2019年01月01日

肩の向きとスイングの関係 (左に飛び出す) その3



新年あけましておめでとうございます。東京は元旦から天気が良くて気持ちがいいです。今年もゴルフのスイングが理解できるように私の意見を書いていきたいと思っています。ご質問にはその都度お答えしたいと思っていますので、コメントもよろしくお願いします。

ボールが左に飛び出すのはインパクトで肩の向きが飛球線の内側を向いているという事です。スイングの軌道が飛球線の外から入ってきて、内側に抜けていく所謂アウトサイドインの動きです。この左への飛び出しに関係する肩の向きとスイングの関係を考えます。

左にボールが飛び出す原因は右肩が前に出るからです。ゴルフのスイングではこの右肩の動きを止めることが一番大事なのです。右肩が出て来なければボールは左に絶対飛び出さないということです。前回まで書いていた右にボールが飛び出すことはスイングの完成度によって結果が出てしまったという事です。しかし、左に飛び出すという事は右肩さえ前に出さなければ起きないのであってはならない事なのです。

この右肩の抑え込みができているかいないかでゴルフの結果は全く違ってくるのです。右肩が動かないスイングができれば右に行くことはあっても左には飛び出さないということです。もっとも左に曲がるという事は別の事であるという事を知っている必要があります。その左への曲がりについては後日書きます。

では何故右肩がでてしまうのでしょうか。前回まで書いてきた様にスイングは下半身の動きと左手の動きで作られます。下半身の動きが遅いから上半身が下半身を追い越すのです。この追い越すという動きが右肩を動かします。まずは下半身の動きからボールを飛ばすことを理解することが大事です。そしてその下半身の動きと連動するのが左手の動きです。左腰の切れと左手の引き込みでスイングは作られています。この動きの連動があればボールは左には絶対に飛び出さないのです。

「後を向いて振れ」というのはこの事です。右肩を出さない様に振るという事です。そしてここで大事なのが左腰の切れです。切れが良ければ右にも飛び出さないのです。問題は左に飛び出さないようにするという事です。練習の時は遠慮なく右に打ち出していいのです。右肩が動かないスイングを身に着け、そこから下半身の切れを作りボールを真ん中にもってくるのです。

左にボールが飛び出す人の多くの原因がこのボールが右に飛びだす理由を理解していないという事です。下半身を回し切れば解決する問題を右手の動きで補おうとするから右肩が動くのです。右手でボールを打ちにいき、方向性をコントロールしようとするから右肩が動くのです。

ダウンスイングでは右手ではなく左手の引きからスタートすることを覚えると右肩は動きません。この動きは野球のバットを振る動きと同じです。野球もバットを振るときは下半身の動きと左手の引き込みから入ります。右手を使うのはインパクトの時ですからダウンスイングの開始時は力が抜けているだけです。クラブを左手の引きから入ってスイングすることを覚えましょう。この動きだけでボールが左に飛び出すことはほとんど無くなります。

それでもボールが左に飛び出すようなら意識的に右肘を体の後方に落とす様にします。この動きは野球でボールを投げる動きに似ています。ピッチャーは右肘を体の後ろに回して落としてから投げます。これは右肩の突っ込みを防ぐことと強い球を投げるためです。ゴルフでもこの右肘を後ろに引き体の後方に落とす動きが役立ちます。この動きが右肩の突っ込みを止めてくれるのです。

それでも左に飛ぶようならインパクトへの左手の引き込みの時にクラブのシャフトを飛球線と平行に引き込む感じを覚えましょう。右手の平を飛球線と平行に動かすのです。左手で言えば左手の親指を平行に動かすこと動きです。この動きはボールが右に飛びだすのではという恐怖心を与えますが下半身がしっかり動いていれば右に飛び出すことはありません。もし右に飛んだら下半身の切れが足りないということです。

結局左に飛び出す原因も下半身の動きであることが分かります。下半身がしっかり動き、切れていればボールが右に飛び出すことがないので右手でボールをコントロールしようとしないのです。この意識の変化が右肩の動きを止めることになります。

インパクトの時のクラブの入り方を考えるのも左に飛び出さない解決策のひとつになります。ボールを真横から打とうとするからクラブが外から入るのです。スイングはインサイドインですからクラブヘッドはボールの内側から入れるようにします。ボールの内側を意識しそこにクラブヘッドを入れるようにします。下半身がしっかり切れていればボールが右に飛び出すことはないのです。

さらに振り出しもやや外側に振り出す様に意識します。意識的にインサイドアウトを作るのです。しかしどんなにインサイドアウトを意識しても下半身がしっかり周り、肩の向きが飛球線と平行になればヘッドはインサイドインに動きボールは右に飛び出さず、真っすぐ飛ぶのです。これは物理的現象なのです。

ボールを打つとか叩くというイメージもボールが左に飛び出す原因になります。叩くというイメージは「下半身を止めて」という動きを作り易いのです。下半身が止まると上半身が下半身を追い越してしまい右肩を前に動かすのです。スイングは流れです。この流れは野球のピッチャーがボールを投げている感じに近いです。ピッチャーは下半身で動き、右手の腕の振りで勢いをつけ、最後に右手首の動きでボールを投げだします。この時に下半身を止めることはないのです。

ゴルフも同じで下半身で動き、左手の引き込みで右腕を動かし、最後に右手首の動きでインパクトを作るのです。この時にボールを叩くイメージではなくクラブヘッドをボールに通過させるイメージが大切なのです。「しっかり振り切れ」というのはスイングの流れを止めない為のアドバイスです。

ゴルフではとにかく左に飛び出すアウトサイドインのスイングは禁物です。そして「このアウトサイドインの動きは右肩の動きで決まる」という事を理解しましょう。右肩の動きを抑えてスイングできれば左は怖くないのです。後は下半身の動きを作り右に飛び出さないようにするのです。

右肩に意識を持った自分流のスイングを作ってみてください。この意識が完成するだけでゴルフのスコアが著しく良くなります。

次回はボールが曲がる理由について書きたいと思います。


posted by golfq at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

肩の向きとスイングの関係 その2の続き



次回は年明けと言っていましたが、ボールが右に飛ぶことについて補足したいと思い書いています。同じ事も書いていますが少し細かく説明してみました。

ボールが右に飛び出しているという事は良い事なのです。それは上半身が下半身の動きを追い越さずに、右肩が残ってスイングできているからです。右に飛び出した球の方が飛んでいる事が多いと思います。もちろんスライスしていないことが大事ですけどね。

右に飛び出しているという事は下半身で左肩を動かせていないという事です。左肩がアドレスの位置に戻っていないのでスイングプレーンがインサイドアウトになっているということです。どうしても左肩がアドレスに戻らない時は下半身の使い方に問題があると考えることが大事です。

先にも書きましたが下半身と上半身の遊びをまず消すことです。アドレスから下半身の回転でトップスイングにいくとその時は上半身の遊びが残ったままトップスイングに入ってしまいます。

左足の踵をヒールアップするスイングではこうした状況が起きやすいのです。左足の動きが踵を上げることで大きくなりその分左肩の後ろへの動きが少なくても左肩が顎の下に収まってしまいます。するとダウンスイングで下半身から動いても最初に遊びが消えるだけで肝心な左肩が動かないのです。この間が肩の向きをアドレスに戻さなくするのです。

左足の踵のヒールアップはボールが右に飛び出している時はしない方がいいと思います。まずは右手でクラブを後方へ引き上半身の遊びを無くしましょう。遊びが無くなったところで左膝の前屈と右手の引き上げを喧嘩させながら引き上げるのです。するとその動きも止まります。膝の前屈の力と右手の引き上げの動きが無理がなくバランスが取れている状態です。

そして、ここから左膝の前屈を深めて体重を前に入れ込みます。その時に右手の引き上げがその動きと喧嘩するのです。この動きが上半身の筋肉の捩じれを生み出します。この捩じれの深さは個人によって異なります。深くなればなるほどスイングは早く、強くなるということです。

トップスイングで止まった様な状態が自分の捩じれの限界と思いましょう。トップスイングでちょっと間を作ることが大切と思います。もっともこの間を作らず引き上げの反動でダウンスイングに入るのも問題はありません。この方がスイングが強く感じると思います。問題は下半身と上半身の動きの連動が多少ズレることが起きることです。このズレはインパクトでの肩の向きに影響するのでボールが右にも左にも飛び出すことがあります。

トップスイングで止まれれば左膝を伸ばすことからダウンスイングに入れます。ダウンスイングの開始で下半身が動きに入った時に右手の力を抜き指の力、手首の力を緩めます。すると引き上げられた左手が下方に素早く落ち込みます。右手は力が抜けていて右手自体は動かしにいっていないので右肘が体の横に落ち込みます。

上半身の捩じれはこの時はまだ解けていません。左膝がアドレスの位置に戻る時は左肩の向きは未だ右を向いています。そして、左膝を伸ばし切ることで左肩がほぼアドレスの位置に戻るのです。この頃には上半身の捩じれも解けてきていて左肩の向きをアドレスの位置に戻しながら通過していくのです。この捩じれの戻りがあるのでインパクトは止まった動きではないのです。

下方に落ちた左手は右腰の辺りに落ちてくるのでそれをアドレスの位置に戻す為に左手の右から左への引きの動きが入ります。この動きは飛球線に対して平行な動きです。この平行な動きが右肩の突っ込みを防ぎます。ボールを真っすぐ飛ばすためにもこの飛球線との平衡感覚が大事です。

多くのアマチュアがアウトサイドインにスイングしているのもこの飛球線に対しての左手の動きの平行感がないからです。クラブのシャフトも飛球線と平行に動き、左手の動きの感覚と連動しています。

そしてインパクトに向かって左手を握り込むのです。このグリップの握り込みでクラブヘッドはアドレスの位置にスクエアに戻るのです。ゴルフのスイングの最中に2番目に力が入るのがこのインパクトでの左手の握り込みの力です。この動きにも技術はありません。単純にしっかり握るという事です。ゴルフスイングで力を入れるのはダウンスイングでの左足の踏み込みから膝を伸ばし切る動きとインパクトに向かっての左手のグリップの握り込みです。そして右手は柔らかく使うのです。

同じような話になりましたが、とにかくボールが右に飛び出さない様に下半身を使うことが大事です。右にボールが飛ばなくなれば、右手を使い過ぎてボールが左へ飛び事を防げことにもなります。

是非正月休みに試してみてください。良いお年をお迎えください。


posted by golfq at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

肩の向きとスイングの関係 その2


曲がらないスイングで一番大事な事は上半身を動かさないということです。そしてその動かない上半身を下半身で動かしアドレスの位置に戻すという事です。しかし、アドレスの位置に戻るのはインパクトの一瞬で決して止まった状態ではないのです。

上半身を動かすのは腰の動きです。左腰が開く事によってスイング軸が回転し、左肩が動くのです。但し以前にも書きましたがこの時に下半身と上半身の捩じれによる遊びが消えていることが大事です。遊びが残っているといくら下半身を動かしても左肩は動きません。「バックスイングで肩を深く入れて」というのはこの遊びを無くすためです。

問題はどの様にして左腰を開くかです。当然その動かし方は人によって違います。問題はボールがその下半身の動きで真っすぐ飛んでいるかどうかです。肩の向きがインパクトで飛球線と平行になっていればボールは真っすぐ飛ぶのです。

ここではもっとも効率的に、確実に、力強く左腰を開く方法を紹介します。下半身を動かすという事は膝の動きを利用するということです。そして体のスイング軸が左右に動かずに腰を回転する動きが必要です。

この時に使うのが空手の動きにある両膝の前後への出し入れです。右膝を伸ばした時に左膝を前屈します。この時に体の軸が止まっていることに注意しましょう。そして今度は左膝を伸ばします。すると右膝は前に曲がります。この動きを繰り返しにやるのです。大事なことは体の軸が中心に止まっているということです。この運動の最中に軸の意識を真上に引き上げるように持ちましょう。この軸を動かさないという動きがボールが右に曲がることを防ぎます。

ゴルフのスイングではこの動きは1度だけです。動きの感じが分かったらそれをスイングの中に取り入れましょう。テークバックで上半身の遊びを無くしその後に右膝を伸ばしていきます。それと同時に左膝を前方に曲げていくのです。すると肩が更に深く入っていきます。

膝の動きが止まったらその膝を更に前方に深く曲げ込んでください。すると体が前方に倒れる感じになります。それを右手の引き上げで受けてください。右手の引き上げと左膝の前屈が喧嘩している状態です。ここからの動きの深さは人に寄って違いますがこの動きが上半身の捩じれの深さを作ります。無理をしないことです。この動きの終点がトップスイングになります。

ダウンスイングの始まりは右手の脱力から始まります。弓矢を飛ばす感じを思い浮かべてください。左膝が弓そのもので、左手が弓の弦です。トップスイングは弓を引ききった状態です。そして右手の開放が弓矢を飛ばすのです。ゴルフでは右手の開放が左膝の伸ばしを生みます。そして左手はアドレスの位置に戻る強い動きになります。

ここで大事なのが左膝を伸ばす動きです。左膝の屈伸された状況が元に戻る動きですが、大事なのはその動きを利用して左膝を伸ばし切ることです。この左膝を伸ばし切る動きが左腰を強く開く動きに影響するのです。この動きは左膝が伸びきることで骨の仕組みが左腰を後方へ動かすという事です。この動きが左肩を元のアドレスの位置に戻すのです。

インパクトでは上半身の捩じれは開放されている最中なので肩の動きは止まりません。さらに上半身の下半身との遊びは反対側へ流れているのでこの動きも肩の動きを止めません。肩をアドレスに戻してはいますが、肩は常に動いていることも知っておきましょう。

左膝を伸ばし始めたら躊躇せず伸ばし切ることが大事です。躊躇すると肩がアドレスの位置に戻りきらないので肩の動きを止めボールを右に飛ばすのです。スイング軌道がインサイドアウトになるということです。

ここで知っておきたいのはどんなに左膝を速く伸ばしてもその動きが原因でボールは左には絶対飛び出さないということです。だから下半身を強く使う必要があるのです。ゴルフの飛ばし屋のスイングを良く見てください。左膝の蹴り上げの強さを知ることができます。ゴルフのスイングで力を入れて動くのは左足の蹴り上げなのです。

この動きで大事な事はこの動きの意味を良く考え、知る事です。そして自分流を見つける事です。ボールが右に飛びださなくなったらその自分流は完成です。動き自体には技術はありません。単純に屈伸を強くするだけです。

是非試してみてください。まずは上半身を下半身で動かすことです。そしてその動きを膝の屈伸で作りましょう。ボールが右に飛び出しているうちは左膝が使い切れていないということです。最後の左膝を伸ばし切る踏ん張りがポイントです。できないのではなく、やろうとしていないことを知りましょう。一度覚えたらそれ以上はありません。でも右に飛び出すことは無くなります。

次回は年明けになります。テーマは肩の向きとスイングの関係(ボールが左に飛び出す訳)を書きます。良いお年をお迎えください。

posted by golfq at 12:01| 東京 ☀| Comment(0) | ボールが曲がる理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする