても左手がアドレスの位置に引き込まれなければクラブの軌道は少しですがインサイドアウトに動いてしまうのです。以前にも書きましたが左手はアドレスの位置からテークバックで右に動くのです。大きな動きではありませんが、左手がインパクトでアドレスの位置に戻らなくては駄目なのです。

左手はトップスイングで右手により引き上げられているので、ダウンスイングで右手の力が緩めば自然と右肘が落下し左手も下方に動きます。問題はここからです。右にズレている左手をアドレスのポジションの左腰の位置に引き込む必要があるのです。丁度体の幅だけ左手は右にズレているのです。これを左手の引き込みで元の位置に戻すのです。この時に左手のグリップを握り込むとこの動きはスムースになります。

左手の動きを感じる練習があります。それはボールの真上にヘッドを配置し、そのボールの真上を素振りすることです。この動きは下半身の回転と左手の引き込みで作られます。振るスピードを上げる事で左手の動きが確実なものになります。このボールの上を振る練習は右手の使い方の練習でもあります。ボールを飛ばす力の半分は左サイドの動きが作っているのです。そして右手はその左手の動きに対しての補足の動きとなるのです。

左手の動きで注意をしたいのはインパクトに向かって左手のグリップを強く握り込む動きです。体の動きとして左手をしっかり握り込めば左手はアドレスの位置に戻るのです。この動きがあれば、ヘッドの動きは下半身の動きに伴いインパクトでフェースがスクエアに戻ってくるのです。

実際にボールを持たずに左手をトップスイングの位置からアドレスの位置へ引き込んでみてください。この時に終点で左手のグリップをしっかり握り込んでみてください。すると左手の甲はターゲットに向いているのです。という事は、フェースがスクエアに向いているという事です。この握り込みはボールが右や左に曲がる事を防せぐことにも繋がります。

まずは左に飛び出さないことが大事なのですが次に大事なのが、右に飛び出すボールを下半身の動きで中央に持ってくる事なのです。この動きで自分のスイングができればボールは右に飛び出すことはあっても左には飛び出さないのです。そして下半身の動きを確立する事が右への飛び出しを小さくするのです。ちなみにどんなに早く下半身を動かしてもその動きが原因でボールが左に飛び出すことはないのです。下半身を回して損はないのです。

下半身と上半身には遊びがあるのです。座った状態で上半身を捩じってみてください。約45度の位置で上半身は止まります。この45度のズレがインパクトの時顔をだすのです。ちなみに上半身はトップスイングでは上半身の捩じれが加わり下半身とのずれは90度になります。インパクトに向かって下半身で上半身を回転させると上半身の捩じれは消えて、先に書いた45度の遊びだけが残るのです。

どんなに強く下半身をまわしてもこの45度のズレはインパクトでは消えないのです。だから下半身を膝の屈伸でどんなに強く、早く回しても回しすぎはないのです。トッププロのスイングを確認してみてください。遠くへ飛ばすプロのほとんどが左膝を伸ばし切っています。それも驚くほどの速さで下半身を回しているのです。ちなみに伸びていないプロはそのプロの持つ技術で右肩を突っ込んでいるのです。これこそが技なのです。

私の言いたいのは下半身の動かし方に技術は必要ないということです。とにかく、膝の動きを使って早く、強く動かして欲しいのです。その動きに右手を合わせるのが技術だと思っています。

是非、下半身の動きに伴った左手の動きを確認してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。


2019年02月27日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その4


右に球が飛びなさない様に下半身を作るのがスイングを作るという事なのです。ボールは上半身を使わなくても下半身の切れで右に飛び出すことを消してくれるのです。この事に意識を持てることがとても大事なのです。「下半身でボールを振れ」と言う人がスイングの基本通りの動きが分かっている人だと思います。私の勧める下半身の動かし方を紹介します。

下半身の使い方は左膝の屈伸を意識して作りましょう。左膝を使う事が確実に下半身(腰)の回転を生むのです。左膝の屈伸を使う事で動きがシンプルで反復性の高いものになるのです。下半身の動きでボールが右から中央に戻ってくることを練習で覚えましょう。この動きこそが下半身で振る動きの原点です。

今世界で活躍しているプロの左足の動きを見てみましょう。そのプロの左膝は確実に伸びきっています。もし、そのプロが右にボールを飛ばしていたらそれは左膝の動きに躊躇があった時なのです。トッププロでも「下半身の動きが右への飛びを消す」という事が分かっていないのが不思議です。

下半身の動きはイコール左膝の屈伸のスピード、ためらいの度合いなのです。左膝を伸ばし始めて途中で躊躇する動きがあったらそれは右が作られているという事なのです。以前にも書きましたがどんなに下半身を左膝の屈伸で強く回してもその動きが左を作る事はないのです。ですから下半身を力強く、早く、しっかり回しても損はないのです。

左膝を伸ばす時に大事なのがテークバックの動きの時に左膝が体の前に動いている動きです。多くのゴルファーが左膝を内側に向けて動かしていますが、この動きはスイング軸の流れを作るのです。体の中心を感じて左膝と右膝を交互に前に曲げてみましょう。左膝が前に曲がる時は右膝が伸びているのです。逆に左膝を伸ばすと右膝は曲がるのです。この左右の膝の屈伸の動きを早く、強くやってみましょう。驚くことにこの動きではスイング軸は動いていないのです。どうもこの動きは空手での突きの動きの時の下半身の動きに似ているようです。

下半身を動かす時に最初に動かしたいのが右膝の伸ばしの動きなのです。左膝はこの右膝の動きで前に曲がってくるのです。そして最後は左膝の前への曲げ込みの深さを感じましょう。右膝はその左膝を曲げる動きに合わせて伸びていきますが、右膝が伸びきる事はまずないのです。右膝は左膝の動きに反応している動きなのです。

膝の動きをスイングの中に取り入れましょう。左膝の前屈が強くなるに従い右手の上へのクラブの引き上げが強まります。そしてその相反する動きは止まるのです。問題はその時の体全体の感じ方です。下半身の動きと上半身の動きは相反するものですが、体全体のバランスは取れているのです。膝の前屈で体重は前に動きます。しかし右手の右への引き合がその動きに反して動いているので体のバランスは保たれるのです。

問題はここからです。体のバランスが取れている状態を保ちながら左膝を更に前屈するのです。そしてその動きに反して右手を上に引き上げましょう。この動きが上半身の捻転を生むのです。この上半身の捻転の深みはそれぞれのプレーヤーによって異なるのです。捻転が深ければ深いほど飛距離が上がるということなのです。

トップスイングはこの相反する左膝の前屈の動きと右手の引け上げの動きが止まる時なのです。トップスイングで間がある人はこの動きが止まる事を感じている人なのです。またトップスイングで止まらず流れの反復で振る人は右手の動きを重視している人なのです。勢いよく右手を動かす事で上半身に勢いをつけ、更なる上半身の捻転を作っているのです。当然飛びはその分大きくなります。ただ、問題はタイミングが合わない時にボールが曲がる可能性が高くなるということなのです。

トップスイングで止まった状態では左膝が前屈を強めようとしていて右手がその動きを受け止めているのです。この動きはまさに弓矢の弦を引いて止まった状態からのもう一引きの動きなのです。スイング的には打つ態勢を決めてからの一引きになるのです。この一引きをゆっくりやるかタイミングで素早くやるかはプレーヤーの好みの問題となります。ゆっくり引ければトップスイングでの間が取れるのです。

次に起こるのが右手の指の力の脱力なのです。右手の指の力を緩めると左手はアドレスの位置に戻ろうとして落ち始めます。そして左膝は前屈から元の状態へ戻ろうとして伸び始めます。ここで一番大事なのがその伸び始めた動きを更に強めしっかり左膝を伸ばし切る事なのです。この伸ばし切る事ができるかどうかが最後の右への飛び出しを消せるかどうかを決めるのです。

左膝を伸ばす時気を付けたいのが、アドレスの時に開いた左足が体の中心に向かって作っている角度です。左膝を伸ばすという事はその体の中心へ向かっていっている角度を保ちながら左膝を伸ばしたいということなのです。この角度を感じられるのが左足の内側です。左サイドの壁は左足の外にあるのではなく、左足の内側にあるのです。ちなみに開いた両足が作る三角形がインパクトに向かって崩れないことが大事です。この三角形はインパクトから先での体重移動で左足寄りに傾きます。

この動きの時に左膝が左に流れるとスイング軸の流れを生む事になります。左膝が笑うという動きです。飛距離を出そうとしてインパクトに向かって体重移動を入れると左膝が左に流れるのです。左膝が笑わなければスイング軸が左に流れる事はないのです。結果としてスライス回転がボールに入る事は無くなるのです。ちなみにフェードボールを打つという事はこの体重移動を使うという事なのです。

スイングする時に本当に気を付けたいのは、下半身で振るという気持ちです。決して上半身の動きでボールを捕らえにいってはいけないのです。上半身の動きは左手のアドレスポジションの位置への引き込みとインパクトでの右手首の開放の動きだけなのです。この下半身を意識したスイングを是非自分の物にして欲しいと思います。

