2019年04月03日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その8


基本的にゴルフのスイングでは「やりそこない」で飛ぶのが右です。下半身の切れが少なくての右へのプッシュアウト、回転軸の左への流れによる右への曲がりです。一方「やってはいけない」ことをしてしまった結果で飛ぶのが左です。右肩の前への突っ込みよる左への飛び出し、右手の使い過ぎによる左への曲がりです。

今回はボールが左に曲がる原因を考えましょう。ボールが左に曲がったらその原因は右手のグリップの握り込みが原因なのです。多くの人が左への曲がりはスイングに問題があると考えますが、実際はインパクトの時の右手の握り具合が大半の原因なのです。あまりにも簡単な事なので見落としてしまうのです。

ゴルフではインパクトで左手のグリップを握り込み、右手は緩んでいなくてはなりません。テニスで言うところの左打ちのバックハンドの両手打ちに似ているのです。左手でラケットを動かし、右手でその動きをサポートしている動きです。ゴルフでも左手をインパクトに向かって引き込み、インパクトでその左手のグリップを握り込むのです。この左手の握り込みができれば結果として右手は緩んでいます。

インパクトでの右手のグリップの開放を練習で試してみましょう。インパクトで左手のグリップをしっかり握ると右手のグリップは緩みます。両手を一緒に握る事はできないからです。左への曲がりはこの右手の握り込みの加減で作る事ができるのです。

ボールがゆっくり左にドローしていればそれは右手をインパクトでゆっくり握っているという事です。この右手の握り込みのスピード、強さによって左への曲がりはコントロールできます。もしチーピンボールが出たらそれは右手の強い握り込みがインパクトで起きていると考えてください。グリップを強く握り込むと右手首の角度が消えてしまいフェイスを被らせる事になるのです。チーピンが出る時の状況を考えると確かに意識が右手に強く入っていることに気が付きます。このインパクトでの右手の開放度合いには理屈はありません。これは個人の感覚的なものなのでここでも自分流を作る必要があります。

ボールを飛ばそうとする気持ちが右手を強く使ってしまい、その結果として右手を握ってしまっている事が多いのです。右手を柔らかく使いたいですね。ちなみに右手をいくら強く使っても握り込まなければチーピンにはならず、強いドローボールになるだけなのです。ドローボールを得意とする人は右手の握り込みのタイミングで自分流ができているという事です。

飛ばす事の怖さはこのスイング軸の左への流れと右手の握り込みの動きを組み合わせるということです。それぞれが相殺できる動きになればそれは強いボールを生むのです。体重移動が入りボールには体重が乗り、右手の握り込みでヘッドスピードが上がるのです。問題はこの相殺の動きが上手く作れるか、どうかなのです。私としては、距離は落としてもこの相殺の動きは止めた方がいいと思います。

私が推奨するのは、ターゲットをやや左に取りボールが決して左に飛び出さないようにする事です。やや左というのはもし右手が多少握り込んでもまだ左には余裕があるからです。右についてはとにかく下半身の切れを意識することです。下半身がしっかり動いていればボールは右に飛び出さないので少々スイング軸が左に流れても右が広く空いているので多少の曲がりには対処できるということです。

もう一度まとめてみます。ボールが右に飛んだり、曲がるのは下半身が原因です。そして逆に左に飛んだり、曲がるのは上半身が原因です。この原因を自分のスイングの中で考える事でボールは曲がりにくくなるのです。プレーするホールによってこの曲がる原因を考えてスイングの中に組み合わせる必要があります。右が危なければとにかく下半身をしっかり動かし、スイング軸が流れないようにするのです。左が危なければ右肩が突っ込まないようにして、右手のグリップを握り込まないようにするのです。

言葉に置き換えると結構単純で簡単な原因です。しかし、この問題点はしっかり自分のスイングの中で認識して、考えておく必要があるのです。問題が起きないように対応しながらスイングをすればボールの曲がりは減ってくるのです。

そして、スイングをしてもし、ミスったらその原因をしっかり確認して反省をすることです。多分ミスが起きないように意識して振ったのに結果としてミスが起きているのです。そのミスが出た時の状況を反省し、次に繋げたいのです。

是非自分の打ったボールの行方をしっかり見てください。そして、自分のスイングの中での問題点を確認してそれを治しましょう。上手く打つ事より、ミスを防ぐことができるようになる事を身に着けましょう。簡単ではないですが、その努力で得られるものは大きいのです。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

posted by golfq at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その7


ボールが左にも行かず、右にも飛び出さなくなったらボールの曲がりに注意しましょう。もしボールが右に曲がったらそれはスイング軸の左への流れです。下半身を回すという事はスイング軸のブレを生みやすくなっているのです。それでも最初は右への曲がりを余り気にしないことが必要です。とにかく確実に真っすぐボールが飛び出す事を身に付けましょう。

ボールが真っすぐ飛び出し、右へのボールの流れが作れるようになったらそれは進歩なのです。ここで一番大事なのが右への曲がりが回転軸の流れが原因であることを自覚することです。そして、とにかく自分流で回転軸の左への流れを止める努力をすることです。ここでボールが右に曲がらなくなったら、それでこの問題は解決なのです。このスイング軸の左への流れを止めるには自分流の発見が必要です。

私流の方法を紹介します。右へのボールの曲がりを止めるのは、左膝の屈伸を使ってのスイング軸を動かさない動きです。スイング軸が左に流れなければボールは決して右には曲がらないのでその方法を見つける必要があります。スイング軸の位置を保つ為には左膝の位置を変えずに左膝を伸ばし切るという事です。左足は体の中心に向かって傾いています。この傾きが消えない様に左膝を伸ばすのです。

アドレスの状態で足の傾きを見てみましょう。それは逆Vの字の状態です。この逆Vの字の傾きをやや真上に引きあがる様にするのです。膝の前方への左右の膝の交互の屈伸の動きを繰り返してみてください。どんなに膝を前後させても体の中心は動かないのです。さらに体の中心を上に引き上げる気持ちが必要です。膝の交互の動きなので実際に膝の高さは変わりません。

スイングでは左膝を伸ばす時に体の中心を真上に引き上げる気持ちで膝を伸ばすのです。この時は左膝の傾きは上に引きあがる分だけ左に動きますが、スイング軸は動いていないので問題はないのです。段々力強く左膝を伸ばす事でスイングしてみましょう。ボールの右への曲がりは消えてくると思います。

左膝を伸ばすのは一つの方法ですが、ボールが右に流れなければそのスイングで良いという事なのです。ただ気を付けなければならないのは軸を流しているのにボールが真っすぐ飛ぶという状況です。

その問題点とは、軸が流れているからボールにスライス回転が入っているのにそのスライス回転を消す動きが右手にあるということなのです。そのショット自体は真っすぐ飛んでいるので良いのですがその右手の使い方が後に問題になってくるのです。不必要な右手の使い方はスイング軸が流れなければボールを左に曲げるという事なのです。スイング軸を止められた時にミスショットを生む事になるのです。この時に右手の動きに注意できればいいのですが、そうではなく逆にスイング軸の流れを利用して左に曲がるボールを止めてしまう方法があるという事なのです。ミスをミスで消す動きになるのです。

この右手の使い過ぎが結果としてボールが左に飛んで左に曲がるスイングを作ってしまうのです。アマチュアゴルフファーで左に曲がる事が怖い人は右手の使い過ぎを注意すると同時にスイング軸の流れ(左への突っ込み)を確認しましょう。左が怖い人は基本的には右への曲がりに対処ができていない場合が多いのです。

もう一つ注意したい事が、フェードボールを打つという気持ちにあります。それはフェードボールがスイング軸の左への流れを使っているということです。その動きがちょっと危険なのです。基本的には左への体の突っ込みはできるだけ抑えたいのです。もっともこのフェードボールを打とうとする動きの良い点はボールが左に曲がる事を防いでくれるという事があります。右への曲がりは左に比べて少ないのでリスク的には安全策ではあるのです。あくまでもフェードがスイング軸の左への流れ(突っ込み)で作られているという事を知っていることが重要なのです。理由が分かっていればその左への流れはコントロールできるのです。

どんなに工夫してスイングしても右への曲がりが残っていたらそれはスイング軸がまだ左に動いているという事なのです。スイング軸が左に流れる事で動かないはずのボールが右に動いてくるのです。その分フェイスの戻りがアドレスの位置に戻る前にインパクトを迎えてしまうのでフェイスは開いているのです。結果としてボールにはスライス回転が入りフェードを作るのです。

極端な方法としては「明治の大砲」と言われるスイングをすることです。右足に体重を感じ、その右足の上で体を回転させるスイングです。そうですここでは体重移動はインパクトに向かってないのです。右足がベタ足の状態でスイングするのです。そしてインパクトが過ぎたら体重移動を行い、ボールを追っかけるのです。そのスイングが滑らかにできれば、そのスイングこそがスイング軸が流れないスイングなのです。

もしボールが大きく右に曲がったらそれはインパクトの時に体重移動が左に向かってされているという事です。フェイスを開きながらボールを擦っているのです。もっともこの動きは非常にハイテクニックな動きでもあるのです。意識的に体重移動がインパクトで使えればボールを容易に右に曲げられるということです。

この右への曲がりのコントロールがそのプレーヤーの技術なのです。基本的にはスイング軸は止めておきたいのです。しかしスイング軸が流れなくなると右へのボールの飛び出しが消えるので右手の動きによる左への曲がりが気になってきます。しかし、この問題はスイング作りの前進と考えましょう。私としてはゴルフスイングでは右手による左への曲がりのコントロールが必要であると考えます。結論としてスイング軸は左へは流がさず、右手の使い方で自分流を作ってボールを真っすぐ飛ばすことが大事なのです。このスイング軸を意識したスイングができる事が大切と思います。

是非自分のスイング軸の動きを感じてみてください。ボールが右へ流れていなければ問題は無いという事なのです。そしてもしボールが右に流れていたらそれは早急に解決されなければならない問題なのです。打ち出したボールの飛びをしっかり見つめましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。

2019年03月20日

ボールが曲がる理由を考える (まとめ編) その6


ゴルフでは当然狙ったところに打つ事が大事です。しかしそれは狙ったところに打つという事ではなく、狙ったところに対して左右にボールが飛びださない様にするという事なのです。

真っすぐ打とうとするよりも左を避けて、右に行かない様にする事が結果的にボールを狙ったところに飛ばせると考えたいですね。当然状況に寄って危険な場所は左右に存在するのでそれを考えての狙い処の決定になります。どんな状況でも左には飛び出さない事が前提でターゲットを決めたいのです。勿論完全に左が消せないのであれば多少のセーフティは考慮しましょう。左に飛びなさなくても左に曲がる事もあるのでその曲がりの部分はターゲット設定で左にスペースを持ちましょう。

まずは左に打ち出さないように気を付ける事が大事なのです。そしてその延長上に右への飛び出しを下半身の動きで消していくようにするのです。左に行かない、右にも行かないスイングが大事なのです。左に飛びだすという事はやらない様にしている事を「やってしまった」事になります。一方右は右に飛び出さない様にスイングはしますが、体の動きが足りなくて右に飛び出すのです。だから右へのミスは「やりそこない」という事なのです。「やってしまった」と「やりそこねた」の違いは大きいのです。

さらに下半身の動きに注意をして振るという事はボールが左に飛びだす可能性をこの下半身の意識からも減らす事になります。左にボールが飛びだすという事は下半身の動きに対して上半身の動きが先行するということですから下半身からしっかり動いていれば上半身が下半身を追い越すことはないのです。

再確認ですが基本的には狙ったポイントに対して左には絶対に飛び出してはいけないのです。だから、狙いは常にターゲットのやや左に取りたいのです。確実に狙い通り飛ぶという事は、ターゲットのやや左にボールが飛ぶという事なのです。このターゲットとの「やや」のズレは状況によって決めたいのです。もし結果的にボールが右へ飛び出したとしてもそれは下半身の「やりそこね」からの回転不足ですから、その反省点は小さくてすむのです。

是非練習でボールが狙ったポイントに対して左には飛びださないスイングを作ってみてください。下半身で動き、右肩の動きを抑えるスイングが作れればボールの曲がりに対して自分なりの対処方法が完成したと考えましょう。

人気 blogランキングに参加しています。
クリックをお願いします。