2019年05月15日

ボールの高さを考える ドライバー編 その1


ドライバーの高さを考える時に知っておきたいのが、ドライバーとアイアンではクラブヘッドの入射角が違うという事です。アイアンはボールを上げて止めるので入射角度は大きくなります。入射角度が大きければ大きい程高弾道となるのです。更に入射角度が大きい事でスピン量も増えてボールを浮き上がらせるのです。結果としてグリーンでボールが止まるという事になるのです。

ゴルフプロとアマのもっとも違う点はアイアンショットの入射角度の違いです。プロはほぼ頭の位置からインパクトに向かって縦にアイアンヘッドは落とされているのです。一方アベレージゴルファーはボールを打つ事を考えているので、アイアンヘッドは低いところから落ちてくるのです。位置の問題もありますが、意識的に落としているかどうかも問題なのです。アイアンショットでは距離を気にする以上に高さをどの様に作るかが問題なのです。

一方、ドライバーは入射角度を減らし、ボールの横からヘッドを入れたいのです。横から入れる事で打ち出し角度が下がるのです。ドライバーで高弾道過ぎる球を打っている人はヘッドがアイアンの様に高いところから入っているのです。そのヘッドの動きを横から入れるようにして弾道を下げる必要があります。この動きは意識を持たないとできないのです。

アイアンがいい日はドライバーが駄目で、ドライバーがいい日はアイアンが駄目という話を良く聞きます。これは二つの打ち方のヘッドの動く角度が違う事が分かっていないからなのです。上から入っている時はアイアンの調子が良く、横から入っている時はドライバーの調子がいいのです。問題はゴルフのスイングに2種類のヘッドの入れ方がある事を知る事です。できない事と知っていない事は違うのです。この事を理解して2つの動きを自分なりに作ればこの問題は解決されます。

それではヘッドを横から入れる練習を紹介しましょう。この横からヘッドを入れる練習はボールの真上にクラブを構えてボールにヘッドが当たらない様に素振りする事です。ボールに当てない為にクラブヘッドは自然と地面に対して水平に動くのです。この水平な動きが入射角度を減らす動きとなるのです。まずはゆっくり振ってみます。そして段々スイングのスピードを上げるのです。そして最後は思いっきり振ってみてください。

この練習で驚くことはこのボールの真上を振るスイングでは右手が使われていないということなのです。左膝の屈伸に寄る下半身の回転の動きに合わせて左手をボールの真上に引き込んでいるのです。この左足と左手の動きでスイングは完成されているのです。しかし、それはスイング完成されているだけでボールを打ってはいないのです。そうですこの時は、右手は全く使われていないのです。クラブは右手で握ったままなのです。

左足と左手の動きでクラブがしっかり振れるようになったらいよいよボールを打つ時がくるのです。ここで大事なのが右手の力を抜き、右掌を開いてクラブヘッドでボールを捕まえるのです。ボールの真上をしっかり素振りした後にクラブヘッドをボールに合わせてアドレスをして直ぐにボールを打ってみましょう。弾道が低くなるのが分かります。

この時にボールがまだ高く上がっていたらまだヘッドが上から入っているという事です。もう一度真上を素振りしましょう。もしボールが低く出たらそれは右手のグリップが緩んでいないという事です。右手を緩める事で弾道が上がる事を体感しましょう。この右手を緩める度合いはそれぞれのプレーヤーによって違います。ポイントはボールが高く上がってくればいいのです。

インパクトに向かって左手を握り込み、右手の中指、人差し指、親指の力を緩めるのです。そうするとヘッドは下に落ちフェース面でボールを捕らえる事になります。緩みがしっかりしていればその分ボールは高く上がります。逆に右手の緩みを抑えれば低い球が打てるということです。

ボールが高く上がる様になったら、右手の薬指と小指をしっかり握って右手のスナップを使ってみてください。このスナップの動きが飛距離に繋がります。問題はスナップの角度です。ボールが左に曲がっていたらスナップの方向が違うと考えましょう。ちなみに他の3本の指を握ったらそれは左を作ります。あくまでも他の3本の指が緩んでいる事が大事です。

感覚的なイメージですが体の前方にスナップする感じです。右手首がどんなに前方にスナップされても下半身がしっかり回転すればボールは右に飛び出す事はありません。それに回転軸が左に流れていなければボールが右に曲がる事もないのです。当然右手のスナップにタイミングがあります。ゴルフで言うタイミングとはこの右手首のスナップの動きの事です。

飛ぶ人はこの右手のスナップが強い人です。ピッチャーが速い球を投げるのと同じ感覚です。体でクラブを動かし、最後にスナップで飛ばすのです。曲がる事には以前にも書いてきた様に理由がありますから、スナップを使う事を恐れない事が大事です。体を理屈通りに動かし最後にインパクトで右手首の開放を使うのです。

是非ボールの真上を素振りしてみてください。そして右手の開放による高さの違いを感じてください。そして、最後に開かれた右手のスナップをインパクトで使ってみてください。そして自分のスイングの問題点を解決してください。ボールが左に曲がる事以外は自分のスイングに問題がある事に気づいてください。それを治して右手のスナップを考えてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年05月08日

ボールの高さを考える アイアン編 その3


今回はアイアンで高さを作るクラブのセッティングについて書いてみたいと思います。前述した左手の動き、右手の動きができてもアイアンのセッティングによって高さは変わってきます。

アイアンのセッティングで大事な事は、クラブフェイスが閉じているということです。プル角度というものがありますが、この角度についてはほとんど書かれていません。プル角度とはフェイスの閉じている度合いの事なのです。所謂フックフェイス度です。シャフトを自分の体の前に真っすぐセットした時のフェイスの被り具合の事です。

プル角度が大きいという事はフックフェイス度が強いという事です。今作られているクラブでは日本タイプとPINGタイプの2種類が一般的です。日本タイプは、フック度は浅くボールを体の中心からボール2個分左に置いた時のプル角度です。一方PINGタイプは、体の中心にボールを置いた時にできるプル角度なのです。

日本タイプではボールを打つ時に右手の感覚が問われます。ボールを真っすぐ飛ばす為の右手の使い方が要求されるのです。そして、その感覚が日本的なのです。箸を使っている日本人にとっては右手で合わせるのはそれほどの問題ではないのです。アイアンが上手い人とは右手の使い方が上手いという事になるのです。日本人が喜ぶ技術なのです。

一方PINGタイプの場合は、プル角度が強く右手を使わせないのです。右手がボールを打ちにいけばその瞬間にボールにはドロー回転が加わるのです。ゴルフはもともと西洋で生まれたスポーツです。そこには箸の文化は必要ないのです。むしろアイアンはホークの世界なのです。そこにはプル角度があり、グースネックが存在するのです。右手はボールを置きに行く為に使われているのです。だから右手でボールを打つ感覚はないのです。

PINGタイプというのには理由があります。このPINGタイプで作られるプル角度にはPINGのクラブを作る為の努力があるのです。それはPINGの創業者、カーステン・ソールハイムさんが作ったボールを打つPING MANというロボットの存在です。そのロボットは現在存在する他社のゴルフのロボットマシンとは動きが少し違うのです。従来のロボットは軸で回転してクラブヘッドをインパクトへ引き込みます。しかしここには問題があるのです。

その問題とは人間のスイングには肩の存在と手首の存在があるからなのです。PING MANは軸を回転させる事で動くのは従来のロボットマシンと一緒です。しかしPING MANが動かしているのは左肩なのです。PING MANには左肩が存在するのです。それは回転軸から20センチぐらい離れています。そして左手の腕がその左肩についているのです。この左手は実際にはフリーフォールで意識的に動かされることはありません。トップスイングから左肩が動く時にアームとクラブの重さで左手の役割のアームが落ちてくるのです。この部分は人間が左への引き込みという動きがあるのと比べると違います。

そしてPING MANで凄いのは手首のコッキングがあるということなのです。この部分は従来のロボット マシンとは著しく異なるのです。このコッキングの支点となっているのが、先に書いた左手の親指との接点なのです。右手、左手の動きはありませんが、実際には支点が元でクラブは動いているのです。

ロボットマシンには右手は無いのでコッキングは支点を元に深く作られます。当然左手も無いのでインパクトでの左手の握り込みに寄るヘッドの落ち込みもないのです。しかし、左手のアームが落ちて、回転軸がブレない事がコッキングで溜められたヘッドをインパクトに向かって自然と落としてくるのです。

このプル角度のセッティングはこのPING MANが作ったと言っていいと思います。ボールを高く打つという事はこのプル角度が強い方がいいのです。海外のプロが使うブレード系のアイアンはほとんどがPINGタイプのプル角度なのです。TV放送を見ていても海外のプロがアイアンショットを打つ時に右手でボールを叩いていない事がフィニッシュの姿勢で分かります。右手は高さを作る為とボールの飛ぶ方向を作る為に使われているのです。

ボールを高く上げるという事はプル角度が強いアイアンでヘッドを高い位置から落とす事なのです。しかしこの高い位置からの落とし込みによる入射角度が作れないプレーヤーもいます。どうしても入射角度が作れない時はグース度が大きいアイアンかソールが厚い低重心のアイアンを使いましょう。

グース度とはフェイスのリーディングエッジがシャフト軸から後方に離れていくオフ・セットの事をいいます。オフ・セットが大きいという事はネックを曲げてリーディングエッジを後方へ下げるということです。後ろにヘッドが下がるとヘッドの重心の位置が後方に動くのです。この重心の位置がインパクトでのフェイスの角度を増やす事になるのです。

グース度が強いアイアンも右手はあまり使えません。右手を使うとフェイスが被りボールを左に曲げてしまうのです。しかし右手を、ヘッドを落とす事だけに使えればインパクトでのロフトが増える事になるのでボールは上がるのです。

低重心の場合はインパクトでボールの重みがフェイスを上に開きますのでロフトが増えてボールが高く上がるのです。アイアンではプル角度が強く、グース度が強く、低重心であればボールの高さが作れるのです。最近一般的になったユーティリティ(ハイブリッド)はヘッドが大きい事で重心の位置が後方に下がってインパクトでのロフトを作るのです。

PINGにはその中間の重心の位置を作っているクロスオーバーというユーティリティクラブがあります。グース度が強く、ソールが厚いので重心の位置が後方にあるのです。ブレード系のアイアン、グース度の強いアイアン、PINGのクロスオーバー、ユーティリティクラブのソールの部分を横に並べてみるとその重心の位置の違いが分かります。球の高さ、打感、構え易さ、振り易さを考えてクラブを選ぶことをお勧めします。

是非、ボールの高さに悩んでいる人はクラブの事も考えてみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年04月23日

ボールの高さを考える アイアン編 その2


アイアンショットでは右手の使い方が大きくボールの高さに影響しています。右手首の柔らかい使い方がヘッドを高い位置からボールに落とし込む形を作るのです。この右手の柔らかさは理屈では作られません。あくまでもその右手の使い方は感覚的な物なのです。これは練習を重ねて体得するしかないのです。大事な事はアイアンショットでは右手の役割がボールを飛ばす事ではなく、ボールを高く持ち上げる事にあるという事を知っている事です。

トップスイングからのタメは右手首の柔らかさで作られるのです。ダウンスイングの最初の動きでいかに右手首を深くコッキングできるかがボールの高さを作るのです。コッキングされた右手首を地面に向かってインパクトで開放法する事が、右手が上手く使えたということなのです。

今回の話はこの右手の動きを左手で作るというものです。右手は力を抜き、左手の動きに合わせるのです。左手の動きで一番大事なのは左手の親指の存在です。左手の親指の存在はゴルフスイングの中でもっとも大事なものです。その理由は左手の親指が左手をゴルフクラブと結び付ける支点だからなのです。この事はアニカ・ソレンスタムが彼女の著書の中で書いています。

クラブヘッドは左手でトップスイングから引き込まれて動きます。この動きの支点が左手の親指なのです。トップスイングの時にゴルフクラブがしっかり左親指の上に乗っていなくてはなりません。そしてダウンスイングで作られる右手のコッキングは左手の親指を支点にして作られるのです。右手首のコッキングでタメは作られますが、実はそれは左手の親指の上でのできごとなのです。

コッキングが深くなればなるほど左手の親指にクラブの重さを感じるのです。そしてこの時に大事なのが左手の小指、薬指と中指の動きです。この3本の指は緩んでいるのです。この3本の指が緩むからコッキングは深くなるのです。ダウンスイングでは左手の掌は開いています。そしてクラブのグリップはその3本の指先に引っかかっている感じなのです。左手の掌が開いていればいるほどコッキングは深くなっているのです。

そしてインパクトに向かって左手の肘を伸ばしながら、左手親指を地面方向に抑え込んでいくのです。最後に左手の小指、薬指と中指をインパクトで握り込むのです。この握り込みが行われる事によりコッキングで作られた高い位置にあるヘッドが地面に落ちてくるのです。左手はトップスイングで開き、インパクトで握り込むのです。逆に右手はトップスイング握っていてインパクトで緩むのです。

言葉を変えれば「トップスイングで右手はグー、左手はパーでインパクトでは逆の右手はパー、左手はグー」なのです。グー、パーの感覚は多くの人が逆の動きをイメージしています。素振りをしている最中にこの両手の逆の動きを感じてみましょう。インパクトでヘッドが走る感じが体感できます。

今回の話のポイントはダウンスイングで左手を開き、指先にクラブを感じるという事です。そしてインパクトでその開いた指先を握り込むということなのです。右手で作られるコッキングですが、実は左手でもその動きを作る事ができるのです。意識をどちらの手に持つかは個々のプレーヤーに寄って変わってきます。

私が勧めるのは左手中心のスイングです。左手の動きとしては非常に小さいものです。トップスイングからの切り替えして左手の指先にクラブを感じ、インパクトに向かってその開いていた指先を握り込む事なのです。開いているものを閉じるという単純な動きなのです。ここに技術はありません。

左手をインパクトで握り込むという事はインパクトでフェイスをボールにスクエアに収め込むということなのです。フェイスの動きを意識して作るよりも、単純に握り込む事でインパクトでのフェイスに対するヘッドのスクエアを作ってしまうのです。だからインパクトで左手を握り込むことに弊害はないのです。

是非、左手の動きを自分のスイングの中で感じてみてください。もっとも気を付けなくてはいけない事は左手でボールを打っている感覚は無いということです。左手にはクラブをインパクトに向かってクラブを引き込む役目とインパクトでのフェイスの向きをスクエアにするという役目の二つなのです。左手に感覚的な動きはないのです。しっかり動かすという事が左手には当てはまります。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年04月17日

ボールの高さを考える アイアン編


左右の曲がりを考えた次はボールの高さについて考えましょう。ボールの高さについてもスイングの中での理由があるのです。その理由を理解する事でボールの高さがコントロールできるようになります。もっともボールの高さのコントロールが必要な人はかなりの上級者と考えましょう。

まずはアイアンショットのボールの持ち上がる高さを考えます。ボールが高く上がるという事はボールに対してのアイアンヘッドの入射角が大きいということです。所謂、上からヘッドが入っているという事です。アイアンショットの場合はボールを高く上げる事でボールを止めるのでボールは持ち上げる事はとても大事な事です。

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの違いはアイアンショットのボールの高さです。プロの場合はヘッドがボールに対して上から落ちてくるのです。この技術のポイントは右手の使い方です。右手でヘッドの位置を高い位置でキープしながらインパクトでそのヘッドを上からボールに落とし込んでいるのです。

この高さを作る事には上手く打つという言葉はあてはまりません。その理由はヘッドが上から落ちてくる時にはヘッドの動きをコントロールする状況はないのです。いかに右手でクラブヘッドが落ちる動きを遅らせ、そしてインパクトでしっかりヘッドを落とし込むという動きだからです。コントロールするとしたらそれはボールの高さではなく、インパクトでのクラブフェースの向きなのです。その向きがボールの最後の曲がりの度合いを決めます。

右手の動きはまずはテークバックでクラブを右手の指先でトップスイングまで持っていきます。そして、トップスイングでクラブを握り込み左膝との引き合いをして上にクラブを持ちあげます。トップスイングで止まったら、次の動きとして右手の力を脱力するのです。脱力する事で右肘は高いところから体の右側面に落ち込みます。この時に右手首の力も抜けているので深いコックが作られます。この右手の手首の柔らかい動きがその人の技術といえるでしょう。

高い位置に右手を引き上げ、止まった所から右手首の力を抜き右手首のコッキングの深さを感じる事が大切です。右手の動きの柔らかさが問われる動きです。この時の手首の柔らかさがその人の持つ高さ作りの基本になります。

クラブは左手の動きでインパクトに向かっているので、右手の動きは単純にヘッドの落とし込みだけに使いたいのです。この動きはアイアンとハイブリッド(ユーティリティ)で使われるものです。ちなみにドライバーとフェアウェイウッドの動きは違ってきます。

そしてインパクトに向かっていきます。右手の肘を伸ばして手首自体を地面の方に下げ込みます。最後にインパクトで右手首の掌を地面の方に落とし込みます。右手の指の力は緩んでいきます。細かく言うと右手の薬指と小指の力は抜けません。右手の中指、人差し指、親指を緩めて開く感じです。ちなみに特に開く必要はありません。

右手の動く感覚は体の右側面にまっすぐ落とす感じです。決して右手でボールを捕らえにいく感覚はいらないのです。ボールへのコンタクトの役目は左手の引き込みで完成します。右手の動きはインパクトの時のクラブヘッドの縦の動きを作っているのです。右手の動きは感覚的には体の後ろにクラブヘッドを落とす感じです。

実際にボールを打ってみてその飛び方を見ましょう。高さに注目してみる事が大事です。ボールが高く上がるという事は右手首が柔らかく使えているという事です。高さが足りなければ右手首の動きに注目してください。右手首の開放が遅ければ遅い程ボールは高く上がるのです。

ちなみに注意したいことが1点あります。右手の動きが主導でもボールが高く上がる事があります。それはインパクトがダフリ気味で右手首の動きでボールを持ち上がる動きです。距離が出ていない人はこの問題に直面していると考えましょう。解決策は左手のインパクトへ向かっての引き込みを早くすることです。引き込みが早いとダフリが消えて、クラブフエーススとボールが直接コンタクトするのです。そして、このインパクトでは右手首の動きでボールを持ち上げる事はできません。

良くボールが高く上がり過ぎて困っている人がいますがあまり悩まない方がいいと思います。むしろ高さが取れるという事は技術が高いと考えるべきでしょう。ちなみにボールを低く打ちたければインパクトで右手を握る事です。右手を握ればクラブヘッドが落ちるスピードも角度も落ちます。まずは高く打てる右手首の動きを作り、次に右手の握りを自分で探りながらボールの高さを作りましょう。この右手の握込みがあなたが持つ技術となります。

是非、右手首の動きを感じてみてください。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。