是非下半身の動きでのボールの飛びを確認してみてください。この過程がとてもスイングを作る事には大事なのです。ボールが少しでも左に飛び出したらそれは上半身でボールを打ちにいっているという事なのです。この動きをまずは消すことが大事なのです。左に飛び出す事を許すとスイング軸の左への流れを許す事になるのです。そして左が消えたら下半身の動きで右を消しにいきましょう。ちなみに右への飛び出しをどこまで消すかはそれぞれのプレーヤーの好みです。ボールの捕まりが良くドローボールが基本の人は右への飛び出しを完全に消す必要はないのです。自分の好みの右への打ち出しを確認しましょう。

もしあなたがフェーダーであればできるだけボールがストレートになるように下半身の動きを作りましょう。少なくともフェードを期待していますから下半身がしっかり切れている事が大事なのです。右が消えればスイング軸が流れても結果的に大きな問題はないのです。

是非下半身の動きに注目してみてください。

人気 blogランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019年02月20日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ)その3


前回までは左にボールが飛び出さない様にすることを書きました。もう一度確認したいのですが、とにかく狙いよりもボールが左に飛び出すことは致命的な出来事なのです。ゴルフでは絶対に狙いよりボールが左には飛んではいけないのです。その事を自分のスイングの中に確立する事が大事なのです。

フェードボール打ちが好まれるのがこの状況を加味してのものなのです。フェードを打っているという事はボールは狙いよりも左には行っていないという事なのです。ゴルフではフェーダーが好まれるのは「左が消える」ということなのです。

もっともフェーダーがいいとは私は思っていません。その理由はボールが右に曲がる事を止めにいっていないという事です。もちろんこの右への曲がりをコントロールできていればいいのですがね。この右への曲がりのコントロールは結構難しいと思っています。

左にボールが飛び出さなくなれば次は右に飛び出すボールをどの様に対処するかです。大事なのが練習の時に右に飛び出すボールを怖がらないということなのです。右に飛び出しているボールは右肩が前に突っ込んでいないのでいいのです。その感覚を覚えることが大事です。そして、下半身の動きに意識を持ちましょう。右にボールが飛び出すという事は下半身の動きが不足していて肩の向きがアドレスの位置に戻っていないという事なのです。

以前にも書きましたが、「ボールはインパクトでの肩の向きに飛ぶ」という事なのです。しかし問題は、上半身は自分では動かないのでその上半身を下半身で動かすという事なのです。下半身の動きが不足すると肩の位置はアドレスの位置に戻らないのです。この現象は単純な事なのです。だから、ボールが右に飛び出しているという事は下半身の動きが不足しているという事なのです。右への飛び出しが消えるまで、とにかく下半身を回し切る事が必要なのです。ここに技術はありません。「やろうとしているか」どうかの問題なのです。

この下半身の動きを感じる方法があります。それは右手を開き、右腰の横にセットするのです。下半身も正面、右掌も正面を向いた状態です。この手の位置でスイングを作ってみてください。ここで感じたいのは正面を向いた掌でボールを打つ感覚です。

この運動では下半身(腰)が回らなければ右の掌はボールを真っすぐ打てないということです。実際にはボールは打ちませんが、下半身の動きを感じてみてください。想像以上に下半身(腰)は回っているという事なのです。下半身の動きが不足していれば右掌の向きは右を向いているのです。実際のボールを打ってボールが右に飛び出しているという事は、この不足した下半身(腰)の動きが原因なのです。

まずは自分の下半身の動き具合をスイングして感じてみてください。ちなみに下半身を積極的に回してスイングした時にボールが左に飛び出していればそれは、右肩が前に突っ込んでいるという事です。下半身の動きでボールを打てていない方は、下半身の動きの不足部分を右肩の突っ込みでカバーしているのです。積極的に下半身を動かす事で上半身が動いているかどうかの確認もできるのです。

次回は下半身の動かし方について書きます。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年02月14日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ)その2


ボールが左に飛び出す理由は本当に簡単なものでした。その問題とは「右肩の位置の前方への突っ込み」というものでした。その基本的な問題の解決策はいかに「右肩を動かさないでスイングするか」という事なのです。

理論的スイングを考えると下半身で上半身を動かす事ができれば実は右肩は前に突っ込む事はないのです。結果としてボールが左に飛び出すことはないのです。しかし、ボールを打ちたいという気持ちがその理論を壊してしまうのです。今回はいかに問題の右肩が前に突っ込まない様にするかの私なりの意見を書きたいと思います。もっともボールが左に飛び出していなければ、今のスイングで問題がないという事も覚えておいてください。

ボールが左に飛び出さない最初の方法が「右手を使わない」ということです。右肩が前方に突っ込む最大の原因は右手を使おうとしている事なのです。右手に力が入った瞬間に右肩は下半身の動きを上回ります。このちょっとした動きがすでに右肩を前に動かしているのです。

トップスイングに向かっては、右手はクラブを上に引き上げていますから力が入っています。そしてトップスイングで止まった右手は弓矢を引ききった状態です。後はその右手を開放する事で弓の弦が弾かれるのです。ゴルフも同じでトップスイングからは右手の力を抜き、体全体でスイングする動きを作るのです。

この時に大事なのは右手の指の力を抜き、そして右手首の力を抜くということです。この右手の脱力が右肩の突っ込みを抑え込みます。トップスイングで止まって、右手の脱力でダウンスイングが始動できれば右肩は突っ込まなくなるのです。そして右手は脱力された状態で右手首がタメを作ります。このタメを作る動きが右肩の前方への突っ込みを止めるのです。そしてインパクトでその右手首で作られたタメが力を抜いた状態で開放されるのです。

右手の脱力が難しい場合は、ダウンスイングで意識的に右肘を体の後ろに落とし込む動きをスイングの中に取り入れましょう。野球のピッチャーがボールを投げる時に右肘を後ろに引き下ろす動きに似ています。右肘が体の後方に落とされる動きが右肩の突っ込みを防ぎます。ダウンスイングから右肘を体の右サイドに付ける動きを身に付けると右肩が前に突っ込む事が無くなります。

別の考え方としてあるのが、インパクトに向かって左手を引き込む動きを考える事があります。インパクトへ向かって引き込んでいる左手の親指の向きを考えましょう。左親指の向きはイコールシャフトの向きなのです。左手の親指の向きをインパクトに向かって飛球線と平行に動かすのです。この動きの中では右肩は前方に動くことはできません。この時に左手のグリップは握り込まれて来るので左手の親指の向きは変わってきます。しかし握り込む最初にその左手の親指の方向を飛球線と平行に感じてその方向に引っ張り込む事ができると右肩は突っ込まなくなるのです。

私としては最後の左手の飛球線に対しての平行な引きの動きが一番右肩を確実に抑えてくれると思っています。常にシャフトを飛球線と平行に動かす意識が大事だと思います。とにかくボールが狙っているラインの内側には入れない事が大事なのです。ゴルフのスイングではボールが狙っているラインより左に飛び出すことが一番悪いのです。是非、この問題を自分のスイングの中で考えてみてください。

次回は右に飛び出すボールの対処を書きたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年02月12日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ)その1


ボールが曲がる理由について書いてきました。ボールが曲がるのには理由があるのです。その理由を理解し、その問題点を解決する事でボールは曲がらなくなるのです。ボールは真っすぐ飛ばすのではなく、ボールが曲がらないように飛ばすのです。左にも曲がらない、右にも曲がらないスイングをするからボールは真っすぐ飛ぶのです。

真っすぐ飛ばそうとするから曲がるのです。曲げないように気を付ける事で曲がりが減るのです。曲げたくない方向を意識する事で曲がりの幅が小さくなります。そして、ホールによっては曲げてはいけない方向を意識してスイングすればその方向にはボールは飛ばなくなるのです。

多くの人が「今のは、上手く打てなかった」と右手の使い方を反省する人が多いのですが、ミスのほとんどは下半身の動きが不十分であったり、右肩が突っ込むことが原因なのです。下半身がしっかり動いていれば右への問題はほとんど解決されます。右肩が前に突っ込まなければ左への問題はほぼ解決されるのです。

まずはしっかり自分の打った球の飛び方を見て、分析することです。ボールの飛び方は自分のスイングの問題点を教えてくれます。その飛び方を知り、その問題点を解決する事で次のスイングに結び付けられるのです。ゴルフのスイングは新しい事へのチャレンジではありません。過去のスイングのリピートなのです。自分のスイングの問題点を出さないようにしてスイングする事が自分の望んだ弾道を生んでくれるのです。

スイングを作る中で一番大切なのはとにかく「ボールが左に飛び出さない」ようにするということです。左に飛び出す原因は基本的に「ボールを打ちに行っている」という動きが原因なのです。ボールを打つという動きではなく、スイングをすることを考えれば「下半身から動き」、「左手の引き込み」、「右肘の落とし込み」という動きが優先されます。ここにはボールを打ちに行くイメージは存在しないのです。

基本的には右肩さえ前にでなければ、ボールは左には飛び出さないのです。右肩の動きを止める練習方法としては「後方を意識して振る」というのがあります。スイングする時に後方の1点に意識を持ち、そこを見ながらクラブを振る練習をしましょう。ボールはかすかに左目で見えている感じです。このスイングを素振りで作り実際にボールを打ってみましょう。ボールが左に飛び出さなければ右肩は前に動いていないのです。

実はゴルフのスイングの中で狙っている飛球線のラインに対してボールが左に飛ぶという事は極力避けたいのです。左に飛び出してしまうといくつかの問題が加わります。その1は左に打ち出しているとスイング軸を自然と左に流してしまうという問題です。このスイング軸を流す行為がボールをフェアウェイの真ん中に戻してくれるのです。結果オーライのスイングですが、この結果オーライはゴルフのスイング作りでは大問題なのです。

怖いのはフェードボールを持ち球とする人です。もしボールが狙いよりも左に飛び出し、フェードで戻ってきていれば結果はいいのですが、実はミスをふたつ組み合わせているだけなのです。勿論狙い通りに打ち出し、最後にフェードで右に流れるのは、問題はありません。

その2は左に打ち出していると、その動きに右手の握り込みが入るとボールは大きく左に曲がってしまうのです。結果的にOBになってしまう確率が高まるということです。右肩が前に突っ込む最大の原因が右手の使い過ぎですから、右手の動きが優先すると右の右を作ってしまうのです。

ちなみにチーピンは右手をインパクトで使い過ぎて、握り込みが強く、深く入る事で作られます。多くの場合この時に右肩は前に動いていますので、OBという結論が作られるのです。

是非、自分の弾道をしっかり見て自分が狙いのラインに対してどの様に飛ばしているか分析しましょう。基本的に右に飛び出している方がいいのです。右に飛び出しているという事は少なくとも下半身リードでスイングしているということなのです。上半身の動きが下半身の動きを追い越さなければボールは左には飛び出さないのです。

実に簡単な原理なのです。練習でこの原理を体験してみてください。次回はこの先を書きたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年02月06日

ボールが先に行って曲がる理由 (左編) その2


ボールが先に行って左に曲がる理由は右手の使い方に問題がありました。そこで右手の動きを少し細かく書いてみたいと思います。

まずは右手でテークバックをします。最初は左手の位置を右腰の位置までもってくる平行な動きです。この動きがインパクトの時の左手の左腰への引き込みの動きを作ります。プロがアドレスの時に繰り返して確認している動きのひとつです。この動きが下半身と上半身の遊びを消すことになります。遊びが消える事で左膝の動きと左肩の動きに一体感ができるのです。

次に右手の引き上げの動きと右肘の真上に上げる動きでクラブを引き上げます。この動きに対して反対側の動きとして左膝の前屈が入ります。右手と左膝は動きが異なる喧嘩した動きになるのです。

そして左膝の前屈が止まった時から更に深い動きが入ります。この動きでは右肘を更に真上に上げる事になります。動き自体は力が入っている動きなので小さいです。左膝との喧嘩のこの右手の動きが上半身の捻転を作るのです。左膝の前屈を強めるとそれに逆らう右手の動きが肘の引き上げが強まり上半身の捻転が深くなるのです。右肘が高く上げられれば、上げられるほど捻転は強くなり、インパクトでの強い振りを生む事になります。

トッププロがトップスイングで一瞬止まった様な間があるのはこの動きをゆっくり作っているからなのです。一方この動きを右手の早い動きで反動を強めて振る方法もあります。この場合はトップスイングでの間がありません。どちらを選ぶかはプレーヤーの選択です。

私が推奨するのはゆっくり右手を動かす方法で、トップスイングで間を作る方法です。この方が安定したスイングの再現ができると思います。逆に早く動かすとクラブの動きが大きくなるのでボールの飛びが大きくなります。飛距離を求めるなら早い右手の動きが要求されます。

トップスイングからはまず右手の指の力を緩めます。すると左膝と左手はアドレスの位置に同時に戻ろうとするのです。この引き合いの動きは弓矢を引き込み、右手の指を開いて撓った弦を開放する状態と同じような動きなのです。

この時に一番大事なのは右肘を真下に落とし込む事です。左手はアドレスの位置に戻ろうとしますがその動きを、右肘を真下に落とす動きで少し遠回りさせるのです。この動きの利点は捻転した上半身の捩じれを開放していないということです。捩じれが解放されていないのでこの捩じれがインパクトの時のヘッドの走りのプラスの動きとなるのです。

更に右肘を真下落とすことで右肩の前への動きを止めてくれるのです。この動きこそがボールが左に飛び出すことを防いでくれます。そしてこの左肘が真下に落ちる動きの中で右手首のタメを作るのです。以前に書いた「コの字」を作るのです。右手首を深く曲げ込む動きです。

この動きの中でもう一つ重要なのが左手のグリップを、緩め掌を開くという動きです。左手の指先にクラブが引っかかっている感じになるのです。この動きを受け止めているのが左手の親指です。クラブと唯一終始接しているポイントです。この左手の動きが更に深いタメを作る事になるのです。当然飛距離のプラスに大きく影響します。

右肘が落ちる頃に左膝はアドレスの位置に戻ってくるのです。テークバックで下半身を止めて上半身の遊びを無くした時の状態にほぼ近いのです。違いは上半身には捻転が入っているので左手の位置は少し遅れている感じです。

問題はここからです。インパクトに向かって左膝を伸ばし切る動きが入ります。この動きに躊躇があってはなりません。一気に伸ばし切るのです。左膝を伸ばし切る動きが肩の向きをアドレスの位置にも出すのです。この動きが右へのプッシュアウトを防ぎます。

この時同時に動くのが左手です。開いている左手をアドレスの位置の左腰の方向へ握り込むのです。実際左手をしっかり握り込むと左手はアドレスの位置に戻ります。無理に左手を左へ引き込まなくても自然にこの握り込みの動きが左への引き込みを作ります。左手をしっかり強く握り込めば左手はアドレスの位置に戻り、フェイスはボールに対してスクエアに入ってきます。

この左膝と左手の動きの時は、右手は脱力して何もしていません。右手を使わない事が重要です。右手は流れに任せていればいいのです。もっともこのインパクトの先での右手の動きが飛距離を増すことになります。野球のピッチャーがボールを投げる時の様な右手の動きです。右手首のコックの開放がインパクトを通して行われるのです。

しかしこの右手首の動きについては言葉での解説は難しいと思っています。この右手首の動きは自分流を練習の中で作るしかないのです。右手の動きが開放という動きなので言葉に置き換えられないのです。右手の役目はこの右手首の開放ですべて終わりです。

このインパクトでの右手の開放ができないとボールが左に曲がる事になります。右手の握り込みがインパクトでのフェイスの被りという動きを作るのです。インパクト後に右手でクラブをフィニッシュまでもっていこうとすると右手首の開放ができないのです。そして右手の握り込みが入ってしまいボールを左に曲げてしまうのです。

右手の動きの流れを書くと以下の様になります。

テークバックで右手の右への引き込みで上半身の遊びを無くします。

左膝の前への曲げに反動して右手を上に引き上げます。

左膝の動きが止まった先で右肘を真上に引き上げプスイングを作ります。

トップスイングで右手の力を抜き、右肘を真下に落下させます。

この後は、右手は開放されて左手の動きについていきます。

インパクトで右手首の「コの字」のタメは開放されます。

この後での右手の使い方は自分流を作る必要があります。

右手の動きはスイングの前半でクラブを引き上げる動きからインパクトでの開放となるのです。野球のピッチャーがボールを投げる動きに非常に似ているのです。もっともアンダースローだすがね。違うところとしては右肘の動きでピッチャーは左肘を落とさないで、前の方向に動かしています。もっともこの時に右手首と右肘は野球でも「コの字」を作っています。

最後に加える事があります。右手の動きの中で終始力が入っている場所があります。それは右手の薬指です。薬指は終始しっかり握っている必要があるのです。これは左手の親指の支点としての役目の裏側の動きだからです。クラブヘッドの動きが安定させ、強く早く振る為には右手の薬指を常にしっかり握っておく必要があるのです。

少々話は長くなりましたが是非右手の動きを考えてみてください。基本的に右手は柔らかく使う事が必要です。この柔らかさがボールの飛びと安定性を生むのです。

次回はボールが曲がる理由をまとめてみたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年01月31日

ボールが先に行って曲がる理由 (左編) その1



今回は「ボールが左に曲がる理由」について私の意見を書きたいと思います。

ボールが左に曲がる事を考える時はいろいろ考えなくてはなりません。まず、最初に考えたいのが「何故、左に曲げる様なスイングをしているか」ということなのです。もともと左に打とうとはしていないのに何故左なのでしょうか。

それは「右にボールが行かないようにする」動きなのです。右に曲がるボールを止める動きがやり過ぎて左を作っているのです。という事は、右にボールが曲がらないようにする事が先決ということなのです。ボールが右に飛ぶ事を恐れていなければ無理に右への曲がりを止めに行くことはないのです。

それでは右に飛ぶ事を防げるのはどんな動きでしょうか。それは右手の動きです。ゴルフではこの右手の動きが一番難しいのです。「困った時の右手」というのは事実です。しかし、この動きが実は本来の問題を解決しないで、その場しのぎの動きになっているのです。

私達日本人は箸を使うので右手に頼る事が多いのです。右手がしっかり動けば何とかなると考えてしまうのです。しかし問題はゴルフではこの右手の使い方が非常に難しいという事なのです。この右手の使い方については実は非常に書きにくいのです。何故かというとその動きが技術であり、非常に感覚的なものだからなのです。私流については後日書きたいと思います。

今回問題にしたいのはその右手の間違った使い方なのです。ボールが左に曲がる原因はこの右手の動き以外にないのです。右手の動きが分かっていないのでボールが左に曲がるのです。

ボールが左に曲がるとはどういう事なのでしょう。実はそれはインパクトの瞬間の右手の動きにあるのです。ちなみにボールが右に曲がる理由はインパクトの時のスイング軸の動きでした。スイング軸が左に流れるのでボールは右に曲がったのです。逆に左を作るのはインパクトの時の右手の動きなのです。

以前にも書いたと思いますがインパクトの時左手グリップはしっかり握っていて、右手は緩んでいるのです。この右手の緩みがヘッドの正しい動きを作っているのです。逆に右手をインパクトで使うという事は右手の間違った動きを作ってしまうのです。しかし、この右手の動きがコントロールできればそれは凄いということなのです。ちなみにプロでもこの事が分かっていないこともあるのです。

ボールが左に曲がるという事はインパクトでフェイスが被るということです。フェイスがクローズになる事でボールにはフック回転が加えられるのです。さらにインパクトの最中にフェイスが被ればボールにさらなるフック回転が加わるということなのです。

それではどんな動きがフェイスを被らせるのでしょうか。それは非常に単純な動きなのです。多くの人は右手の動きがフェイスを被らせていると考えますが、この動きではインパクトでの強いフェイスの動きを作れないのです。答えは右手の握り込みです。

右手をただ単純に握ればヘッドは浮き上がり薄い当たりを作ります。しかしその握りを更に深くすると右手の指の動きが右手首の角度を変えるのです。アドレスの時に作られた右手首の角度が握り込む事で消えるのです。この動きがインパクトの時に起きればそれはフェイスがインパクトの最中にフェイスを被らせることになるのです。

このフェイスの被りの動きが野球でいうカーブボールを投げる時の手首の動きに似ているのです。右手をゆっくり握るとそれは軽いドローボールを作ります。強く握るとそれは強いフックボールを作るのです。そして、急にしっかり握り込むと酷いフックボールを作ります。所謂、チーピンボールを生んでしまうのです。

ボールが左に曲がるという事は、それはインパクトで右手のグリップが握り込まれているということなのです。インパクトで右手を使い過ぎるとそれは酷いチーピンを生むということなのです。右手首が柔らかく使われていれば左への曲がりは調整できるのです。この加減については、理屈はありません。それは個人によって違うからです。

ゴルフのスイングは左手の引き込みで作られ、インパクトは右手の動きで完成されるのです。この右手の動きを理解する事がボールを左に曲げる事をコントロールする事になるのです。先にも書きましたがボールが右に曲がる理由を正しく理解していれば、不用意に右手を使う事がなくなるのです。そして正しい右手の自分の使い方ができるのです。

このボールが左に曲がる理由はあまりにも簡単な事なのです。簡単だからこそ理解しにくいのです。ボールが左に曲がって困っている人はまずは右手を殺してスイングしてみてください。右手を殺すことでボールが左に曲がる事は消える事を知りましょう。

そしてこの右手の握り込みこそがその人の技術なのです。この技術は感覚的なものなので言葉では表現できません。左サイドの動きでインパクトまでクラブを運び、最後に右手の動きでボールを飛ばしましょう。練習をするという事はこの右手の動きを確認するということなのです。

練習としてはまず右手の動きを殺しボールを右に打ち出すことです。そして、下半身の動きでボールをセンターにもってくる事を覚える事です。そうすると右手は使っていないのでその状態でどの様に右手を使うかが発見できると思ってください。それこそが自分流の右手の使い方になるのです。

強く振ると上手くいかないと考えてしまいます。しかしそれは右手を強く使ってしまうから上手くいかないのです。強く使うのは左サイドの左膝の屈伸と左手の引き込みなのです。この時右手は余っていますので、その余った右手をインクとで柔らかく使えばいいのです。

良く左に曲がる人の言葉に右手が強いからというのを聞きます。しかし右手が使い過ぎている事もありますが、問題は多分左サイドがちゃんと使えてないからなのです。インパクトまではとにかく意識を左サイドの動きに集中させましょう。そして、インパクトにきたら自分流の右手を使えばいいのです。

今日からの練習で意識を左サイドに持ち、右手を柔らかく使ってみてください。軽いドローボールは出てもフックボールにはなりません。先にも述べましたがこの右手の使い方は自分流しかありません。感覚的なものですから、その感覚を育ててみてください。頑張ってみてください。但し、右手は頑張らないように気を付けましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年01月22日

ボールが先に行って曲がる理由 右編 その2


ゴルフで一番大事なのが「ボールが右に行くのを止める」ということです。何故ならボールが右に飛び出したり、右に曲がったりすることはスイングのミスが原因だからなのです。右に曲がるのを消すのは「スイング軸を動かさない」という事なのです。しかし、このスイング軸を保つという事が難しいのです。だからこそ、そのスイング軸を保つ方法をしっかり考えておく必要があるのです。

スイング軸はテークバックで右に動かしても、元の位置に戻ればいいのです。樋口久子プロのスイングを見えればそれが良く分かります。プロは右に大きくスエーしてそれを元の位置に戻しているのです。これこそプロの技です。しかしアマチュアとしてはその技術を習得するよりももっと簡単な方法を探した方が良いと私は考えます。

今回紹介するのはあくまでも私の方法です。ようはボールが右に曲がらなければスイング軸は保たれているということなのです。しかし、ボールがどうしても右に曲がってしまうのであればそれを止める方法を考えておくことが大事と思います。

スイング軸が左に流れると何故ボールにスライス回転が入るのでしょう。それはインパクトでフェイスが開いているからなのです。そしてその開く原因がスイング軸の左への流れなのです。スイング軸が左に流れる事により動かないはずのボールがアドレスの位置から右へ動くのです。その分フェイスがアドレスの位置に戻る前にインパクトを迎えるのでフェイスが開いているのです。

アドレスをした状態でスイング軸を左に動かしてみるとその事が良く分かります。軸を左へ動かす分フェイスの開きは大きくなるのです。更にこの動きに体重移動が入るとその体重移動がインパクトの瞬間に入り開いたフェイスでボールを擦る事になります。するとボールには更に大きなスライス回転が加わりボールを右へ曲げるのです。

スイング軸を保たずに左に軸が流れながらもボールが真っすぐ打てたとしたらそれは危険な状況であると考えます。理由は右に曲がるボールを右手の動きを使って止める事になるからです。当然右手を使えばインパクトで開くフェイスをスクエアに戻す事はできます。しかしこの動きは反復性が極端に低いという問題と右手の使い過ぎからくるボールのフック回転という副産物を生むという問題があるからです。この事は後日「左に曲がる理由」の中で説明します。

最初に理解をしておきたいのが「ボールが右に飛ぶという事は下半身の動きに問題がある」ということです。ボールが右に飛び出せば下半身の切れに問題があり、右に曲がれば回転軸の動きに問題があるということです。右に飛ぶことを消すには下半身の動きをしっかり理解し、自分なりを作る事が必要なのです。

スイング軸を保つ動きには上半身はまったく関係ないのです。自分では動かない上半身を動かすのが下半身の役目ですから意識は下半身の動きだけに集中する必要があります。問題は下半身の腰骨を開く動きの時にいかに軸を止めるかということです。それも腰骨を早く力強く動かす必要があるのでスイング軸を保つにはその原理を理解しておくことが必要です。

腰骨を動かすのに使うのは左膝の動きがもっとも効果があると考えます。左膝の前屈からそれを角度を保ちながら伸ばしきると左腰は後方へ動かされるのです。これは骨の仕組みの原理です。この動きに技術は全くないのです。単純に前屈して左膝を伸ばし切る動きなのです。

この時に大事なのがスイング軸が動かないという事です。スイング軸を保つには両膝の前後への出し入れの動きを理解することが大事です。実際に自分で両膝を前後に交互に動かしてみればスイング軸が動かない事を感じる事ができます。止まった状態で歩く感じで膝の動きを作ってみるとその動きに合わせて腰骨が動いているのが分かります。左膝を伸ばした時は左腰骨は後方に動いているのです。

そしてその膝の動きを深くしてみると腰骨の動きが大きくなるのが分かります。慣れてきたらこの動きの時に踵は地面に付けたまま行うといいのです。踵を浮かせると腰骨の動きは大きくなりますが動きが大きなりすぎる問題と上半身の捻転が入りにくいという問題を引き起こします。ただこの部分は自分流を作ることをお勧めします。

この動きは空手の突きの動きに似ていると空手をやっている方に言われました。強い突きを生むには膝の屈伸をしっかり作る事が大事と教わりました。膝の動きに両手の突きの動きを入れるとさらにスイングの動きが分かり易くなります。

更に両膝の前後の出し入れのスピードを速めるのです。早く、躊躇なく動ければそれは強いスイングを生む事になります。注意したいのがこの動きの時に体の中心が左右に動かない様に感じる事です。

そして更にこの動きの時にスイング軸を真上に引き上げる様にしましょう。この動きはフィギュアスケートで回転を作る動きのイメージです。膝の動きを使って体の回転を生み、スイング軸を真上に引き上げる事で回転を速め、回転軸を流さなくなるのです。

ゴルフのスイングをイメージして左膝を伸ばす動きを覚えましょう。クラブを振る事以前に下半身の動きを先行させるのです。左膝を前に前屈させたら、その膝を一気に伸ばすのです。そしてこの時に頭を真上に引っ張り上げるイメージを持つとスイング軸の左への流れを止めてくれます。

この軸を保つ左足の動きは、最近の大リーグの野球選手の下半身の動きで分かります。スイングする時に左膝を突っ張っているのが分かります。ゴルフでも最近のプレーヤーの膝の動きを見れば左足を突っ張っているのが良く分かります。伸ばし切っていないプロもいますがこの場合は技術でスイング軸を保ちながら肩の向きをアドレスの位置に戻しているのです。意識的に左膝の角度を緩めて、立てればその分ボールにはスライス回転が入ります。

軸の流れを止めるにはアドレスの時の左足が作る体の中心との角度がポイントです。右足も同じ角度で反対側に作られます。開いた足がA字の形になっている事が分かります。アドレスでは腰幅よりやや広く足を広げています。体の中心に向かって両足は三角形△(A字)の形を作っています。問題は左足が体の中心に向かって斜めに傾いていることです

両膝の出し入れの動きの時もこの角度は保たれているのです。スイング軸を左に長さないという事はこの左足の角度を消さないことなのです。当然左膝を伸ばす時もこの角度を意識した方向に伸ばすのです。真上に伸びあがりながら伸ばすことも意識しましょう。そして右膝は前屈するのです。この時に右膝は前方に動いている事も確認しましょう。

右膝が内側に曲げられると体重移動を生む事になるのでスイング軸は左に流されてしまいます。むしろ右膝の事は余り意識しない方がいいと思います。どうしてもスイング軸が左に流れてしまう人はこの右膝の動きを意識してみるといいと思います。

ゴルフスイングで難しいのはフィニッシュの時は左足が真っすぐ直立していることなのです。この状態にインパクト前に向かえばそれはスイング軸を左に流す事になるのです。フィニッシュでは真っすぐ左足の上に立ち上がりますから、何時スイング軸を左に動かすかが問題なのです。しかしこれは自分流を作るしかないと思ってください。

スイングしてボールが右に曲がらなければスイング軸が左に流れていないので、このボールの飛びを見ながら自分流の体重移動のタイミングを作る必要があるのです。この体重移動が強く使えればそれは飛距離のアップに繋がる事になるのです。ただ、注意が必要なので気を付けてください。基本的にはインパクトの後に体重移動が入ると考えてください。

スイング軸を保つ話をしてきました。ゴルフのスイングの中でこの事を理解する事がとても大事なのです。何故ならスイング軸に対する意識がしっかりしていればボールを右に曲げる事がコントロールできるのです。そして下半身の動き全体を理解すれば右に対する不安は一気に減少する事になるのです。

アマチュアゴルファーにとってはスコアの減少にとても役立つのです。是非自分なりを作るように練習してみてください。ちなみにこの下半身の動きが理解できるようになると右も怖くなくなりますが、ボールは左へも曲がり憎くなるのです。

次回はボールが左に曲がる理由を書きたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年01月15日

ボールが先に行って曲がる理由 右編 その1


ゴルフの中で一番大切なのが「ボールが右に曲がる理由を知る事」なのです。何故かと言うとその理由が余りにも簡単な事だからです。しかし、この簡単な理由が実は一番認識されていないのです。

スイング軸が左に流れるからボールの位置が右にズレてしまい、ボールにフェイスが当たる時にフェイスが開いてしまうのです。結果としてボールにはスライス回転が加わり右に曲がるのです。当然軸の左へのズレる状況によってボールの右への曲がりが変わってきます。

まずは小さな曲がりを生む状況を考えます。ヘッドがインパクトに入る時にフェイスが開いていればボールにはスライス回転が入り先に行って少し右に曲がるのです。フェードボールを持ち球にするという事はインパクトでフェイスを開いているという事です。

この状況を作る動きは何でしょうか。それはスイング軸の左への流れです。スイング軸が流れる事でボールの位置が右に動きます。その分想定したインパクトよりも早くボールにフェイスが当たってしまうのです。当然フェイスがスクエアに戻る前に当たるのでフェイスは開いていることになります。結果としてスライス回転をボールに加えることになります。

一般的にはスエーという動きです。もしくはボールへの体の突っ込みという表現も良く使われます。基本的な動きとしては左への体重移動です。一般的に言われている「振り遅れているから」というのは問題があります。実際に右手を使ってスイングしていないのでボールが動いていない状況では振り遅れという言葉は問題があると思います。

この問題を右手の使い方が悪く、振り遅れていると考えているゴルファーが多いのが現状です。ボールを右手で飛ばしてはいますが、右手でボールを叩きにはいっていないのです。右手を使う事でスイング軸の左への流れは一時的に解決されます。しかしこの右手の間違った動きは後に「ボールが左に曲がる」という別の問題を作るのです。

スイング軸の左への流れが大きければ大きいほどボールは右に曲がるのです。ちなみにスライスの原因は多く考えられていますが、スライスの基本はスイング軸の左への流れです。実際に上半身の動きでスライスを作るのは非常に難しいことです。体が腰で回転し、左手でクラブがインパクトへ導かれていればスライスの原因はスイング軸の流れしかなくなります。

更に「ボールが大きく右に曲がる状況」とはどんな状態でしょうか。それはインパクト中にフェイスが開いた状態で体重移動を加える動きです。インパクトでフェイスが開いている状態でさらに体重移動を加えると開いているフェイスでボールを擦る事になるのです。結果としてボールはさらに右に曲がる大きなスライスとなります。大きく右に曲がったら体重移動のタイミングがズレていて、早すぎると知る事です。

この動きは飛距離を体重移動で出そうとすると起きる事が多いのです。当然ボールにパワーを与えるには体重移動は大事な要素です。しかしこの体重移動はスイング軸を左に流さない状態でしなければならないのです。イメージとしてはフェイスをスクエアに入れてから体重を移動するということです。

この動きを体重移動から入るとフェイスは開いている状態でインパクトに入る事になるので、ボールを擦る動きとなるのです。この時体重移動が大きければ大きいほどボールは右に大きく曲がるのです。ちなみにこの動きを意識的にできればスライスの幅を操作できるという事です。

結論としてボールが右に曲がるという事はスイング軸が流れているかどうかなのです。ちなみにスイング軸が動かなければボールは決して右に曲がらないのです。自分でボールを打っていてボールが右に流れていればスイング軸を保てていないと思いましょう。

ボールを打ったらその打球の飛び方をしっかり確認することです。右にボールが流れたらスイング軸が左に突っ込んでいるという事です。そしてボールが真っすぐ飛んだらスイング軸が止まっていると考えていいでしょう。もっとも右手の使い方でスライスを止める事もできるので気を付けましょう。

そして大きくボールが右に曲がったら体重移動のタイミングが早いと考えましょう。体重移動のタイミングを遅らせる事で右への曲がりは消えます。右への曲がりが右手の使い方の問題と考えないことです。右手の役目はもっと別のところにあるのです。

今回の事はあまりにも単純な事です。しかしゴルフスイングの中では一番難しい部分です。スイング軸を流さないでしっかり振る事にチャレンジしてみてください。次回はどの様にスイング軸を保つかを私なりの考えを書きます。よろしくお願いいたします。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年01月08日

ボールが先に行って曲がる事を考える


今回のテーマは前回の「飛び出しでボールが曲がる事」がその1とするとその2は「先に行って曲がる事」です。ボールが曲がるのはどこが問題なのでしょう。それはインパクトでのヘッドの動きです。インパクトでのフェイスの向きがボールの曲がりを作ります。さらにインパクト中のクラブの動きが更にボールを曲げる事になります。この二つの動きは別の事であることを理解しましょう。インパクトでのフェイスの向きはボールの曲がりに少しの影響があります。そしてインパクト中のフェイスの動きはボールの曲がりに大きく影響します。

ゴルフで難しいのはこの曲がる理由をしっかり理解することなのです。この曲がる理由をそもそもの原因で考えないととんでもない結果を生むことになります。多くのゴルファーがここで躓いてしまいます。

たとえば右にボールが曲がる事がスイング軸の流れが原因である事が分かっていないとその曲がりをやってはいけない事で解消しようとします。ボールが右に曲がっているのでその原因が右手にあると考えてしまうのです。

そして右手を不必要な方法で使う事でボールが右に曲がるのを防いでしまうのです。良くゴルフをしていて聞く言葉に「右に行くのは振り遅れが原因だね」というのがあります。しかし、ボールは動いていないので振り遅れるという事は起きていないのです。スイング軸が左に流れる(突っ込む)事でボールの位置が右にズレる事になるのです。その分インパクトが早まりフェイスが開いているのです。結果としてスライスボールを生むのです。

さらにこの左へのスイング軸の流れがインパクトの最中に起きるとフェイスを開きながらをボールを擦る事になるのです。結果としてスライスは更に大きくなるのです。この流れの原因は体重移動という動きなのです。体重移動はインパクトの瞬間にフェイスがボールに対してスクエアに入っている時に行うのが理想です。基本的には体重移動を入れない方がボールが右には曲がりにくいのです。ボールを飛ばそうとして体重移動を入れる事がスライスを作るもっとも大きな原因となるのです。

アイアンではスライスが少ないがドライバーではスライスが大きくなるという事も考えておきたいのです。それはアドレスの時のボールの位置です。アイアンではボールの位置は体の正面に近いのに対してドライバーでは球は左サイドの左踵の位置なのです。この違いは約20センチのズレなのです。

ドライバーをアイアンショットと同じ様に振ると体のスイング軸は左に流れるのです。目と球の距離が同じになるという事は、スイング軸は左に流れているのです。アイアンはダウンブローで打ちクラブの最下点はボールの左側に来ます。一方ドライバーではクラブの最下点はボールの手前なのです。その分クラブは地面と平行に動くのです。スイング的に言えばドライバーをダウンブローに打とうとすることはスイング軸の流れを生みボールがスライス回転するという事なのです。

一方左に曲がるという事はどういう事なのでしょうか。インパクトに入る時にフェイスが左を向いていて、そしてインパクトの最中にクラブヘッドが更に閉じる事でドロー回転を生むのです。ゴルフスイングの中でこの動きが作れるのは右手首の動きしかありません。インパクトで右手首を間違って使う事がフック回転を生むのです。

先にも書いた様に右にボールが曲がる原因をスイング軸の流れと考えずに、右手で対処しようとすると右手の使い方を間違えてしまうのです。問題はそれが時々上手くいく事があるという事なのです。そしての間違えた動きがスイング軸の流れが止まった時に悪い方向に顔を出すという事です。チーピンボールはその最たるものなのです。

次回はこの曲がる動きをもう少し細かく考え、その対処法を書きたいと思います。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年01月05日

ボールが曲がる事を考える(初心者編)


今までに書いてきたことはスイングでのボールの飛び出しの方向の話でした。良く考えてみると飛び出しの方向の理由は非常に簡単でした。右に飛び出すのは下半身の動きが問題でインパクトでの肩の向きが右を向いていることでした。逆に左に飛び出す原因は下半身の動きを上半身が追い越すという単純なものでした。下半身でスイングをリードして、しっかり下半身を切ればボールは真っすぐに飛ぶしかないのです。

是非、この理屈を体感してください。そしてボールが思うように飛ばなかったらその原因を細かく考えることが大事です。そのポイントは下半身の動きと肩の向きであることを理解しましょう。そうすればボールが思わぬ方向に飛び出すことは防げます。できなかった時は自分の動きを考え反省し、同じことが起きないようにすることです。

ゴルフをこれから始める方へのアドバイスを書きます。ゴルフはゴルフクラブをスイングしてボールをクラブヘッドで捕まえるという運動であることを頭に入れておきましょう。クラブをどの様にしっかり早く振るかを知る事が大事です。ボールを打つとか叩くというイメージは技術が上達してから考える事が大事です。

ではゴルフクラブはどの様に振られているのでしょうか。それは下半身の回転という動きで左肩を動かす事で始まります。そしてその動きと同時に左手でクラブをボールに引き込んでいるという事です。この下半身の動きと左手の引き込みの力もクラブのヘッドスピードを上げています。早く回転して、早く引き込むことが強いスイングを作ります。

この体感は野球のバットを振る事で感じる事ができます。野球のバットも下半身の回転と左手の引きで振っています。胸の前でバットを振ってみてください。下半身の動きと左手の動きが体感できます。下半身から動かないと胸は前を向かないのです。そして左手でクラブを正面に引き込むのです。

そして、体の前で遠心力が働き右手が伸びていくのです。この時の右手の使い方が自分流です。最初は右手を脱力するだけで良く、遠心力でヘッドが走る事が感じられます。強く振るという事は下半身を早く回転させる事とそれを追いかける左手の引きを強くする事の組み合わせなのです。その動きを加速させるのが右手の使い方です。

野球のバットが胸の前で振れたら次は上半身を前傾させてゴルフのアドレスの位置で振ってみましょう。この時大事なのがバットを振る意識です。決して何かを打つイメージは持たない様にしましょう。次にゴルフクラブを持って同じように下半身と左手でクラブを振ってみましょう。下を向いていても遠心力の開放が感じられる様になる事が大事です。

初心者で一番大事な事はクラブを下半身と左手で振るという事です。ボールを飛ばすというのはその動きが固まってからなのです。練習場でボールを打つことに必死になってしまうと右手主導のスイングになるだけです。ここには進歩は無いと知っておきましょう。

練習場ではボールに当たらない高い位置での素振りが大事です。ここでは下半身と左手の動きが中心で右手の役目はありません。ボールの上が振れるようになったら、次はボールの手前にヘッドを置いてボールに当たらない様に素振りをしましょう。ヘッドの動きがインサイドインになっている事が体感できます。

この時にクラブヘッドがボールに当たるという事は今まで書いてきた下半身の動きが足りないか右肩が前に出てしまうからです。前に書いた部分をもう一度読んでみてください。

素振りが納得できたらボールにヘッドを当ててみましょう。そして、その時にボールが真っすぐ飛んでいるのか、左右のどちらに飛んでいるかをみることです。その飛び方で自分のスイングの流れでどこが間違っているかを考える事ができます。右へボールが飛び出すようなら下半身の動きが問題なので前述のブログを確認してください。左にボールが飛び出すようならそれは右肩が前に出ているからです。これも前述のブログで確認をしてください。

ボールの飛び出し方向の問題は非常に簡単な事なのです。真っすぐ飛ばすのではなく、右に飛ばない様に振り、左にも飛ばない様に振ることが大切なのです。左右を消すことで結果としてボールは真っすぐ飛ぶのです。

しかし常に上手くいく事はないのです。ですから実際のプレー中は右か左かどちらを重点的に注意するかを決めることが大事です。行きたくない方向を特に注意して振るのです。もちろん意識はどちらにも持っていますがそこでの意識の持ち方が大事です。この意識の持ち方を練習の時に掴むのです。

曲がりに対しての考え方を整理しておくことでホールの狙い方も変わってくるし、スイング中に注意するポイントも変わってきます。ただ、曲がりに対しての意識がはっきり持てればしっかりクラブを振れるようになるのです。初心者の方はまずはクラブを振ることを覚えることです。そしてその振りでボールがどの様に飛ぶかを確認し間違っている部分を修正しましょう。

真っすぐ飛ばそうとするのではなく、ボールの飛び出しがズレないように振ることを覚えるのが大事です。この修正を繰り返しする行動がスイングの進化に繋がります。是非、しっかりゴルフクラブを振るようにチャレンジしてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年01月01日

肩の向きとスイングの関係 (左に飛び出す) その3



新年あけましておめでとうございます。東京は元旦から天気が良くて気持ちがいいです。今年もゴルフのスイングが理解できるように私の意見を書いていきたいと思っています。ご質問にはその都度お答えしたいと思っていますので、コメントもよろしくお願いします。

ボールが左に飛び出すのはインパクトで肩の向きが飛球線の内側を向いているという事です。スイングの軌道が飛球線の外から入ってきて、内側に抜けていく所謂アウトサイドインの動きです。この左への飛び出しに関係する肩の向きとスイングの関係を考えます。

左にボールが飛び出す原因は右肩が前に出るからです。ゴルフのスイングではこの右肩の動きを止めることが一番大事なのです。右肩が出て来なければボールは左に絶対飛び出さないということです。前回まで書いていた右にボールが飛び出すことはスイングの完成度によって結果が出てしまったという事です。しかし、左に飛び出すという事は右肩さえ前に出さなければ起きないのであってはならない事なのです。

この右肩の抑え込みができているかいないかでゴルフの結果は全く違ってくるのです。右肩が動かないスイングができれば右に行くことはあっても左には飛び出さないということです。もっとも左に曲がるという事は別の事であるという事を知っている必要があります。その左への曲がりについては後日書きます。

では何故右肩がでてしまうのでしょうか。前回まで書いてきた様にスイングは下半身の動きと左手の動きで作られます。下半身の動きが遅いから上半身が下半身を追い越すのです。この追い越すという動きが右肩を動かします。まずは下半身の動きからボールを飛ばすことを理解することが大事です。そしてその下半身の動きと連動するのが左手の動きです。左腰の切れと左手の引き込みでスイングは作られています。この動きの連動があればボールは左には絶対に飛び出さないのです。

「後を向いて振れ」というのはこの事です。右肩を出さない様に振るという事です。そしてここで大事なのが左腰の切れです。切れが良ければ右にも飛び出さないのです。問題は左に飛び出さないようにするという事です。練習の時は遠慮なく右に打ち出していいのです。右肩が動かないスイングを身に着け、そこから下半身の切れを作りボールを真ん中にもってくるのです。

左にボールが飛び出す人の多くの原因がこのボールが右に飛びだす理由を理解していないという事です。下半身を回し切れば解決する問題を右手の動きで補おうとするから右肩が動くのです。右手でボールを打ちにいき、方向性をコントロールしようとするから右肩が動くのです。

ダウンスイングでは右手ではなく左手の引きからスタートすることを覚えると右肩は動きません。この動きは野球のバットを振る動きと同じです。野球もバットを振るときは下半身の動きと左手の引き込みから入ります。右手を使うのはインパクトの時ですからダウンスイングの開始時は力が抜けているだけです。クラブを左手の引きから入ってスイングすることを覚えましょう。この動きだけでボールが左に飛び出すことはほとんど無くなります。

それでもボールが左に飛び出すようなら意識的に右肘を体の後方に落とす様にします。この動きは野球でボールを投げる動きに似ています。ピッチャーは右肘を体の後ろに回して落としてから投げます。これは右肩の突っ込みを防ぐことと強い球を投げるためです。ゴルフでもこの右肘を後ろに引き体の後方に落とす動きが役立ちます。この動きが右肩の突っ込みを止めてくれるのです。

それでも左に飛ぶようならインパクトへの左手の引き込みの時にクラブのシャフトを飛球線と平行に引き込む感じを覚えましょう。右手の平を飛球線と平行に動かすのです。左手で言えば左手の親指を平行に動かすこと動きです。この動きはボールが右に飛びだすのではという恐怖心を与えますが下半身がしっかり動いていれば右に飛び出すことはありません。もし右に飛んだら下半身の切れが足りないということです。

結局左に飛び出す原因も下半身の動きであることが分かります。下半身がしっかり動き、切れていればボールが右に飛び出すことがないので右手でボールをコントロールしようとしないのです。この意識の変化が右肩の動きを止めることになります。

インパクトの時のクラブの入り方を考えるのも左に飛び出さない解決策のひとつになります。ボールを真横から打とうとするからクラブが外から入るのです。スイングはインサイドインですからクラブヘッドはボールの内側から入れるようにします。ボールの内側を意識しそこにクラブヘッドを入れるようにします。下半身がしっかり切れていればボールが右に飛び出すことはないのです。

さらに振り出しもやや外側に振り出す様に意識します。意識的にインサイドアウトを作るのです。しかしどんなにインサイドアウトを意識しても下半身がしっかり周り、肩の向きが飛球線と平行になればヘッドはインサイドインに動きボールは右に飛び出さず、真っすぐ飛ぶのです。これは物理的現象なのです。

ボールを打つとか叩くというイメージもボールが左に飛び出す原因になります。叩くというイメージは「下半身を止めて」という動きを作り易いのです。下半身が止まると上半身が下半身を追い越してしまい右肩を前に動かすのです。スイングは流れです。この流れは野球のピッチャーがボールを投げている感じに近いです。ピッチャーは下半身で動き、右手の腕の振りで勢いをつけ、最後に右手首の動きでボールを投げだします。この時に下半身を止めることはないのです。

ゴルフも同じで下半身で動き、左手の引き込みで右腕を動かし、最後に右手首の動きでインパクトを作るのです。この時にボールを叩くイメージではなくクラブヘッドをボールに通過させるイメージが大切なのです。「しっかり振り切れ」というのはスイングの流れを止めない為のアドバイスです。

ゴルフではとにかく左に飛び出すアウトサイドインのスイングは禁物です。そして「このアウトサイドインの動きは右肩の動きで決まる」という事を理解しましょう。右肩の動きを抑えてスイングできれば左は怖くないのです。後は下半身の動きを作り右に飛び出さないようにするのです。

右肩に意識を持った自分流のスイングを作ってみてください。この意識が完成するだけでゴルフのスコアが著しく良くなります。

次回はボールが曲がる理由について書きたいと思います。


posted by golfq at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

肩の向きとスイングの関係 その2の続き



次回は年明けと言っていましたが、ボールが右に飛ぶことについて補足したいと思い書いています。同じ事も書いていますが少し細かく説明してみました。

ボールが右に飛び出しているという事は良い事なのです。それは上半身が下半身の動きを追い越さずに、右肩が残ってスイングできているからです。右に飛び出した球の方が飛んでいる事が多いと思います。もちろんスライスしていないことが大事ですけどね。

右に飛び出しているという事は下半身で左肩を動かせていないという事です。左肩がアドレスの位置に戻っていないのでスイングプレーンがインサイドアウトになっているということです。どうしても左肩がアドレスに戻らない時は下半身の使い方に問題があると考えることが大事です。

先にも書きましたが下半身と上半身の遊びをまず消すことです。アドレスから下半身の回転でトップスイングにいくとその時は上半身の遊びが残ったままトップスイングに入ってしまいます。

左足の踵をヒールアップするスイングではこうした状況が起きやすいのです。左足の動きが踵を上げることで大きくなりその分左肩の後ろへの動きが少なくても左肩が顎の下に収まってしまいます。するとダウンスイングで下半身から動いても最初に遊びが消えるだけで肝心な左肩が動かないのです。この間が肩の向きをアドレスに戻さなくするのです。

左足の踵のヒールアップはボールが右に飛び出している時はしない方がいいと思います。まずは右手でクラブを後方へ引き上半身の遊びを無くしましょう。遊びが無くなったところで左膝の前屈と右手の引き上げを喧嘩させながら引き上げるのです。するとその動きも止まります。膝の前屈の力と右手の引き上げの動きが無理がなくバランスが取れている状態です。

そして、ここから左膝の前屈を深めて体重を前に入れ込みます。その時に右手の引き上げがその動きと喧嘩するのです。この動きが上半身の筋肉の捩じれを生み出します。この捩じれの深さは個人によって異なります。深くなればなるほどスイングは早く、強くなるということです。

トップスイングで止まった様な状態が自分の捩じれの限界と思いましょう。トップスイングでちょっと間を作ることが大切と思います。もっともこの間を作らず引き上げの反動でダウンスイングに入るのも問題はありません。この方がスイングが強く感じると思います。問題は下半身と上半身の動きの連動が多少ズレることが起きることです。このズレはインパクトでの肩の向きに影響するのでボールが右にも左にも飛び出すことがあります。

トップスイングで止まれれば左膝を伸ばすことからダウンスイングに入れます。ダウンスイングの開始で下半身が動きに入った時に右手の力を抜き指の力、手首の力を緩めます。すると引き上げられた左手が下方に素早く落ち込みます。右手は力が抜けていて右手自体は動かしにいっていないので右肘が体の横に落ち込みます。

上半身の捩じれはこの時はまだ解けていません。左膝がアドレスの位置に戻る時は左肩の向きは未だ右を向いています。そして、左膝を伸ばし切ることで左肩がほぼアドレスの位置に戻るのです。この頃には上半身の捩じれも解けてきていて左肩の向きをアドレスの位置に戻しながら通過していくのです。この捩じれの戻りがあるのでインパクトは止まった動きではないのです。

下方に落ちた左手は右腰の辺りに落ちてくるのでそれをアドレスの位置に戻す為に左手の右から左への引きの動きが入ります。この動きは飛球線に対して平行な動きです。この平行な動きが右肩の突っ込みを防ぎます。ボールを真っすぐ飛ばすためにもこの飛球線との平衡感覚が大事です。

多くのアマチュアがアウトサイドインにスイングしているのもこの飛球線に対しての左手の動きの平行感がないからです。クラブのシャフトも飛球線と平行に動き、左手の動きの感覚と連動しています。

そしてインパクトに向かって左手を握り込むのです。このグリップの握り込みでクラブヘッドはアドレスの位置にスクエアに戻るのです。ゴルフのスイングの最中に2番目に力が入るのがこのインパクトでの左手の握り込みの力です。この動きにも技術はありません。単純にしっかり握るという事です。ゴルフスイングで力を入れるのはダウンスイングでの左足の踏み込みから膝を伸ばし切る動きとインパクトに向かっての左手のグリップの握り込みです。そして右手は柔らかく使うのです。

同じような話になりましたが、とにかくボールが右に飛び出さない様に下半身を使うことが大事です。右にボールが飛ばなくなれば、右手を使い過ぎてボールが左へ飛び事を防げことにもなります。

是非正月休みに試してみてください。良いお年をお迎えください。


posted by golfq at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

肩の向きとスイングの関係 その2


曲がらないスイングで一番大事な事は上半身を動かさないということです。そしてその動かない上半身を下半身で動かしアドレスの位置に戻すという事です。しかし、アドレスの位置に戻るのはインパクトの一瞬で決して止まった状態ではないのです。

上半身を動かすのは腰の動きです。左腰が開く事によってスイング軸が回転し、左肩が動くのです。但し以前にも書きましたがこの時に下半身と上半身の捩じれによる遊びが消えていることが大事です。遊びが残っているといくら下半身を動かしても左肩は動きません。「バックスイングで肩を深く入れて」というのはこの遊びを無くすためです。

問題はどの様にして左腰を開くかです。当然その動かし方は人によって違います。問題はボールがその下半身の動きで真っすぐ飛んでいるかどうかです。肩の向きがインパクトで飛球線と平行になっていればボールは真っすぐ飛ぶのです。

ここではもっとも効率的に、確実に、力強く左腰を開く方法を紹介します。下半身を動かすという事は膝の動きを利用するということです。そして体のスイング軸が左右に動かずに腰を回転する動きが必要です。

この時に使うのが空手の動きにある両膝の前後への出し入れです。右膝を伸ばした時に左膝を前屈します。この時に体の軸が止まっていることに注意しましょう。そして今度は左膝を伸ばします。すると右膝は前に曲がります。この動きを繰り返しにやるのです。大事なことは体の軸が中心に止まっているということです。この運動の最中に軸の意識を真上に引き上げるように持ちましょう。この軸を動かさないという動きがボールが右に曲がることを防ぎます。

ゴルフのスイングではこの動きは1度だけです。動きの感じが分かったらそれをスイングの中に取り入れましょう。テークバックで上半身の遊びを無くしその後に右膝を伸ばしていきます。それと同時に左膝を前方に曲げていくのです。すると肩が更に深く入っていきます。

膝の動きが止まったらその膝を更に前方に深く曲げ込んでください。すると体が前方に倒れる感じになります。それを右手の引き上げで受けてください。右手の引き上げと左膝の前屈が喧嘩している状態です。ここからの動きの深さは人に寄って違いますがこの動きが上半身の捩じれの深さを作ります。無理をしないことです。この動きの終点がトップスイングになります。

ダウンスイングの始まりは右手の脱力から始まります。弓矢を飛ばす感じを思い浮かべてください。左膝が弓そのもので、左手が弓の弦です。トップスイングは弓を引ききった状態です。そして右手の開放が弓矢を飛ばすのです。ゴルフでは右手の開放が左膝の伸ばしを生みます。そして左手はアドレスの位置に戻る強い動きになります。

ここで大事なのが左膝を伸ばす動きです。左膝の屈伸された状況が元に戻る動きですが、大事なのはその動きを利用して左膝を伸ばし切ることです。この左膝を伸ばし切る動きが左腰を強く開く動きに影響するのです。この動きは左膝が伸びきることで骨の仕組みが左腰を後方へ動かすという事です。この動きが左肩を元のアドレスの位置に戻すのです。

インパクトでは上半身の捩じれは開放されている最中なので肩の動きは止まりません。さらに上半身の下半身との遊びは反対側へ流れているのでこの動きも肩の動きを止めません。肩をアドレスに戻してはいますが、肩は常に動いていることも知っておきましょう。

左膝を伸ばし始めたら躊躇せず伸ばし切ることが大事です。躊躇すると肩がアドレスの位置に戻りきらないので肩の動きを止めボールを右に飛ばすのです。スイング軌道がインサイドアウトになるということです。

ここで知っておきたいのはどんなに左膝を速く伸ばしてもその動きが原因でボールは左には絶対飛び出さないということです。だから下半身を強く使う必要があるのです。ゴルフの飛ばし屋のスイングを良く見てください。左膝の蹴り上げの強さを知ることができます。ゴルフのスイングで力を入れて動くのは左足の蹴り上げなのです。

この動きで大事な事はこの動きの意味を良く考え、知る事です。そして自分流を見つける事です。ボールが右に飛びださなくなったらその自分流は完成です。動き自体には技術はありません。単純に屈伸を強くするだけです。

是非試してみてください。まずは上半身を下半身で動かすことです。そしてその動きを膝の屈伸で作りましょう。ボールが右に飛び出しているうちは左膝が使い切れていないということです。最後の左膝を伸ばし切る踏ん張りがポイントです。できないのではなく、やろうとしていないことを知りましょう。一度覚えたらそれ以上はありません。でも右に飛び出すことは無くなります。

次回は年明けになります。テーマは肩の向きとスイングの関係(ボールが左に飛び出す訳)を書きます。良いお年をお迎えください。

posted by golfq at 12:01| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

肩の向きとスイングの関係 その1


体の肩の動きはボールの飛びに大きく影響しています。腕で振っているクラブはその腕が付いている肩の向きでスイング軌道が決まるのです。

まず、最初に理解したいのがゴルフは下半身と上半身では動きに遊びがあるという事です。椅子に座った状態で上半身を捩じってみてください。肩は左右に約45度動きます。これが下半身と上半身の遊びです。この遊びを消すことが下半身と上半身の動きを一体化させます。この動きで肩はトップスイングでの肩の90度への角度の半分(1/2回転)が動きます。

プロがアドレスの前に上半身だけ揺さぶっているのはこの遊びを消す動きです。テークバックは右手を使って左肩を動かします。右手がちょうど右腰の辺りに来た時に上半身の遊びが消えるのです。

その後は下半身の動きで左肩を動かします。左膝を前方に曲げる事で肩はさらに1/4回転します。そして最後は右手の引き上げによる上半身の捩じれで残りの1/4回転させます。トップスイングで左膝の前屈と右手の引き上げが喧嘩している感じが掴めるようにしたいですね。

トップスイングまでの肩の動きは特に大事ではありません。自分流でトップスイングまでいければ問題はありません。ただ、できればトップスイングで間があるといいと思います。

問題はここからです。上半身はここからは自分で動かないという事です。トップスイングで止まって上半身が動かせないという事はスイングするには下半身を使わなくてはいけないという事です。

トップスイングでは肩は後方を向いています。スイングの作り方の方法に「後ろを向いたままスイングする」というのがあります。これは上半身を動かさないという事です。そして下半身の動きで肩の向きを正面に向けるという事です。

まずは上半身を止めたまま下半身の動きでスイングしてみましょう。もしボールが右に飛び出したら下半身の動きが弱いという事です。そして、もしボールが左に飛び出したら上半身が下半身を追い越して動いているということです。

次回は下半身の動かし方について書きます。

posted by golfq at 11:29| 東京 ☔| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

ボールが曲がるのには訳がある

ゴルフではボールが曲がることに悩んでいる人がほとんどです。その曲がるという事がゴルフを難しくして、そして面白くしています。

ゴルフを理解するにはこの曲がる理由を知ることが大事です。最初に知っておきたいのがボールの曲がりには2種類あるという事です。

その1は、ボールの出だしの方向です。この出だしの方向はヘッドのスピードに影響しています。早くヘッドが動いているときは飛び出す方向に影響するのはスイングのヘッド軌道なのです。そこにはヘッドのデザインやシャフトの硬さはほとんど関わっていません。要はクラブが原因で打ち出す方向は変わらないのです。ヘッド軌道がインサイドインにきていれば真っすぐ飛ぶし、インサイドアウトに動けば右に飛び出すのです。逆にアウトサイドインに入れば左に飛ぶという事です。

この簡単な理由が理解できていないことがゴルフの上達を妨げています。これは物理的現象です。強く回転している物体(ヘッド)の動きに物体(ボール)が当たった時はその物体は回転している物体の動きの接線上に動かされるということです。ゴルフで言えば振られているヘッドの回転運動がボールに当たればそのボールはスイング軌道の接線上に飛び出しているという事です。この現象は練習場でボールを打ってみると直ぐに分かります。どのような振り方でもヘッドが外から入れば左に飛ぶし、内から降り抜かれればボールは右に飛び出すのです。

では何がそのスイング軌道をずらすのでしょうか。

普通のスイングをしていれば、スイング中のインパクトでの肩の向きがその方向性を決めています。余りにも単純で簡単な答えですね。スイングしているときにインパクトで飛球線上に肩の向きが平行に向いていればボールは真っすぐ飛ぶということです。ゴルフの解説の中に「インパクトではアドレスに戻す」というのがありますが、まさにこの動きの事です。

この先は次回に書きます。まずはこの原理を練習場で試し実感してみてください。
posted by golfq at 10:59| 東京 ☔| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする